2018-01-27 05:44 | カテゴリ:未分類

    ねむの木は木本で、原発事故以降、もうずいぶん日がたっているので、あまり放射能はないのではないかとばかり思っていた。スギやヒノキも、樹皮はともかくとして葉では放射能が確実に減衰してきているからである。
     
  昨年秋に双葉町で、何気なく採取してきたねむの木の葉が、放射能を測ると、意外に高かったのには、また驚いた(図1,図2,図3.表1)。
    
  道端を除染していない双葉町では、すべての街路樹が根から吸収した放射性セシウムによる内部被ばくで、セシウムが生態系の中で循環し始めている。いわんや全く手つかずの森林においておや。


  
   

ねむの木jpeg 
 
図1.ねむの木の小枝。葉が散りかけている。 
 
 
 
nemunoki_JPG_1024px.jpg 
図2. 図1のオートラジオグラフ。実に均一に放射能汚染している。外部被ばくはゼロである。
  
  
 
 

 

 nemunoki_rv_JPG_1024px.jpg
 
 
 図3.図2のネガテイブ画像
 
    
  
  
 
 
 表1.ねむの木の放射能
 
スライド1
 
   
  
  
 
(森敏)
 


 
 
 
2017-12-23 06:34 | カテゴリ:未分類
 
   以下に示すのは、現在双葉町の、住民が避難して耕作放棄している水田に繁茂するセイタカアワダチソウの群落から、ためしに頭のほうから40センチばかりを切り取ったものである(図1)。
 
  実験室に持ち帰って、ガイガーカウンターで表面を軽くサーベイしても、毎分443カウントという異常に高い値であった。
         
  水田土壌の表面の土をえぐり取る除染をしないと、原発事故6年半たっても強度に内部汚染が続いているということである(図2、図3、表1)。
 
  この放射線像には一切外部被ばくが認められないので、全身の放射能はすべて根から吸収されて移行して来たものである。
  
  葉ばかりでなく花器も激しく内部被ばく汚染していることがわかる。
    
   


       

 
スライド1 
 
 図1.原発事故6年半後のセイタカアワダチソウ (双葉町)


 

 
スライド2 
 図2.図1のオートラジオグラフ
 
   

 
 
スライド3 


図3.図2のネガテイブ画像
 
   

   
 
 表1.セイタカアワダチソウの放射能
 
セイタカアワダチソウの放射能jpeg 
 
 
 
(森敏)
追記: 双葉町の除染が始まった。
   

復興拠点の整備へ、除染を開始 全町避難続く福島・双葉町

20171225 1202

 

 環境省は25日、東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている福島県双葉町の帰還困難区域で、住民が再び住めるようにする「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の整備に向け、除染と建物解体の工事を始めた。

 政府が認定した復興拠点の整備計画に基づく初の除染作業となる。県内7市町村に残る帰還困難区域の復興への第一歩だが、住民の帰還目標は「2022年春ごろまで」とまだ遠い。

 今回の工事は来年7月までの予定で、JR双葉駅周辺の約7ヘクタールで表土のはぎ取りや草刈りなどの除染と、約55軒の住宅や公共施設を解体。今後、範囲を徐々に広げる。

(共同)

2017-12-04 06:21 | カテゴリ:未分類

クサレダマはアキノキリンソウに似ていたが、小生には全く同定できなかった植物なので、若林芳樹さん(株 アスコット)にお手数を煩わせて同定してもらった。(図1)
   
「クサレダマ サクラソウ科オカトラノオ属
マメ科のレダマに似ていて草本であることからついた名前といわれていますが、マメ科のレダマにはあまり似ていません。やや湿った場所を好み群生することが多く黄色の花はよく目立ちます」ということです。
      
  この植物の場合放射線像では花器が強く汚染して見えます(図2、図3)。しかし実際の放射能濃度は葉や茎とあまり違いがありません(表1)。花器は花弁・がく・未熟種子などが重なって乾燥されているので、強く汚染しているように見えるのです。 しかし、生殖器に放射能が移行していることはほかの植物の場合と変わりないと思われます。この時点では種子をまだ採取できなかったのですが。
     
 
スライド1  
 
(図1) クサレダマ
       
 
スライド2
 
(図2) クサレダマのオートラジオグラフ
 
        
 
スライド3 
 
(図3) 図2のネガテイブ画像。神社の神殿で巫女が手にもって舞う鈴飾り物のように美しい。
 
       
 (表1) クサレだまの部位別放射能

クサレダマの放射能jpeg
      
     
(森敏)


2017-11-11 03:28 | カテゴリ:未分類

  メヒシバは悪条件でも繁殖するたくましい雑草である。オヒシバと比べて根が浅いので容易に引き抜ける(図1)。浪江町の道端で採取したメヒシバを根の土塊をできるかぎり落としてオートラジオグラフを取ると図2、図3となった。放射能を測ると、イネやムギに代表されるようにイネ科は一般的に根から種子へのセシウ放射性セシウムの移行性が低い。つまり種子の比放射能(Bq/kg)がほかの組織よりも低い。ここでは残念ながらいままさに出穂しつつあるメヒシバを採取したものなので、種子ではなく穂しか放射能を測れていない。しかしメヒシバもその例に漏れないと思われる(表1)。
     なお、根にくっついている落ち葉の破片や粘土を全部払い落とすのは至難の技なので、根の測定された放射能値は実際の数倍になっていると思われる(表1)。
 
スライド1 
図1.メヒシバを根から掘り起こしたもの。わずかに土や腐葉土がついているがこの放射能はむちゃくちゃ高い(表1参照)。詳しく見ると大小茎が5本で、5本の穂が出ている。
   
 

スライド2 
図2.図1のオートラジオグラフ この画像からは穂と葉の放射能汚染度の差がわからない。
    根に少しでも土がついていると、いくら土を叩き落としたつもりでも、植物を画用紙に押し葉固定するときに微細な粘土粒子が画用紙に飛び散ってしまう。それが微細な点々として感光している。地上部(葉、茎、穂)の内部被ばくは根から吸収されたセシウムによることがわかる。すべての葉の中心の葉脈(中肋)が濃く感光している。
    
 
スライド3 
 図3.図2のネガテイブ画像

    

表1.メヒシバの放射能
 
イネ科(みどうてい)jpeg 
 
 


  
  

(森敏)

2017-10-30 14:00 | カテゴリ:未分類
  浪江町を車を降りてぶらぶら放射線を測りながら道路沿いに歩いていたら、珍しくもハクサイ(白)らしき幼植物が地際に生えていた(図1)。
   
  研究室に持ち帰って、思い切り葉を広げて、押し葉にしてオートラジオグラフを撮像したら、図2、図3のようになった。葉脈の放射線が実にくっきり写っている。これは内部被ばくである。同時に小さな放射能汚染土壌粒子で葉の基部付近が外部被ばくしていることがわかる。これらは風雨などにより、表層の汚染土壌埃が舞い上がり付着したものと思われる。
   
  新葉と旧葉の放射能値の差はあまり見られなかった(表1)。葉に付着した放射能汚染土壌などが、全体的にハクサイの放射能の値を底上げしているのかもしれない。

 

食用栽培野菜のオートラジオグラフを撮像したのはこれが世界でも最初ではないだろうか。野菜でも葉物は水分が95%以上なので、「押し葉」にして脱水乾燥するときに、2日に一回ぐらいの頻度で新聞紙を取り替えないと、すぐに新聞紙にくっついてしまう。いったんこびりつくとはがれにくくなるので、頻回に取り替えなければこのようなきれいな像が取れないのである。



 

 
スライド1 
図1.道端の白菜 
 


 
スライド2 
 
図2.図1のハクサイのオートラジオグラフ
 


 
スライド3 

図3 図2のネガテイブ画像。土塵(ほこり)による汚染が鮮明です。
 
   
  
   
  
表1.白菜の放射能 

 
スライド1  

 
 
 

  
(森敏)

FC2 Management