FC2ブログ
2018-07-12 17:13 | カテゴリ:未分類

  福島県双葉町の道沿いには、なぜか榧(カヤ)の木の幼木が多い所がある(図1)。カヤノキの実生が発芽して以来、土壌の腐葉土からくる高放射線量(毎時10-30 Sv)による外部被曝の故か、矮性で生育のいじけたものも多い。ここに示すのは、正常な形態のものである。しかし放射能を測ると、結構高い。放射性セシウム汚染腐葉土からの直接経根吸収による内部被ばくも、激しいことがわかる。
   
  オートラジオグラフでも、明らかなように、枝の先の新陳代謝の激しい、Kの要求量が大きい新芽の部分と、3つ叉にわかれている枝の節目(師管と導管が入り組んだ部位)が放射能が高いことがわかる。これまで幾たびとなく述べてきたように、カリウムの代わりに周期律表上の同じ系列の放射性セシウムも積極的に植物体内を移行分布しているからである。
 

 
 
 

 
榧木jpeg  

図1.榧木(カヤノキノ)の枝葉







スライド2 


図2.図1のオートラジオグラフ


 
 
 
 
 
 
スライド3  
3.図2のネガテイブ画像



 
 表1.カヤの木の部位別放射能
kaya no housyanou jpeg 

 
 
(森敏)

付記:台東区の蔵前というバス停の前には「榧木寺」という、珍しい名前のお寺がある。由来は以下のとおりである。寺の中には現在も4本ばかりの大きな、青々とした新鮮な榧の木がある。

:::::「榧木寺」の現存する4点の縁起によれば、「かつて境内に樹齢千年の榧の大木が立っていましたが、当地が火災に見舞われた際には、榧の木から水を発し、たくさんの町民・本尊ほか多くの寺宝を火災から守ったとあり、現在、本尊の右に安置する秋葉権現像は300年程前この榧木で造像したもので、江戸の大火事から人々を守り、火防せの信仰をうけていたと記されています。:::::::」ということです。

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2257-51425495