FC2ブログ

WINEPブログ内で「 写真 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2018-09-30 04:38 | カテゴリ:未分類
  双葉町のさる公園内は、人の出入りがないので、雑草が繁殖して、やぶだらけだったが、ところどころに茎の先端が奇妙に美的にくるくる巻いている植物があった。(図1、図2)。
        
  同定できなかったので、いつものように、オートラジオグラフを撮像した後に、若林芳樹さん(株・アスコット社長)に写真を送って同定していただいたところ、漢方で有名な胃腸薬の原料であるゲンノショウコということであった。
      
  ネット上でのwikipediaの解説では、ゲンノショウコは、縦長のさく果が裂開して、種を飛ばすと、果柄を立てたさまがみこしのように見える(図2)ことから、ミコシグサともよばれることもあるとか。
        
  種子が取れなかったのだが、花器・つる・葉の放射性セシウムは驚異的に高かった(図3、図4、表1)。元素分析をしたわけではないが、ゲンノショウコは漢方薬としてカリウム含量が高く、それにつれて同族のセシウム含量も高いのかもしれない。天然の有機セシウム化合物みたいなものが見つかるかもしれない。
    
  漢方薬業者は関東一円の放射能汚染地域の野草のゲンノショウコをやたらに漢方薬用に採取するのは、やめた方がいいだろう。小生のこれまでの放射測定経験からすると、漢方は乾燥したり煎じて使用するので、乾物重単位で放射能を表示すると、生重あたりの10倍以上の高い放射能濃度になるので、食品基準をクリアできないものがいまだに多く存在するのではないかと思う。
       
  漢方の雑草の放射能の危険性に関しては下記のブログで早くから警告した。(クリックしてください)
        
なんと漢方生薬からも!  
ドクダミの放射能汚染について
 
 


 

スライド2 
 図1 根からほりあげたが途中から根が切れたゲンノショウコ
 
 
 
スライド3 
図2.図1の部分拡大図。ゲンノショウコの花器。炸果が開裂した様







  
スライド4 
 
図3. 図1のオートラジオグラフ
 
スライド5 
 
 図4 図3のネガテイブ画像
    
 
花器ゲンノショウコjpeg 

図5.図2に対応する、図4(花器)の部分拡大ネガテイブ画像

  
   
       
   
表1.ゲンノショウコの放射能

スライド1 
   
 
 
 
 

(森敏)
2018-09-15 14:58 | カテゴリ:未分類

           旧軽井沢の通りにはハチミツを売っている店が何軒かあるが、その一軒の店先には、天気のいい日には、店先に机を出して、そぞろ道行く観光客に、ハチミツの効用を説いているおじさんがいる。店の両脇には、ご自身が胸元や首から顔面にかけてミツバチにたかられて笑っている写真と、全身を覆ってハチにたかられている等身大の満足そうな写真が立てかけられている。この写真は東京でもハチミツ屋でよく見かける写真である。ここにいるのは当のご本人というわけである。
      
はちのおじさんjpeg

  
     

  ハチミツにはどんな直接的な効用があるのか、傍でお客さんとの会話を聞いていると、「目がよく見えるようになる」とか、「アレルギーが治る」とか言っている。

 

小生はその日は軽井沢で野生のキノコを採取するために、家を出て東京駅に着いた時から、目がザラザラして、まぶしい上にメガネの度があわないような気がしていた。花粉症なのか、白内障が進行しているのかとずっと気になっていた。そこでハチおじさんに冷やかしに、話しかけてみた。すると、

 

「このハチミツの希釈液を眼球にあんたの指で直接刷り込むと、向こうに見える白い看板のカカオという文字の左の少し小さな文字まで見えるようになるよ」というので、自分の指で眼球に刷り込んでみて、看板を眺めてみたが、その小さな文字はボケて判読できない。「それはあんたが警戒してきちんと液を眼球に刷り込んでいないからですよ、顔を上げてごらん、私が液を差してあげるから」というのでなすがままにして、液を両目にスポイトで垂らしてもらった。遠くの例の看板を見たのだが、やはりよくは見えなかった。しかし傍には暗示にかかっているのか「アーよく見えるワ!」という若い主婦もいた(このご婦人は詳しく子供のアレルギーを訴えて、本当にハチミツが効くのか何度もそのためのハチミツの処方箋を聞きたがっていた)。

 

天然ハチミツの中にはボツリヌス菌がいて「加熱殺菌していないので、その毒素がわずかに含まれている可能性があるので、歳児未満の幼児には与えないでください」とほとんどのハチミツには注意書きがされている。だからボツリヌス毒がわずかに含まれていて、それが「瞳孔の拡散作用」があるのだろうと小生は想像した。小生には直ちには効かなかったが、5分後ぐらいには、なぜか目のざらざら感が少なくなったような気がした。この日は何回も目薬を差していて効果があまり感じられなかったのだが。ここのハチミツは、ゆるい「抗花粉アレルギー効果」があるのかもしれない。

   

その時小生がかけていたメガネは遠視用の紫外線カットで太陽光線の強さによって遮がかかるものなのだが、安価なプラスチック製で、作ってから半年で、早くも、コーテイング剤が薄くなってきたのか、埃が付きやすく、一日に何回も眼鏡拭きで拭いている。その日はあまりにまぶしいので、眼鏡のレンズをあれこれと透かして反射を確認してみたら、こまかな0.2mmぐらいの斑点が左右のレンズの凸側に十数個もついていることが分かった。いくらごしごしこすっても眼鏡拭きでは取れない。アルコールタオルでも取れない。ついにコーテイング剤がはがれてきたのかな? それにしてもぶつぶつが同じような大きさではがれるものだろうか? かなり気持ちが悪い模様だ。

 

何かの花粉なのかもしれない。花粉が目に入ったのと、眼鏡が吸着した花粉で乱反射していたのとで、せっかくのハチおじさん提供によるハチミツ水効果がこのメガネのせいで出なかったのかもしれない。

 

東京に帰ってきて何回か眼鏡をかけるたびに眼鏡拭きで拭いていたらなぜかレンズは透明になった。花粉の成分が眼鏡レンズに均一に刷り込まれてしまったのかもしれない。
 
  この店では試食して普通のものと少し味が異なった色が褐色の「百花ハチミツ」というのを買った。
        
(森敏)
    
はちおじさんjpeg   

  ハチおじさんと筆者 ハチ蜜とお酢の混合希釈液をお客さんたちに提供している
 
 


2018-08-17 11:47 | カテゴリ:未分類

朝、食事時にテレビをつけると、「社長の昼メシ」という中井貴一の巧みな躍動的な解説の番組があったのでついつい見入ってしまった。時間の長短はあったが多くの企業の社長達が紹介されていた。番組は1時間ばかり続いたと思う。

 

  社長職は激務で、コンピューター画面を見ながら食事をしている社長もいた。社員食堂で従業員と一緒に食べる社長もいたが、人間関係がわずらわしいからか、おおむね、一人で食事をしているようだ。番組のためにわざわざ社員が動員されて社長と一緒に食事をさせられていると思われる場面は、ちょっと社員が気の毒で見ていられなかったが。。。 昼食をがっつり食べる社長からソバ一皿しか食べない社長までいろいろだった。

 

  その紹介された社長の中に、google earth の創始者(名前を忘れた)という壮年の人物がいた。アメリカ本社での取材だったかな? 彼は社員食堂で食事をするのだが、主食をとらず、お皿が野菜とハムのサラダみたいな成分で構成されていて「それではおなかがすきませんか?」という一緒に食事をしているテレビのデイレクターの質問に対して、「僕は朝食をしっかり食べてきているので、大丈夫だ。昼食を食べすぎると、眠気が来て頭が働かなくなるからね」というようなことを言っていた(全く同感ですね!彼もすこし低血圧ではなかろうか?)。彼は、時々座禅をするという、畳の部屋を社長室の隣に持っていて、10分間ぐらい一人静かに瞑想するんだそうな。その実技の場面も紹介されていた。哲学的なんだね。雑念をキャンセルして発想を浮かび上がらせる仕掛けなんだね。明らかに日本の禅の文化の影響を受けていると思われた。

     

  それを見ていて思い出したのだが、最近の google earth は非常に使い勝手がよく、見ていて楽しいものがある。金も旅行する体力もないが暇だけはたっぷりある離職者層には、この google earth で世界中をちょっと旅行した気分にもなれるはずだ。

 

  小生にとって、直近の google earth の効用は、福島の「帰還難区域」を、人工衛星からの分解能の高い平面写真ばかりでなく、幹線道路だけだが、車で走らせた street view 映像を提供してくれていることである。この夏は体調不良と、暑くて熱中症を恐れて、小生は現地に出かけていない。そこで google earth で 「福島県双葉町」 と入れると、まだ常磐線が開通していない 双葉駅前 の風景が出てきた。そこで、そこからろいろ画像をクリックしていくと、street view でほとんどの双葉町内の風景の現況が見られた。google earthの担当者も、双葉町役場の許可を得て、車を街中に入れられるようになったからだろう。これは素晴らしいことだ。
 
  現在の帰還困難区域の植生がどのようになっているのかが、小生の最大の関心事なので、見飽きることがない。これだと何時間でも車に乗って調査をしている気分になれる。小さな住宅地の中までの道路には車が全然入ってはくれないのが難点だが、それでも良しとしよう。

    

  google earthが、どれくらいの年月の頻度で画像を更改しているのかさだかではないのだが、現場に頻繁には帰れない、はるか県外の遠隔地に住む帰還困難区域からの避難住民にとっては、これらの画面はかなりの望郷の念をそそる風景なのではないかと思う(気が付いた人は当然見ているだろう)。こういう心理面での大きな社会貢献もあるということを、google earth の社長が知ってか知らずか。。。 新技術の意外な側面ですね。せめて帰還困難区域だけでも、日本のgoogle earthの担当者は頻繁に画像を更改していただきたいものです。これは大きな大きな社会貢献です。

 

  Google earthの社長殿には、いつも腹3分目ぐらいの軽い昼飯をしていただいて、瞑想室で、充分に瞑想し、雑念を去り、さらにさらに新しい有意義なソフトを発想していただきたいものです。

  
    
  以上「社長のヒルメシ」からの戯言でした。
 
 
 
(森敏)
 
追記:
読者からの指摘で、双葉町の street view は 2013年7月 のもので 2018年 と書かれているのは著作権の主張日 ではないかということです。確かにそのことは気になっていたのですが。。。。 
     
 残念ながら、現在の避難住民のために google earthがそこまで気をきかして、あえて双葉町に入る許可をとって、street view 写真を提供しようというところまで google earth がきめの細かい政治的配慮 をしてくれるわけではないのかもしれません。

それでも現存する画像は当時の2013年の状況が知られる貴重な映像かと思います。
 
しかし、やはり現在の双葉町の映像をぜひ見せていただきたいものです。双葉町役場も撮影を快く許可していただきたいものです。


2018-07-23 14:45 | カテゴリ:未分類

東京への帰りの切符がJR新大阪発で、出発までまだ2時間も待ち時間があった。久しぶりに関西に出かけてきたので、広い新大阪駅構内をじっくりと探索することにした。

       

食品店や土産物店をぐるぐるとつぶさに見て回って、食堂にも入って早めの食事をしたのだが、いかにも時間がつぶせない。やはりいつものように本屋で最近の新刊書を点検することにした、この本屋ではほとんどの本が立ち読みができるので、原理的にはいくらでも時間がつぶせるのだが、肝心の小生の足腰が弱っているので、歩き回っている分には大丈夫なのだが、立ち止まって5分も読み続けるのは少し辛い。

 

知らなかったのだが近刊らしき「文学界」という雑誌に村上春樹の短編が3編連載されていた。これを買って、帰りの新幹線の車中で読むべきかどうか大いに迷った。結構分厚いので荷物になる。そこで立ち読みで30分ぐらいで読み切ってしようかと思った。まだ時間は十分にあるので。

 

読み始めたのだが、その時、店員がすぐ横にある所見机に来てなにやらぶつぶつ言いながら仕事をし始めた。これでは落ち着いて読めないので、すぐ読むのをやめた。ラゲージを引きずりながらほかの本棚をじっくりと見学することにした。ここに、やたらに多いマンガ本のうちでは、「ゴルゴ13」ぐらいが小生の興味の関の山で、まったくほかのけばけばしいとんがった人物画像が流行のマンガ本に興味がなかったのだが、数人の女性の旅行者が結構マンガ本を漁っていて、一人で数冊買ってラゲージに詰めていた人もいた。いまの時代はそんなものなんだ。

 

本棚を見渡していると「人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理」永田和宏 著 というブルーバックスの背表紙が目に飛び込んできた。 「?」である。 短歌の歌人であり生化学が専門の永田和宏教授が鉄の研究もし始めたのだろうか? と驚いて、手にとってめくって見ると、どうやらこの先生は冶金学では著名な「たたら鉄」の専門家であるらしい。同姓同名なんだ。ぱらぱらとめくると絵や写真入りで古来からの世界の鉄の製造法が詳しく紹介されているので、植物鉄栄養の専門家を自負している小生にとってもこれは必読と思って買うことにした。1年前に出てすでに5刷である。隠れたベストセラーなのだろう。さっそく購入したのだが、新幹線の出発までにはまだ時間があった。

 

さきほどの店員がいなくなっていたようなので、また雑誌「文学界」を横置きのコーナーに行って、また「文学界」を手に取って、今度はあまり熱心に読む気もなくぱらぱらと村上春樹の文章をまさぐっていたら、

 

「あなたとセックスしているエクスタシーのときに、ほかの男の人の名前さけぶかもしれないけれど、それでもいい?」とかいう文章が目に飛び込んできた。。。。いつもの春樹の読者を引き込む手法であるな、。。。とつらつら思っていたら、また先ほどの店員が、所見机に戻ってきた。

 

  時々ぶつぶつぶつぶつ言っているのが耳に入るのだが意味不明のつぶやきである。仕事をしているように思えないし、声が気が散って春樹の文章を読む気がしなくなった。買う気もしなくなった。家に帰ってから買うことにした。

 

家に帰って翌朝(本日)の確かテレビ朝日の番組だったと思うのだが、ぼんやりとヨーグルトをたべながらみていたら、AIによる「万引きガードマン」というテーマでAIを用いた監視カメラが、買い物客を装った万引き犯を、AIがこれまでの万引き犯の挙動のパターン分析から、万引きする可能性のある犯人だろうと予測して、ついに犯行現場を撮影していくまでの過程が放映されていた。

 

日本での万引きによる被害は現在年間4000億円にも上るとのことである。このAIによる「万引きガードマン」の目的は、カメラが察知したら、店員が歩み寄って「何かお探しでしょうか?」と声掛けすることによって、万引きを未然に防ぐのが目的だということであった。見ていてこれは素晴らしいAIの応用編の手法だと思った。と、感心したのだが、そこであらためて気が付いたのだ。

 

新大阪駅での本屋の店員のふるまいは、30分以上もうろついている小生を、店員が「万引き犯」と確信してマークしていたのだと。現今では本屋の立ち読みも犯罪らしいから、店員にマークされていたのは仕方がないだろう。

 

全然気にしていなかったのだが、新大阪駅構内のオープンスペースの本屋さんは、出入りが四方八方なので、監視カメラがないと万引きが頻発しているのではないだろうか。こういうところではそれこそAIによる「万引きガードマン」が強力な威力を発揮することだろう。この機器を開発している会社では3年間で日本全国の1万店に導入する需要を見込んでいるということである。私見では、現在のスーパーやコンビニや本屋さんの監視カメラは、瞬く間にAIによる「万引きガードマン」に置き変わるのではないだろうか。
    
(森敏)
追記:新大阪駅構内で、この書店でAIによる「万引きガードマン」 が作動しており、店員がそれに従って小生を万引き予備犯と認識して行動していた、と仮定してみよう。AIはなぜ小生を万引き予備犯とマークしたのだろうか? 単に
1.立ち読みしている
2.長い間あちこちうろうろしている
3.車つきのラゲージを持ってる
からだと漫然と自己反省したのだが、実は小生は、
4.普段から人ごみの中では肺炎を恐れてマスクをしている
5.頭の髪の毛をとぐのがめんどくさいので、戸外ではつば広の黒い帽子をかぶっている
6.白内障をおそれて、紫外線カットと明るいところでは自動的に「遮」が入るサングラスをかけている。
これらの風貌からAIは小生を単純に万引き犯人の可能性あり!と追求し続けていたのだろうか? でも一つだけ、最も万引き予備犯の可能性が高いと想像される「監視カメラの位置を絶えずチェックしている」という行動を小生は一度もしたつもりがないのだが。
AIによる「万引きガードマン」をもっともっと賢くするために、今後は時々監視カメラに向かって「赤んべー!」をしてやろう。

2018-07-20 18:38 | カテゴリ:未分類

A先生「森さん昭和16年(1941)生まれでしょう? 僕もそうなんだ。最近思うんだけど、僕らの世代が戦争の体験記憶を持った最後の世代なんじゃないか? 昭和20年の8月終戦の時に満で3-4歳だったから。それより後の世代は全く戦争が記憶にないはずだ」

 

小生「空襲を覚えてるよ。高知にいたから。真夜中に東の空が真っ赤にいつまでも燃えていたんだ。防空壕から見えたよ。かなり年取って後から調べると7月4日の真夜中未明にB-29の120機以上の編隊による絨毯(じゅうたん)爆撃だったんだ。焼夷弾を1千トン以上落としたということだ。高知市の中心街は火災で灰燼に帰したね。死者400人以上、1万戸以上の家が全焼した。たった一時間で今回の西日本激甚豪雨の死者200名以上の被害だ。僕のところは少し西の旭駅前町というところだったので、からくも助かったんだ。坂本竜馬の家も全焼したとずっと後になって知ったんだ」

 

A先生「僕は鹿児島の実家に居たんだけど、昭和20年の4月ごろから連日のごとく頻繁に米軍の爆撃機が沖縄から飛んできて爆弾を落としていったんだ。このまえ偶然テレビで見たんだ。アメリカ軍の記録フィルムで、丁度僕の町の海岸の上を飛んで上から写真を撮っているのが写っていた。人々が逃げまどっている。あんな風に我々の姿が丸見えだったんだね。あの中に僕もいたのかもしれないと思うと、僕も機銃掃射でやられていたかもしれないと思うと、いまさらながらぞーとしたよ。8月には長崎に原爆が落とされたといううわさを聞いたな。広島原爆のことは知らなかった。歴史的に言っても九州では長崎が中枢だったので情報伝達がはやかったのでもしれないね」

 

小生「僕は広島も長崎も原爆投下の話を聞いたのは、高知から兵庫県の芦屋の小学校に転校してからだ。「原爆の子」という映画を見てからかな? 時代が錯綜しているけれど。高知の片田舎ではそういうことには全く奥手だったんだね」

 

A先生「アメリカのトランプ大統領はとにかく朝鮮で戦争はやりたくないと言っているのは、なんのかんの言われていても彼の判断は賢明だと思うなー。日本政府の世論工作はおかしいよ。北朝鮮の脅威ばかりあおって、自衛隊のミサイル装備を充実すべきだと言ってるけれど、みんなそんなに戦争をやりたいのかね。今の若い人たちにはいったん戦争になったら、みんなどうなるか、想像力があるのかね」

 

小生「ぼくの親父は山本五十六による真珠湾攻撃があった時に、日本国中が歓喜で湧いていたけれど「この戦争は負ける」と直ちに判断して、僕が生まれてから一年後に家族全員を郷里の高知の旭駅前町に引き揚げさせたそうだ。技術屋としてアメリカの物量作戦にいずれ負けると考えたのは当然の判断だったんだね。1歳になったばかりの僕の記憶にはないんだけれど、親父は、1945年までいて終戦直後帰ってきたようだ。そこらへんの引き上げ時の苦労話は残念ながら親父からはいっさい聞いていない。母も小生にはいっさいゃべらずに亡くなったな。そうだ、兄や姉が生きているうちに、彼らが間接的に親父から聞いているかもしれないので、今のうちに聞いておかなくっちゃ、兄姉らも平均寿命が過ぎているのでそろそろ死んじゃうからね」

 

A先生「ぼくの母の兄が終戦後朝鮮から引き揚げて鹿児島の実家に帰ってきたときのことをよーく覚えているよ。駅に迎えに行ったんだ。現地で、理由は言わなかったけれど奥さんに死なれて、小さな女の子を一人連れて軍服軍帽姿で帰ってきたんだ。憔悴しきっていた。みすぼらしい姿だったなー(涙)。戦争は絶対にしちゃいけないよ。僕はボランテイアでやってる子供たちへの授業で、それだけは声を大にしていつも話をしているんだ。これこそが僕ら戦争を知る最後の世代の任務だと思ってるんだ」

   


FC2 Management