2018-07-04 13:18 | カテゴリ:未分類

双葉町で樹に絡みつく「キズタ」(ウコギ科キズタ属)は、あまりにもがっしりと木の樹皮に張り付いているので、指では引っぺがしにくく、部分的にハサミで切断して、小片にして回収するしか仕方がなかったツル性植物である(図1)。

   
オートラジオグラフに撮ると、やはり樹皮にしがみつく、キズタの節位ごとに発生している不定根の部分が最も強く放射能汚染していることがわかった(図2、図3)。葉などには放射能がほとんど付着していないので、これは完全にキズタの内部被ばくと思われる。


   
この不定根の部分の、他の部位よりもけた違いに強い放射能汚染は(表1)、肉眼では見えないが、根の周りには寄生菌類が多様に繁殖していて、不定根や寄生菌は樹皮(セルロース、リグニンなどの高分子多糖類で構成されている)の分解に関わる酵素を放出して、これらの成分を低分子化して、有機栄養源として吸収して生長しており、また不定根は師管や導管に食い込んで、放射性セシウムもカリウムと混同して無機イオンとしても吸収しているものと思われる。寄生菌はそれをガンガンため込んでいるのではないだろうか。したがって不定根が一見放射能の塊のように撮像されているのではないだろうか。
  
   以上の仮説の子細な証明のためには、不定根を樹脂で固定して顕微鏡的オートラジオグラフを撮るべきだが、残念ながら今はその余裕がありません。どなたかやってみてくれませんか?
     


 


スライド1 
図1 樹から引っぺがしたキズタの切断片

 


 
スライド2
図2 図1のオートラジオグラフ 


 


スライド3 
図3.図2のネガテイブ画像

 

表1.キズタの放射能
キズタjpeg 
 

(森敏)
付記:過去の以下の記事もご参照ください
アイビーはなぜ石塀に強く接着できるのか

2018-06-05 05:21 | カテゴリ:未分類
  昨年秋 双葉町の空間線量が毎時9.5マイクロシーベルトの民家の庭に群生していた可憐な花を採取してきた。専門家に鑑定してもらったらカントウヨメナという野草だということである(図1)。
           
  全身が内部被ばくである(図2、図3)。しかも放射性セシウム含量がいまだに非常に高い。普段は一年生植物は花器の放射能が一番高いのだが、この植物は生殖器である青色の花の部分よりも葉の放射能がべらぼうに高い(表1)。好セシウム性植物かもしれない。
           
  この家は家の内部までイノシシやおそらくハクビシンなどの侵入により荒れ果てており、住民は全く帰還した様子がない。
         
  少しでも庭の土壌の放射能を除染した形跡がない。
         
  であるからこの一年生雑草は原発事故7年後でもいまだに土壌に固定され切っていない、植物が吸収可能なセシウムを吸っては枯れ、次世代の種子が発芽して、また吸っては枯れ、という循環を繰り返して群生しているのである。
      
  全部刈り取ってきて詳細に観察すれば、形態学的な異常も発見されるのかもしれない。
        
  タンポポの「帯化」奇形調査の場合はタンポポに絞り込んでやっているのだが、そういうことを高放射線量下で他の植物でも徹底的にやる時間的な余裕がないのが残念である。たとえばいつも気になっているのだが、真面目に調べればクローバーなどはかなりの形態的変異があるものと思われる。

         
 
 
 
 
スライド3 
 図1. カントウヨメナ
     
 
 
スライド1 
図2. 図1のオートラジオグラフ 
      
 
 
スライド2  
図3.図2のネガテイブ画像 
      
     
表1. カントウヨメナの放射能
カントウヨメナの放射能jpeg 
    
    
    

 
(森敏)





2018-05-17 04:23 | カテゴリ:未分類


  浪江町の避難困難区域にはバスが通っていないので、バスの屋根付きの停留所には外壁や地面にツタが生えたりしている。それを手繰って2メートルばかり採取してきた(図1)。

  さすがにあちこちの汚染土壌の上をこのつたは這いずり回って成長してきたためか、葉の部分は多分土埃による外部放射能汚染がひどかった(図2、図3)。
 
  対称形に葉が生えている節位は時折何かにつかまるための小さなツルが生えているのだが、そこの節位が一番内部被ばくが高いようだ(特に図3、表1)。いつも言うように植物の節位は導管と師管が複雑に入り組んでいるから放射能が滞留しているようにオートラジオグラフでも濃く撮像されるのである。
   
    こういう濃厚汚染した「つる」なども、汚染を知らない鳥や小動物の格好の丈夫な「巣材」に使われているのではないだろうか? そこで幼い嬰児が被曝しながら育てられているのかもしれない。
      
    
 
スライド2  
図1 オオカモメヅル

 
 
 
スライド3 

 図2 上記の植物のオートラジオグラフ

 

 
 
スライド4  
 図3.図2のネガテイブ画像
  
 

 
 表1 オオカモメヅルの放射能
スライド1 
 

2018-04-30 20:27 | カテゴリ:未分類

  少し古い話になるが、2015年にテンナンショウを飯舘村で採取して、押し葉にしようかどうか迷いながら、厚く新聞紙で挟んで上から重しで押し付けて2か月間で10回ばかり新聞紙を替えていたら、そのうちに、実が赤く熟れながら乾燥し、葉は押しが足らずに黄色く枯れてしまった。植物のこういう立体的な部位を平らにして乾燥するのにはいつも苦労する。ふつうはこんなばかげたことをする研究者はいないと思う。原理的にオートラジオグラフは 植物体がIP-プレートに密着しなければ、真の放射線画像は取れないからである。





 
牧のjpegテンナンショウ 
 図1.テンナンショウ (牧野植物図鑑から)
    
        
スライド1 
 
図2. 
テンナンショウ

 
スライド3 

 図3.枯れたテンナンショウのオートラジオグラフ 
 
 
てんなんしょうネガjpeg 
図4.枯れたテンナンショウのオートラジオグラフのネガテイブ画像 
 
 
テンナンショウの実jpeg 
 図5.圧迫して何とか平らにしたテンアンショウノ熟れた赤い実
 

 
jpegテンナンショウの実 
 図6.テンナンショウの実の放射能のネガテイブ画像。白い部分が放射能が濃い。黒い粒粒は種子。
 
     
   
     
表1 テンナンショウの放射能
 の放射能テンナンショjpeg 


 


 


(森敏)
2018-04-24 19:49 | カテゴリ:未分類
   

  昨年浪江町の十万山(じゅうまんやま、標高448.4m)で4月29日に起きた山火事は12日間燃え続け、5月10日午後にようやく鎮火した。焼失面積は50ヘクタール以上。人が立ち入れない区域だけに消火活動も難航した。
 
     この時、福島県やマスコミは、放射能の拡散を危惧する人たちの意見に対して、大したことはないと、風評被害を恐れてか汚染を打ち消すのに躍起だった。我々は、山火事の鎮火後この現場に入ろうとしたのだが、とても入り口から遠くて、日帰りでは危険が伴うので、あきらめた。そのかわりに後日普段採取しているビワの木の葉を採取して、外部付着被ばくがないかどうかを放射線像で確かめてみた。

     山火事当時、役場が開示している浪江町小丸地区のやすらぎ荘にある定点観測地点での空間線量は明らかに若干ではあるが上昇していたので、その近傍の民家のビワの葉を採取したのである。ガイガーカウンターでは、さほどの測定値ではなかったのだが、放射線像では、わずかではあるが外部の放射能付着が明らかであった。

     図2では1番目の新葉が内部被ばくだけれども、2番,3番,4番の3枚の葉はいずれも外部付着を受けており、この間にどこかから飛んできた放射能があったことを示している。実際に放射能濃度は高くなっている。通常は新葉(図1の写真の一番左の葉)のほうが放射能が高いのであるがここではそうなっていない。

 
 
 



 
スライド1 
 
 図1.左から、1,2,3,4番と考えてください。それが表1の1,2,3,4番と対応しています。



 

 
スライド2 

図2.図1の放射線像 一番左の最新葉以外は汚染スポットがその後の雨などの影響で左の2番目の葉からは順次葉の脇に流れているように見られる(2番目は右側端、3番目は中央から左側に向けて、4番目は左側端)
 
スライド3 
 図3.図2のネガテイブ画像





 表1.ビワの葉の放射能。 No.1 の葉は最新葉であり、山火事の当時はまだ出葉していなかったと思われる。
 

 
ビワの葉外部被ばくjpeg 


(森敏)
 

 
 
FC2 Management