2018-07-23 14:45 | カテゴリ:未分類

東京への帰りの切符がJR新大阪発で、出発までまだ2時間も待ち時間があった。久しぶりに関西に出かけてきたので、広い新大阪駅構内をじっくりと探索することにした。

       

食品店や土産物店をぐるぐるとつぶさに見て回って、食堂にも入って早めの食事をしたのだが、いかにも時間がつぶせない。やはりいつものように本屋で最近の新刊書を点検することにした、この本屋ではほとんどの本が立ち読みができるので、原理的にはいくらでも時間がつぶせるのだが、肝心の小生の足腰が弱っているので、歩き回っている分には大丈夫なのだが、立ち止まって5分も読み続けるのは少し辛い。

 

知らなかったのだが近刊の「文学界」という雑誌に村上春樹の短編が3編連載されていた。これを買って、帰りの新幹線の車中で読むべきかどうか大いに迷った。結構分厚いので荷物になる。そこで立ち読みで30分ぐらいで読み切ってしようかと思った。まだ時間は十分にあるので。

 

読み始めたのだが、その時、店員がすぐ横にある所見机に来てなにやらぶつぶつ言いながら仕事をし始めた。これでは落ち着いて読めないので、すぐ読むのをやめた。ラゲージを引きずりながらほかの本棚をじっくりと見学することにした。やたらに多いマンガ本などは、「ゴルゴ13」ぐらいが小生の興味の関の山で、まったくほかのけばけばしいとんがった人物画像が流行のマンガ本に興味がなかったのだが、女性の旅行者が結構マンガ本を漁っていて、一人で数冊買ってラゲージに詰めていた。いまの時代はそんなものなんだ。

 

本棚を見渡していると「人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理」永田和宏 著 というブルーバックスの背表紙が目に飛び込んできた。 「?」である。 短歌の歌人であり生化学が専門の永田和宏教授が鉄の研究もし始めたのだろうか? と驚いて、手にとってめくって見ると、どうやらこの先生は冶金学では著名な「たたら鉄」の専門家であるらしい。同姓同名なんだ。ぱらぱらとめくると絵や写真入りで古来からの世界の鉄の製造法が詳しく紹介されているので、植物鉄栄養の専門家を自負している小生にとってもこれは必読と思って買うことにした。1年前に出てすでに5刷である。隠れたベストセラーなのだろう。さっそくで購入したのだが、新幹線の出発までにはまだ時間があった。

 

さきほどの店員がいなくなっていたようなので、また雑誌「文学界」を横置きのコーナーに行って、また「文学界」を手に取って、今度はあまり熱心に読む気もなくぱらぱらと村上春樹の文章をまさぐっていたら、

 

あなたとセックスしているエクスタシーのときに「ほかの男の人の名前さけぶかもしれないけれど、それでもいい?」とかいう文章が目に飛び込んできた。。。。いつもの春樹の読者を引き込む手法であるな、。。。とつらつら思っていたら、また先ほどの店員が、所見机に戻ってきた。

 

  時々ぶつぶつぶつぶつ言っているのが耳に入るのだが意味不明のつぶやきである。仕事をしているように思えないし、声が気が散って春樹の文章を読む気がしなくなった。買う気もしなくなった。家に帰ってから買うことにした。

 

家に帰って、翌朝(本日)テレビ朝日だったと思うのだが、ぼんやりとヨーグルトをたべながらみていたら、「万引きガードマン」というテーマでAIを用いた監視カメラが、買い物客を装った万引き犯が、その挙動のパターン分析から万引きする可能性のある犯人だろうと予測して、ついに犯行現場を撮影していく過程が放映されていた。

 

万引きによる被害は現在年間4000億円にも上るとのことである。この「AI万引きガードマン」の目的は、万引きを未然に防ぐために、カメラが察知したら、店員が歩み寄って「何かお探しでしょうか?」と声掛けすることによって、万引きを未然に防ぐのが目的だということであった。見ていてこれは素晴らしいAIの応用編の手法だと思った。と、感心したのだが、そこであらためて気が付いたのだ。

 

新大阪駅での本屋の店員のふるまいは、30分以上もうろついている小生を店員が小生のことを「万引き犯」と確信してマークしていたのだと。本屋の立ち読みも犯罪らしいから、店員にマークされていたのは仕方がないだろう。

 

全然気にしていなかったのだが、新大阪駅構内のオープンスペースの本屋さんは、出入りが四方八方なので、監視カメラがないと万引きが頻発しているのではないだろうか。こういうところではそれこそ「AI万引きガードマン」が強力な威力を発揮することだろう。この機器を開発している会社では3年間で日本全国の1万店に導入する需要を見込んでいるということである。私見では、現在のスーパーやコンビニや本屋さんの監視カメラは、瞬く間に「AI万引きガードマン」に置き変わるのではないだろうか。
    
(森敏)

2018-06-26 12:32 | カテゴリ:未分類

明け方、いつものように、睡眠が切れて、起きてボーっとしているときに、コンピューターを立ち上げたら、いきなり

    

「あなたのコンピューターはあと*****秒で破壊されます。その時間以内にこのアンチウイルスソフトをダウンロードしてください」という(あれからだいぶ日にちがたったので細かい文言は忘れた)主旨の文句が画面に表れて、カウントダウンし始めた。Auto::::というソフト会社である。

    

ぼけた頭で、考える暇がなく、警戒心が粗雑だったので、焦ってしまってダウンロードのボタンを押してしまった。そしたら次から次へと、メールアドレス、住所、氏名やVISAカードのナンバーなどを問いかけてきた。しかし、ある時点で、英語の説明文のなかに一字だけ実に怪しい新体漢字が含まれていた。そのとたんに、「うーん!これは怪しい。きっと中国からの偽ウイルスソフトだ」と直感して、完全に目が覚めた。いかにも信用させるためか、西洋人のオーナーとおぼしき人物の写真が載っているのだが。

   

すでに小生のカードナンバーを知らせてしまったので、どうすべきか考えた。幸いまだアンチウイルスソフトとおぼしき中身は空けていなかったので、そのままコンピューターをダウンした。

     

再度コンピューターを立ち上げると、金額の請求書がオートメールで届いていた。
      

       これは困ったと思ったので、その日の昼に知人のNECの社員に電話して、このアンチウイルスソフトを信用していいかどうか聞いてみたところ、「直ちに消去してください。この会社は常連の代表的な偽ソフトメーカーです」という返事が返ってきた。

           

そこで、慌てて、カード会社に電話して、支払い停止の処置をとってもらうことにしたら、「いったん支払うことになりますが、ソフト会社とのやり取りの書類があれば、裁判に持ち込み、返金される可能性があります」という話であった。

 

そこで、これまでの経過とともに請求書の内容を添付書類でカード会社の代理店に送った。2週間後のカード会社の我が家の支払い表をみると、確かにすでに支払われてしまっていた。しかしその1か月後にきたカード会社の我が家の支払い表を見ると、偽ソフト会社から全額返金されていた。めでたしめでたしであった。

   

皆さんお気を付けください。寝ぼけ眼(まなこ)でコンピューターに向かわないように。

 

2018-06-17 07:25 | カテゴリ:未分類


スライド1 
西郷(せご)どん の像 上野公園にて。 正面からの顔は白い鳩の糞だらけなので、斜めから、西日のあたる像を撮影した。出来上がったこの胴像をみて西郷の妻は「夫はこんなんじゃない」といったとか。

      
  NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」を鑑賞した。上野の東京芸術大学大学美術館で「西郷どん」展に、のこのことでかけた。国立大学の催しものだから、無料だと思ったらなんと1500円も取られた。シニア割引もなかった。午後3時半に入館して5時に追い出されたので、十分な鑑賞は出来なかったが、初めて見るものばかりで来てよかったと思った。284個もの展示物があったが詳しくは見きれなかった。

  

NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、非常に興味深いので、初回から欠かさずに見ている。小生は「街道を行く」以外の司馬遼太郎の作品群はほとんど読了している。明治維新の大立役者であるゆえに西郷のことはいろいろの作品の各所に出てくるが、月照との心中事件や、奄美大島や、沖永良部島への島流しに関しては、詳しく述べられていなかったと記憶するので、NHKの創作ドラマや、今回の展示は非常に参考になっている。

 

しかし、生前の西郷が何故万人に愛される「人たらし」になりえたのか、この展示を見た後でも小生にはいまだによくわからない。

 

今回の展示物のなかで、小生が一番ひかれたのは、99番目の展示物で、西郷が沖永良部島に2度目の「島流し」になっていた時に、西郷よりも先に「島ながし」になっていた、藩の漢学者川口雪蓬が畳一畳ばかりの大きさに書いている「春夜洛城聞笛」春夜洛城に笛を聞く)の書体である。小生は普段は日展などでも「書」はよくわからなくて、パスする方だが、今回は違った。文字を目でなぞっていると、なんと自然に小生の体が書の筆跡に従って躍動し始めたのである! 非常に気持ちがよいのだ!わが生涯でこんな経験は初めてだ。帰って調べると、これは李白の詩で、詩吟では有名なんだそうだ。この書を、島流しで心がすさんだ西郷に、川口雪蓬が贈ったのだとか。

 

  • 春夜笛を聞く 
  •         <李白>
  • 誰が家の玉笛か 暗に声を飛ばす
  • 散じて春風に入りて 洛城に満つ
  • 此の夜曲中 折柳を聞く
  • 何人か起こさざらん 故園の情を
  •  

::::::川口雪蓬は「あなたもここに いる以上は島の人ともっと仲良くしなさい。それには島の人の生活をつぶさに見ることです」と言い、「ものすごく大事な本だけど貸してあげるよ」と、一冊の本を西郷に貸してくれたのが『嚶鳴館遺草』でした。そこで初めて、西郷は細井平洲という人の名を知り、遺草に書いてあった「護民官は民の父母でなければいけな い」ということに、目覚めたのです。::::::
とのことである。

http://www.city.tokai.aichi.jp/4582.htm

      

(森敏)

付記1:いまから45年前に日本土壌肥料学会の九州一円をまわる1週間にもわたるエキスカーションのあと、さらに足を延ばして鹿児島港から多分今はない「照国丸」に乗って、種子島や、沖永良部島や与論島に観光で立ち寄ったことがある。沖縄が復帰前だったので、沖縄には上陸できなかった。沖永良部島では素晴らしい白砂の浜にでて、あまりにも太陽が強いので半そでシャツを着て泳いだのだが、それでも一時間も海に平泳ぎで浮かんでいると両肩が日焼けで炎症をおこして、シャツが皮膚とくっついてしまって、はがすときに猛烈に痛かったやけどの記憶がある。
      
残念ながら、「西郷どん」がここに島流しになったことがあるのだという観光案内は全くなかった様に思う。奄美にとって島津は征服者だから、西郷の記念碑なんか建てたくなかったのかもしれない。
 
テレビの「西郷どん」では、西郷が一回目に奄美大島に島流しされていた時に、第二番目の妻とした島の娘である「愛加那(あいかな)」に、離島した後日に簪(かんざし)を贈ったという、簪が映像で紹介されていた。いかにも貧弱な遺産というか西郷の記念品ですね。  
     
付記2:以下は小生の「独断と偏見」です。
    
西郷は強制的な「島流し」という過酷な仕打ちの中で、浮世の雑音を排して読書や自然に接しているうちに、何ゆえに自分がこの世に生を得て今後の人生をどう過ごすべきかを深く「沈思黙考」する時間に浸ることになっただろう。きっとこの「こころの沈殿期間」が西郷の次の明治維新への飛躍を熟成したのだろう。まさにピンチをチャンスに転換させたのだろう、と勝手に解釈した。人間は大きく挫折しないと決して飛躍しないのだ。
    
これを現代に置き換えれば、大病を負って長期病院生活を余儀なくされたり、汚職やスキャンダルなどで投獄されて獄中で冷や飯を食ってきた、経済人や政治家やスポーツ選手がその後の成長を期待できる候補生だろう。むろん逆は必ずしも真ならずだが。
 
付記3:上記展示会は5月26日から7月16日まで開催されている。
      
追記1:本日(6月17日)には、「西郷どん」の放映がある。沖永良部への島流しの場面がどのように展開されるかすこし楽しみだ。
 
追記2:残念ながら6月17日の放映では、西郷どんはまだ沖永良部への島流しにはなっていなかった。6月24日に放映されるのだろう。
 
追記3.7月1日のNHKの「西郷どん」では、沖永良部には「西郷神社」があるという映像が流れた。失礼しました。小生が知らなかっただけなのかもしれない。
 この日の番組でも川口雪蓬が登場した。西郷が島流しの拘束を解かれて、島から離れるときに、川口雪蓬が島の山頂から大きな旗を振って西郷を見送っており、その旗には「革命」という字が書かれていた。川口雪蓬がナポレオンの革命思想を学んでおり、西郷がその影響を少しでも受けたという可能性はあるのかね?そんな話は司馬遼太郎の小節には描かれていなかったと思うのだが。。。。。


  

2018-06-02 11:15 | カテゴリ:未分類
本日(6月2日)早朝のネットのニュースでは
   
         

毎日新聞だけが以下のようにトランプ大統領の 朝鮮戦争終結への 認識を紹介している。
          

日本のほかのマスコミは、朝鮮半島に平和が訪れるのは都合が悪いのか、彼のこの発言を無視している。
  
      
軍産複合体業とつるんだ日本の政財界やマスコミや政治評論家は永久に朝鮮半島が危機であることを望んでいるのだろう。
   
    
防衛庁はイージスアショアの陸上配備に躍起になっているが、そんなもともと性能の低い役にも立たないものはいらないのだ。 アメリカの低性能のお古の兵器ばかり高額で払い下げるのはもうやめようではないか。 
       
防衛予算の毎年の増額のためにはにはずっと朝鮮半島の危機をあおり立てることが必要なんだ。
   
   
文大統領と習主席がシンガポールに飛ぶ時が 「朝鮮半島終結宣言」に4者がサインする シグナルだ。


        

トランプ氏は「北朝鮮は(非核化の)意思を持っている」と述べる一方で「1回の会談ですべてが成し遂げられるとは思わない」と指摘。北朝鮮の非核化への道筋をつけるため、複数回の首脳会談が必要になるとの見通しを示した。12日の会談については「互いを知ることが主目的だ。その場で何かに署名するようなことはないだろう」と説明した。ただ、会談で朝鮮戦争の終結宣言案に合意する可能性について「あり得る。歴史的に非常に重要だ」と語った。(62日毎日新聞ネット二ユース)
     


追記1;その後「ワシントン時事通信」も、トランプの発言を以下のように伝えている。

(金英哲朝鮮労働党副委員長とは)朝鮮戦争の終結についても話し合った。戦争が終結すれば、われわれは北朝鮮の安全についても保証することになり、再び戦争が始まることはない。
   
         

追記2: その後、トランプの「朝鮮戦争の終結」に関しては、直ちに韓国大統領府が反応している。
    

韓国、米朝会談に強い期待を表明 「終戦宣言」に注目

201862 1248

 【ソウル共同】韓国大統領府は2日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談実施を表明したことを受けて「米朝首脳会談に向かう道がさらに広がり、固まったようだ」と強い期待を示すコメントを発表した。

 韓国の聯合ニュースなどは2日、トランプ氏の発言を速報した。聯合は、トランプ氏が朝鮮戦争終結に合意する可能性に言及したことについて「終戦宣言カード」を初めて具体的に示したと注目した。

 韓国では、米朝首脳会談に合わせて文在寅大統領がシンガポール入りし、米朝や韓国の間で終戦宣言を行うのではないかとの見方が出ている。

       
追記3:韓国は「朝鮮戦争終結宣言」に向けて文大統領のシンガポール訪問を企画し始めた。
    
:::::

韓国で特に注目されたのは、朝鮮戦争の「終結に会談で合意する可能性がある」としたトランプ氏の発言だ。文大統領は金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の会談結果を発表した5月27日の記者会見で「米朝会談が成功すれば南北米3者首脳会談を通し、終戦宣言を推進したい」と語った。

 米朝会談に合わせた文氏のシンガポール入りも取り沙汰され、現地に派遣された大統領府職員が文氏の急な訪問に備えた下見を行ったとも伝えられる。一方で、保守層からは具体的中身の伴わない「政治的な終戦宣言」となることを危惧する声も出ている。(産経ニュース 6.2.22時)

 









2018-05-28 13:32 | カテゴリ:未分類

トランプ大統領のツイッター・デイール外交は、世界の外交官の従来の慎重すぎる掟(おきて)を次々と無視していくので、小生も株の売買をやっているつもりで、トランプの外交を予測してみよう。
    

トランプは徹底的なスタンドプレイヤーなので、自分が先手必勝で日の目を浴びること(株価を吊り上げること)にこの上もなく快感を覚える人物と見た。以下小生が予測する勝手なトランプの胸の内です。
          

(トランプ:)「朝鮮半島の非核化は別にオレの大統領選のときのスローガンではなかったし、全く意識の外だった。しかし金正恩が執拗に長距離弾道ミサイルを打ち上げたり、地下核実験をしたりして「ぼくのほうを向いてよ!」と挑発してくるので、うるさくて仕方がない。仕方がないので相手になってやるが、朝鮮半島問題にかかわると米韓軍事演習や空母派遣など時間と金を使うので何か見返りがなければ面白くないぞ。

「大陸間核弾道ミサイル開発」を北朝鮮に廃絶させる件はアメリカの世論がうるさいから、これは一歩も譲れないが、もともとそんなに脅威ではない。日本や韓国には脅威だろうが。それよりも朝鮮戦争以来あまりにも長く続いている朝鮮半島38度線上板門店で南朝鮮・北朝鮮・中国・アメリカとの間で締結された「休戦協定」の廃止、すなわち「終戦宣言」の締結はどうだろう? サインするだけで一番安い取り決めということになるではないだろうか? 後のややこしい実務はがたがた言うだろうがそれこそ官僚に任せればいいのだ。大統領はさいごには「決断」「実行」することが重要だ。これが実現すれば歴代のアメリカ大統領が成就できなかった魅力的な歴史的な業績になるだろう。そうだ、さらにその向こうに「米・朝友好条約」の締結が視野に入ってくるではないか。かつてのニクソン大統領だって日本や韓国の頭越しに電撃的な「米中友好条約」を結んで歴史に名を残したではないか。アメリカのマスコミは俺のことを歴代最低の大統領と侮辱し続けているが、世界があっと驚くだろう。日本の事なんか知るか。朝鮮半島の危険が去るので、当面どんどん株価が吊り上がるだろう」 
             

  かくて日本は取り残されて、またしても臍(ほぞ)を噛むことになるかもしれない。日朝交渉が再開されれば、日本は多額の賠償金をアメリカのプレッシャーで北朝鮮に未だ支払われていない第2次世界大戦の賠償金を支払うことになるだろう。アメリカは自国の余剰農産物食糧援助を大々的に行うだろう。日本の敗戦直後のわれわれの学校給食世代が受けたMSA援助というやつである。日本政府に農産物を10年以上にわたって買わせて北朝鮮にそれを供給することになるのではないか。疲弊しきった北朝鮮農業が自力で食糧自給に立ち直るためには10年以上はかかるだろう。
       
  さて、この予測のどこまで進行するか、ここ2週間の極東のダイナミズムが実に見ものである。    
   
         

                    

(森敏)
付記:このブログの過去のどこかで述べたことがあるが、小生の義兄は日朝交渉の初代の日本側の全権大使であった。しかし大韓航空機爆破事件が起こって、その実行犯の女性(キムヨンヒ)が、北朝鮮により拉致された日本人田口八重子から日本語教育を受けていたという問題が、交渉の途中で急浮上してきて、日朝交渉は破綻した。外務省のエースとして送り込まれたのに義兄としては痛恨の出来事であったようだ。だから「休戦協定」がトランプによって急きょ「平和協定」に置き換われば、現在高齢入院中の義兄も大いに気持ちが救われることだろうと思う。
         
小生の生まれはピョンヤンから60キロぐらい離れた城津(じょうしん)というところなんだそうだ。父は京都大学電気学科を卒業後、満州や朝鮮半島で電気技師として水力発電所建設に従事していたということである。
 
追記1:「朝鮮半島は2000年の間に中国から500回も侵略されたが、日本からは3回の侵略に過ぎない。だから北朝鮮の人は中国という国を絶対信用していない」と在日朝鮮人から何回も聞かされたことがある。だから今回キムジョンウンが習近平に2回も頭を下げに(命乞いに)いったのには、北朝鮮一流のやむを得ない事情があってのことである。とにかくトランプという男は「アメリカ・ファースト」の旗を振りまわして、平気で長年の努力で積み上げてきた国家間の約束事を一方的にかなぐり捨てるので、油断がならない。シンガポールで朝鮮半島の「休戦協定の終結」を宣言しても、またすぐ屁理屈をつけてそれを破棄して、ピョンヤンを空爆してくるかもしれない。そんなことをさせないために中国の後ろ盾がどうしてもほしかったわけである。
本日(5月31日)は金正恩はロシアのラブロフ外相とも交渉しているようである。ロシアのプーチンの後ろだてもあれば万全だろう。首脳会談前に米・北間での事務方の詰めがあって、信頼関係が相当確保されていないとキムジョンウンは怖くてトランプに会いにわざわざ5時間もかけておんぼろ飛行機でシンガポールにまで行けないだろう。シンガポールでの首脳会談がもし決裂したら、シンガポールからピョンヤンへの帰りの飛行機で、国籍不明のロケット弾で撃墜される恐れさえある。
一方アメリカからシンガポールにわざわざトランプが出かけるにせよ、帰るにせよ国籍不明のロケット弾で大統領専用機が撃墜される恐れなきにしもあらずである。だから空母ドナルドレーガンが昨日佐世保から南シナ海に向けて出港し、沖縄からもオスプレイ(海兵隊)が飛び立った。大統領機の護衛のためだろう。
        
追記2:速戦即決が身上の株の相場師のトランプにとっては、下記の記事にあるように、米朝首脳会談を何回もやらされるのは、我慢がならないだろう。金英哲が携えてきた金正恩からの親書を見せられて、トランプが我慢して首脳会談を即決するかどうか? 本日(6月1日)のワシントンでの展開が見ものだ。
        

 
追記3: 本日(6月2日)トランプがついに米朝首脳会談を決意した。しかし北朝鮮への制裁解除までしか言及していない。キムジョンウンからの書簡の内容は明らかにされていないが、株屋さんらしく「これは世界を揺るがすチャンス」と見て即決したようだ。やはり、北朝鮮の経済振興のためにはお金は日本や韓国が調達しろ!と。それだけは明言している。日本は形無しだ。
               

トランプ大統領 米朝首脳会談6月12日シンガポールで開催へ

アメリカのトランプ大統領は北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との史上初となる米朝首脳会談を当初の予定どおり、今月12日にシンガポールで開催すると発表しました。トランプ大統領は1日、ホワイトハウスで北朝鮮のキム・ヨンチョル朝鮮労働党副委員長と面会し、キム・ジョンウン委員長からの書簡を受け取ったあと、記者団に対し、史上初となる米朝首脳会談を当初の予定どおり、今月12日にシンガポールで開催すると明らかにしました。

そのうえで、トランプ大統領は「キム委員長は非核化に取り組む決意だと思う。首脳会談はお互いを知る機会になるだろう。会談はプロセスの始まりになる。成功するだろう」と述べました。

ただ、「会談で何かに署名するようなことはないだろう」とも述べて、12日の首脳会談で、合意文書の署名には至らない可能性を示唆し、首脳会談は1回にとどまらず、複数回にわたることもあり得るという考えを示しました。

また、トランプ大統領は、キム副委員長とは制裁や朝鮮戦争の終結をめぐっても意見を交わしたと明らかにし、「いい面会だった」と評価しました。

そして「もう最大限の圧力という言葉は使いたくない。対話が破綻するまで新たな制裁はかけない。北朝鮮が非核化に応じないかぎり、制裁は解除しないが、解除できる日が来ることを楽しみにしている」と述べました。

さらにトランプ大統領は、キム委員長が権力の座にとどまったままでも北朝鮮の変革は可能だとしたうえで、「日本や韓国、中国が助けてくれるだろう。アメリカは多くの金は使わない」と述べ、将来的には北朝鮮の発展のために、日本や韓国などが支援することになるという考えを示しました。



 

 

 


FC2 Management