FC2ブログ
2019-06-06 05:36 | カテゴリ:未分類
  浪江町の山林で、アジサイに似た紫色のきれいな花房の木があったので手折ってきた。長い間同定できなかったのだが、分類の専門家に調べてもらうとミヤマガマズミということであった。押し葉にすると花はきれいな青色が失われてしまっているのだが(図1、図2)。


図3,図4、と表1により、この木本もほかの樹木の場合と同様に花器の放射能が枝や葉より一番高いことがわかる。生殖器官に放射性セシウムは優先的に転流しているのである。

   
 
 
スライド1 
 図1 ミヤマガマズミ
 

 
 
 
 
スライド2 
 
 図2.図1の花器の部分の拡大図
 
 
 
スライド3 
 
 図3 図1のオートラジオグラフ。 一点だけ股の部分に外部汚染が認められる。

 
 

 
スライド4 
 
図4.図3のネガテイブ画像 



 


 表1 ミヤマガンマズミの放射能
スライド1

 


 

(森敏)

 
 
 
 

 
 
 
 
 
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2305-b7d80cbd