FC2ブログ
2018-09-09 18:58 | カテゴリ:未分類

         北海道胆振東部地震の厚真町の震度7の人的物的被害は壮絶だ。しかし、地質学的に見事な総がかり的な山並みの上空からの地滑りをテレビ見ていて、
  
いぶり地震山肌jpeg 
   激しくあちこちが崩落した山肌(NHKテレビから)


かつてじっくりと拝読したことがある故山田忍教授(帯広畜産大学)の

「火山性地土性調査法と北海道に於ける火山性土壤」

という論文を思い出した。文献検索して出てきたこの表題は、山田先生の北大での博士論文だが、小生が読んだのは確か養賢堂の「農業及び園芸」誌の総説だったと思う。(残念ながら検索してもすぐには出てこない)。
          
      この山田教室の門下生であった研究室(故三井進午教授:植物栄養肥料学研究室)の先輩の某氏は、博士課程からは東大に来たのだが、卒論生や修士課程のときには帯広畜産大学で山田忍先生に引き連れられて、北海道の全域の土性をくまなく調査させられたということであった。そのやり方はまさに「足で稼ぐ」体力勝負もので、あちこちで2メートル以上の穴を掘ったり、断崖の土壌断面を詳細に観察して、この白い堆積層は樽前山が何年に噴火した火山灰のものだとか、この褐色の堆積層は有珠岳が何年に噴火した火山灰のものだとか、という同定のしかたであったとのことである。このようにして北海道全域の火山灰土(テフラ)の分布の立体画像を楕円状に表示した図であったと記憶している。まさに古典的な手書きのアナログな土壌分布図である。いまその図を見れば北海道胆振地方の今回地滑りを起こした上層の火山灰がどこの火山由来のものかが直ちにわかるはずである。
 

      そういうつもりで、また文献検索していたら、北海道大学の土壌学教室の故佐々木清一教授(たぶん山田忍先生のお弟子さん)の総説が出てきた(農業土木学会誌 第46巻1号27-30頁)。以下その論文を参照させてもらう。

           

      以下に示す図-1を見ると、論文からの複写の図があまり分解能が鮮明ではないので、わかりにくいのだが、テフラ(火山放出物)は震央であった胆振地方(図- 2)に遠近の火山群からいろいろの年代に重層的に降り注いでいることがわかる。また以下の表1の左端の行の「胆振」(赤線でアンダーラインの欄)を見るとこの地方では他の地方に比べてダントツの面積で「火山放出物未熟土」「湿性火山放出物未熟土」「黒色火山性土」が大半の面積を占めており、胆振地方の森林の表土がまだ十分に固まっていない比較的新鮮な火山灰土であることがわかる。
      
      これらが、今回未曽有の震度7の激震で、簡単に緩い山の勾配でも胆振地方では地滑りを起こした所以なのだろう。それはこれまで、豪雨による地滑りで説明されたものとは全く異なる。火山礫も含まれる60センチばかりの深さの重層的な火山灰土がゆすられてスギ林も崩壊滑落したという「砂上の楼閣」の原理によるものであろう。
 
 
    
 
北海道テフラの分布jpeg 
  
 
スライド2 
     図-2 星印は今回の北海道胆振東部地震の震源地。茶色から黄色の層が震度が高かったことを意味する激震地域。(図-1と比較のこと)  
      
 
 テフラの成分jpeg 

 

  

(森敏)

追記1.山田忍先生は昭和30年に日本農学賞を授賞されている。この研究は北海道火山灰土壌研究の原点ともいうべきものである。
            
              

 追記2.小生がここで紹介した土壌調査の手法はペドロジストの常套手段で別に珍しい手法ではない。日本のペドロジスト(土壌分類学者とでも訳すべきか)は実に土壌断面を眺めていろいろと想像をたくましくするのが大好きで、現地で一つの土壌断面を眺めながら何時間でも彼らは議論をし続けることができる。研究者によっては深入りして想像をたくましくして哲学者のような蘊蓄を語る人もいる。明治以来の長きにわたって、農水省の指導によって、地道に日本の全国の土壌マップは作成されて来ている。それらは、農作物の作付けに肥沃な土壌だろうか、災害時に強靭な土壌だろうか、などなどいろいろな側面で役に立っている。小生も大学院生の頃茨城県石岡地区を1週間にわたって土壌調査の指導を受けたことがある。その時、地質年代の太古の造山運動や火山の噴火から恐竜の時代などと空想をたくましくして、現在の土壌断面を解釈しなければならないと、今は亡き橋元秀教茨城県農業試験場土壌肥料部長に教訓されたことを強烈に覚えている。(宮澤賢治も関豊太郎教授と一緒に岩手県を土壌調査させられていることは、以前にもこのブログでのべたことがある。 )
             
    その意味において、テレビで放映解説された北海道は地質年代的には東西から2つの島が合体してできたもので、その二つの境界に「胆振」があるので(図2)、その上の土質は両方の島から流れ込んできた岩石や土壌などの比較的浅い堆積物なのでので、東西からの「ずれ」が起こる直下型地震も起こりやすいだろう、という説は、きわめて説得力があった(図3)。
 
スライド1 
図3.北海道の地質年代的なできかた。(NHKテレビから)

 

   

昭和30年日本農学賞火山性地土性調査法と北海道における火山性土壌山田  忍
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2275-fd776280