FC2ブログ
2019-01-29 22:00 | カテゴリ:未分類
 
    昨秋(2018年11月)、福島県双葉町で、空間線量が毎時15マイクロシーベルト下で、ねむの木の繊細な葉がはらはらと落葉し始めていた。枝には枯れかけた実が付いていた(図1)。それを切取ってきて、オートラジオグラフを撮リ(図2、図3)、そののち莢から種子を取り出して、放射能を測定した(表1)。
      

   このオートラジオグラフ像(図2、図3)を見るときは、少し気を付けて見なければいけない。
   
   表1によれば種子と莢の放射能は、ほぼ同じ濃度である。オートラジオグラフでは一見種子が濃厚に放射能汚染しているように見えるが、種子は莢の中にあるので、莢の厚さが裏表二層も加わったオートラジオグラフ像になっていることに注意しなければいけない。
    
    
   いずれにしても次世代の種子そのものが福島第一原発暴発事故7年半たった時点でも、放射能汚染していることは間違いない(表1)。
 


 
 
 
スライド4 
 
  図1.ねむの木の実
 

 
スライド2 
 図2.図1のオートラジオグラフ 種子が濃く写っている。
 
 
 
スライド3 
図3.図2のネガテイブ画像 
 
 
 

 
表1 ねむの木の実の放射能 
 
スライド1 
 
 
 


 

(森敏)
 
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2296-a9020529