2018-02-03 08:01 | カテゴリ:未分類

以下のビデオを見てください。約20分の毎日新聞による藤井聡太君へのインタビューです。

https://mainichi.jp/movie/video/?id=121617199#cxrecs_s

 

藤井聡太君の、インタビュー応答は、その都度以下のどれかの出だしで始まります。

 

あ、そうですね

あー、そうですね

んー、そうですね

ま、そうですね

そうですねえ

あー、はい、そうですねえ

んー、まあそうですね

あ、まあ、そうですね
   
  これって、結構羽生名人のインタビューにそっくりですね。
    
  「そうですね」といって、時間稼ぎしているときに、脳がフル回転しているようです。本人は無意識に発語しているようですが。小生には結構聞き苦しい。まだ若いのに本当に気の毒だよ。
     
  現代の各方面の名士たるものは、マイクやカメラを向けられてのインタビューに対して、動じないように幼少のころから鍛えておかないといけないかのごとくだ。インタビューの受け方がうまいからと言って本職の実力とは全く関係がない。しかし、現今ではとにかく名士はテレビに顔をさらす必要があるようだ。囲碁や将棋などのゲームは基本的に形式論理学だから、使っているのは言語脳だと思われるので、藤井君は成長するにつれてきっとインタビューがうまくなると思う。
           
  一方、スポーツマンなどは演技そのものの成果で評価してもらえればいいのであって、相撲の力士のインタビューなどは朴訥(ぼくとつ)なほど好ましいと思う。言語脳と体育脳は全く別だろうと思うからである。
      
  「見ての通りです」の一言でいいのではないか。
         
  また、話が少し横道にそれるが、一方で、ノーベル賞学者の山中伸弥さんが、部下のデータ改ざんで、対応に追われて、何回もテレビの前で釈明させられている。自分の月給を削るとか、つまらぬことに神経を使わされて、気の毒で見てられない。今後も続々とデータ改ざん者が出てきて、そのうちテレビでの釈明のエキスパートになるのかもしれないですね。悲劇だ。iP細胞研究所長などやめて、さっさと元の研究者に戻ったほうが、人生ハッピーじゃないか。過去に部下のフェイク論文のせいで、馬鹿らしくなって有名な研究所長を辞めた人は外国にいますよ。得意でもない所長職に祭り上げられて、そのガバナンスで疲れ切って、日本国に殉ずる必要はないと思うよ。戦前の「滅私奉公」の時代ではないんだから。
    
  「人は、無能化するステージまで、出世させられる」は、小生の持論でもあります。
  
                      
(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2219-4cff30e0