FC2ブログ
2018-12-19 10:15 | カテゴリ:未分類
スライド4 
 図1.黒金剛 というピーナッツ
 
 
 
スライド1 
 
 図2.中の種子は2粒から4粒に分布している。種子の皮はすぐはがれる。

 

 
 
スライド2
 
図3.種皮は濃い紫色  
 
 
 
 
スライド3  
図4.水抽出で鮮やかな赤ブドウ酒色 
 

    

 

  台湾産の「黒金剛」というピーナッツをおみやげにもらった。網目が顕著な硬い莢を割ってみると、なんと「種」が真っ黒である(図1、図2)。といってもこれは焙煎しているので、力いっぱい莢を開けると、必然的になかの種子の皮が部分的にすぐ剥げる。

          

  最近、小生はリンゴを皮ごと食べている(それのほうが剥いて食べるよりも格段においしいし、消化器の掃除にもいいのではないかと思っている)。なので、このピーナッツ種子を、種皮をむいたものと剥いていないもので、味を比較検討してみた。心なしか、種皮ごと食べるほうがえぐ味が入っておいしい気がした(普段は外国からの輸入品には時として皮に強力な発がん物質であるアフラトキシンが含まれているというので、絶対に種皮ごとは食べないのだが)。

       

  この「黒金剛」の黒い皮があまりに鮮やかだったので、それらを集めて、3角フラスコに入れて水道水で室温に置いたら、すぐに深紫の色素が抽出されてきた。一日冷蔵庫に置いたら、かなり色が濃くなっていた(図3)。濃い赤葡萄酒の色とそっくりである。焙煎しているので種子の液胞が破壊されて、その中にあったはずの色素が、水抽出されてきたものと思われる。

               

  そこであらためてこのピーナッツが封印されていた袋の表示を見たら、漢字と、日本語と、英語で書かれていた。中国語は読めないので、以下の英語と日本語を示します。
 

The ground nut is also coined as peanut. The peanut epidermis is dark black with natural pigment, which can be dissolved in water. Its pods are more reticulated. After being baked, taste of which is delicate, commonly called “black King Kong”. This dark black peanut---rich in proteins and vitamin E---is highly nutritious.

      

ピーナッツはまた長生き豆という別称がある。元々は黒種ピーナッツ。その表皮は真黒って天然メラニンです。黒種ピーナッツの殻は網紋が深くて、炒めてからとても美味しいよ。この名は“黒金剛”である。黒金剛は豊富なたんぱく質、とビタミンEを含み、高栄養成分な食品です。

        

  両者の内容は正確には一致してないことがわかる。正直言って、この日本語文はまともな日本語の使いかたではない。たぶん日本人によるチェックを受けていないと思われる。日本に輸出するつもりがないものなのだろう。この種皮の黒い色素がメラニンということはあり得ない。メラニンは水やすべての有機溶媒に溶けないからである。私見ではこれは、アントシアニンの類で、赤葡萄酒の成分と類似のものと思われる。そうだとすれば、皮ごと食べるのがいいはずである。アントシアニンは抗酸化力が強い活性酸素種(ラジカル)・スカベンジャー(消去剤)であるからである。
   

   その後、上野の「アメ横」で黒金剛を探したのだが、どこにもなかった。この豆は高級品で通販では入手できるということである。黒豆、黒米、がんくいなど、黒色正体は案外同じものかもしれない。
   
     
(森敏)         

 


 




 
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2211-c1ac8fec