FC2ブログ
2019-08-31 14:19 | カテゴリ:未分類

    体調がよかったので調子に乗ってアニメ映画『天気の子』を上野の映画館に見に行った。その気になれば自宅からバスで10分で行けるところである。

 

    『天気の子』(新海誠監督) はアニメ映画であるが、国内興行売り上げが100億円以上の記録を更新し続けているというので、若い人の感性に遅れまいという、情けないが野次馬的興味もあった。

 

    高畑監督の『かぐや姫』以来の漫画映画の鑑賞なので、あちこちで戸惑ったし、全体を通じて、もやもや感が残った。

 

    余りに場面展開が早すぎて、ほうほうの体で小生の老化した頭が付いていくぶざまであった。

 

    それでも、観客には結構年配の方も10分の一ぐらいはいたので、すこし驚いた。

 

    感心したのはビル街の風景描写の巧みさである。「天気の子」の巫女である女の子が祈ると、次第に大雨から天気に空が晴れ渡っていき、ビル街が輝き始める。それが非常に美しい。そのような「陰から陽」「鬱から躁」へのグラデ-ション映像場面の繰り返しが、いったいどんな技法で行われているのか、小生には見当もつかなかった。その進歩したデジタル技術に驚嘆した(専門家には大したことではないのかもしれないが)。

 

    この映画は一回見ただけではたぶん作者の言いたいことの3分の一も理解できていないように思った。おかねと時間の余裕があれば、最低3回は見るべき価値がある映画だと思う。(別に宣伝するわけではございません)

  
   


(森敏)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2364-8bfaa833