2008-08-13 05:03 | カテゴリ:未分類

gomu.jpg 

    逆光で葉の裏表がわかりにくいが、

   全部の葉の表側が窓の方向に向いている。

 

ゴムの木の葉の向日性

 

   旧い拙宅の窓辺のポット植えのゴムの木はもう3年ばかり一切その位置を変えていない。ポットを回転もしていない。すると現在、なんとも見事に、すべての葉っぱの表側が窓の側を向いて、レースのカーテンにぴったりとくっついてしま っている(写真)。向日葵(ひまわり)で言ういわゆる <向日性> というヤツである。本当にクレバーな植物だと感心している。

 

   ゴムの木がきっちりとこういう葉柄がねじれた形状を示すためには、植物といえどもいろいろな作用メカニズムが必要になると思われる。このねじれは、手でひねっても簡単には戻らない。いったいどういう遺伝子が働いた結果なのだろう?

 

(森敏)

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/218-2b9e8211