FC2ブログ
2019-04-15 05:33 | カテゴリ:未分類

          4月になって低温が続き、京都では賀茂川や市内の桜がちょうど満開であった。桜はいったん散りかけたのだが、低温に驚いて花をつけたまま、数日が続いた。平安神宮前の琵琶湖疎水や哲学の道の疎水を流れる花筏(はないかだ)がその間は疎疎としていた。

 

       京都府立植物園の桜を堪能したのち賀茂川に出て川べりの有名な枝垂桜の「半木(なからぎ)の桜」をみながら左岸をゆっくりと散策していたら、川べりで本格的な昆虫網を持った一人の学生が、茂みの雑草の葉をさー!さー!という具合にその昆虫網でなでて、何かを採取しては、プラスチックのチューブに詰めているが、みていると、一振りごとの収獲は空振りが多くあまりにもすくなそうな様子。
    
アメンボウ1 
賀茂川の川岸にて昆虫網の中の獲物を確認中。右手にはプラスチックチューブ。

    
  

「すみませーん!ちょっとお伺いします。いま何をされているんでしょうか?」

「虫を捕ってるんです」

「何の虫ですか?」

「ハエやトビムシや何でもです」

「それをどうするんでしょうか?」

「アメンボウの餌にするんです」

「アメンボウ? そんな研究をされてるんですか? どれぐらいの数を育てておられます?」

「300匹ぐらいかな?」
「アメンボウはそんな虫をたべるんですか?」
「そうです、彼らは、川べりでは木々から落っこちた昆虫を食べるのです」

「300匹分にはどれくらいの餌が必要ですか?」

「そうですね。この50mLエッペンチューブの半分ぐらいで1か月ぐらいは持つかな」

「餌は生きてなきゃいけないんでしょう?」

「いや、そんなことはないです。乾燥してしまうとだめなんですが。。。だからこのあとすぐに冷凍保存にもっていきます」

「ところで、アメンボウの何をご研究されていますか?とてもおもしろそうですね」

「形態形成とか・・・」

「形態形成に関わる遺伝子発現とか?」

「・・・・・・・」

「あなたはどこの大学の学生ですか?」

「この土手の後ろの大学です」

「あー、京都府立大学なんですね」

 

      というわけでごく身近なフィールドの生き物を研究の対象にしている。夢があってうらやましい。アメンボウが水にすいすいと浮くメカニズムや、その表面張力に耐える表面が非水性の器官やその形態形成にまつわる遺伝子などを、素人ながら発見をしてもらいたいと思ったことである。

  
 
   
(森敏)
   

追記:以上のようなことをその時ぼんやりと考えていたのだが、先ほど調べると、以下の抄録がネットで出てきた。アメンボを材料にした形態形成関連の遺伝子の研究はまだなされていないようである。(アバウトな調べ方なので断言できないが)(4月16日)
    

アメンボの水上歩行に関する流れの可視化

*山田 皓大(山形大学)李鹿 (山形大学)中野 政身(東北大学)

山田 皓大

山形大学李鹿 輝 山形大·中野 政身 抄録

アメンボ類は特性長さが1cm、特性体重が10 dyne の昆虫で、池や川、外洋の水面に生息している。アメンボの体重は、自由表面が湾曲して生じた表面張力によって支えられており、水をはじく左右の中足を漕ぐように動かして進む。これまでの研究からは、アメンボの流体力学的な推進力は、漕ぐ脚が発する半球状の渦と表面張力波によって、下にある流体に運動量を輸送していることが明らかになった。本研究の目的はアメンボが素早く足を動かす瞬間にアメンボと流体との運動量の交換を定量化することである。デジタル粒子画像計測法(DPIV)技術を用いて水の流れを可視化した。アメンボの脚の素早い瞬間の動きが水の運動量に与える影響を定量化し、その結果アメンボの推進効率を算出する。

 

 

 

2019-03-29 05:19 | カテゴリ:未分類
 

 
スライド1 
 
図1.クワズイモの生息地 (上)空間線量毎時17マイクロシーベルト。 (下)普段は湿地帯だがこの時は乾燥していた。 
 
 
 
      双葉郡の空間線量毎時17マイクロシーベルトの電柱のそばに湿地帯があり(図1上)、 ここは交差点にあたるので調査のたびに何度も行き来するところである。あるとき花が咲いていた(図1下)。

 

これは小生が東京で自宅から事務所に行きかえりするときに民家の道路わきの植え込みで見る「カラー」という観葉植物であるらしかったのだが、野生化していたのでよく同定できなかった。

  牧野植物図によれば、これは南アフリカから弘化年間に渡来した観葉植物で、日本ではなぜかクワズイモと呼んでいたようである。学名はCalla aethiopica L. 牧野による俗称は「カラ」であった。

  花の中に長い花序がありそこに雌しべと雄しべをつける(図2、図3)。
 
  これらをオートラジオグラフ撮像して(図4、図5)、そのあと花器を仕分けして放射能を測定した(表1)。

  葉の部分が圧倒的に放射能が高く、花器では「肉穂花序」と称する部分が高かった。この花序には雌しべや雄しべや花粉が含まれている。葉の放射能が圧倒的高いのは、雨期に水が溜まってくると葉の部分が直接水を被るのでその放射能を直接葉から吸収してしてしまうからかもしれない。
 
  この場合のように、雨季に湛水になりやすい地形のところに生えている植物は、去る2011年の原発事故時に山間部の谷内田(やちだ)の水稲が、山際からの表流水や湧水を直接葉や茎にかぶって、玄米の放射能が異常に高かった理由を想起させる。
   
   要するに湿地帯の植物はいつまでも内部被ばくが高く続く可能性がある。






スライド2 
図2.花器の部分 押し花にされているが、花弁のなかには図3のように大きな肉穂花序がある。
 
 
 
 

 
 
スライド3 
 
図3.花弁を一部除いたところ。 棒状の肉穂花序。押し花しているうちに一部がカビている。
 

 
 
 

 
スライド4 
図4.葉の部分のオートラジオグラフ

 
 

 
 
 
 
スライド5 
 
図5.図2の花器の部分のオートラジオグラフ 肉穂花序が強く浮き出て感光している。


 
 
 
 
表1.クワズイモの放射能 
 
 スライド1
 






(森敏)


2019-03-20 07:45 | カテゴリ:未分類

  駒場(東大教養学部)の同窓会館での同窓会のあと、皆と別れて一人で、近くにある日本農学の原点ともいうべき 「ケルネル水田」 を40年ぶりに訪れてみた(1)。ここは都会のど真ん中にある水田である。その由来は、そこに建てられた標識によれば以下のとおりである(2、図3)。筑波大学付属駒場中学校、高等学校の生徒たちは、この水田を用いた田植え、水管理、稲刈り、脱穀、精米までのすばらしい体験実習をしていることと思う。






 
スライド3 
図1.都心に珍しい本格的な水田  上流水口(みなくち)からの眺め。


 

    
 
 
スライド2 
図2。左は「ケルネル田圃」の説明文(以下に転載しました)。
右は農作業の手順を絵でわかりやすく示している。

 
ケルネル田圃

ケルネル水田は、旧駒場農学校の実習田です。駒場農学校は、明治政府が近代農学に基礎を置く欧米農法取り入れるために、農業指導者を養成する学校として明治11年に設置されました。

   
 札幌農学校がアメリカ系統の農業技術を導入したのに対して、駒場農学校にはドイツ系統の農学が取り入れられました。
  

 ドイツ人オスカー・ケルネルは、駒場農学校の教師として招かれ、日本農業の特質を配慮しながら農芸化学を応用した実験を中心に土壌、肥料などの研究と教育を行い、多くの成果を収めました。
  

 ドイツ人教師ケルネルの名をつけたケルネル田圃は、新しい日本農業の指導者を育てた駒場農学校の実習地の跡として貴重な史跡です。
  

 なお、駒場農学校は、のちに東京農林学校となり、東京帝国大農科大学などを経て筑波大学に継承されました。
   

 現在、ケルネル田圃では筑波大学付属駒場中学校、高等学校により教育水田として生徒が実習しています。

 
   
  
 
 
 
 
スライド1 
 図3.水田の周辺に建てられている掲示板と碑文。
左:目黒区緑の散歩道。駒場で花開いた近代農学  のタイトル
右:水田の碑
 
  
 
 
 

  このオスカー・ケルネル先生の像は、古くから当初は確か小生も長く在籍した東大農学部2号館の正面玄関内にあったと思うが(不遜にも今となっては記憶が定かでは無いのだが)、いつの間にか3号館の正面玄関内に運ばれて、今はその片隅に追いやられて、狭い思いで立っている(4)。この胸像は建物の中にずっといたので、東京大学の中央の広報関係者もあまり知らないらしく、最近大学から送られてきた「学内広報」の東大の胸像群の写真には載せられていない。農学部正門に向かって入り口を入って左側にある上野英三郎先生と忠犬ハチ公が戯れている像の方が今では有名である。



オスカー・ケルネル先生の像1 
図4.オスカー・ケルネル先生の像。 文京区向ヶ丘弥生の東大農学部3号館の玄関の中に胸像が建っている。
   
   
 

 (森敏)

追記1:ケルネル先生以降の東大農芸化学科の長い歴史は以下のホームページに簡潔に記載されています。

http://www.bt.a.u-tokyo.ac.jp/science/history/

追記2.筑波大学付属駒場中学・高校校長の林久喜さんは筑波大学教授でもあり、

中学校の総合学習の時間で実施される水田学習の教育効果
林久喜 
日本農業教育学会誌   (別) 67-68   2017年10月

という論文を発表している。

この学校は2019年の東京大学に全国で2番目の入学数(113名、現役83人)ということだ。水田での体験学習の成果もあるのかもしれない。
2019-03-16 13:23 | カテゴリ:未分類

以下の朝日新聞の記事は重要だと思うので無断で全文転載した(たぶん朝日新聞社には怒られないでしょう)
  
   

立憲小川氏 NHK報道批判 統計不正追及「野党の主張取り上げず」

20193150500分朝日新聞

 新年度予算案の衆院通過をめぐる与野党の攻防があった3月1日のNHK報道について、立憲民主党会派の小川淳也氏が14日の衆院総務委員会で「野党の主張を報道の骨子に取り入れてない。政権与党に都合のいいことを言う(報道)という批判がある」と指摘した。

 小川氏が問題視したのは1日の「ニュースウオッチ9」。統計不正への対応が不誠実だとして野党6党・会派が同日提出した根本匠厚生労働相の不信任決議案に関する2時間弱の小川氏の趣旨弁明を取り上げた。
 番組は小川氏が議場の演壇でみずをのむ場面を3回映し、「途中何度も水を飲む姿に議長は」とのナレーションとともに「少し早めて結論に導いてください」と呼びかける大島理森議長の姿を放映した。
 小川氏は「(統計不正批判で紹介した)川柳と、あたかも時間を引き延ばすかのように水を飲んだ部分しか取り上げていない」と指摘。大島氏の発言についても「水を飲んだことに対して議長が注意したかのような報道のされ方は事実と異なる」と主張した。
 NHKの木田幸紀専務理事は「自主的な編集判断」と繰り返し答弁。野党が反発して委員会審議が中断すると「結果としてこのようなご指摘をいただいたことは真摯に受け止める」と述べた。 (別府潤一)



   
  野党議員にはマスコミ出身者も多いので、NHKや民放の報道姿勢に対して常々から神経をとがらしているのだろう。主要各新聞紙系列のテレビ報道に関しては、野党はそれぞれの局の独自の主張を容認しているようで、偏向報道に目くじらをたてても仕方がないと思っているのかもしれない。だが、NHKに対しては国会審議での「討論内容」や「報道時間配分」や編集上の印象操作にはピリピリしているようだ。誰か映像の専門家が絶えず詳しくチェックしているのだろう。これは政党としては当然のことだと思う。
      
  国会中継などは国会議員や閣僚たちはマスメデイアに対しては完全に受け身であるので、その質疑応答が、後ほどどのように印象操作されてニュースなどで放映されたか、本人たちが事前チェックできないママ映像が流出している。

  それぞれの局のプロの編集者たちは、現場の記者の取材で得られた映像を、編集部で切り貼りして、一定の印象操作をして限られた放送時間内に流すことに、得も言われぬ快感を味わっているのではないかと、小生は素人ながら思料する。上記の新聞記事の中でのNHK木田幸紀専務理事の「自主的な編集判断」という言葉の裏の意味はそういうことである。
 
     
だが、いやしくも国民から強制的に視聴料を徴収しているNHKに対しては、印象操作されたと不快に感じた被写体は、放映者に対して、その都度いくら厳しく批判しても厳しすぎることはないだろう。絶対に泣き寝入りは良くない。それを黙認すると「これくらいはいいんだな」と、NHK権力の横暴を増長させかねないからである。
   
  様々な事件の現場では、いろいろなマスコミやミニコミが入り組んで競って映像取材している。こういう時に、「町の人の声を聞いてみましょう」などとマイクを向けられてお人好しにインタビューを受けるのは、相当用心したほうが良い。一度撮影された映像は、編集加工されて、全く本人が知らないところで、本人の意思とは異なる趣旨に印象操作に使いまわされる可能性が無きにしも非ずだからである。

   

  我々研究者がマスコミから取材を受けるときも、全く同様の事が言えるのである。
           
(森敏)



 






2018-12-27 11:05 | カテゴリ:未分類

65歳ごろから始まった早朝の下半身のしびれ対策には毎日いろいろ工夫している。

 

初期のころは、足の指先などのしびれが主で、このレベルでは、放っていてもしびれは、数分で自然に収まっていた。若いときの大阪湾で遠泳中などに時々経験した冷却や疲労による足指のしびれに似ていた。時々聞かされていた他の高齢者のたまらなく激しい、そこから徐々に脚の各所のしびれに進行していったという話にはあまり興味がなかった。自分の場合は進行しないだろうと、たかをくくっていたのである。

 

それが、さらに数年後には、だんだん足の表の皮膚の温度感覚が低下し、足裏に砂利を踏んでいる感覚の事態に進行した。足裏の皮下に水がたまっており、それが負荷のかけ方であちこちに動くように今でも思われる。しかし足裏を触っても皮下と真皮の間が浮腫のようにぶよぶよではない。

 

次に、足指先から膝まで足全体がしびれる感覚になってきた。足指先のしびれと、くるぶしから下の痙攣の症状は漢方薬の68(芍薬甘草)で少し治癒するような気がする。

 

次第に、早朝に膝下の脚の筋肉のけいれんで目が覚めるようになってきた。これは大声を出したくなるほどのかなりの苦痛を伴う。ひどい場合はいろいろ工夫しても収まるまでに10分ぐらいを要する。一日中筋肉の緊縛後の足が重い違和感が続く。

 

全身MRIを取った神経内科の医者には「脳が誤認してそう感じさせているのです」という分かったようなわからないような回答を得ている。血管内科の超音波検診した医者には、脚の血管が細くはなっていますが特別悪くはありません。3か所通った整形外科の医者はどこも悪くありません、とのご託宣である。どの医者からも「老化」でかたづけられたままである。

 

次に、最近では内股の筋肉の張り裂けるような強直で、目が覚める時が起こるようになってきた。筋肉が鉄管のように強直している。大声でわめきたくなる激痛である。時には車を降りるときや新幹線の座席から立ち上がるときにも起こるので、最近は慎重に慎重に座席から立ち上がっている。時にはせっかくのグリーン車なのに、しょっちゅう立ち上がってトイレのある通路に出て屈伸運動をやっている。座席が低い乗用車や新幹線は実に要注意である。実験室や喫茶店での椅子もしかりである。


福島での放射能調査翌日の早朝、小生は内またの筋肉が3時間ばかり強烈にけいれんを繰り返して、四苦八苦した。やはり往復5時間も常磐線に乗っていたり、車での数時間の調査で上下に揺られて、臀部の神経を圧迫したのがいけないらしく、寝ているうちに、そこの神経がまひして、血流が鈍くなって、筋肉に酸素がいかなくなって、痙攣が起こったものと、自己流に解釈した。

 ある日の早朝、この症状が出てベッドで悶えながら、いろいろ工夫して、臀部の尾てい骨の両サイドに対称形に存在するらしい「ツボ」を強くしごくと、神経なのか、血管なのかが解放されたらしく、瞬く間に足全体がポカポカしてきて、痙攣が収まってくることを発見した。この間たったの10秒!これは小生にとって大発見であった!

 これで今後は痙攣の件はだいじょうぶかな、と思っていたら、そうは問屋が卸さない。ほかの大腿部の筋肉のけいれんが起こった場合は、なかなか的確なツボが見つからない。だから、尾てい骨から臀部に至る左右の一帯を両手の親指でゆっくりさすったりしながらツボを探すことになっているが、あまり効果がない。もッと深部にツボがあるのだろう。

 

以前に病気で入院しているときに、ベッドで寝ているときの脚の血管の血瘤形成防止用にと真っ白な医療用の腰から下の長靴下を履かされたことを思い出して、そういうのを病院店舗で2種類、運動具店で2種類ばかり買っていろいろ試着したら、足は軽く感じられるようになるのだが、いずれも圧力が強すぎて、昼間も着用すると頭がのぼせる感じが出てきたので、危険を感じて結局やめている。そこで最近では、寒さ対策も兼ねて膝から下の男性用の長靴下を一日中履いている。こんなものが男性用にもあるとはうかつにもつい最近まで知らなかった。これはなかなか効果的で、立ち姿でコンピューターに向かっていても軽快で、ベッドに寝ていても、足の引き攣れが格段に減少している。何よりも今までと比べてよく眠れるようになった。

  

 市販の脊柱管狭窄症対策の本など読みあさっているが、どれもこれも、ほとんど役に立たない。手術しても良くならない、ヘタをすると余計に症状が悪化する、という周辺情報も多々あるので、実に要注意である。普遍的な「解」はないのだろう。自助努力でしか「解」はみつからないのかも知れない。

 

     
(森敏)

 

FC2 Management