FC2ブログ

WINEPブログ内で「 国 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2019-04-18 18:09 | カテゴリ:未分類

      訓練中のステルス戦闘機(F35A)が墜落して、まだ機体と操縦士が発見されていない。重要なボイスレコーダーも発見されていない。軍用機の練習中の墜落事故としてはアフターケアーができない、決してあってはならない異常事態ではないだろうか?

    

      ところでこの戦闘機の1機の値段が116億円ということである。現在までに、15機が購入されており、12機が待機中であり、向こう何年間かで全部で105機の購入が予定されているとか。トランプ政権の恫喝に屈しての事であろう。

    

      この戦闘機の総購入金額は単純計算で 116億円x105機=1兆2180億円 となる。アメリカから購入する飛行機の予算はいつも不透明で毎年バブル化していくので、おそらくこの予算では済まないだろう(と、悔しいことに、マスコミに何度もあおられているうちに、小生も含めて国民は「防衛予算」に関しては、いつもこういう思考回路に慣れさせられている)。

    

      このように総金額を知ると、「本当に日本の教育や科学技術予算は大丈夫かね」と、腹の底から怒りがこみあげてくる。

      

      日本のすべてのノーベル賞学者達が口を酸っぱくして、若手研究者の養成や長期的な基礎研究への国家予算の投資を呼び掛けているが、現政権は、いまだに馬耳東風であるとしか小生には思えない。実際少なくとも自然科学系の研究者の実感では、中国の躍進は本物で、すべての科学技術分野で、日本が後塵を拝することになるのも今や時間の問題である。政治家はそれが全く分かっていない。自民党議員ばかりでなく、「一番でなきゃいけないんですか?」という国会議員に代表されるように野党議員も五十歩百歩であろう。総じて熾烈な学問の世界での争いを経験してきたうえでの理系出自の国会議員があまりのも少ないからである。

   

      翻って、4年生の国立大学生一人を卒業させるまでに国家が投資する金額は約500万円ということである。実は入学金や授業料約250万円などの自己負担金を差し引くと国立大学生の卒業までの「人材養成費」としては実質わずかに150万円ぐらいしか国からは投入されていない。

   

      ステルス戦闘機105機を購入する代わりに、その分を、国立大学の入学金と授業料免除などで実質的に250万円を国が無償で提供するとなると、単純計算で48万7200人の学生を自己負担ゼロにできる金額である。

   

      戦争のための予算と、未来の人材育成のための予算と、どちらが肝心か、未来のある若い人なら誰しも後者に賛成するだろう。悲惨な戦争体験や戦後の食糧難を体験していない、思考が擦り切れた観念論者のみが戦闘機の方を支持するだろう。

 

      以上のような議論は、これまでも飽きるほどなされてきた。ステレオタイプの議論だと言われようと、小生は何度でも言いたい。いや何度でも言わなければならないと、人生終末期の最近は強く感じている。未来の人材育成と基礎科学振興にしか日本の未来はないと。

 

 

(森敏)

付記:本日、尊敬する農芸化学の大先輩である森謙治東大名誉教授【学士院会員】の訃報を聞いた。にわかには信じがたい。

 

 

 

 

2019-03-29 05:19 | カテゴリ:未分類
 

 
スライド1 
 
図1.クワズイモの生息地 (上)空間線量毎時17マイクロシーベルト。 (下)普段は湿地帯だがこの時は乾燥していた。 
 
 
 
      双葉郡の空間線量毎時17マイクロシーベルトの電柱のそばに湿地帯があり(図1上)、 ここは交差点にあたるので調査のたびに何度も行き来するところである。あるとき花が咲いていた(図1下)。

 

これは小生が東京で自宅から事務所に行きかえりするときに民家の道路わきの植え込みで見る「カラー」という観葉植物であるらしかったのだが、野生化していたのでよく同定できなかった。

  牧野植物図によれば、これは南アフリカから弘化年間に渡来した観葉植物で、日本ではなぜかクワズイモと呼んでいたようである。学名はCalla aethiopica L. 牧野による俗称は「カラ」であった。

  花の中に長い花序がありそこに雌しべと雄しべをつける(図2、図3)。
 
  これらをオートラジオグラフ撮像して(図4、図5)、そのあと花器を仕分けして放射能を測定した(表1)。

  葉の部分が圧倒的に放射能が高く、花器では「肉穂花序」と称する部分が高かった。この花序には雌しべや雄しべや花粉が含まれている。葉の放射能が圧倒的高いのは、雨期に水が溜まってくると葉の部分が直接水を被るのでその放射能を直接葉から吸収してしてしまうからかもしれない。
 
  この場合のように、雨季に湛水になりやすい地形のところに生えている植物は、去る2011年の原発事故時に山間部の谷内田(やちだ)の水稲が、山際からの表流水や湧水を直接葉や茎にかぶって、玄米の放射能が異常に高かった理由を想起させる。
   
   要するに湿地帯の植物はいつまでも内部被ばくが高く続く可能性がある。






スライド2 
図2.花器の部分 押し花にされているが、花弁のなかには図3のように大きな肉穂花序がある。
 
 
 
 

 
 
スライド3 
 
図3.花弁を一部除いたところ。 棒状の肉穂花序。押し花しているうちに一部がカビている。
 

 
 
 

 
スライド4 
図4.葉の部分のオートラジオグラフ

 
 

 
 
 
 
スライド5 
 
図5.図2の花器の部分のオートラジオグラフ 肉穂花序が強く浮き出て感光している。


 
 
 
 
表1.クワズイモの放射能 
 
 スライド1
 






(森敏)


2019-03-12 12:31 | カテゴリ:未分類

    これまでの新聞記事によれば、

「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」

と心愛ちゃんが201711月、いじめに関する学校アンケートの自由記述で記していたのを、学校が最終的に父親に見せた。

 

    この記事を読んで、思わず小生の灘高入学時がよみがえってきた。

 

    今は知らないが、60年以上前の灘高では50人だけ他の中学からの入学生を厳しい試験で受け入れていた。その50人は灘中からそのまま上がってくる在校生よりも実力が低いということで、一つのクラスにまとめられていた。その入学早々国語の教師が、作文の時間を設けて「灘高に入学した感想を何でも自由に記述しなさい」というので、中身はすっかり忘れたのだが、小生は中学校では新聞部の部長をやっていたので多少批判的な作文を提出したのだと思う。
 

    その後小生は職員室に呼ばれて中高6年間の6人の学年担当主任にぐるりと囲まれて、いろいろ詰問された。趣旨は「そんなにこの灘高が嫌なら、明日にでも退校してもいいんだよ。君みたいなのがいると他の生徒に迷惑がかかるからね」

と、自分でもわけがわからない嫌味を言われた。その後の卒業までの3年間は英・数・国・社の教員によるいじめで地獄の苦しみを味わった。あまり周りの事を気にしない体質だったので自殺に至らず何とか切り抜けられたのだと思う。

 

    これは国語の教師がスパイ行為(思想調査)をしたということである。

 

    心愛ちゃんは父・母・先生・お友達の誰にも頼れなくて、<寂寥の極み>であの世に逝ったことだろう。

 

      


(森敏)


付記1:以下の記事です


千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、心愛さんが2017年11月の学校アンケートに「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」と回答していたことが31日、分かった。市教育委員会は、この回答のコピーを父勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=に渡しており「威圧的な態度に恐怖を感じ、屈してしまった」と説明した。

野田市教育委員会は31日に記者会見し、アンケートの記述内容を公開。心愛さんは、容疑者から「夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています」と書いていた。

付記2.小生の中学校の時の国語の先生は、修学旅行の時の厳島神社前の旅館で、真夜中に友達と行った狼藉を書いた小生の作文に対して、全く事を荒立てることはなかった。
        
追記1.関係者には以下の処分が決まった(2019年3月28日 読売新聞の記事)
千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、同市と同市教育委員会は28日、父親からの虐待を訴えた心愛さんのアンケートのコピーを父親に渡した市教委学校教育部次長兼指導課長(58)を停職6か月とするなど、職員12人を懲戒処分とした。指導課長は主幹に降格させた。:::::

2019-02-06 18:08 | カテゴリ:未分類

        偶然、今日は足腰に故障が出て、家にいて漫然とテレビを「消音」で流し見していたのだが、日本時間の昼頃から突然テレビでトランプ大統領の「一般教書」の演説があるということで、トランプの議会への入場シーンからLive中継が始まった。

 

        それで、いそいでテレビを「音声」に切り替えた。なんと1時間20分も演説は続いた! 小生にとって一般教書演説に付き合ったのは生まれてこの方初めてであった。しかしこのLiveは見ていて飽きが来なかった。ヘタなドラマよりも、シナリオとトランプ大統領の振る舞いが、実にドラマテイックにできていたと思う。

 

        予想外の長さにNHKは番組を変更して演説を全部Live中継し、途中で「第2回米朝首脳会談が22728日にベトナムで開かれる」というトランプの発言の直後には、緊急速報として、それをテロップでLive画面に流した。

   

        この恒例の一般教書演説は、民主党の抵抗で2週間ばかり延期されたようだが、トランプにとっては、そのおかげで入念な下準備ができたのではないかと思われるものであった。

     

        まだ生きている様々な分野でのトランプ大統領の視点からの英雄(軍人、宇宙飛行士、米軍によってナチスから解放されたユダヤ人、国境警備員、無実の長期拘留者、脳腫瘍の可愛い少女などなど。。。。。。)を議会の2階傍聴席に招請して、実名で紹介し、その老若男女をほめたたえるのであった。紹介された人たちは本当に誇らしく時に涙を浮かべてうれしそうであった。
 
  もちろん抜け目なく、この間の短期間での大統領在任中でのアメリカファーストの方針で、アメリカ経済が失業率が急速に低下し赫赫たる成果を上げているという自慢話があった。これにはいささか閉口した。

 

        その風景を与党共和党員はいちいちスタンデイングして拍手を送っていた。全部で数十回にもなったのではないだろうか。あくまで議員個人の自発的な賛意を表する振る舞いなんだろうが高齢の議員には、立ったり座ったりの連続は実に負担だろうなと甚く同情相哀れむものがあった。その光景を苦虫をかみつぶして座って考え込んでいる、サンダース議員(?)など民主党議員も映し出されていたのにはつい笑ってしまった。

 

        アメリカの赫赫たる歴史が語られ、世界大戦での勝利への貢献や泥沼の中近東でのアメリカ兵の膨大な人数の犠牲(7000人の死亡、52000人の大けが、7兆ドルの投入戦費)が語られたが、アメリカが加害国であった長期にわたるベトナム戦争でのアメリカ兵の犠牲や「敗戦」が語られることはいっさいなかった。

 

その戦場であったベトナムで、来る22728日に第2回米朝首脳会談が開かれると宣言した。実に株屋さんらしいプラグマテイズムだと思う。

       
(森敏)
追記:本日(2月9日) 米朝首脳会談はハノイと決まった。

トランプ米大統領は8日、自身のツイッターに投稿し、今月27、28両日に予定している米朝首脳会談の開催都市がベトナムの首都ハノイに決まったことを明らかにした。米国のビーガン北朝鮮政策特別代表が6~8日に平壌を訪問し、北朝鮮の金赫哲(キムヒョクチョル)・元駐スペイン大使との間で最終調整していた。

 トランプ氏は金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長との首脳会談をハノイで開催することを明らかにし、「金委員長と会談し、平和を前進させることを楽しみにしている!」とツイートした。

 米政府関係者によると、米政府はベトナム中部のダナンで開催することを希望。一方、北朝鮮側はベトナム政府の首脳らとの会談も米朝首脳会談と同時期に要望しており、会談場所として都合の良いハノイでの開催を求めていた。(朝日新聞 ワシントン=園田耕司)

 

2019-01-11 13:08 | カテゴリ:未分類
COP24、日本政府の部屋からパソコン盗難か

昨年12月にポーランドで行われた国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)で、日本政府代表団がノートパソコンとUSBメモリーを紛失していたことがわかった。環境省が9日、発表した。他国との会談記録などが入っていたという。
 発表によると、パソコンとUSBは、会場内の日本政府の部屋にあったが、会議終了後の12月16日に紛失が発覚した。状況から盗難の可能性が高く、環境省は今月4日、在ポーランド日本大使館を通じて現地警察に被害届を提出した。
 USBには、2017年11月〜18年5月に行われた国際会議の交渉記録や、他国の環境相との会談記録のほか、政府関係者ら約30人分のメールアドレスが入っていた。パソコンには環境相の日程などが記録されていた。環境省によると、外部への情報流出は確認されていないという。(読売新聞1月9日)



  

ーーーーーーーーーー


この記事の意味するところは、会場内に国際的に暗躍するスパイがいたということである。

 

    国際会議場では多くの国々の人が入り込むので、格好のスパイ合戦が行われていると考えられる。日本政府代表団の警戒心の欠如は、かなり深刻である。国益に害を与えている。二度あることは三度あるはずだ。

 

    パソコンやUSBのなかからこの日本の代表団の草案作成にかかわった多くの人的情報が流出しているだろう。それらは巡り巡って当人たちに甚大な影響を及ぼしかねないものである。

 

 

以下外国でのパソコン盗難に関する記憶である。
     

    11年前にベルリンの有名ホテルで大学評価に関する日独学術交流が持たれた。お昼にホテルに着いたときに、団長である筑波大学の某先生は、いたってお元気であった。ところが夕飯時に、彼の顔が顔面蒼白になっていた。「どこか体調が悪いんですか?」と聞くと、「ホテルの部屋から!パソコン盗まれた!困った困った! 明日の講演の内容がすっかりパーになった」。

   

そこで皆でホテルのマネージャーとかけあったが、「あちこちに監視カメラを取り付けているので、不審者がわかったら連絡します」と言って直ちには捜索を全くやる気がなかった。あきらめて某先生は食事もせずに、同行の先生のパソコンを借りて、そそくさと部屋に引きこもった。翌日の朝食時にはげっそりと痩せて見えた。徹夜だったのだそうだ。もともと、原稿はよく練りこんでいたのだろう、講演は立派なものだった。
    

  パソコンは出てこなかったし、ホテルの側からは全く謝罪がなかった。一貫して俺たちの責任ではない、というような木で鼻を括る態度には無性に腹が立った。日本人だと思って馬鹿にしている、と思った。ベルリン壁崩壊前後に小生は4回ドイツを訪問していたのだが、その経験も含めて、思わず頑固なドイツ人が嫌いになりかけた。「それはお前の性格が悪いからだ」といわれればグーの音も出ないのだが。

 
          

(森敏)
FC2 Management