2018-04-15 08:33 | カテゴリ:未分類

  昨年(2017)末に双葉町の空間線量毎時10マイクロ シーベルトの畑の木が、葉が散って枝だけになっていたのだが、よく見ると地上数メートルの枝に鳥の巣が一つかかっていた(後で野鳥の会の山本裕氏にこの写真を見せて同定してもらったところ、これはメジロの巣だということであった)。鳥がいなかったので、アームが長い枝切ばさみで枝を切って、巣を回収した。卵もなかった。周りの空間放射線量が毎時10マイクロ シーベルトとべらぼーに高いので、この巣材自身の放射能がどれくらい高いのかが持参したβ線専用のガイガーカウンターではわからなかった。大学に持ち帰って測ると毎分1100カウント( cpm)であった。これはIPプレートで丸一日感光すれば十分な放射線量であった。放射能を測定すると Cs-134とCs-137の合量で 毎時342800ベクレル/乾物重 と非常に高い濃度であった(表1)。
         
 

  図3467はこの巣を裏表の両面からオートラジオグラフに撮像したものである。枝の部分は放射線量が相対的に低いことがわかる。それに比べて巣材に使われた緑色のコケ類は、放射線量が高い。 
           
  この巣の中で卵が孵(かえ)って雛(ひな)になってしばらく経て巣立つまでの全3週間ももし居ると想像すると、積算での被ばく線量は確率的に多分染色体異常などが発生する領域になるはずである。果たしてメジロの雛は無事に飛び立ったであろうか?
 
 
 




 スライド1
図1。 メジロの巣 枝切ばさみで高い枝から回収して、巣の真上から見たもの
 
 
スライド2 
図2。 メジロの巣 樹皮の繊維、コケ、ビニールなどでできていることがわかる。オートラジオグラフにかけるときに平らにつぶした状態 
 
 
 
スライド3 
図3。 図2のオートラジオグラフ。木の小枝はあまり汚染していないが(むしろ小枝でその下の巣材からくる放射線が遮断されていることがわかる)、巣材のコケ類の汚染のされ方が濃淡さまざまであることがわかる。 黒い部分はコケの根についた泥と思われる。
 
 

 
スライド4 
 
図4。 図3のネガテイブ画像
 
 
 
スライド4 
図5。 図2の巣材を裏側から見たもの
 
 

 
 
スライド5 
図6。 図5のオートラジオグラフ 
 
 
   
   
 
 
 スライド7
 
図7。 図6のネガテイブ画像

 
   

   
 
表1 メジロの巣材の放射能

メジロの巣材jpeg
 
 
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2234-74db72b7