2017-07-23 22:25 | カテゴリ:未分類

  以下は我が家(文京区)の通気口フィルターの放射能汚染のオートラジオグラフです。
          
  2011年3月11日以降の数日間にわたる東電福島原発事故以来、そこから飛来した放射能雲(プルーム)は、茨城、東京、横浜を席巻していったのですが、その時我が家も確実にプルームに見舞われていました。そのことは以前にも、窓ガラスの外側が放射能粒子(ホットパーテイクル)で汚染している事で可視化して証明しておきました。以下のブログの放射線像の一つに紹介しています。
       
  http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-1825.html
            
  実は2014年に我が家の各部屋の通気口を取り替えるにあたって(図1)、それをオートラジオグラフにとっておいたのが以下の図2です。我々はすでに横浜の民家のサンプルでもでもそういうオートラジオグラフ像を取っています。
          
  このオートラジオグラフからは、リビング(居間)の空気は台所のレンジから吸気しているのでリビングの東側にある通気口から放射能のホットパーテイクルが吸引され。、そのときにこのスポンジ樹脂フィルターにそれらが吸着したことが見て取れます。多くは2011年3月15日の福島第一原発2号機爆発由来の放射能と思われます。
               
スライド1
図1.我が家の通気口のフィルター

  
  

スライド2

図2.家の通気口図1のオートラジオグラフ(上)がポジテイブ像、(下)がネガテイブ画像。両者を一枚に作図した。
    
  2011年3月以来ご自宅のフィルターを交換されていない方で、オートラジオグラフにご興味のある方は小生あてにフィルターを送っていただければ、ガイガーカウンターの測定値いかんですが、バックグラウンドの放射能よりも少しでも高いフィルターの場合はオートラジオグラフを撮像するのにやぶさかではありません。
    
  
(森敏)
付記: 放射能の絶対値(ベクレル:Bq)は測っておりません。東側通気口はガイガーカウンターで50cpmレベルです。

2017-07-08 11:13 | カテゴリ:未分類
スライド1 
 
   
      
 
スライド2 
      
   
    
         

(以下は転載です)
    

  ドキュメンタリー映画
       

  「福島 生きものの記録」シリーズ 5〜追跡〜 
 

        <上映案内 ご挨拶>

          

  梅雨の季節、みなさまにはご健勝にお過ごしのことと思います。

          

  さて、群像舎製作の<ドキュメンタリー映画『福島 生きものの記録』シリーズでは日頃大変お世話になっております。
      

  この度、節目の5作目<シリーズ5〜追跡〜>の都内での上映日程が決まりましたのでお知らせ致します。

           

  事故発生以来6年が過ぎましたが、未だ事故の収束の見通しは立っていません。その一方で、事故の“風化”が増々進みつつ有ります。
          

  岩崎監督が<シリーズ1>の完成に当たって「見続けるほかに方法がない」と感じたことは、いまや私たちにとっても、いっそう切実な課題になったように思われます。
          

  私たちはみなさまとともに「見続けたい」と考えます。

       

  今回の一般公開は、8月4日(金)、5日(土)、6日(日)の3日間です。
       

  会場は、日比谷図書文化会館。なお、詳しい内容は同封のチラシをご覧下さい。

      

 支援プロジェクト発起人、呼びかけ人、そして製作者の群像舎スタッフはなるべく多くの人にこの映画を観て頂きたいと念じております。

        
   どうぞ友人、知人お誘い合わせの上ご来場くださるようお願い申し上げます。

                   

 ★お問い合わせ(株)群像舎 東京都新宿区矢来町11−8ジェントリー神楽坂601()
         

 TEL 03-3267-3997 FAX 03-3267-3977

    E-mail:gunzosha@gf6.soo-net.ne.jp
             

    2017年7月

               

 ドキュメンタリー映画『福島・生きものの記録』支援プロジェクト

   発起人 中本信義(代表)坂口康 陣内直行 

       菅野均 中山哲 丹野愼一 太田肇

       川村一綱 布施晴朗 茅野臣平、他

  群像舎  岩崎雅典(監督)

 

 


 
 ---------------------------------------------

  
森敏
付記:この映画には小生も若干登場するようです。

2017-05-26 11:32 | カテゴリ:未分類

反原発・細川牧場裁判支援の皆さんへ

くつざわ(支援する会事務局)

 

いよいよ614に原告本人を含め4人の方の証人尋問が行われます。

 

日時場所:614(水)午後1:30から430 東京地方裁判所806号法廷

 

証人は、馬場さん(獣医学者として馬の価値など)、庄司さん(元農協職員として細川牧場の馬の頭数など)、齋藤さん(福島のにぐらや牧場経営者、当時の被害、細川牧場の馬の価値など)、細川さん原告の順で尋問です。

 

1年ちかく和解協議を続けてきましたが、被告東京電力が馬の価値を認めず賠償額を極めて低くするかたくなな態度をつづけたため、決裂。公開の法廷で、証人調べにより、損害の立証をすすめ判決を取りに行くしかなくなりました。

 

飯舘村は、高線量にもかかわらず避難地域解除=帰還強要=被ばく強要がすすめられ、これを安倍政権は「復興」と称して原発被害を過小評価しています。今も続く原発被害を明らかにし、細川さんの正当な損害賠償を認めるとともに、すべての原発被災者の要求実現をめざしましょう。

 

傍聴席を埋めることで、細川さんを励まし、支援しましょう。お誘いあわせの上、ご参加、お願いします。

 

   

(森敏)
孤高な裁判闘争を余儀なくされている細川さんの、「馬の大量死」に関する過去のWINEPブログの関連記事は以下の通りです。


 

2017-04-08 21:36 | カテゴリ:未分類
浪江町で、木に絡まっているつる性の植物を採取した(図1、図3))。押し葉にするとつぼみの部分に放射能を感じたので、オートラジオグラフをとって見た(図2、図4))。皮肉なことに古代の人物の首飾りのような美しさを感じた。
放射能を測定すると、各部位間であまり差が見られず、つぼみ(花)の部分にも結構放射能が集積していた(表1)。


スライド2 
 
 図1.スイカズラ

 
 
スライド2 
 
図2. 図1のオートラジオグラフ

 
 
スライド3 
 図3.図1の拡大図
 

 
 
 
スライド4 
 
 図4.図3に対応する部位の図2の拡大図
 
 
 
    
 
  
   
   表1.図1のスイカズラの部位別放射能濃度
スライド1 
 
 
 
   
  
 
 (森敏)
   
付記1:牧野植物図鑑には、スイカズラ のことを、
冬を忍(しの)いで凋(しぼ)まず、ゆえに 「忍冬」の漢名あり、とある。
  
付記2:東大の皮膚科の教授であった、作家木下杢太郎は、太平洋戦争終戦直前の昭和20年7月ごろに、このスイカズラを写生しているが、この絵に関しては普段かならず付すコメントがない。
激しい東京空襲下でひたすら写生に気を紛らわしていたのではないかと想像する。
   
 
P1290823.jpg 
(『百花譜百選』 木下杢太郎画・前川誠郎編 岩波文庫より)




2017-04-05 08:30 | カテゴリ:未分類
1.

以下のようにわれわれの放射線像がフランスのル・モンド紙に掲載されました。ル・モンドの電子版にはもっと詳しい画像が載っています。

 
rumonndo.jpg 



写真の説明文は:

日本人フォトグラファー加賀谷は2011年から福島第一原発から半径40キロ以内の飯舘村や浪江町を調査している。2011年3月11日に起きた大災害の後、このゾーンは政府の指示により完全に避難区域となっていた。東京大学の生物学者森敏とともに、オートラジオグラフィーと呼ばれる技術を発展させ、現地調査で集めた汚染された植物、動物、様々な日用品から環境中の”目に見えない”放射性物質を可視化している。オートラジオグラフィーは放射線を発する物質から、光学的なプロセスによってその放射線を白と黒で浮かび上がらせる映像技術である。



2.

また、加賀谷雅道カメラマンは現在イギリスでの ”FORMAT国際写真祭” に参加して「放射線像」の展示を行っています。

写真展は次のような日程になっております。
FORMAT international photo festival
www.formatfestival.com
24 March - 23 April 2017
Derby UK

igirisu.jpg 加賀谷氏の作品展示の様子
FC2 Management