FC2ブログ
2019-07-04 22:02 | カテゴリ:未分類
 
   2017年春に浪江町のほとんど人が通っていないと思われる林道で、落ち葉層の中に、約15センチの高さのワレモコウの幼物群落があった。空間線量は毎時20マイクロシーベルトであった。

  主根が途中でちぎれたが、根ごと容易に引き抜けた (図1)。根にはいくらふるっても腐葉土がついているので桁違いの放射能値であるが (表1)、地上部では中央の新葉の部分が強く感光していることがわかる(図2、図3)。
       
  この場所は今年(2019年)の6月初旬に訪れたのだが、同じくワレモコウの幼植物群落がみられた。空間線量は毎時17マイクロシーベルトであった。


 
スライド1 
 図1 根つきのワレモコウの幼殖物
  
   
 


スライド3 
 
図2.ワレモコウ幼植物のオートラジオグラフ。地上部中央の新葉が濃い。


 
スライド2 
図3.図2のネガテイブ画像 
 
     

 表1.ワレモコウの放射能。葉を新芽、新葉、旧葉などと分別すべきであったが、今回は一括して葉(地上部)と根(地下部)とした。根には腐葉土がついている。

スライド4 
 *放射能は2017年10月の測定値
 
 
 


 
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2191-6bb706fe