FC2ブログ
2019-04-18 18:09 | カテゴリ:未分類

      訓練中のステルス戦闘機(F35A)が墜落して、まだ機体と操縦士が発見されていない。重要なボイスレコーダーも発見されていない。軍用機の練習中の墜落事故としてはアフターケアーができない、決してあってはならない異常事態ではないだろうか?

    

      ところでこの戦闘機の1機の値段が116億円ということである。現在までに、15機が購入されており、12機が待機中であり、向こう何年間かで全部で105機の購入が予定されているとか。トランプ政権の恫喝に屈しての事であろう。

    

      この戦闘機の総購入金額は単純計算で 116億円x105機=1兆2180億円 となる。アメリカから購入する飛行機の予算はいつも不透明で毎年バブル化していくので、おそらくこの予算では済まないだろう(と、悔しいことに、マスコミに何度もあおられているうちに、小生も含めて国民は「防衛予算」に関しては、いつもこういう思考回路に慣れさせられている)。

    

      このように総金額を知ると、「本当に日本の教育や科学技術予算は大丈夫かね」と、腹の底から怒りがこみあげてくる。

      

      日本のすべてのノーベル賞学者達が口を酸っぱくして、若手研究者の養成や長期的な基礎研究への国家予算の投資を呼び掛けているが、現政権は、いまだに馬耳東風であるとしか小生には思えない。実際少なくとも自然科学系の研究者の実感では、中国の躍進は本物で、すべての科学技術分野で、日本が後塵を拝することになるのも今や時間の問題である。政治家はそれが全く分かっていない。自民党議員ばかりでなく、「一番でなきゃいけないんですか?」という国会議員に代表されるように野党議員も五十歩百歩であろう。総じて熾烈な学問の世界での争いを経験してきたうえでの理系出自の国会議員があまりのも少ないからである。

   

      翻って、4年生の国立大学生一人を卒業させるまでに国家が投資する金額は約500万円ということである。実は入学金や授業料約250万円などの自己負担金を差し引くと国立大学生の卒業までの「人材養成費」としては実質わずかに150万円ぐらいしか国からは投入されていない。

   

      ステルス戦闘機105機を購入する代わりに、その分を、国立大学の入学金と授業料免除などで実質的に250万円を国が無償で提供するとなると、単純計算で48万7200人の学生を自己負担ゼロにできる金額である。

   

      戦争のための予算と、未来の人材育成のための予算と、どちらが肝心か、未来のある若い人なら誰しも後者に賛成するだろう。悲惨な戦争体験や戦後の食糧難を体験していない、思考が擦り切れた観念論者のみが戦闘機の方を支持するだろう。

 

      以上のような議論は、これまでも飽きるほどなされてきた。ステレオタイプの議論だと言われようと、小生は何度でも言いたい。いや何度でも言わなければならないと、人生終末期の最近は強く感じている。未来の人材育成と基礎科学振興にしか日本の未来はないと。

 

 

(森敏)

付記:本日、尊敬する農芸化学の大先輩である森謙治東大名誉教授【学士院会員】の訃報を聞いた。にわかには信じがたい。

 

 

 

 

2019-04-18 15:43 | カテゴリ:未分類

          今年の五神(ごのがみ)真・東京大学総長の大学院入学式における式辞は、これから研究者の道に入る者にとって実に示唆に富んだup to dateな名言で学ぶべきところが多い。

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_02.html

 

小生には、その中でも、素直に、以下に引用した、最後のくくりが一番重要であると感じた。これを読んで読者は笑うかもしれないが、研究が好きで、研究にのめりこみがちな偏執狂的な研究者ほど、時間管理がルーズになりがちで、体調や精神に変調をきたす人物がママいる。ノーベル賞受賞者利根川進氏や大村智氏も若いときのそういう経験を素直に自伝で述べておられる。以下に引用するように、ここで五神総長が、小学生に語るような、それを小生流に翻訳すれば、昼夜逆転でない、地球の自転に応じたバイオリズムに従った生活こそが、持続的研究活動の基本である。むろん、強靭な集中力はどんな職業にも必要だが、研究者が昼夜逆転の異常な生活をしたからと言って別に大発見や大発明ができるわけでもないのだ。逆は真ならずである。


 

以下引用する。

「::::::::

さあ、これから大学院での生活が始まります。東京大学は全力で皆さんの夢をサポートします。私は東京大学総長として、皆さんが安心して最高の学びと研究に打ち込めるように、さまざまなレベルで大学院の研究教育環境を充実させていきたいと思っています。健康な精神と肉体を支えにしなければ、夢は実現できません。大学院生の生活は不規則になりがちです。毎日、規則正しく起き、太陽の光を浴び、朝ごはんをしっかり食べてください。また、研究のあいまに時間を見つけ、自分に適した形で運動をする習慣を身につけてください。趣味にも時間を割いてください。::::」

 

 (森敏)
付記:上野千鶴子東大名誉教授の東大入学式における祝辞は実にユニークで感動を呼ぶものであるが、あまたのマスコミが取り上げているので、小生があえてここで取り上げるまでもない。慎重に練り上げたあえて挑発的な論考であると思う。
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html

 

2019-04-15 05:33 | カテゴリ:未分類

          4月になって低温が続き、京都では賀茂川や市内の桜がちょうど満開であった。桜はいったん散りかけたのだが、低温に驚いて花をつけたまま、数日が続いた。平安神宮前の琵琶湖疎水や哲学の道の疎水を流れる花筏(はないかだ)がその間は疎疎としていた。

 

       京都府立植物園の桜を堪能したのち賀茂川に出て川べりの有名な枝垂桜の「半木(なからぎ)の桜」をみながら左岸をゆっくりと散策していたら、川べりで本格的な昆虫網を持った一人の学生が、茂みの雑草の葉をさー!さー!という具合にその昆虫網でなでて、何かを採取しては、プラスチックのチューブに詰めているが、みていると、一振りごとの収獲は空振りが多くあまりにもすくなそうな様子。
    
アメンボウ1 
賀茂川の川岸にて昆虫網の中の獲物を確認中。右手にはプラスチックチューブ。

    
  

「すみませーん!ちょっとお伺いします。いま何をされているんでしょうか?」

「虫を捕ってるんです」

「何の虫ですか?」

「ハエやトビムシや何でもです」

「それをどうするんでしょうか?」

「アメンボウの餌にするんです」

「アメンボウ? そんな研究をされてるんですか? どれぐらいの数を育てておられます?」

「300匹ぐらいかな?」
「アメンボウはそんな虫をたべるんですか?」
「そうです、彼らは、川べりでは木々から落っこちた昆虫を食べるのです」

「300匹分にはどれくらいの餌が必要ですか?」

「そうですね。この50mLエッペンチューブの半分ぐらいで1か月ぐらいは持つかな」

「餌は生きてなきゃいけないんでしょう?」

「いや、そんなことはないです。乾燥してしまうとだめなんですが。。。だからこのあとすぐに冷凍保存にもっていきます」

「ところで、アメンボウの何をご研究されていますか?とてもおもしろそうですね」

「形態形成とか・・・」

「形態形成に関わる遺伝子発現とか?」

「・・・・・・・」

「あなたはどこの大学の学生ですか?」

「この土手の後ろの大学です」

「あー、京都府立大学なんですね」

 

      というわけでごく身近なフィールドの生き物を研究の対象にしている。夢があってうらやましい。アメンボウが水にすいすいと浮くメカニズムや、その表面張力に耐える表面が非水性の器官やその形態形成にまつわる遺伝子などを、素人ながら発見をしてもらいたいと思ったことである。

  
 
   
(森敏)
   

追記:以上のようなことをその時ぼんやりと考えていたのだが、先ほど調べると、以下の抄録がネットで出てきた。アメンボを材料にした形態形成関連の遺伝子の研究はまだなされていないようである。(アバウトな調べ方なので断言できないが)(4月16日)
    

アメンボの水上歩行に関する流れの可視化

*山田 皓大(山形大学)李鹿 (山形大学)中野 政身(東北大学)

山田 皓大

山形大学李鹿 輝 山形大·中野 政身 抄録

アメンボ類は特性長さが1cm、特性体重が10 dyne の昆虫で、池や川、外洋の水面に生息している。アメンボの体重は、自由表面が湾曲して生じた表面張力によって支えられており、水をはじく左右の中足を漕ぐように動かして進む。これまでの研究からは、アメンボの流体力学的な推進力は、漕ぐ脚が発する半球状の渦と表面張力波によって、下にある流体に運動量を輸送していることが明らかになった。本研究の目的はアメンボが素早く足を動かす瞬間にアメンボと流体との運動量の交換を定量化することである。デジタル粒子画像計測法(DPIV)技術を用いて水の流れを可視化した。アメンボの脚の素早い瞬間の動きが水の運動量に与える影響を定量化し、その結果アメンボの推進効率を算出する。

 

 

 

2019-03-20 07:45 | カテゴリ:未分類

  駒場(東大教養学部)の同窓会館での同窓会のあと、皆と別れて一人で、近くにある日本農学の原点ともいうべき 「ケルネル水田」 を40年ぶりに訪れてみた(1)。ここは都会のど真ん中にある水田である。その由来は、そこに建てられた標識によれば以下のとおりである(2、図3)。筑波大学付属駒場中学校、高等学校の生徒たちは、この水田を用いた田植え、水管理、稲刈り、脱穀、精米までのすばらしい体験実習をしていることと思う。






 
スライド3 
図1.都心に珍しい本格的な水田  上流水口(みなくち)からの眺め。


 

    
 
 
スライド2 
図2。左は「ケルネル田圃」の説明文(以下に転載しました)。
右は農作業の手順を絵でわかりやすく示している。

 
ケルネル田圃

ケルネル水田は、旧駒場農学校の実習田です。駒場農学校は、明治政府が近代農学に基礎を置く欧米農法取り入れるために、農業指導者を養成する学校として明治11年に設置されました。

   
 札幌農学校がアメリカ系統の農業技術を導入したのに対して、駒場農学校にはドイツ系統の農学が取り入れられました。
  

 ドイツ人オスカー・ケルネルは、駒場農学校の教師として招かれ、日本農業の特質を配慮しながら農芸化学を応用した実験を中心に土壌、肥料などの研究と教育を行い、多くの成果を収めました。
  

 ドイツ人教師ケルネルの名をつけたケルネル田圃は、新しい日本農業の指導者を育てた駒場農学校の実習地の跡として貴重な史跡です。
  

 なお、駒場農学校は、のちに東京農林学校となり、東京帝国大農科大学などを経て筑波大学に継承されました。
   

 現在、ケルネル田圃では筑波大学付属駒場中学校、高等学校により教育水田として生徒が実習しています。

 
   
  
 
 
 
 
スライド1 
 図3.水田の周辺に建てられている掲示板と碑文。
左:目黒区緑の散歩道。駒場で花開いた近代農学  のタイトル
右:水田の碑
 
  
 
 
 

  このオスカー・ケルネル先生の像は、古くから当初は確か小生も長く在籍した東大農学部2号館の正面玄関内にあったと思うが(不遜にも今となっては記憶が定かでは無いのだが)、いつの間にか3号館の正面玄関内に運ばれて、今はその片隅に追いやられて、狭い思いで立っている(4)。この胸像は建物の中にずっといたので、東京大学の中央の広報関係者もあまり知らないらしく、最近大学から送られてきた「学内広報」の東大の胸像群の写真には載せられていない。農学部正門に向かって入り口を入って左側にある上野英三郎先生と忠犬ハチ公が戯れている像の方が今では有名である。



オスカー・ケルネル先生の像1 
図4.オスカー・ケルネル先生の像。 文京区向ヶ丘弥生の東大農学部3号館の玄関の中に胸像が建っている。
   
   
 

 (森敏)

追記1:ケルネル先生以降の東大農芸化学科の長い歴史は以下のホームページに簡潔に記載されています。

http://www.bt.a.u-tokyo.ac.jp/science/history/

追記2.筑波大学付属駒場中学・高校校長の林久喜さんは筑波大学教授でもあり、

中学校の総合学習の時間で実施される水田学習の教育効果
林久喜 
日本農業教育学会誌   (別) 67-68   2017年10月

という論文を発表している。

この学校は2019年の東京大学に全国で2番目の入学数(113名、現役83人)ということだ。水田での体験学習の成果もあるのかもしれない。
2019-02-03 10:00 | カテゴリ:未分類

これまで全く立ち寄ったことがなかったのだが、最近整備された上野公園の小高い一角に、なんとアメリカのグラント大統領の石碑が建立されており(1)1879年(図明治12年)825日に大統領お手植えのヒノキ(檜:Cupressus lawsoniana)と夫人のお手植えのタイサンボク(泰山木:Magnolia grandiflora)があった(図)。それぞれの木の下に石碑が建てられていた(図3、図4)。タイサンボクは別名のぎょくらんが石碑には記されている。
 
    (江戸開国後こんなに早くからアメリカの大統領が日本を表敬訪問していたとは知らなかったなー。第2次世界大戦での敗戦後は、日本の首相は、代替わりのたびにアメリカの大統領を表敬訪問する朝貢外交をやらされているのだが。)
     

  ヒノキは一枝のみが健在でいまにも枯れかけているが、タイサンボクはおどろくほど旺盛に上下左右に翼を伸ばしてこんもりとしている。いずれも20メートルを超えると思われる高さである。小生はこんなに大きなタイサンボクを見たことがない。よほど土壌が合っているのだろうと思われる。一方のヒノキの土壌は根の張りに障害があるのかもしれない。計算するとこれらの木は樹齢140年以上ということになる。
 

  上野恩賜公園は1876年(明治9年)4月開園、東京大学の創立が明治10年だから、両木は東京大学とほぼ同じ樹齢ということになる。そう考えると140年の風雪に耐えてきた両木がなんとなくいとおしい。どうかこのヒノキ君が枯れないようにと願わずにはいられない。
     
スライド2 
 
グラント大統領(中央の像)の訪日記念碑。 左のアルミ版に由来が書かれている。
 
スライド1 
 左が大統領婦人お手植えのタイサンボク、右が大統領お手植えのヒノキ
 
スライド3 
 
右から俗称グラント・ヒノキとかかれた石碑
 
スライド4 
 
右から俗称
グラント・ギョクランと書かれた石碑
        
この小高い一角は、桜並木のすぐそばなのだが、人々の流れから外れているのか、普段はあまり人がいないようだ。
  

(森敏)
付記:「このグラント将軍が自ら植えたとされる松が増上寺にあり、【グラント松】との名称で親しまれています」という記事をネットで見つけた。なるほど、訪問記念に木を植えるということは、後世に残る行事だが、その受け方の方を考えると、末代までの維持管理に気を遣うのは結構大変だと思う。現にこの上野の グラントヒノキ は、 いまや息絶え絶え であるとお見受けした。

FC2 Management