2018-07-23 14:45 | カテゴリ:未分類

東京への帰りの切符がJR新大阪発で、出発までまだ2時間も待ち時間があった。久しぶりに関西に出かけてきたので、広い新大阪駅構内をじっくりと探索することにした。

       

食品店や土産物店をぐるぐるとつぶさに見て回って、食堂にも入って早めの食事をしたのだが、いかにも時間がつぶせない。やはりいつものように本屋で最近の新刊書を点検することにした、この本屋ではほとんどの本が立ち読みができるので、原理的にはいくらでも時間がつぶせるのだが、肝心の小生の足腰が弱っているので、歩き回っている分には大丈夫なのだが、立ち止まって5分も読み続けるのは少し辛い。

 

知らなかったのだが近刊の「文学界」という雑誌に村上春樹の短編が3編連載されていた。これを買って、帰りの新幹線の車中で読むべきかどうか大いに迷った。結構分厚いので荷物になる。そこで立ち読みで30分ぐらいで読み切ってしようかと思った。まだ時間は十分にあるので。

 

読み始めたのだが、その時、店員がすぐ横にある所見机に来てなにやらぶつぶつ言いながら仕事をし始めた。これでは落ち着いて読めないので、すぐ読むのをやめた。ラゲージを引きずりながらほかの本棚をじっくりと見学することにした。やたらに多いマンガ本などは、「ゴルゴ13」ぐらいが小生の興味の関の山で、まったくほかのけばけばしいとんがった人物画像が流行のマンガ本に興味がなかったのだが、女性の旅行者が結構マンガ本を漁っていて、一人で数冊買ってラゲージに詰めていた。いまの時代はそんなものなんだ。

 

本棚を見渡していると「人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理」永田和宏 著 というブルーバックスの背表紙が目に飛び込んできた。 「?」である。 短歌の歌人であり生化学が専門の永田和宏教授が鉄の研究もし始めたのだろうか? と驚いて、手にとってめくって見ると、どうやらこの先生は冶金学では著名な「たたら鉄」の専門家であるらしい。同姓同名なんだ。ぱらぱらとめくると絵や写真入りで古来からの世界の鉄の製造法が詳しく紹介されているので、植物鉄栄養の専門家を自負している小生にとってもこれは必読と思って買うことにした。1年前に出てすでに5刷である。隠れたベストセラーなのだろう。さっそくで購入したのだが、新幹線の出発までにはまだ時間があった。

 

さきほどの店員がいなくなっていたようなので、また雑誌「文学界」を横置きのコーナーに行って、また「文学界」を手に取って、今度はあまり熱心に読む気もなくぱらぱらと村上春樹の文章をまさぐっていたら、

 

あなたとセックスしているエクスタシーのときに「ほかの男の人の名前さけぶかもしれないけれど、それでもいい?」とかいう文章が目に飛び込んできた。。。。いつもの春樹の読者を引き込む手法であるな、。。。とつらつら思っていたら、また先ほどの店員が、所見机に戻ってきた。

 

  時々ぶつぶつぶつぶつ言っているのが耳に入るのだが意味不明のつぶやきである。仕事をしているように思えないし、声が気が散って春樹の文章を読む気がしなくなった。買う気もしなくなった。家に帰ってから買うことにした。

 

家に帰って、翌朝(本日)テレビ朝日だったと思うのだが、ぼんやりとヨーグルトをたべながらみていたら、「万引きガードマン」というテーマでAIを用いた監視カメラが、買い物客を装った万引き犯が、その挙動のパターン分析から万引きする可能性のある犯人だろうと予測して、ついに犯行現場を撮影していく過程が放映されていた。

 

万引きによる被害は現在年間4000億円にも上るとのことである。この「AI万引きガードマン」の目的は、万引きを未然に防ぐために、カメラが察知したら、店員が歩み寄って「何かお探しでしょうか?」と声掛けすることによって、万引きを未然に防ぐのが目的だということであった。見ていてこれは素晴らしいAIの応用編の手法だと思った。と、感心したのだが、そこであらためて気が付いたのだ。

 

新大阪駅での本屋の店員のふるまいは、30分以上もうろついている小生を店員が小生のことを「万引き犯」と確信してマークしていたのだと。本屋の立ち読みも犯罪らしいから、店員にマークされていたのは仕方がないだろう。

 

全然気にしていなかったのだが、新大阪駅構内のオープンスペースの本屋さんは、出入りが四方八方なので、監視カメラがないと万引きが頻発しているのではないだろうか。こういうところではそれこそ「AI万引きガードマン」が強力な威力を発揮することだろう。この機器を開発している会社では3年間で日本全国の1万店に導入する需要を見込んでいるということである。私見では、現在のスーパーやコンビニや本屋さんの監視カメラは、瞬く間に「AI万引きガードマン」に置き変わるのではないだろうか。
    
(森敏)

2018-07-20 18:38 | カテゴリ:未分類

A先生「森さん昭和16年(1941)生まれでしょう? 僕もそうなんだ。最近思うんだけど、僕らの世代が戦争の体験記憶を持った最後の世代なんじゃないか? 昭和20年の8月終戦の時に満で3-4歳だったから。それより後の世代は全く戦争が記憶にないはずだ」

 

小生「空襲を覚えてるよ。高知にいたから。真夜中に東の空が真っ赤にいつまでも燃えていたんだ。防空壕から見えたよ。かなり年取って後から調べると7月4日の真夜中未明にB-29の120機以上の編隊による絨毯(じゅうたん)爆撃だったんだ。焼夷弾を1千トン以上落としたということだ。高知市の中心街は火災で灰燼に帰したね。死者400人以上、1万戸以上の家が全焼した。たった一時間で今回の西日本激甚豪雨の死者200名以上の被害だ。僕のところは少し西の旭駅前町というところだったので、からくも助かったんだ。坂本竜馬の家も全焼したとずっと後になって知ったんだ」

 

A先生「僕は鹿児島の実家に居たんだけど、昭和20年の4月ごろから連日のごとく頻繁に米軍の爆撃機が沖縄から飛んできて爆弾を落としていったんだ。このまえ偶然テレビで見たんだ。アメリカ軍の記録フィルムで、丁度僕の町の海岸の上を飛んで上から写真を撮っているのが写っていた。人々が逃げまどっている。あんな風に我々の姿が丸見えだったんだね。あの中に僕もいたのかもしれないと思うと、僕も機銃掃射でやられていたかもしれないと思うと、いまさらながらぞーとしたよ。8月には長崎に原爆が落とされたといううわさを聞いたな。広島原爆のことは知らなかった。歴史的に言っても九州では長崎が中枢だったので情報伝達がはやかったのでもしれないね」

 

小生「僕は広島も長崎も原爆投下の話を聞いたのは、高知から兵庫県の芦屋の小学校に転校してからだ。「原爆の子」という映画を見てからかな? 時代が錯綜しているけれど。高知の片田舎ではそういうことには全く奥手だったんだね」

 

A先生「アメリカのトランプ大統領はとにかく朝鮮で戦争はやりたくないと言っているのは、なんのかんの言われていても彼の判断は賢明だと思うなー。日本政府の世論工作はおかしいよ。北朝鮮の脅威ばかりあおって、自衛隊のミサイル装備を充実すべきだと言ってるけれど、みんなそんなに戦争をやりたいのかね。今の若い人たちにはいったん戦争になったら、みんなどうなるか、想像力があるのかね」

 

小生「ぼくの親父は山本五十六による真珠湾攻撃があった時に、日本国中が歓喜で湧いていたけれど「この戦争は負ける」と直ちに判断して、僕が生まれてから一年後に家族全員を郷里の高知の旭駅前町に引き揚げさせたそうだ。技術屋としてアメリカの物量作戦にいずれ負けると考えたのは当然の判断だったんだね。1歳になったばかりの僕の記憶にはないんだけれど、親父は、1945年までいて終戦直後帰ってきたようだ。そこらへんの引き上げ時の苦労話は残念ながら親父からはいっさい聞いていない。母も小生にはいっさいゃべらずに亡くなったな。そうだ、兄や姉が生きているうちに、彼らが間接的に親父から聞いているかもしれないので、今のうちに聞いておかなくっちゃ、兄姉らも平均寿命が過ぎているのでそろそろ死んじゃうからね」

 

A先生「ぼくの母の兄が終戦後朝鮮から引き揚げて鹿児島の実家に帰ってきたときのことをよーく覚えているよ。駅に迎えに行ったんだ。現地で、理由は言わなかったけれど奥さんに死なれて、小さな女の子を一人連れて軍服軍帽姿で帰ってきたんだ。憔悴しきっていた。みすぼらしい姿だったなー(涙)。戦争は絶対にしちゃいけないよ。僕はボランテイアでやってる子供たちへの授業で、それだけは声を大にしていつも話をしているんだ。これこそが僕ら戦争を知る最後の世代の任務だと思ってるんだ」

   


2018-06-17 07:25 | カテゴリ:未分類


スライド1 
西郷(せご)どん の像 上野公園にて。 正面からの顔は白い鳩の糞だらけなので、斜めから、西日のあたる像を撮影した。出来上がったこの胴像をみて西郷の妻は「夫はこんなんじゃない」といったとか。

      
  NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」を鑑賞した。上野の東京芸術大学大学美術館で「西郷どん」展に、のこのことでかけた。国立大学の催しものだから、無料だと思ったらなんと1500円も取られた。シニア割引もなかった。午後3時半に入館して5時に追い出されたので、十分な鑑賞は出来なかったが、初めて見るものばかりで来てよかったと思った。284個もの展示物があったが詳しくは見きれなかった。

  

NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、非常に興味深いので、初回から欠かさずに見ている。小生は「街道を行く」以外の司馬遼太郎の作品群はほとんど読了している。明治維新の大立役者であるゆえに西郷のことはいろいろの作品の各所に出てくるが、月照との心中事件や、奄美大島や、沖永良部島への島流しに関しては、詳しく述べられていなかったと記憶するので、NHKの創作ドラマや、今回の展示は非常に参考になっている。

 

しかし、生前の西郷が何故万人に愛される「人たらし」になりえたのか、この展示を見た後でも小生にはいまだによくわからない。

 

今回の展示物のなかで、小生が一番ひかれたのは、99番目の展示物で、西郷が沖永良部島に2度目の「島流し」になっていた時に、西郷よりも先に「島ながし」になっていた、藩の漢学者川口雪蓬が畳一畳ばかりの大きさに書いている「春夜洛城聞笛」春夜洛城に笛を聞く)の書体である。小生は普段は日展などでも「書」はよくわからなくて、パスする方だが、今回は違った。文字を目でなぞっていると、なんと自然に小生の体が書の筆跡に従って躍動し始めたのである! 非常に気持ちがよいのだ!わが生涯でこんな経験は初めてだ。帰って調べると、これは李白の詩で、詩吟では有名なんだそうだ。この書を、島流しで心がすさんだ西郷に、川口雪蓬が贈ったのだとか。

 

  • 春夜笛を聞く 
  •         <李白>
  • 誰が家の玉笛か 暗に声を飛ばす
  • 散じて春風に入りて 洛城に満つ
  • 此の夜曲中 折柳を聞く
  • 何人か起こさざらん 故園の情を
  •  

::::::川口雪蓬は「あなたもここに いる以上は島の人ともっと仲良くしなさい。それには島の人の生活をつぶさに見ることです」と言い、「ものすごく大事な本だけど貸してあげるよ」と、一冊の本を西郷に貸してくれたのが『嚶鳴館遺草』でした。そこで初めて、西郷は細井平洲という人の名を知り、遺草に書いてあった「護民官は民の父母でなければいけな い」ということに、目覚めたのです。::::::
とのことである。

http://www.city.tokai.aichi.jp/4582.htm

      

(森敏)

付記1:いまから45年前に日本土壌肥料学会の九州一円をまわる1週間にもわたるエキスカーションのあと、さらに足を延ばして鹿児島港から多分今はない「照国丸」に乗って、種子島や、沖永良部島や与論島に観光で立ち寄ったことがある。沖縄が復帰前だったので、沖縄には上陸できなかった。沖永良部島では素晴らしい白砂の浜にでて、あまりにも太陽が強いので半そでシャツを着て泳いだのだが、それでも一時間も海に平泳ぎで浮かんでいると両肩が日焼けで炎症をおこして、シャツが皮膚とくっついてしまって、はがすときに猛烈に痛かったやけどの記憶がある。
      
残念ながら、「西郷どん」がここに島流しになったことがあるのだという観光案内は全くなかった様に思う。奄美にとって島津は征服者だから、西郷の記念碑なんか建てたくなかったのかもしれない。
 
テレビの「西郷どん」では、西郷が一回目に奄美大島に島流しされていた時に、第二番目の妻とした島の娘である「愛加那(あいかな)」に、離島した後日に簪(かんざし)を贈ったという、簪が映像で紹介されていた。いかにも貧弱な遺産というか西郷の記念品ですね。  
     
付記2:以下は小生の「独断と偏見」です。
    
西郷は強制的な「島流し」という過酷な仕打ちの中で、浮世の雑音を排して読書や自然に接しているうちに、何ゆえに自分がこの世に生を得て今後の人生をどう過ごすべきかを深く「沈思黙考」する時間に浸ることになっただろう。きっとこの「こころの沈殿期間」が西郷の次の明治維新への飛躍を熟成したのだろう。まさにピンチをチャンスに転換させたのだろう、と勝手に解釈した。人間は大きく挫折しないと決して飛躍しないのだ。
    
これを現代に置き換えれば、大病を負って長期病院生活を余儀なくされたり、汚職やスキャンダルなどで投獄されて獄中で冷や飯を食ってきた、経済人や政治家やスポーツ選手がその後の成長を期待できる候補生だろう。むろん逆は必ずしも真ならずだが。
 
付記3:上記展示会は5月26日から7月16日まで開催されている。
      
追記1:本日(6月17日)には、「西郷どん」の放映がある。沖永良部への島流しの場面がどのように展開されるかすこし楽しみだ。
 
追記2:残念ながら6月17日の放映では、西郷どんはまだ沖永良部への島流しにはなっていなかった。6月24日に放映されるのだろう。
 
追記3.7月1日のNHKの「西郷どん」では、沖永良部には「西郷神社」があるという映像が流れた。失礼しました。小生が知らなかっただけなのかもしれない。
 この日の番組でも川口雪蓬が登場した。西郷が島流しの拘束を解かれて、島から離れるときに、川口雪蓬が島の山頂から大きな旗を振って西郷を見送っており、その旗には「革命」という字が書かれていた。川口雪蓬がナポレオンの革命思想を学んでおり、西郷がその影響を少しでも受けたという可能性はあるのかね?そんな話は司馬遼太郎の小節には描かれていなかったと思うのだが。。。。。


  

2018-06-10 11:50 | カテゴリ:未分類

   この間の報道ではシンガポールでの米朝首脳会談に関して、トランプは「最初の1分間で相手を見抜けるので、そこでどうするか直ちに判断する」というようなことが報道されている。

 

1分間は大げさだが、5分間で人物を見抜けなければ、名デイーラーとは言えないだろう。世界がかたずをのんで見守る一大イベントだ。

 

トランプはこの会談に前のめりに大いに乗り気だ。しかし核兵器廃絶に関して過去に3回も裏切られたアメリカや韓国の歴代大統領の轍を踏まないためには、よほどのしたたかなデイールが必要だ。ノーベル賞狙いで変な妥協工作をしたらトランプは転ぶだろう。

     

  朝鮮半島問題ではすでに金大中がノーベル平和賞を受賞している。しかしそれはその後の世界平和への成功例とは決して言えない。だから朝鮮半島問題で二度もノーベル平和賞を発行するほどノーベル委員会も頓馬ではないだろう。トランプにはこの際、私的邪念を捨てて、崇高に事に当たってもらいたい。

      

  金大中のノーベル平和賞受賞に関しては、過去に以下の例が暴露されている。(以下Wikipediaより引用)

「:::::

金大中大統領は:::::朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対しては「太陽政策」と称される緊張緩和政策を志向した。20006月に朝鮮民主主義人民共和国の首都平壌で金正日国防委員長との南北首脳会談が実現し、6.15南北共同宣を締結した。南北首脳会談などが評価されて、ノーベル平和賞を受賞した。これは現時点で韓国人唯一のノーベル賞受賞である。ただ、太陽政策は、当時北朝鮮にいた脱北者からみても、困窮して崩壊直前とされていた北朝鮮を救って継続させた上に、核実験の成功や核兵器保有に繋がったため批判がある。

:::::::

201112月、金大中政権が発足当時からノーベル平和賞受賞のために組織的な「工作」を行っていたことや、北朝鮮に5億ドルを不法送金した内幕、安全企画部による盗聴などをメディアに次々と暴露した元国家情報院職員がアメリカへの政治亡命が認められた。この元職員は機密漏洩の容疑で国家情報院より告発されている。:::::::::

 
 
(森敏)

追記1:トランプはカナダから大西洋経由、ギリシャ空軍基地でのトランジット、の西回りでシンガポールに着いた。が、明らかに時差ボケで不機嫌な様相だ。頭がまだ寝ているだろう。これからの時差調整が大変だ。高齢者は時差調整が容易ではない。ボケた頭ではよいデイールができない。懸念材料だ。(6月11日午前10時記)
 
追記2:本日6月12日のシンガポールでの米朝首脳会談では「北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」に関しては詰めが甘すぎて話にならない。今後に先送りしたのだろうが、非核化のプロセスを早急に詰めないと、内外の世論にトランプは追い詰められるだろう。ノーベル賞なんてありえない。
 
追記3:トランプが米朝首脳会談の後の記者会見で、何度も
米韓共同軍事演習は金の無駄遣いだからいずれやめたい」と断言していたのには、少し感銘した。これには日米の軍拡複合体はあわてただろう。経済合理主義の面目躍如だ。それでいて日本に対しては日頃から「どんどん武器を購入してくれ」とわめいているのが気にくわないが。
 
追記4:以下のように米韓軍事演習を中止すると報道されている(6月15日午前11時)。早朝にネットで流れた別の報道筋では、トランプは「米韓軍事演習を永久に廃止する」と報じられている。事態の急展開に日本の防衛産業とつるんだ人物達(政界、財界、官僚、学者などの軍拡複合体)が、不安に襲われて、なんやかんやと何くそをつけて、慌てふためいている。彼らは憂国の士ぶっているが結局のところ戦争産業で金儲けがしたいだけである。
トランプはアメリカファーストで「国家予算の無駄使いをしたくない」「アメリカの兵士を殺したくない。帰国させたい」という実にシンプルな論理である。
結局外交で首脳同士の信頼関係を構築することが一番安上がりの防衛であるということを、今のトランプは地で行って証明しているのである。
トランプのの任期中の2年間は朝鮮半島が平和であることを期待したい。

8月の米韓軍事演習中止と米報道 トランプ氏意向受け

園田耕司、益満雄一郎=ソウル、鬼原民幸

20186150805

 

トランプ米大統領が北朝鮮との非核化交渉中は米韓合同軍事演習を中止するとの意向を示唆したことを受け、米政府は8月に予定されていた定例の米韓演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」の中止を近く発表する方針を決めた。米CNNが14日、複数の政権幹部の話として伝えた。

 トランプ氏は12日の米朝首脳会談後の記者会見で、米韓合同軍事演習を「戦争ゲーム」と呼び、北朝鮮との非核化交渉が続いている間は「我々は『戦争ゲーム』をやめるつもりだ」と語っていた。

 米国防総省の報道担当者は朝日新聞の取材に、「国防総省は大統領の意向に沿うオプションを提供するためにホワイトハウスと連携して取り組む」と答えた。::::

追記5:以下は日経新聞(6月15日9時57分)の記事です。
 
:::::::ハリス氏は14日の上院外交委員会の公聴会で、北朝鮮情勢について「首脳会談後に状況が劇的に変わった」と指摘した。ハリス氏は米韓演習を継続する重要性を主張してきたが、北朝鮮の非核化への行動を対話を通じて促すため「大規模な軍事演習は一時中止すべきだ」と訴えた。:::::

 

2018-06-08 13:13 | カテゴリ:未分類

シンガポールでの米朝首脳会談について,北朝鮮政府には外貨がなく、ホテルへの滞在費が支払えないのでシンガポール政府に泣きついたら、平和のために少しでも貢献したいと、シンガポール政府はこれを受諾しそうだという。昨日はわざわざシンガポールの外相がピョンヤンに呼ばれて(というより平和のためにならと、シンガポールが自分から滞在資金の保証に出かけてあげたのだと思う。えらいよね!)。ノーベル平和賞受賞団体ICANも協力したいとのことである。

     

米朝の複雑な駆け引き(トランプのデイ―ル外交)の思惑がどうあれ、世界が朝鮮半島の和平を望んであるということがわかる。

    

それにしても、ソ連のお古のおんぼろ飛行機でピョンヤンから直行便で行ったり、ホテルの滞在費をおねだりしたりして、恥も外聞もない外交をせざるを得ないほど、北朝鮮は困窮しきっているということである。本来がプライドの高い民族であるのだが、背に腹は代えられないわけである。

       

しかし世界は北朝鮮がなぜそういう外貨資金の困窮事態になったのかの根本原因を理解すべきだろう。虚勢を張って「アメリカがこちらに顔を向けてくれるために」核やミサイルの開発に国家予算を無駄使いしているからばかりではないのである。

       

もともと共産主義時代には北朝鮮はソ連邦の属国としてバーター貿易(物々交換)で物資のやり取りを共産圏の域内でしていたので現金のやり取りが必要でなかったのだ。つまり外貨なんか必要なかったのだ。域内貿易で自給自足できていたのである。金日成主席の1970年代は、地下資源の豊富なこの国はむしろ韓国よりも繁栄をしていたのである。しかし1989年にソ連邦が崩壊して、共産圏国家が個々に独立し、すべての国家間の貿易が現金決済になってから、それまで全く外貨の蓄積がなかった北朝鮮は、旧共産圏ばかりでなく資本主義圏との売買取引ができなくなったのである。諸外国からの物流が急速に細ったのである。日用品さえ困窮し始めたのである。当然食料が一番困窮しているし、今もしている。

       

  ピョンヤン近郊の400万人の金王朝一族以外は食料困窮の極みにあると思われる。テレビで映像を見る限り、相対的に優遇されていた軍人さえも国境の川の向こう岸では食糧不足で腹ペコのようである。戦争なんかできっこないのである。

     

だから各国の駐在北朝鮮大使館が、偽(にせ)札を大量に発行して外国銀行でマネーロンダリングをして外貨(米ドル)をねつ造したりしてきたのである。最近はそれも監視が厳しくなっているので、外交官の外国出張などには本当に困窮しているのだろう。今回,金正恩が相変わらずの虚勢を張って一泊65万円のホテルへの宿泊を要求しているというのも、どこまでが真実のデマか知らないが、彼らは何かにつけて親切な人にお金を要求することを当たり前のように思うようになっていると思う。「俺たちが貧乏なのはお前たち資本主義圏が俺たちを収奪しつづけているからだ」という特有のマルクス主義の論理で。

         

特に日本政府に対しては「第2次世界大戦でお前たちは何をやったのだ、まだ全く謝罪していないではないか」という恫喝の論理で金日成・金正日・金正恩は一貫している。

    

だから、今回「駆け引き好き」のトランプ大統領の代になってやっとアメリカがこちら(北朝鮮)側に顔を向けてくれて、北朝鮮との首脳会談を受諾してくれたのをきっかけに、金正恩は一気に金正日の「先軍政治」から抜け出して、経済を正常化して国民生活の向上に強力に政治の舵を切り始めたように見える。そうしないと本当に自分自身の政治基盤が危ないのだろう。

     

先日、金正恩が中国の地方都市(どこだか忘れたが)に多人数の北朝鮮の首長を派遣して、農業視察を行わせていた映像がテレビで15秒ほど流れたのだが、「これが小麦です」という中国側の農業技術者の説明に、首長たちがうなずいていたのには少し驚いた。北朝鮮はイネは作っているが、小麦は作っていなくて、主要な食料はトウモロコシ(しかも生産性が高いが、食用としては「まずい」飼料用品種のとうもろこし)なのである。だから首長たちは小麦を知らないのだ。実際庶民はトウモロコシしか食べられていない。ピョンヤン以外ではコメを食べるのは夢のまた夢なのだ。だからトウモロコシにはない必須アミノ酸のトリプトファンなどの欠乏で子供たちはみな背が低い。小生が北朝鮮を訪問した時にはこのことを北朝鮮の人たちもしっかりと認識していた。時々報道で登場する北朝鮮のこどもたちはおしなべて脚が短く背が低いのである。

        

  栄養欠乏で背が低いのは戦後の小生が体験したことでもある。学校給食でアメリカの(バターを取った後の)脱脂粉乳や小麦のコッペパンが提供されから、小生はどんどん背が伸びて朝礼の時は当初小学2年生の頃はクラスの最前列にいたのだが、6年生の頃は列の後ろの方から数えたほうが早い位置にまで背が伸びていったのである。だからいまでも小生は1951年に結ばれたアメリカのMSAによる農産物食料援助には感謝している。芦屋の小学校の同級生たちは「こんなまずいミルク飲めるか!」などと贅沢なことをいっていたのだが、小生は友達の分までがぶがぶ飲んでいたので今があると思っている。。

         

それにしても、拉致問題の解決のために、トランプに安倍がわざわざワシントンにまで懇願に行かなければならないほど、日本政府と北朝鮮政府とは外交ルートの人脈が途絶えてしまっているのだろうか。実にヘタな外交をしてきたものだと思う。現在でも在日朝鮮人は3万人もいる。だからその数倍の親類が北朝鮮にいるだろうに。

           

「ああ分かった、米朝首脳会談では拉致問題は取り上げるよ。その代りに日本はふんだんにアメリカの物資を通した経済援助をしてやれよ」、とトランプには言い含められているのではないか。昨日の 会談後の日米両首脳の記者会見では、トランプ大統領は、横にいる安倍首相の事を、決して「シンゾー」とファーストネームで呼ばなかった、「プライムミニスター・アべ」と冷ややかだった。明らかに距離を置き始めたと思われる。
     
  
トランプの頭は、いかにして今年のノーベル平和賞にちかずくべきかのタクテイックスで、いっぱいなのかもしれない。とちゅうからG7サミットをトンずらして、早めにシンガポールに飛ぶらしいから。(本日午後7時のニュース)

     
 
      
 
(森敏)
FC2 Management