FC2ブログ

WINEPブログ内で「 放射能 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2019-07-17 09:30 | カテゴリ:未分類
本日の東京新聞に以下の記事が掲載されました。この研究には小生も協力いたしました。(拡大してみてください)
   
       

モミの木のセシウムの動きを可視化 

      
  

 東京電力福島第一原発事故による放射能汚染地域に育つ植物の内部で、土から吸い上げた放射性セシウムはどう動くのか。福島県飯舘村で、住民の伊藤延由(のぶよし)さん(75)と、1本のモミの木から枝を継続的に採取して調べた。
 森敏東大名誉教授(植物栄養学、土壌学)の協力で、葉などにたまったセシウムが発する放射線を画像化(オートラジオグラフ)した。各年ごとに、部位別のセシウム濃度も測定した。
 晩秋、その年の春に出た部分の先端に新芽が出現し、そこにセシウムが集積。翌年春に芽吹く様子が確認できた。
 森名誉教授は「細胞分裂、細胞伸長が盛んな新生組織には、カリウムが必要。土中から吸い上げる際、一部はカリウムと間違ってセシウムを取り込んだ結果だ」と話した。 (山川剛史)
      

2019-07-04 22:02 | カテゴリ:未分類
 
   2017年春に浪江町のほとんど人が通っていないと思われる林道で、落ち葉層の中に、約15センチの高さのワレモコウの幼物群落があった。空間線量は毎時20マイクロシーベルトであった。

  主根が途中でちぎれたが、根ごと容易に引き抜けた (図1)。根にはいくらふるっても腐葉土がついているので桁違いの放射能値であるが (表1)、地上部では中央の新葉の部分が強く感光していることがわかる(図2、図3)。
       
  この場所は今年(2019年)の6月初旬に訪れたのだが、同じくワレモコウの幼植物群落がみられた。空間線量は毎時17マイクロシーベルトであった。


 
スライド1 
 図1 根つきのワレモコウの幼殖物
  
   
 


スライド3 
 
図2.ワレモコウ幼植物のオートラジオグラフ。地上部中央の新葉が濃い。


 
スライド2 
図3.図2のネガテイブ画像 
 
     

 表1.ワレモコウの放射能。葉を新芽、新葉、旧葉などと分別すべきであったが、今回は一括して葉(地上部)と根(地下部)とした。根には腐葉土がついている。

スライド4 
 *放射能は2017年10月の測定値
 
 
 


 
2019-06-27 09:10 | カテゴリ:未分類

   以前にも記したが、避難困難区域では、調査中に、尿意をもよおしても、トイレがないので、男性は林内に分け入って、放尿することになる。

 

  尾籠(びろう)な話だが、ある時林内放射線量毎時数マイクロシーベルト下で、ゆっくりと放尿していると、目線の先に70センチぐらいの高さの紫黒色のシダがきれいに左右の葉がきれいに折りたたまれて、1本だけ立っているのを見つけた。葉先が尖って硬くて痛く、同定できなくて、3年ばかり、放置していたのを最近、若林さん(株ASCOT)によって、イヌガンソクと同定してもらった。押し葉にしていると、葉が真っ黒になった(図1)。
 
スライド1 
図1.イヌガンソクの葉と茎 。両方の葉がきれいに重なって閉じている。
 
 
スライド2 
 図1.図1のオートラジオグラフ。外部被ばくはほとんどないので、シダの根からのセシウム移行であることがわかる。 横に薄く見えているのはサンプルが動かないように支持したセロテープ。(セロテープは薄いが、このセロテープによる放射能の自己吸収が起こっていることがわかる。)
 
スライド3
図3.図2のネガテイブ画像。

 

  ラジオオートグラフ像は鮮明で、まるで鳥の翅のように撮像された(図2、図3)。

 

  放射能はべらぼうに高かった(表1)。

 

  この植物の別名は:おおかぐま、へびがんそく、いぬくさそてつ、おおくさそてつ、いつまでぐさ、 と多彩である(牧野植物図鑑による)
 
    
表1.イヌガンソクの放射能
イヌガンソク1

 
 
(森敏)
2019-06-19 10:46 | カテゴリ:未分類
      放射能汚染で住民が避難しているので、人が全く通らなくなった浪江町の民家に通じる道のど真ん中に、1.5メートルぐらいの高さで道を遮るように思い切りよく葉を伸ばしている黒い実をつけている、草本があった。帰って調べてもわからなかったので、いつもの若林さん(株アスコット)に調べてもらうと、抽苔した「ウド」ということであった。土の暗い穴倉の中で、白色に栽培している食用ウドは東京都の栽培農家で見たことがあったのだが、露地ものは見たことがなかったので、現地では同定できなかった。
 
      
地上部の穂の部分と葉の部分を採取してきて、オートラジオグラフに撮ると、実が着いている葉、茎、花穂の柄の部分が強く放射能を含んでいた。これらの組織よりも一
桁低いが、しっかりと種子にも放射能は移行していた。外部付着した放射能はなく、全部内部被ばくであることがわかる。根から吸収された放射能が茎を経由して葉に移行し葉脈を通じて葉の細部に分布していくことがくっきりとわかる。よく見ると葉の裏側か表側科が不明だが虫が食べたところには放射能がないか、色が薄い。
 

 

 

 
 スライド1  
図1. ウドの茎葉と花穂(種子はすでにほとんど散っている)
 
 
 

 

スライド2
 
 図2.図1 のオートラジオグラフ
 
 
ウド ネガ‏フィルム jpeg 

図3 図2のネガテイブ画像 くっきりと葉脈が浮きでている。葉脈が非対称なのが少し気になるが。




  
 
 


表1  ウドの部位別放射能
 
ウドの放射能jpeg
 
 
   
  

 
(森敏)
 
2019-06-14 05:16 | カテゴリ:未分類
 
  2018年4月ごろ、浪江町の空間線量毎時2.7マイクロシーベルトのゴルフ場のわきに、シバの孤立した群落があったので、小さな株を切り出して土をふるって大学に持って帰った(図1)。


    土がとり切れないのだが、子細に根(図3)を、細根に吸着した腐植質土壌、細根と絡まってはがせない微細な有機物、太い根 と強引に仕分けして、放射能を分析した。腑分けに大変苦労した。その結果、茎(ランナー)や葉はこの放射能が付着して取れない根部の約30分の一であることが分かった(表1)。


    ランナーの部分の多くある各節位からは微細な分岐根が複数出ているのだが(図2)、そこの部位は分岐根が細くて放射能が少し見づらいが、各節位は明瞭に高く感光している(図4、図5)。





 
スライド1  
図1.テイカカズラを根から引き抜いてみた。


   
 
 
 スライド2
図2.図1の地上部の部分拡大


 

  
 
 
スライド3 
図3.図1の根部の部分拡大 腐植質土壌の中にびっしり入り組んでおり、有機物が絡まっている.太い根と細い根が入り混じっている。


 
 スライド4

図4.図1のオートラジオグラフ こころもち、ランナーの先端いい行く葉ほど強く感光している
 
 
 
 
 


 
 

 スライド5

図5.図4のネガテイブ画像



 
図1.シバの部位別放射能分布


シバの放射能1
 
 
FC2 Management