2017-04-21 06:55 | カテゴリ:未分類

先にWINEPブログで、タケニグサに関して論じた。
 
 2016/02/21 : タケニグサ考 (クリックしてください)
 
この時は花がまだ咲いていなかった。最近いろいろな一年生の植物の草花を採取してオートラジオグラフに撮ると、花などの生殖器官他の組織よりも強く汚染している場合が多いことに気づかされている。昨年秋あちこちでタケニグサが抽臺して2メートル以上背丈が高く、非常に目立つので、それを採取してきて、オートラジオグラフに撮った。IP-プレートが長さが40センチしかないので撮像しているのはタケニグサの頂点から40センチの部分である。

 


スライド1 

 図1.開花期のタケニグサ

 
 
  
 
 

スライド2 
 
図2.図1のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像)
 
 
 
 
 
  
 
たけにぐさjpeg再度調整  

図3.図2のネガテイブ画像
 

  
 
 
  
 

     表1.タケニグサの部位別放射能値
スライド1  
 

このように、タケニグサは他の植物と比べて生殖器官が特異的に放射能値が高い。
 
  

(森敏)

2017-04-16 14:09 | カテゴリ:未分類


山菜採りでびっくり、四つ子のフキノトウ発見

20170409 1315(読売新聞)
新しい画像

四つのフキノトウが出た株

   
四つ子のフキノトウ
――

 山菜シーズンが本格化する中、新潟県新発田市のパート従業員の女性(66)が、四つのフキノトウが出た株を見つけた。

 女性は3日、同市上荒沢地区で兄と山菜採りをした。フキノトウを持ち帰って天ぷらにしようとした際に見つけ、「びっくりした」と話す。

 県立植物園(新潟市秋葉区)によると、越冬時の芽に傷がつくなどすると、複数の花序(花の集まり)ができることがあるという。
ーーーーーー

この記事を見て、小生は現地でこれまでフキノトウをよく観察してこなかったことに気付かされた。
フキの新芽も土から発芽して外に出るまでの期間には相当量の積算放射能を放射能汚染土壌から浴びるはずだ。よくみればこの報道にあるような奇形の新芽が、激甚な汚染土壌地ではあちこちで観察されるのかもしれない。今度訪れたらよく調べてみよう。これまでは見れども見えずだったようだ。
     
(森敏)

 

 

2017-04-08 21:36 | カテゴリ:未分類
浪江町で、木に絡まっているつる性の植物を採取した(図1、図3))。押し葉にするとつぼみの部分に放射能を感じたので、オートラジオグラフをとって見た(図2、図4))。皮肉なことに古代の人物の首飾りのような美しさを感じた。
放射能を測定すると、各部位間であまり差が見られず、つぼみ(花)の部分にも結構放射能が集積していた(表1)。


スライド2 
 
 図1.スイカズラ

 
 
スライド2 
 
図2. 図1のオートラジオグラフ

 
 
スライド3 
 図3.図1の拡大図
 

 
 
 
スライド4 
 
 図4.図3に対応する部位の図2の拡大図
 
 
 
    
 
  
   
   表1.図1のスイカズラの部位別放射能濃度
スライド1 
 
 
 
   
  
 
 (森敏)
   
付記1:牧野植物図鑑には、スイカズラ のことを、
冬を忍(しの)いで凋(しぼ)まず、ゆえに 「忍冬」の漢名あり、とある。
  
付記2:東大の皮膚科の教授であった、作家木下杢太郎は、太平洋戦争終戦直前の昭和20年7月ごろに、このスイカズラを写生しているが、この絵に関しては普段かならず付すコメントがない。
激しい東京空襲下でひたすら写生に気を紛らわしていたのではないかと想像する。
   
 
P1290823.jpg 
(『百花譜百選』 木下杢太郎画・前川誠郎編 岩波文庫より)




2017-04-05 08:30 | カテゴリ:未分類
1.

以下のようにわれわれの放射線像がフランスのル・モンド紙に掲載されました。ル・モンドの電子版にはもっと詳しい画像が載っています。

 
rumonndo.jpg 



写真の説明文は:

日本人フォトグラファー加賀谷は2011年から福島第一原発から半径40キロ以内の飯舘村や浪江町を調査している。2011年3月11日に起きた大災害の後、このゾーンは政府の指示により完全に避難区域となっていた。東京大学の生物学者森敏とともに、オートラジオグラフィーと呼ばれる技術を発展させ、現地調査で集めた汚染された植物、動物、様々な日用品から環境中の”目に見えない”放射性物質を可視化している。オートラジオグラフィーは放射線を発する物質から、光学的なプロセスによってその放射線を白と黒で浮かび上がらせる映像技術である。



2.

また、加賀谷雅道カメラマンは現在イギリスでの ”FORMAT国際写真祭” に参加して「放射線像」の展示を行っています。

写真展は次のような日程になっております。
FORMAT international photo festival
www.formatfestival.com
24 March - 23 April 2017
Derby UK

igirisu.jpg 加賀谷氏の作品展示の様子
2017-03-10 08:27 | カテゴリ:未分類

まもなく2011年3月12-20日の福島第一原発事故後6年めとなる。以下の文章は少し硬い論文調ですが、吟味してください。 
       
       

原発事故で帰還困難区域の山林は、住民が入らなくなったので、樹木が間伐されない。なので、荒れ放題である。木々にツタが絡まり、場所によっては特に巨木のマツの枯死や倒木も始まっている。
    
  スギやマツでは「こぶ」(クラウンゴール)ができて、枝が枯れているのが目に付く。これらは原発事故前からもあったのだろうが、被害は拡大しているのではないだろうか(図1、図9)。「
スギこぶ病」は,子のう菌(Nitschkia tuberculifera KUSANO)の一種が引き起こすスギの病害で,これに罹病すると,枝や葉,場合によっては幹に大小のこぶが生じ,樹勢が衰え,枯死にいたることもあるといわれている。

      

  2015年までは、この「スギこぶ」は球状の立体的なものなので(図2、図3)、感光面が平面のIP-プレートでの放射線像の撮像がむつかしいのではないかと思って、小生はあまり採取に熱心ではなかった。しかし、大学に持ち帰って放射能を測定してみると、飯舘村のものや浪江町のものはとてつもない値が出た。表1には浪江町の山林で採取したスギこぶを示している。総じてキログラム当たり15~20万ベクレルを示し、樹皮よりも高い放射能値である。

    

これは放射性プルーム(雲)による被爆当初に、直ちに被爆樹皮から「スギこぶ」に取り込まれた放射能が植物細胞よりもはるかに代謝活性の強い「杉こぶ」の菌体に積極的に取り込まれたからではないかと思われる。また、生体高分子樹脂で「スギこぶ」の表面は子細に入り組んだ凸凹になっており(図3)、いったんそこに入り込んだ放射能は樹脂と結合して抜け出られないものと思われる(図5、図6、図7)。

 

立体的なまま放射線像をとるとスギこぶとIP-プレートが密着していないので、放射線が立体角4πの方向にあちこちに飛んで、ぼけたイメージで感光した(図4)。実際の森林では、この「スギこぶ」からこのように放射線が発散しているわけである。
 
      スギこぶ菌にやられた杉は、結局倒木して、急速にシロアリなどの小動物に食べられて、土壌中に有機物として帰っていく。放射性セシウムも同じ運命をたどり、森林生態系の元素循環の中に繰り込まれていく。

 

スライド3 
図1.「杉こぶ」。枝は枯死し始めている。




 
スライド1 
 
図2.「杉こぶ」。実験室に持ち帰った「杉こぶ」がついた枝。枝はまだ生きている。


 


スギこぶ拡大図jpeg 

図3.図2の一つの「杉こぶ」の拡大図




 
スライド2 
 
図4.図2を立体のままIP-プレートで感光したもの。放射線が四方に飛び交っているので像がぼけている。


スライド1 
図5.「杉こぶ」をのこぎりで2つに切断したものを対称形に開いて並べたもの。撮像するときに角度が少しずれたのだが、右のものを少し右下がりにすると両者が合体するいめーじになる。上のオートラジオグラフが下の杉こぶのサンプルに対応している。

 

 
スライド3 
 
図6.図4の左のサンプルの拡大図 。白い感光していない部分はpith(木髄)





スライド4 
図7.図4の右のサンプルの拡大図。
白い感光していない部分はpith(木髄)


 
 
 



スライド1 

図8.「杉こぶ」の断面解剖図 (文献 J.Jpn.For.Soc. 68(11) '86 からの引用 )


 


スライド2 
 
表1.上のゲルマニウム半導体用の容器(U-8)に入っている「杉こぶ」に対応する放射能の測定値。 
スギこぶ1-1と1-2は半切の対になっているそれぞれ一方の測定値。
スギこぶ2-1と2ー2は半切の対になっているそれぞれ一方の測定値。
スギこぶ3-1,2,3は3個の小さな杉こぶの合量。


    
(森敏)
 
付記1:以下の写真に見るように、飯舘村での激甚な杉こぶ被害の、迫力ある写真は、以前に「中部支援ネットワーク」から小生にも送られてきたことがある。ここに無断で掲載させていただきました。

 
スライド1


図9.飯舘村での被害が激甚な杉の「杉こぶ」。枝の先端のみに葉が茂っている。大方の栄養分を「杉こぶ」に収奪されているのだろう。
 
追記1:以下の図10、図11は図6と図7に対応するネガテイブ画像です。こちらのほうが放射能汚染の度合いがわかりやすいかもしれません(白い部分が放射能の局在部位です)
 
スライド1 
図10.図6のネガテイブ画像。白い部分が放射能汚染部位。白が鮮明なほど汚染が激しいことを意味している。
 
 
スライド2 
図11.図7のネガテイブ画像。白い部分が放射能汚染部位。白が鮮明なほど汚染が激しいことを意味している。

    

FC2 Management