2017-08-20 14:43 | カテゴリ:未分類

  2016年の春に、飯舘村飯樋地区の民家の庭に立派なマツがあった。それが花粉を飛ばしている最中であった。そこで指ではたいて100 mgばかり花粉を採取した(表1)。その後何本かの新芽を採取した(図1)。それをオートラジオグラフに撮像した(図4、 図5)。そのあと組織を解体して部位ごとの放射能を測定した(表1)。新芽の先端の生長しつつあるところが予想外に感光し(図4)、花粉を飛ばしていた小さな雄果(図2、図3)もわずかに感光して撮像できた(表1)。採取した花粉は細胞があまりに小さい上に放射能が低すぎて(表1)、撮像できなかった。全体として外部被ばくはほとんど観測されていない(図4)。この新芽の先端の濃縮されたような積極的な内部被ばくは2011年3月福島第一原発爆発初期に流れてきた放射性プルームで濃厚に放射能被爆した樹皮や、その後にそこその樹皮から樹体内組織に移行してどこかに残量している放射性セシウムが転流してきたものか、放射能汚染土壌の可溶性セシウムが根から直接吸収移行してきたもと思われる。住民が住んでいなかったので確かめられなかったのだが、この松のある庭の土壌はすでに除染されていたようにみうけられた。


    
   

スライド1 

図1.民家のマツの新芽の部分(オートラジオグラフの邪魔になるので基部についていた雌果は除いてある)

 
 

 スライド2
図2.図1の新芽の拡大図 
 

 
スライド3 
図3.図1の新芽をふるって落ちてきた雄果 
 
 
 
スライド4 
図4.図1のオートラジオグラフ。わずかにみられる2つの黒点は外部被ばく。 
 
 

スライド5
  
図5.図2の部位に相当する図4の局部の拡大図.でこぼこしているのが雄果。 
 
  
 
 
スライド6 
図6.図4のネガテイブ画像
 
 
 
表1.マツの新芽の放射能
    
jぺgsaishinnマツの新芽の放射能  
 


(森敏)
 

 
 
 
 
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2179-05d783f3