FC2ブログ
2019-02-16 05:31 | カテゴリ:未分類
   双葉町の空間線量が毎時15.4マイクロシーベルトといまだに非常に高い民家の庭で、3メートルの高さの1本のツバキの木が500輪ばかりの花をつけていたが、そのことごとくが奇形であった。雄しべや雌しべや花弁の乱れが著しい(図2,3,5,7)。一部は双頭であり、小生がこれまで調べてきたタンポポの「帯化」現象と似ている(図4、図6)。 
   
  このツバキの10メートル横にあるツバキの木の花は同じ種類のツバキの品種と思われたが、すべて正常な花をつけていた。
     
   
  雄しべや雌しべが花弁になったりする奇形花は、サザンカやボタンでもよく見かける。しかしこのツバキは全花が何らかの奇形を示しており、枝の先端の生長点が放射線に感受性の品種ではないかと思われる。最初からこの木の持ち主はこういう奇形花を観賞用に植えていたいた奇特家なのかもしれない(その場合はトランスポゾンの可能性があるが、花弁に特徴的な色素が抜けた縞模様などがないので、その可能性は低いと思われる)。原発事故前のこの木の花の状態がどうだったのかご本人に聞いてみたい気がする。
   
  原発事故以来のこの場所の積算線量は優に1000mSvを超えているだろう。放射線感受性の樹木の突然変異が起こらないほうがおかしい高線量地帯なのである。

       


      
 
スライド2 
図1 この木の中で一番まともそうなツバキの花
 
スライド3 
図2.花弁がおしべ群のなかから出てきている。 
 
 
スライド6 
図3.二つの花が合体しているように見える 
 
 
スライド5 
図4.背中合わせに二つの花が合体している 
 
 
スライド7 
図5.花弁と葉が混在している 
 

スライド4 
 
図6.二つの花が完全に分離しているが、枝の生長点が同時に2つの花に分化したものと思われる。 
 
  
スライド8
 
図7.二つの花と思われるが仕切りが明確でない。ほとんどの花がこのような奇形を呈していた。 
 
 
 
(森敏)

追記:以下の記事もご参照ください・

https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2241

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2216-b426da4d