FC2ブログ
2019-05-17 06:55 | カテゴリ:未分類

  猫を棄てる 父親について語るときに僕の語ること 村上春樹 文芸春秋6月特別号

 

  これは、作家の村上春樹が自らの父方のルーツを求めて、珍しくも第2次世界大戦の戦時資料をあさる実証的な調査を試みた、父親への鎮魂の書である。

 

  文中には、春樹が12歳までの大阪湾に面した香櫨園の浜や夙川が出てきたりするので、小生にはとても懐かしいのだが、春樹が中・高の時を過ごした芦屋の事が、まだあまり出てこないのが少し寂しい。このころのことは春樹にとって本に埋もれた孤独な時代で、あまり目立たない存在で、あまり楽しくなかったのだという雰囲気が春樹の文章の行間には感じられる。この間の事は自分史としてはあえて書きたいことがないのだろう。

 

  小生の芦屋市精道中学校の国語の教師であった広井大先生は村上春樹の国語の教師でもあって、家庭訪問で当時京都女子大に教員として在籍していた春樹の父親と文学談議に花を咲かせたと聞いていた。

  春樹の父親が京都大学国文学科卒で甲陽高校の国語の教師だったということは、この今回の春樹の文章で初めて知った(小生の義弟は甲陽高校出身なので、春樹の父親に学んだのかもしれない)。90歳代で亡くなったこの父親の葬儀の時には多くの教え子が集まったということを紹介している。相当な人格者で人望のあるよい国語の教師だったのだろうと思う。しかし村上春樹が東京の早稲田大学に上京してからは20年以上親子関係が断絶していたと書かれている。この間の事も春樹はまだ描きたくないのだと推察される。

    

  このwinepブログでも以前に書いたのだが、小生が灘高校の時の国語の教師たちには、尊敬の気持ちなぞ全く感じなかった。授業を受けるのが全く苦痛であった。一人は東大の国文学科を首席で卒業し、もう一人は京大の国文学科を首席で卒業して灘校に特別に招請した、という校長からの紹介だったと記憶する。
  
  当たり前のことだが、学業成績や研究者としての能力と、教育者としての能力はなかなか両立しがたい。

      
 
   
          
(森敏)

追記1:上記の春樹の文章を読むと、これまでの村上春樹の小説に、たびたび、日本兵による南京大虐殺の事が取りあげられているのだが、その理由として、中国に出征した春樹の父親による、

「初年兵を現地で戦争に早く順応させるためには、中国人捕虜の首を刀で切り捨てさせる初体験の訓練が一番効果がある」

というような類の目撃談を聞かされたことが、実に、根強く、通奏低音として作家村上春樹の心理に尾を引いているからだ、ということがよくわかる。


 
追記2: ご高齢の広井大先生は現在出石市のご自宅に隠居されている。今年は、ノーベル文学賞が2名に授与されるということであるから、村上春樹が受賞する可能性が非常に高いと思われる。受賞したら、広井先生の喜びはいくばくかと

追記3:村上春樹には母方のルーツも追跡調査してもらいたいものだ。実母やその先祖がどこかで自分の小説に多大な影響を与えていることに気が付いていないはずがないからである。
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2324-88c6fa19