2017-10-01 13:20 | カテゴリ:未分類

「希望の党」の小池代表が

せっかく合流しようとしている民進党の連中を

個別に主義主張(イデオロギー?)で首実験しようとしている

 

小池の「政界旅がらす」の人生を見れば、彼女が如何に恥も外聞もなく主義主張の変節を繰り返して、権力にすり寄ってきたかがわかる。人は「自分は一貫した人生を歩んできた」と思っていても、他人から見ればすこしずつ変わってきているのだよ。彼女の「権力にすりよる姿勢」だけは一貫しているかもしれないが。

 

せっかく民進党員全員が合意して「希望の党」にすり寄ってきたのだから温かく迎えてやればいいではないか。

 

「自民・公明政権を倒す」という「権力を奪取」してから「女帝」(あるいはお芝居の座長?)として偉そうなことを言えばいいのだ。

 

ここはもうすこし謙虚にふるまわなければ、選挙の真っ最中にでも「希望の党」は一瞬にして足をすくわれて、民意が離れる流れになることだろう。「絶望の党」にならねばよいが。

    

(管窺)

 

 
追記1:その後 10月4日の時点では
枝野の「立憲民主党」が民進党から分離独立した。「希望の党」はその立憲民主党の候補者の選挙区に刺客を立てている。
「希望の党」は東京都の自民党の一部の地盤に候補者を立てない。大阪維新の党の地盤と東京公明党の地盤に候補者を立てない。
これでなんで、「打倒!自・公・安倍政権」なのか? また離れてはくっつくんだろう。

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2190-89d2e6f3