2018-06-08 13:13 | カテゴリ:未分類

シンガポールでの米朝首脳会談について,北朝鮮政府には外貨がなく、ホテルへの滞在費が支払えないのでシンガポール政府に泣きついたら、平和のために少しでも貢献したいと、シンガポール政府はこれを受諾しそうだという。昨日はわざわざシンガポールの外相がピョンヤンに呼ばれて(というより平和のためにならと、シンガポールが自分から滞在資金の保証に出かけてあげたのだと思う。えらいよね!)。ノーベル平和賞受賞団体ICANも協力したいとのことである。

     

米朝の複雑な駆け引き(トランプのデイ―ル外交)の思惑がどうあれ、世界が朝鮮半島の和平を望んであるということがわかる。

    

それにしても、ソ連のお古のおんぼろ飛行機でピョンヤンから直行便で行ったり、ホテルの滞在費をおねだりしたりして、恥も外聞もない外交をせざるを得ないほど、北朝鮮は困窮しきっているということである。本来がプライドの高い民族であるのだが、背に腹は代えられないわけである。

       

しかし世界は北朝鮮がなぜそういう外貨資金の困窮事態になったのかの根本原因を理解すべきだろう。虚勢を張って「アメリカがこちらに顔を向けてくれるために」核やミサイルの開発に国家予算を無駄使いしているからばかりではないのである。

       

もともと共産主義時代には北朝鮮はソ連邦の属国としてバーター貿易(物々交換)で物資のやり取りを共産圏の域内でしていたので現金のやり取りが必要でなかったのだ。つまり外貨なんか必要なかったのだ。域内貿易で自給自足できていたのである。金日成主席の1970年代は、地下資源の豊富なこの国はむしろ韓国よりも繁栄をしていたのである。しかし1989年にソ連邦が崩壊して、共産圏国家が個々に独立し、すべての国家間の貿易が現金決済になってから、それまで全く外貨の蓄積がなかった北朝鮮は、旧共産圏ばかりでなく資本主義圏との売買取引ができなくなったのである。諸外国からの物流が急速に細ったのである。日用品さえ困窮し始めたのである。当然食料が一番困窮しているし、今もしている。

       

  ピョンヤン近郊の400万人の金王朝一族以外は食料困窮の極みにあると思われる。テレビで映像を見る限り、相対的に優遇されていた軍人さえも国境の川の向こう岸では食糧不足で腹ペコのようである。戦争なんかできっこないのである。

     

だから各国の駐在北朝鮮大使館が、偽(にせ)札を大量に発行して外国銀行でマネーロンダリングをして外貨(米ドル)をねつ造したりしてきたのである。最近はそれも監視が厳しくなっているので、外交官の外国出張などには本当に困窮しているのだろう。今回,金正恩が相変わらずの虚勢を張って一泊65万円のホテルへの宿泊を要求しているというのも、どこまでが真実のデマか知らないが、彼らは何かにつけて親切な人にお金を要求することを当たり前のように思うようになっていると思う。「俺たちが貧乏なのはお前たち資本主義圏が俺たちを収奪しつづけているからだ」という特有のマルクス主義の論理で。

         

特に日本政府に対しては「第2次世界大戦でお前たちは何をやったのだ、まだ全く謝罪していないではないか」という恫喝の論理で金日成・金正日・金正恩は一貫している。

    

だから、今回「駆け引き好き」のトランプ大統領の代になってやっとアメリカがこちら(北朝鮮)側に顔を向けてくれて、北朝鮮との首脳会談を受諾してくれたのをきっかけに、金正恩は一気に金正日の「先軍政治」から抜け出して、経済を正常化して国民生活の向上に強力に政治の舵を切り始めたように見える。そうしないと本当に自分自身の政治基盤が危ないのだろう。

     

先日、金正恩が中国の地方都市(どこだか忘れたが)に多人数の北朝鮮の首長を派遣して、農業視察を行わせていた映像がテレビで15秒ほど流れたのだが、「これが小麦です」という中国側の農業技術者の説明に、首長たちがうなずいていたのには少し驚いた。北朝鮮はイネは作っているが、小麦は作っていなくて、主要な食料はトウモロコシ(しかも生産性が高いが、食用としては「まずい」飼料用品種のとうもろこし)なのである。だから首長たちは小麦を知らないのだ。実際庶民はトウモロコシしか食べられていない。ピョンヤン以外ではコメを食べるのは夢のまた夢なのだ。だからトウモロコシにはない必須アミノ酸のトリプトファンなどの欠乏で子供たちはみな背が低い。小生が北朝鮮を訪問した時にはこのことを北朝鮮の人たちもしっかりと認識していた。時々報道で登場する北朝鮮のこどもたちはおしなべて脚が短く背が低いのである。

        

  栄養欠乏で背が低いのは戦後の小生が体験したことでもある。学校給食でアメリカの(バターを取った後の)脱脂粉乳や小麦のコッペパンが提供されから、小生はどんどん背が伸びて朝礼の時は当初小学2年生の頃はクラスの最前列にいたのだが、6年生の頃は列の後ろの方から数えたほうが早い位置にまで背が伸びていったのである。だからいまでも小生は1951年に結ばれたアメリカのMSAによる農産物食料援助には感謝している。芦屋の小学校の同級生たちは「こんなまずいミルク飲めるか!」などと贅沢なことをいっていたのだが、小生は友達の分までがぶがぶ飲んでいたので今があると思っている。。

         

それにしても、拉致問題の解決のために、トランプに安倍がわざわざワシントンにまで懇願に行かなければならないほど、日本政府と北朝鮮政府とは外交ルートの人脈が途絶えてしまっているのだろうか。実にヘタな外交をしてきたものだと思う。現在でも在日朝鮮人は3万人もいる。だからその数倍の親類が北朝鮮にいるだろうに。

           

「ああ分かった、米朝首脳会談では拉致問題は取り上げるよ。その代りに日本はふんだんにアメリカの物資を通した経済援助をしてやれよ」、とトランプには言い含められているのではないか。昨日の 会談後の日米両首脳の記者会見では、トランプ大統領は、横にいる安倍首相の事を、決して「シンゾー」とファーストネームで呼ばなかった、「プライムミニスター・アべ」と冷ややかだった。明らかに距離を置き始めたと思われる。
     
  
トランプの頭は、いかにして今年のノーベル平和賞にちかずくべきかのタクテイックスで、いっぱいなのかもしれない。とちゅうからG7サミットをトンずらして、早めにシンガポールに飛ぶらしいから。(本日午後7時のニュース)

     
 
      
 
(森敏)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2250-2d85238b