FC2ブログ
2018-08-27 08:20 | カテゴリ:未分類
ホオ(朴)の枯れ葉で一面がおおわれている道路の斜面があった。よくみると葉の裏面がナメクジか何かの虫に食われている。こういう葉はどのようなイメージで放射能が撮像されるか興味があったので、数枚大事に拾ってきてオートラジオグラフを撮った。

強く汚染されている部位は(図2、図3)、風雨で舞い上がった土ほこりや、ナメクジなど葉の上をはい回る小動物や昆虫やカビなど体に着けて持ち込んだ粘土や有機物ではないだろうか。

表皮をかじられた部分は、よく見れば、確かに薄く感光している(図2)。

どの部位よりも中心の葉脈の放射能が高いのは(図2、図3、表1)木の内部から転流して来た放射能であることがわかる。
 
 
スライド1 
図1  ホオの落ち葉 
 
 
スライド3 
 図2.図1のポジテイブオートラジオグラフ像
 
 
 
 
スライド2 
図3.図1のネガテイブオートラジオグラフ像
 
 
 
 
 
 
 表1 ホオ(朴)の樹の落ち葉の放射能:図1に向かって対応
ホウノ葉の放射能jpeg 
 
 
 
 
 
(森敏)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2273-8ac36eec