FC2ブログ
2018-10-12 14:55 | カテゴリ:未分類
コウノトリはぐくむお米jpeg 
コウノトリ育むお米 有機米

Organic Healthy+Beauty +Ecology の表示

 

 


     

千葉の「幕張メッセ」で農業EXPOが本日までおこなわれている。(1010-12日)

「国際ガーデンEXPO,

「農業資材EXPO,

「次世代農業EXPO,

「6次産業化EXPO,

「道工具作業用品EXPO

に加えて、今年は大々的にブースを広げて

「日本の食品輸出EXPO」(ここだけで主催者によれば600社10000商品とのこと)が併設して開催されていた。

 

すぐには実用化を必ずしも期待されていない大学の研究紹介と異なり、すでに商品化されていたり、これからの商品としての可能性を探る試供品が、多数展示されていた。多くは中小企業の人たちの取り組みで、実に真剣な熱気が感じられた。小生はこのイベントに毎年参加して勉強させてもらっているので、今年も新しい企画や商品だけに興味を絞って、各所の展示ブースに立ち寄ったのだが、どのブースでも、うっかり立ち寄ると、熱心な説明員の売り込みに応答して多少の議論をしなければならないので、たえず気圧され気味であった。
 
  あまりにもブースの数が多すぎて、とても回り切れなくて、2日間だけでドット疲れた。ただし、「日本の食品輸出EXPO」の展示では、600もあるほほ半数のブースで、試食や試飲が出来たので、生来食い意地の張った小生にとってはとても楽しかったのだが。ここの商品は輸出狙いなので英語や中国語でのラベルが多く、会場はアジア系外国人バイヤーでごった返していた。

    

ところで、小生の一番の興味はどこかの業者が「米パン」を学校給食に採用する取り組みがないかであった。先日見たばかりのテレビでは、お茶碗に盛った “白いご飯”と並べて“小麦粉パン”を学校給食で児童に出してみると、およそ7割が、パンを選んだということであった。その理由として、ご飯は残すと先生に叱られる、食器を洗う手間がわずらわしい、などなど。それにくらべてパンなら完食できる、というような児童の感想が紹介されていた。

 

そこで子供たちにお米をどんどん食べてもらうためには、どうすればいいのだろうか? と考えた。「米パン」や「米あんパン」や「サンドイッチ米パン」を提供することが考えられる。そこで展示会場で大企業の小麦の製粉メーカーや、米粉メーカーや、米パンメーカーに、いろんな角度から質問を投げかけてみると、おおよそ以下のことが分かった。

 

 10年ほど前から学校給食にお米を取り入れることは文科省で薦められて普及しているが、使用量は頭打ちかむしろ低下傾向にある。「米パン」はもちもち感があることと、冷えると固くなるので、給食の時間のタイミングに合わせるのがむつかしい。日本ではパンのイメージが大略 “ふわふわ感” があるべきだと子供たちの頭に刷り込まれているようなので、冷えた「米パン」は、「これはパンではない」、という違和感があるのではないか。「米パン」にすると、現時点では国産のお米の原価が小麦の2倍である、。「米あんパン」などにすると子供達は食べるかもしれないが、さらに値段がかさむ。一食300円弱の学校給食で決められている値段ではほかの栄養成分のおかずなどに影響が出るので、とてもむつかしいだろう。

 

などと供給側は「米パン」で学校給食に食い込むのは実に消極的で、製品化する前にほぼ断念を強いられているようである。できない理由ばかり聞かされた。

    

それでも、米麺(べいめん)を細切りにしてサラダで提供したり、月に一食は地産地消農産物を採用すべきであるという自治体の規則で、辛くも週にいっぺんは米飯にしているところもある。というぐあいであった。

 

義務教育での「食育」は単に「栄養と健康」に関する知識ばかりでなく、当たり前のことだが、食べ物の生産と環境問題が切っても切れない関係にあることも教えるきっかけにすべきものである。お米の生産現場である水田の多面的機能(洪水時の貯水機能、景観保持機能、生物多様性の保持機能などなど)を環境問題として、しっかり教育すべきなのである。日本ではお米の生産は国土保全に必須である。だから子供のときからお米をおいしく、おなか一杯に食べてもらうことが必要である。

 

少子化の日本の次世代への教育投資は、今や喫緊の課題である。子供の健康な体を作り、環境問題に貢献する「お米食」はもっと強く推し進めるべきだと思う。それが限界にきているのなら、子供達が食べやすい「米パン食」 さらには「サンドイッチ米パン食」 などを学校給食用に開発すべきであろう。多少とも費用が掛かっても、次世代の育成と環境保全のためには実に安い投資だと思う。

   

正確な記憶でないのだが、今回文科省は学校の地震に危険なブロック塀除去対策に60億円、夏の高温の教室のクーラー対策に800億円を補正予算で計上したと、たしかテレビで報じられていた。

    

文部科学省の調査(2014年5月1日現在)で全国平均の学校給食費の個人負担の月額は、公立小学校高学年で4277円(1食あたり246円)、中学校4882円(同286円)ということである。これにあと毎食50円ぐらい国が負担すれば「サンドイッチ米パン」をつくることはさほど困難ではないだろうか? これだとおかずを米と共に摂取するので、一挙両得ではないだろうか? 
      
 
というようなことをつらつら帰りの東京駅まで40分ばかりかかる京葉線の鈍行のなかで夢見心地で考えていた。  


 (森敏)

2018-09-26 10:29 | カテゴリ:未分類

スライド1      
 図1.軽井沢発地市庭(かるいざわほっちいちば)の建物の入り口

 
スライド2 hocchi
 図2.発地市場のバス停からは浅間山がよく見える

 
スライド3 
図3.軽井沢界隈ではクマが出没するとのこと
  
      
JR軽井沢駅からは30分に1本しか発車しない「市営バス」で行くところなので、軽井沢発地市庭(かるいざわほっちいちば)(図1)は観光客にとってはとても不便なところにある。

    

      しかしここは軽井沢市がとても気合いを入れている「道の駅」なみの、朝採りの新鮮な農産物の生産者市場なので、なかなか面白い。全般に農水省が薦める六次産業の自家製加工品も多い。

       

      そこで、ここでしか得られないわけではないが、面白そうな農産物を買って東京の自宅に宅急便で送った。中身は、高原の花豆・山栗と花豆・イチジクのグラッセ(ラム酒風味甘露付け)・有機野菜ビーツジャム・リンゴジャム・ルバーブジャム・ももジャム・キウイジャム・軽井沢ビーフカレー・食用ほおずき・フルーツゴーヤ・ハックルベリー(ブドウ)などなどである。

    

      気温が30度以上の暑さなのに、宅急便業者が「クール便にしますか?」というのをつい聞き流してしまい「普通便でいいです」と配達を頼んだら、2日後に自宅に着いた時にはフルーツゴーヤはグズグズに自己消化しており、食用ほおずきも半分は腐りかけていた。
     
  ハックルベリーは皮が固いためか、まだ十分にいけそうだったのだが一口かじったら苦いので、「うーん!」とうなってしまった。前に同じ1kgプラスチック容器でおいしいブルーベリーをいただいたことがあったので、同じものだとすればずいぶん安すぎるぐらいのものだと、てっきり勘違いして衝動買いしたのがいけなかった。容器のなかに「ハックルベリージャムの作り方」というマニュアルが入っていたので初めてこのベリーは生食用ではないものだということを知った。

    

      これを捨てるわけにはいかないので、本気でジャムを作ることにした。

1.         ステンレスナベにハックルベリーとザラメの砂糖をいれてへらでつぶしながらかき混ぜて一昼夜冷蔵庫放置した(1時間室温放置でもいいのだが、ここまでしか作業時間がなかったので)。実際には皮がかたくてへらが滑るので10%もつぶしきれなかった。

2.         レモン汁(1個分)を加えてかき混ぜ、とろ火でトロっとするまで約2時間煮詰めた。煮詰めながらもへらでベリーをつぶし続けたのだが、半分もつぶしきれなかった。

3.         自家製ヨーグルトに使っている500mL用ガラス瓶と蓋を熱湯でよく殺菌して(この作業はカスピ海ヨーグルトを作るときと同じでお手の物である)、そこに火からおろしたばかりのジャムをいれて、直ちに蓋をして、ビンをさかさまにして放置した。冷ましてできあがり。
   

      マニュアルには、「あく抜き」などややこしいことが書かれていたが、わざわざ天然の成分を捨てる必要はないと思ってこの作業はしなかった。もしかしたら、あくの中には有毒物質 ”ソラニン“ が含まれているのかもしれないが、一気に食べるものでもないので、気にしないことにした。
 
      試しにヨーグルトにかけて食べたが(図4)、なかなかの天然の味覚だった。市販のジャムには必ずペクチンが増粘性物質として添加されているのだが、今回はベリー成分のみなので、皮と微細な粒粒の種子(?)が絶妙なテクスチャーであった(自画自賛か?)


スライド2 
図4.ヨーグルトにトッピングした自家製ハックルベリージャム


       
  軽井沢駅から10キロのここまでくると浅間山の全景がよく見える(図2)。以前はここら辺をよく散歩したのだが、近年はクマが出る(図3)というクマ出没を示す観光マップが氾濫しており、駅前の観光案内嬢も「山だからクマが出るのは当たり前でしょう」と今年はこれまでと違ったシレッとした対応になっていた。クマが出る警告はバスの便が不便であることとともに、旧軽井沢通りに大挙して押しかけている中国人・韓国人・モスレム系外国人観光客などには、一歩先の一番番安い新鮮な地元の農産物が買える「発地市庭」にまでわざわざ足を運んでもらうのは無理だろうと思ったことである。

    
   
   
(森敏)
付記:
以下の熊の各種の動画を見たら誰でも震えあがるだろう。
  
http://ha-navi.com/clm-028
2018-09-15 14:58 | カテゴリ:未分類

           旧軽井沢の通りにはハチミツを売っている店が何軒かあるが、その一軒の店先には、天気のいい日には、店先に机を出して、そぞろ道行く観光客に、ハチミツの効用を説いているおじさんがいる。店の両脇には、ご自身が胸元や首から顔面にかけてミツバチにたかられて笑っている写真と、全身を覆ってハチにたかられている等身大の満足そうな写真が立てかけられている。この写真は東京でもハチミツ屋でよく見かける写真である。ここにいるのは当のご本人というわけである。
      
はちのおじさんjpeg

  
     

  ハチミツにはどんな直接的な効用があるのか、傍でお客さんとの会話を聞いていると、「目がよく見えるようになる」とか、「アレルギーが治る」とか言っている。

 

小生はその日は軽井沢で野生のキノコを採取するために、家を出て東京駅に着いた時から、目がザラザラして、まぶしい上にメガネの度があわないような気がしていた。花粉症なのか、白内障が進行しているのかとずっと気になっていた。そこでハチおじさんに冷やかしに、話しかけてみた。すると、

 

「このハチミツの希釈液を眼球にあんたの指で直接刷り込むと、向こうに見える白い看板のカカオという文字の左の少し小さな文字まで見えるようになるよ」というので、自分の指で眼球に刷り込んでみて、看板を眺めてみたが、その小さな文字はボケて判読できない。「それはあんたが警戒してきちんと液を眼球に刷り込んでいないからですよ、顔を上げてごらん、私が液を差してあげるから」というのでなすがままにして、液を両目にスポイトで垂らしてもらった。遠くの例の看板を見たのだが、やはりよくは見えなかった。しかし傍には暗示にかかっているのか「アーよく見えるワ!」という若い主婦もいた(このご婦人は詳しく子供のアレルギーを訴えて、本当にハチミツが効くのか何度もそのためのハチミツの処方箋を聞きたがっていた)。

 

天然ハチミツの中にはボツリヌス菌がいて「加熱殺菌していないので、その毒素がわずかに含まれている可能性があるので、歳児未満の幼児には与えないでください」とほとんどのハチミツには注意書きがされている。だからボツリヌス毒がわずかに含まれていて、それが「瞳孔の拡散作用」があるのだろうと小生は想像した。小生には直ちには効かなかったが、5分後ぐらいには、なぜか目のざらざら感が少なくなったような気がした。この日は何回も目薬を差していて効果があまり感じられなかったのだが。ここのハチミツは、ゆるい「抗花粉アレルギー効果」があるのかもしれない。

   

その時小生がかけていたメガネは遠視用の紫外線カットで太陽光線の強さによって遮がかかるものなのだが、安価なプラスチック製で、作ってから半年で、早くも、コーテイング剤が薄くなってきたのか、埃が付きやすく、一日に何回も眼鏡拭きで拭いている。その日はあまりにまぶしいので、眼鏡のレンズをあれこれと透かして反射を確認してみたら、こまかな0.2mmぐらいの斑点が左右のレンズの凸側に十数個もついていることが分かった。いくらごしごしこすっても眼鏡拭きでは取れない。アルコールタオルでも取れない。ついにコーテイング剤がはがれてきたのかな? それにしてもぶつぶつが同じような大きさではがれるものだろうか? かなり気持ちが悪い模様だ。

 

何かの花粉なのかもしれない。花粉が目に入ったのと、眼鏡が吸着した花粉で乱反射していたのとで、せっかくのハチおじさん提供によるハチミツ水効果がこのメガネのせいで出なかったのかもしれない。

 

東京に帰ってきて何回か眼鏡をかけるたびに眼鏡拭きで拭いていたらなぜかレンズは透明になった。花粉の成分が眼鏡レンズに均一に刷り込まれてしまったのかもしれない。
 
  この店では試食して普通のものと少し味が異なった色が褐色の「百花ハチミツ」というのを買った。
        
(森敏)
    
はちおじさんjpeg   

  ハチおじさんと筆者 ハチ蜜とお酢の混合希釈液をお客さんたちに提供している
 
 


2018-08-22 15:29 | カテゴリ:未分類

  県立金足農業高校の高校野球の準優勝は実に立派だった。

  

  秋田県では、スポーツでは他にも女子バドミントンのナガ・マツペアが活躍している。

  

  女子フィギャースケートのロシアのザギトワ選手やロシアのプーチン大統領には秋田犬が寄贈されたことも耳に新しい。それよりはるか前から有名な秋田犬は「忠犬ハチ公」であり、渋谷ばかりでなく、東大農学部正門を入ってすぐ横には上野英三郎教授とじゃれているハチ公の銅像がある(すぐ近くの農学部展示館にはこのハチ公の内臓がフィラリアに侵されている内臓標本がそのまま保存されている。一見の価値ありです。)

  

  秋田県ではぎばさ(海藻)とか金農パンケーキなどをこれから販路拡大したいとのこと(東京新聞)

 

  実はいささか専門的になるが、昨年秋田県立大学の植物栄養学研究室が「放射性セシウムを吸収しないイネ」の開発に成功したことは、大学の研究者があまりにも謙虚であるためか、あまり話題になっていない。しかし、これは世界に誇るべき秋田県の快挙である。秋田県立大学は金足農業高校と同様、秋田県が財政的なスポンサーであるからである。あまり声を大にして言いたくないことだが、もしも今後の日本、韓国、中国などの稲作国で原子炉爆発を起こして放射性セシウムで土壌汚染したら、このお米の品種をカリ肥料の施用と共に翌年から使えばよいからである。この品種はほとんど放射性セシウムを玄米種子に移行させないからである。以下に紹介しておいた。

 

http://www.winep.jp/news/204.html

 

  一方で、北朝鮮からの核ミサイル迎撃に向けてと称してイージスアショアを秋田県(と山口県)に防衛省が設置するという事が既定の事実のように来年度の防衛予算(2基で約2700億円)に計上されようとしている。このアメリカの軍需産業に支払う金額は、秋田県の全農業が生み出す農業生産額が1745億円であるのにくらべて、膨大な税金の浪費と言わざるを得ない。秋田県にとって、今年がいいことずくめの話ばかりではないのが、残念である。

     

(森敏)
追記1:高校野球の決勝戦までの連投で、最後の決勝戦途中で、急激に腰を痛めたという吉田投手は、秋田の郷里に凱旋して、テレビのインタビューで
「今、何が一番したいですか?」と問われて
「うちに帰って自分の布団でぐっすり寝たいです!」と答えていた。
肩を痛めたと思ったら、腰でよかったですね。腰の休養には自分の布団が一番なんですね。
同じ日にアメリカで活躍するダルビッシュ投手は完全に肩を痛めて今季は再起が絶望的とか。吉田君には、プロ野球に行って、力みすぎて、消耗品のように使われれて、早々に捨てられるような人生を歩むことのないように祈りたいものです。生真面目で責任感が強すぎるのが心配ですね。心ある地元ファンの誰もがそう思っているのではないでしょうか。
 
追記2:金足農業高校は秋田県立大学と高大連携を推進しており、数名が毎年秋田県立大学に進学しているんだそうです。
 
追記3.金足農業高校の甲子園での活躍に対して秋田県立大学でも「奉加帳」が回され相当の寄付金が集められたんだそうです。決勝戦ではいてもたってもおられず午後からわざわざ休暇を取ってスーパーハイビジョンテレビの会場での応援に旗を持って駆け付けた人も多かったとか。まさに吉田君の活躍は秋田県全県民を巻き込んだフィーバーだったんですね。
 
追記4.以下の記事や実際のテレビでの彼の投球を見ていると、素人の小生でも、「ちょっと危ういな」という気持ちを持った。プロで通じるか心配になってきた。やはり常時150km以上/hの直球を投げることができなければ、チェンジアップの技巧のみではプロには通じないだろう。もっともっと体つくりにプロのコーチの指導を受けないと、自己流のがむしゃらでは、球速の成長が伸び悩んで、本人も早々に肩を痛める壁にぶつかるのではないか。(9月1日 記)

以下本日の記事です

 

 




 野球の第12回U18(18歳以下)アジア選手権(宮崎市、9月3日開幕)に出場する高校日本代表チームは8月31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(宮崎市)で宮崎県高校選抜と壮行試合をし、4―2で勝利した。

 2点リードの九回、吉田輝星(金足農)にやっと出番が巡ってきた。代表初登板。「投げたい」という気持ちがあふれ出た。ベンチからマウンドへ全力で駆けた。「しようとは思っていなかったんですが、気づいたら全力でした」。高ぶる右腕を、宮崎の1万6千人の観衆が大歓声で迎えた。

 甲子園以来となる実戦。そこで見せたような冷静な力配分は必要なかった。初球からトップギア。「体が動きすぎて、ボールが行きすぎて、気持ちもあがっていました」:::::

2018-08-01 08:29 | カテゴリ:未分類
      放射能汚染で住民が避難しているので、人が全く通らなくなった民家に通じる道のど真ん中に、1.5メートルぐらいの高さで道を遮るように思い切りよく葉を伸ばしている黒い実をつけている、草本があった。帰って調べてもわからなかったので、いつもの若林さんに調べてもらうと、抽苔した「ウド」ということであった。土の暗い穴倉の中で、白色に栽培している食用ウドは東京都の栽培農家で見たことがあったのだが、露地ものは見たことがなかったので、現地では同定できなかった。
 
      
地上部の穂の部分と葉の部分を採取してきて、オートラジオグラフに撮ると、実が着いている葉、茎、花穂の柄の部分が強く放射能を含んでいた。これらの組織よりも一
桁低いが、しかと種子にも放射能は移行していた。外部付着した放射能はなく、全部内部被ばくであることがわかる。根から吸収された放射能が茎を経由して葉に移行し葉脈を通じて葉の細部に分布していくことがくっきりとわかる。よく見ると葉の裏側か表側を虫が食べたところには放射能がないか、色が薄い。
 

 

 

 
 スライド1  
図1. ウドの茎葉と花穂(種子はすでにほとんど散っている)
 
 
 

 

スライド2
 
 図2.図1 のオートラジオグラフ
 
 
ウド ネガ‏フィルム jpeg 

図3 図2のネガテイブ画像 くっきりと葉脈が浮きでている。葉脈が非対称なのが少し気になるが。




  
 
 


表1  ウドの部位別放射能
 
ウドの放射能jpeg
 
 
   
  

 
(森敏)
 
FC2 Management