FC2ブログ

WINEPブログ内で「 事故 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2019-04-18 18:09 | カテゴリ:未分類

      訓練中のステルス戦闘機(F35A)が墜落して、まだ機体と操縦士が発見されていない。重要なボイスレコーダーも発見されていない。軍用機の練習中の墜落事故としてはアフターケアーができない、決してあってはならない異常事態ではないだろうか?

    

      ところでこの戦闘機の1機の値段が116億円ということである。現在までに、15機が購入されており、12機が待機中であり、向こう何年間かで全部で105機の購入が予定されているとか。トランプ政権の恫喝に屈しての事であろう。

    

      この戦闘機の総購入金額は単純計算で 116億円x105機=1兆2180億円 となる。アメリカから購入する飛行機の予算はいつも不透明で毎年バブル化していくので、おそらくこの予算では済まないだろう(と、悔しいことに、マスコミに何度もあおられているうちに、小生も含めて国民は「防衛予算」に関しては、いつもこういう思考回路に慣れさせられている)。

    

      このように総金額を知ると、「本当に日本の教育や科学技術予算は大丈夫かね」と、腹の底から怒りがこみあげてくる。

      

      日本のすべてのノーベル賞学者達が口を酸っぱくして、若手研究者の養成や長期的な基礎研究への国家予算の投資を呼び掛けているが、現政権は、いまだに馬耳東風であるとしか小生には思えない。実際少なくとも自然科学系の研究者の実感では、中国の躍進は本物で、すべての科学技術分野で、日本が後塵を拝することになるのも今や時間の問題である。政治家はそれが全く分かっていない。自民党議員ばかりでなく、「一番でなきゃいけないんですか?」という国会議員に代表されるように野党議員も五十歩百歩であろう。総じて熾烈な学問の世界での争いを経験してきたうえでの理系出自の国会議員があまりのも少ないからである。

   

      翻って、4年生の国立大学生一人を卒業させるまでに国家が投資する金額は約500万円ということである。実は入学金や授業料約250万円などの自己負担金を差し引くと国立大学生の卒業までの「人材養成費」としては実質わずかに150万円ぐらいしか国からは投入されていない。

   

      ステルス戦闘機105機を購入する代わりに、その分を、国立大学の入学金と授業料免除などで実質的に250万円を国が無償で提供するとなると、単純計算で48万7200人の学生を自己負担ゼロにできる金額である。

   

      戦争のための予算と、未来の人材育成のための予算と、どちらが肝心か、未来のある若い人なら誰しも後者に賛成するだろう。悲惨な戦争体験や戦後の食糧難を体験していない、思考が擦り切れた観念論者のみが戦闘機の方を支持するだろう。

 

      以上のような議論は、これまでも飽きるほどなされてきた。ステレオタイプの議論だと言われようと、小生は何度でも言いたい。いや何度でも言わなければならないと、人生終末期の最近は強く感じている。未来の人材育成と基礎科学振興にしか日本の未来はないと。

 

 

(森敏)

付記:本日、尊敬する農芸化学の大先輩である森謙治東大名誉教授【学士院会員】の訃報を聞いた。にわかには信じがたい。

 

 

 

 

2019-04-02 13:15 | カテゴリ:未分類
  2018年双葉町でグミの実が熟し始めていたので(図1)、枝を切り取ってオートラジオグラフを撮像した(図2)。
   
  原発事故7年後でも「実」に放射能が移行していることが明瞭にわかる(図2、表1)。食べてはいけない。

 


 

スライド1 
 (図1) グミの枝
 
 
 
 
スライド2 
 (図2) 図1のオートラジオグラフ
 
   
 
 (表1) グミの枝の部分の放射能 
 
グミの放射能pptxjpeg 
  
  
 
(森敏)
 
2019-03-29 05:19 | カテゴリ:未分類
 

 
スライド1 
 
図1.クワズイモの生息地 (上)空間線量毎時17マイクロシーベルト。 (下)普段は湿地帯だがこの時は乾燥していた。 
 
 
 
      双葉郡の空間線量毎時17マイクロシーベルトの電柱のそばに湿地帯があり(図1上)、 ここは交差点にあたるので調査のたびに何度も行き来するところである。あるとき花が咲いていた(図1下)。

 

これは小生が東京で自宅から事務所に行きかえりするときに民家の道路わきの植え込みで見る「カラー」という観葉植物であるらしかったのだが、野生化していたのでよく同定できなかった。

  牧野植物図によれば、これは南アフリカから弘化年間に渡来した観葉植物で、日本ではなぜかクワズイモと呼んでいたようである。学名はCalla aethiopica L. 牧野による俗称は「カラ」であった。

  花の中に長い花序がありそこに雌しべと雄しべをつける(図2、図3)。
 
  これらをオートラジオグラフ撮像して(図4、図5)、そのあと花器を仕分けして放射能を測定した(表1)。

  葉の部分が圧倒的に放射能が高く、花器では「肉穂花序」と称する部分が高かった。この花序には雌しべや雄しべや花粉が含まれている。葉の放射能が圧倒的高いのは、雨期に水が溜まってくると葉の部分が直接水を被るのでその放射能を直接葉から吸収してしてしまうからかもしれない。
 
  この場合のように、雨季に湛水になりやすい地形のところに生えている植物は、去る2011年の原発事故時に山間部の谷内田(やちだ)の水稲が、山際からの表流水や湧水を直接葉や茎にかぶって、玄米の放射能が異常に高かった理由を想起させる。
   
   要するに湿地帯の植物はいつまでも内部被ばくが高く続く可能性がある。






スライド2 
図2.花器の部分 押し花にされているが、花弁のなかには図3のように大きな肉穂花序がある。
 
 
 
 

 
 
スライド3 
 
図3.花弁を一部除いたところ。 棒状の肉穂花序。押し花しているうちに一部がカビている。
 

 
 
 

 
スライド4 
図4.葉の部分のオートラジオグラフ

 
 

 
 
 
 
スライド5 
 
図5.図2の花器の部分のオートラジオグラフ 肉穂花序が強く浮き出て感光している。


 
 
 
 
表1.クワズイモの放射能 
 
 スライド1
 






(森敏)


2019-02-16 05:31 | カテゴリ:未分類
   双葉町の空間線量が毎時15.4マイクロシーベルトといまだに非常に高い民家の庭で、3メートルの高さの1本のツバキの木が500輪ばかりの花をつけていたが、そのことごとくが奇形であった。雄しべや雌しべや花弁の乱れが著しい(図2,3,5,7)。一部は双頭であり、小生がこれまで調べてきたタンポポの「帯化」現象と似ている(図4、図6)。 
   
  このツバキの10メートル横にあるツバキの木の花は同じ種類のツバキの品種と思われたが、すべて正常な花をつけていた。
     
   
  雄しべや雌しべが花弁になったりする奇形花は、サザンカやボタンでもよく見かける。しかしこのツバキは全花が何らかの奇形を示しており、枝の先端の生長点が放射線に感受性の品種ではないかと思われる。最初からこの木の持ち主はこういう奇形花を観賞用に植えていたいた奇特家なのかもしれない(その場合はトランスポゾンの可能性があるが、花弁に特徴的な色素が抜けた縞模様などがないので、その可能性は低いと思われる)。原発事故前のこの木の花の状態がどうだったのかご本人に聞いてみたい気がする。
   
  原発事故以来のこの場所の積算線量は優に1000mSvを超えているだろう。放射線感受性の樹木の突然変異が起こらないほうがおかしい高線量地帯なのである。

       


      
 
スライド2 
図1 この木の中で一番まともそうなツバキの花
 
スライド3 
図2.花弁がおしべ群のなかから出てきている。 
 
 
スライド6 
図3.二つの花が合体しているように見える 
 
 
スライド5 
図4.背中合わせに二つの花が合体している 
 
 
スライド7 
図5.花弁と葉が混在している 
 

スライド4 
 
図6.二つの花が完全に分離しているが、枝の生長点が同時に2つの花に分化したものと思われる。 
 
  
スライド8
 
図7.二つの花と思われるが仕切りが明確でない。ほとんどの花がこのような奇形を呈していた。 
 
 
 
(森敏)

追記:以下の記事もご参照ください・

https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2241

2019-01-29 22:00 | カテゴリ:未分類
 
    昨秋(2018年11月)、福島県双葉町で、空間線量が毎時15マイクロシーベルト下で、ねむの木の繊細な葉がはらはらと落葉し始めていた。枝には枯れかけた実が付いていた(図1)。それを切取ってきて、オートラジオグラフを撮リ(図2、図3)、そののち莢から種子を取り出して、放射能を測定した(表1)。
      

   このオートラジオグラフ像(図2、図3)を見るときは、少し気を付けて見なければいけない。
   
   表1によれば種子と莢の放射能は、ほぼ同じ濃度である。オートラジオグラフでは一見種子が濃厚に放射能汚染しているように見えるが、種子は莢の中にあるので、莢の厚さが裏表二層も加わったオートラジオグラフ像になっていることに注意しなければいけない。
    
    
   いずれにしても次世代の種子そのものが福島第一原発暴発事故7年半たった時点でも、放射能汚染していることは間違いない(表1)。
 


 
 
 
スライド4 
 
  図1.ねむの木の実
 

 
スライド2 
 図2.図1のオートラジオグラフ 種子が濃く写っている。
 
 
 
スライド3 
図3.図2のネガテイブ画像 
 
 
 

 
表1 ねむの木の実の放射能 
 
スライド1 
 
 
 


 

(森敏)
 
FC2 Management