FC2ブログ
2019-04-18 15:43 | カテゴリ:未分類

          今年の五神(ごのがみ)真・東京大学総長の大学院入学式における式辞は、これから研究者の道に入る者にとって実に示唆に富んだup to dateな名言で学ぶべきところが多い。

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_02.html

 

小生には、その中でも、素直に、以下に引用した、最後のくくりが一番重要であると感じた。これを読んで読者は笑うかもしれないが、研究が好きで、研究にのめりこみがちな偏執狂的な研究者ほど、時間管理がルーズになりがちで、体調や精神に変調をきたす人物がママいる。ノーベル賞受賞者利根川進氏や大村智氏も若いときのそういう経験を素直に自伝で述べておられる。以下に引用するように、ここで五神総長が、小学生に語るような、それを小生流に翻訳すれば、昼夜逆転でない、地球の自転に応じたバイオリズムに従った生活こそが、持続的研究活動の基本である。むろん、強靭な集中力はどんな職業にも必要だが、研究者が昼夜逆転の異常な生活をしたからと言って別に大発見や大発明ができるわけでもないのだ。逆は真ならずである。


 

以下引用する。

「::::::::

さあ、これから大学院での生活が始まります。東京大学は全力で皆さんの夢をサポートします。私は東京大学総長として、皆さんが安心して最高の学びと研究に打ち込めるように、さまざまなレベルで大学院の研究教育環境を充実させていきたいと思っています。健康な精神と肉体を支えにしなければ、夢は実現できません。大学院生の生活は不規則になりがちです。毎日、規則正しく起き、太陽の光を浴び、朝ごはんをしっかり食べてください。また、研究のあいまに時間を見つけ、自分に適した形で運動をする習慣を身につけてください。趣味にも時間を割いてください。::::」

 

 (森敏)
付記:上野千鶴子東大名誉教授の東大入学式における祝辞は実にユニークで感動を呼ぶものであるが、あまたのマスコミが取り上げているので、小生があえてここで取り上げるまでもない。慎重に練り上げたあえて挑発的な論考であると思う。
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2316-0031ef0c