FC2ブログ
2019-07-20 16:47 | カテゴリ:未分類
  以下の写真は7月20日 ロイター通信記事からのパクリです.

  写真奥の中央の学生を見ると、彼は、左右の肘から下を何かビニールテープ様のものできつくで覆っているように見える。最前列の二人もそうらしい。催涙ガスで皮膚がただれて薬を塗布して包帯を巻いてその上にビニールでカバーをしているのだと思われる。
  
  彼らは首の部分も全部衣服で覆っており、露出部分がない。この姿を見ると、彼らが催涙ガスに被曝して、このガスが催涙性ばかりでなく、粉が皮膚に直接触れると”びらん性”であることを、経験から学んだ成果であると思う。
     

    

デモ学生の装備

 追記1:
以下の動画に見られるように、警察による催涙弾が頻用され始めた (2019年7月21日 共同)
  
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47599570R20C19A7FF8000/?n_cid=NMAIL007

プレゼンテーション1 


(森敏)
追記2:
:小生が日本ではだれでもみられる香港デモを、わざわざ執拗にブログに転載しているのは、当局によって情報を遮断されている中国の友人が このWINEPブログにアクセスして、香港情勢を見てくれるのを期待しているからです。
  
追記3:
中国国防省の呉謙報道官は24日の記者会見で、香港で「逃亡犯条例」改正案に対する抗議活動が続いていることに関連し、香港政府の要請があれば現地の中国人民解放軍が出動することが可能だとの立場を強調した。

 中国の法律には「社会の治安維持」のために中国軍の香港駐留部隊が香港政府の要請で出動できるとの条文がある。呉氏は会見で香港問題について問われた際に「明確な規定だ」と、この条文に言及した。

 呉氏は、21日に香港でデモ隊の一部が中国政府の出先機関の国章を汚すなどしたことについて「絶対に容認できない」と非難した。 一方、香港メディアは24日までに、人民解放軍がこのほど、香港に隣接する中国広東省で対テロ訓練を行ったと伝えた。香港の抗議活動をけん制する狙いがあるとの見方も出ている。(共同 2019.7.24.16:16)
  
 

追記4:「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、革命の時だ)」

【香港時事】香港で身柄を拘束した容疑者の中国本土への移送を可能にする逃亡犯条例改正案に絡み、香港島中心部で28日、大規模デモが行われた。
 
 プレゼンテーション1
 
 21日の抗議行動で市民への実力行使に踏み切った警察の責任追及を訴えるデモ隊に、警察側が催涙弾を発射するなどして衝突した。27日にも、北西部の新界地区・元朗でデモ隊と警察が衝突し、24人が負傷したばかり。

 28日の抗議行動は集会の形で始まった。主催者側がデモ行進を希望したのに対し、当局が「安全上問題がある」として許可しなかったためだったが、集会開始後間もなく参加者は幹線道路になだれ込んでデモ行進。集会場所の公園から東西に分かれて進みながら、「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、革命の時だ)」などと叫んだ。

 一部デモ隊は、香港島西部にある中国政府の出先機関、香港連絡弁公室付近で警官隊と対峙(たいじ)。警察は道路を占拠したデモ隊に催涙弾を発射し、排除に乗り出した。  (7.28.17時 JCOM)

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2350-bb6fb940