2018-06-17 07:25 | カテゴリ:未分類


スライド1 
西郷(せご)どん の像 上野公園にて。 正面からの顔は白い鳩の糞だらけなので、斜めから、西日のあたる像を撮影した。出来上がったこの胴像をみて西郷の妻は「夫はこんなんじゃない」といったとか。

      
  NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」を鑑賞した。上野の東京芸術大学大学美術館で「西郷どん」展に、のこのことでかけた。国立大学の催しものだから、無料だと思ったらなんと1500円も取られた。シニア割引もなかった。午後3時半に入館して5時に追い出されたので、十分な鑑賞は出来なかったが、初めて見るものばかりで来てよかったと思った。284個もの展示物があったが詳しくは見きれなかった。

  

NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、非常に興味深いので、初回から欠かさずに見ている。小生は「街道を行く」以外の司馬遼太郎の作品群はほとんど読了している。明治維新の大立役者であるゆえに西郷のことはいろいろの作品の各所に出てくるが、月照との心中事件や、奄美大島や、沖永良部島への島流しに関しては、詳しく述べられていなかったと記憶するので、NHKの創作ドラマや、今回の展示は非常に参考になっている。

 

しかし、生前の西郷が何故万人に愛される「人たらし」になりえたのか、この展示を見た後でも小生にはいまだによくわからない。

 

今回の展示物のなかで、小生が一番ひかれたのは、99番目の展示物で、西郷が沖永良部島に2度目の「島流し」になっていた時に、西郷よりも先に「島ながし」になっていた、藩の漢学者川口雪蓬が畳一畳ばかりの大きさに書いている「春夜洛城聞笛」春夜洛城に笛を聞く)の書体である。小生は普段は日展などでも「書」はよくわからなくて、パスする方だが、今回は違った。文字を目でなぞっていると、なんと自然に小生の体が書の筆跡に従って躍動し始めたのである! 非常に気持ちがよいのだ!わが生涯でこんな経験は初めてだ。帰って調べると、これは李白の詩で、詩吟では有名なんだそうだ。この書を、島流しで心がすさんだ西郷に、川口雪蓬が贈ったのだとか。

 

  • 春夜笛を聞く 
  •         <李白>
  • 誰が家の玉笛か 暗に声を飛ばす
  • 散じて春風に入りて 洛城に満つ
  • 此の夜曲中 折柳を聞く
  • 何人か起こさざらん 故園の情を
  •  

::::::川口雪蓬は「あなたもここに いる以上は島の人ともっと仲良くしなさい。それには島の人の生活をつぶさに見ることです」と言い、「ものすごく大事な本だけど貸してあげるよ」と、一冊の本を西郷に貸してくれたのが『嚶鳴館遺草』でした。そこで初めて、西郷は細井平洲という人の名を知り、遺草に書いてあった「護民官は民の父母でなければいけな い」ということに、目覚めたのです。::::::
とのことである。

http://www.city.tokai.aichi.jp/4582.htm

      

(森敏)

付記1:いまから45年前に日本土壌肥料学会の九州一円をまわる1週間にもわたるエキスカーションのあと、さらに足を延ばして鹿児島港から多分今はない「照国丸」に乗って、種子島や、沖永良部島や与論島に観光で立ち寄ったことがある。沖縄が復帰前だったので、沖縄には上陸できなかった。沖永良部島では素晴らしい白砂の浜にでて、あまりにも太陽が強いので半そでシャツを着て泳いだのだが、それでも一時間も海に平泳ぎで浮かんでいると両肩が日焼けで炎症をおこして、シャツが皮膚とくっついてしまって、はがすときに猛烈に痛かったやけどの記憶がある。
      
残念ながら、「西郷どん」がここに島流しになったことがあるのだという観光案内は全くなかった様に思う。奄美にとって島津は征服者だから、西郷の記念碑なんか建てたくなかったのかもしれない。
 
テレビの「西郷どん」では、西郷が一回目に奄美大島に島流しされていた時に、第二番目の妻とした島の娘である「愛加那(あいかな)」に、離島した後日に簪(かんざし)を贈ったという、簪が映像で紹介されていた。いかにも貧弱な遺産というか西郷の記念品ですね。  
     
付記2:以下は小生の「独断と偏見」です。
    
西郷は強制的な「島流し」という過酷な仕打ちの中で、浮世の雑音を排して読書や自然に接しているうちに、何ゆえに自分がこの世に生を得て今後の人生をどう過ごすべきかを深く「沈思黙考」する時間に浸ることになっただろう。きっとこの「こころの沈殿期間」が西郷の次の明治維新への飛躍を熟成したのだろう。まさにピンチをチャンスに転換させたのだろう、と勝手に解釈した。人間は大きく挫折しないと決して飛躍しないのだ。
    
これを現代に置き換えれば、大病を負って長期病院生活を余儀なくされたり、汚職やスキャンダルなどで投獄されて獄中で冷や飯を食ってきた、経済人や政治家やスポーツ選手がその後の成長を期待できる候補生だろう。むろん逆は必ずしも真ならずだが。
 
付記3:上記展示会は5月26日から7月16日まで開催されている。
      
追記1:本日(6月17日)には、「西郷どん」の放映がある。沖永良部への島流しの場面がどのように展開されるかすこし楽しみだ。
 
追記2:残念ながら6月17日の放映では、西郷どんはまだ沖永良部への島流しにはなっていなかった。6月24日に放映されるのだろう。
 
追記3.7月1日のNHKの「西郷どん」では、沖永良部には「西郷神社」があるという映像が流れた。失礼しました。小生が知らなかっただけなのかもしれない。
 この日の番組でも川口雪蓬が登場した。西郷が島流しの拘束を解かれて、島から離れるときに、川口雪蓬が島の山頂から大きな旗を振って西郷を見送っており、その旗には「革命」という字が書かれていた。川口雪蓬がナポレオンの革命思想を学んでおり、西郷がその影響を少しでも受けたという可能性はあるのかね?そんな話は司馬遼太郎の小節には描かれていなかったと思うのだが。。。。。


  

2018-06-10 11:50 | カテゴリ:未分類

   この間の報道ではシンガポールでの米朝首脳会談に関して、トランプは「最初の1分間で相手を見抜けるので、そこでどうするか直ちに判断する」というようなことが報道されている。

 

1分間は大げさだが、5分間で人物を見抜けなければ、名デイーラーとは言えないだろう。世界がかたずをのんで見守る一大イベントだ。

 

トランプはこの会談に前のめりに大いに乗り気だ。しかし核兵器廃絶に関して過去に3回も裏切られたアメリカや韓国の歴代大統領の轍を踏まないためには、よほどのしたたかなデイールが必要だ。ノーベル賞狙いで変な妥協工作をしたらトランプは転ぶだろう。

     

  朝鮮半島問題ではすでに金大中がノーベル平和賞を受賞している。しかしそれはその後の世界平和への成功例とは決して言えない。だから朝鮮半島問題で二度もノーベル平和賞を発行するほどノーベル委員会も頓馬ではないだろう。トランプにはこの際、私的邪念を捨てて、崇高に事に当たってもらいたい。

      

  金大中のノーベル平和賞受賞に関しては、過去に以下の例が暴露されている。(以下Wikipediaより引用)

「:::::

金大中大統領は:::::朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対しては「太陽政策」と称される緊張緩和政策を志向した。20006月に朝鮮民主主義人民共和国の首都平壌で金正日国防委員長との南北首脳会談が実現し、6.15南北共同宣を締結した。南北首脳会談などが評価されて、ノーベル平和賞を受賞した。これは現時点で韓国人唯一のノーベル賞受賞である。ただ、太陽政策は、当時北朝鮮にいた脱北者からみても、困窮して崩壊直前とされていた北朝鮮を救って継続させた上に、核実験の成功や核兵器保有に繋がったため批判がある。

:::::::

201112月、金大中政権が発足当時からノーベル平和賞受賞のために組織的な「工作」を行っていたことや、北朝鮮に5億ドルを不法送金した内幕、安全企画部による盗聴などをメディアに次々と暴露した元国家情報院職員がアメリカへの政治亡命が認められた。この元職員は機密漏洩の容疑で国家情報院より告発されている。:::::::::

 
 
(森敏)

追記1:トランプはカナダから大西洋経由、ギリシャ空軍基地でのトランジット、の西回りでシンガポールに着いた。が、明らかに時差ボケで不機嫌な様相だ。頭がまだ寝ているだろう。これからの時差調整が大変だ。高齢者は時差調整が容易ではない。ボケた頭ではよいデイールができない。懸念材料だ。(6月11日午前10時記)
 
追記2:本日6月12日のシンガポールでの米朝首脳会談では「北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」に関しては詰めが甘すぎて話にならない。今後に先送りしたのだろうが、非核化のプロセスを早急に詰めないと、内外の世論にトランプは追い詰められるだろう。ノーベル賞なんてありえない。
 
追記3:トランプが米朝首脳会談の後の記者会見で、何度も
米韓共同軍事演習は金の無駄遣いだからいずれやめたい」と断言していたのには、少し感銘した。これには日米の軍拡複合体はあわてただろう。経済合理主義の面目躍如だ。それでいて日本に対しては日頃から「どんどん武器を購入してくれ」とわめいているのが気にくわないが。
 
追記4:以下のように米韓軍事演習を中止すると報道されている(6月15日午前11時)。早朝にネットで流れた別の報道筋では、トランプは「米韓軍事演習を永久に廃止する」と報じられている。事態の急展開に日本の防衛産業とつるんだ人物達(政界、財界、官僚、学者などの軍拡複合体)が、不安に襲われて、なんやかんやと何くそをつけて、慌てふためいている。彼らは憂国の士ぶっているが結局のところ戦争産業で金儲けがしたいだけである。
トランプはアメリカファーストで「国家予算の無駄使いをしたくない」「アメリカの兵士を殺したくない。帰国させたい」という実にシンプルな論理である。
結局外交で首脳同士の信頼関係を構築することが一番安上がりの防衛であるということを、今のトランプは地で行って証明しているのである。
トランプのの任期中の2年間は朝鮮半島が平和であることを期待したい。

8月の米韓軍事演習中止と米報道 トランプ氏意向受け

園田耕司、益満雄一郎=ソウル、鬼原民幸

20186150805

 

トランプ米大統領が北朝鮮との非核化交渉中は米韓合同軍事演習を中止するとの意向を示唆したことを受け、米政府は8月に予定されていた定例の米韓演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」の中止を近く発表する方針を決めた。米CNNが14日、複数の政権幹部の話として伝えた。

 トランプ氏は12日の米朝首脳会談後の記者会見で、米韓合同軍事演習を「戦争ゲーム」と呼び、北朝鮮との非核化交渉が続いている間は「我々は『戦争ゲーム』をやめるつもりだ」と語っていた。

 米国防総省の報道担当者は朝日新聞の取材に、「国防総省は大統領の意向に沿うオプションを提供するためにホワイトハウスと連携して取り組む」と答えた。::::

追記5:以下は日経新聞(6月15日9時57分)の記事です。
 
:::::::ハリス氏は14日の上院外交委員会の公聴会で、北朝鮮情勢について「首脳会談後に状況が劇的に変わった」と指摘した。ハリス氏は米韓演習を継続する重要性を主張してきたが、北朝鮮の非核化への行動を対話を通じて促すため「大規模な軍事演習は一時中止すべきだ」と訴えた。:::::

 

2018-06-08 13:13 | カテゴリ:未分類

シンガポールでの米朝首脳会談について,北朝鮮政府には外貨がなく、ホテルへの滞在費が支払えないのでシンガポール政府に泣きついたら、平和のために少しでも貢献したいと、シンガポール政府はこれを受諾しそうだという。昨日はわざわざシンガポールの外相がピョンヤンに呼ばれて(というより平和のためにならと、シンガポールが自分から滞在資金の保証に出かけてあげたのだと思う。えらいよね!)。ノーベル平和賞受賞団体ICANも協力したいとのことである。

     

米朝の複雑な駆け引き(トランプのデイ―ル外交)の思惑がどうあれ、世界が朝鮮半島の和平を望んであるということがわかる。

    

それにしても、ソ連のお古のおんぼろ飛行機でピョンヤンから直行便で行ったり、ホテルの滞在費をおねだりしたりして、恥も外聞もない外交をせざるを得ないほど、北朝鮮は困窮しきっているということである。本来がプライドの高い民族であるのだが、背に腹は代えられないわけである。

       

しかし世界は北朝鮮がなぜそういう外貨資金の困窮事態になったのかの根本原因を理解すべきだろう。虚勢を張って「アメリカがこちらに顔を向けてくれるために」核やミサイルの開発に国家予算を無駄使いしているからばかりではないのである。

       

もともと共産主義時代には北朝鮮はソ連邦の属国としてバーター貿易(物々交換)で物資のやり取りを共産圏の域内でしていたので現金のやり取りが必要でなかったのだ。つまり外貨なんか必要なかったのだ。域内貿易で自給自足できていたのである。金日成主席の1970年代は、地下資源の豊富なこの国はむしろ韓国よりも繁栄をしていたのである。しかし1989年にソ連邦が崩壊して、共産圏国家が個々に独立し、すべての国家間の貿易が現金決済になってから、それまで全く外貨の蓄積がなかった北朝鮮は、旧共産圏ばかりでなく資本主義圏との売買取引ができなくなったのである。諸外国からの物流が急速に細ったのである。日用品さえ困窮し始めたのである。当然食料が一番困窮しているし、今もしている。

       

  ピョンヤン近郊の400万人の金王朝一族以外は食料困窮の極みにあると思われる。テレビで映像を見る限り、相対的に優遇されていた軍人さえも国境の川の向こう岸では食糧不足で腹ペコのようである。戦争なんかできっこないのである。

     

だから各国の駐在北朝鮮大使館が、偽(にせ)札を大量に発行して外国銀行でマネーロンダリングをして外貨(米ドル)をねつ造したりしてきたのである。最近はそれも監視が厳しくなっているので、外交官の外国出張などには本当に困窮しているのだろう。今回,金正恩が相変わらずの虚勢を張って一泊65万円のホテルへの宿泊を要求しているというのも、どこまでが真実のデマか知らないが、彼らは何かにつけて親切な人にお金を要求することを当たり前のように思うようになっていると思う。「俺たちが貧乏なのはお前たち資本主義圏が俺たちを収奪しつづけているからだ」という特有のマルクス主義の論理で。

         

特に日本政府に対しては「第2次世界大戦でお前たちは何をやったのだ、まだ全く謝罪していないではないか」という恫喝の論理で金日成・金正日・金正恩は一貫している。

    

だから、今回「駆け引き好き」のトランプ大統領の代になってやっとアメリカがこちら(北朝鮮)側に顔を向けてくれて、北朝鮮との首脳会談を受諾してくれたのをきっかけに、金正恩は一気に金正日の「先軍政治」から抜け出して、経済を正常化して国民生活の向上に強力に政治の舵を切り始めたように見える。そうしないと本当に自分自身の政治基盤が危ないのだろう。

     

先日、金正恩が中国の地方都市(どこだか忘れたが)に多人数の北朝鮮の首長を派遣して、農業視察を行わせていた映像がテレビで15秒ほど流れたのだが、「これが小麦です」という中国側の農業技術者の説明に、首長たちがうなずいていたのには少し驚いた。北朝鮮はイネは作っているが、小麦は作っていなくて、主要な食料はトウモロコシ(しかも生産性が高いが、食用としては「まずい」飼料用品種のとうもろこし)なのである。だから首長たちは小麦を知らないのだ。実際庶民はトウモロコシしか食べられていない。ピョンヤン以外ではコメを食べるのは夢のまた夢なのだ。だからトウモロコシにはない必須アミノ酸のトリプトファンなどの欠乏で子供たちはみな背が低い。小生が北朝鮮を訪問した時にはこのことを北朝鮮の人たちもしっかりと認識していた。時々報道で登場する北朝鮮のこどもたちはおしなべて脚が短く背が低いのである。

        

  栄養欠乏で背が低いのは戦後の小生が体験したことでもある。学校給食でアメリカの(バターを取った後の)脱脂粉乳や小麦のコッペパンが提供されから、小生はどんどん背が伸びて朝礼の時は当初小学2年生の頃はクラスの最前列にいたのだが、6年生の頃は列の後ろの方から数えたほうが早い位置にまで背が伸びていったのである。だからいまでも小生は1951年に結ばれたアメリカのMSAによる農産物食料援助には感謝している。芦屋の小学校の同級生たちは「こんなまずいミルク飲めるか!」などと贅沢なことをいっていたのだが、小生は友達の分までがぶがぶ飲んでいたので今があると思っている。。

         

それにしても、拉致問題の解決のために、トランプに安倍がわざわざワシントンにまで懇願に行かなければならないほど、日本政府と北朝鮮政府とは外交ルートの人脈が途絶えてしまっているのだろうか。実にヘタな外交をしてきたものだと思う。現在でも在日朝鮮人は3万人もいる。だからその数倍の親類が北朝鮮にいるだろうに。

           

「ああ分かった、米朝首脳会談では拉致問題は取り上げるよ。その代りに日本はふんだんにアメリカの物資を通した経済援助をしてやれよ」、とトランプには言い含められているのではないか。昨日の 会談後の日米両首脳の記者会見では、トランプ大統領は、横にいる安倍首相の事を、決して「シンゾー」とファーストネームで呼ばなかった、「プライムミニスター・アべ」と冷ややかだった。明らかに距離を置き始めたと思われる。
     
  
トランプの頭は、いかにして今年のノーベル平和賞にちかずくべきかのタクテイックスで、いっぱいなのかもしれない。とちゅうからG7サミットをトンずらして、早めにシンガポールに飛ぶらしいから。(本日午後7時のニュース)

     
 
      
 
(森敏)
2018-06-02 11:15 | カテゴリ:未分類
本日(6月2日)早朝のネットのニュースでは
   
         

毎日新聞だけが以下のようにトランプ大統領の 朝鮮戦争終結への 認識を紹介している。
          

日本のほかのマスコミは、朝鮮半島に平和が訪れるのは都合が悪いのか、彼のこの発言を無視している。
  
      
軍産複合体業とつるんだ日本の政財界やマスコミや政治評論家は永久に朝鮮半島が危機であることを望んでいるのだろう。
   
    
防衛庁はイージスアショアの陸上配備に躍起になっているが、そんなもともと性能の低い役にも立たないものはいらないのだ。 アメリカの低性能のお古の兵器ばかり高額で払い下げるのはもうやめようではないか。 
       
防衛予算の毎年の増額のためにはにはずっと朝鮮半島の危機をあおり立てることが必要なんだ。
   
   
文大統領と習主席がシンガポールに飛ぶ時が 「朝鮮半島終結宣言」に4者がサインする シグナルだ。


        

トランプ氏は「北朝鮮は(非核化の)意思を持っている」と述べる一方で「1回の会談ですべてが成し遂げられるとは思わない」と指摘。北朝鮮の非核化への道筋をつけるため、複数回の首脳会談が必要になるとの見通しを示した。12日の会談については「互いを知ることが主目的だ。その場で何かに署名するようなことはないだろう」と説明した。ただ、会談で朝鮮戦争の終結宣言案に合意する可能性について「あり得る。歴史的に非常に重要だ」と語った。(62日毎日新聞ネット二ユース)
     


追記1;その後「ワシントン時事通信」も、トランプの発言を以下のように伝えている。

(金英哲朝鮮労働党副委員長とは)朝鮮戦争の終結についても話し合った。戦争が終結すれば、われわれは北朝鮮の安全についても保証することになり、再び戦争が始まることはない。
   
         

追記2: その後、トランプの「朝鮮戦争の終結」に関しては、直ちに韓国大統領府が反応している。
    

韓国、米朝会談に強い期待を表明 「終戦宣言」に注目

201862 1248

 【ソウル共同】韓国大統領府は2日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談実施を表明したことを受けて「米朝首脳会談に向かう道がさらに広がり、固まったようだ」と強い期待を示すコメントを発表した。

 韓国の聯合ニュースなどは2日、トランプ氏の発言を速報した。聯合は、トランプ氏が朝鮮戦争終結に合意する可能性に言及したことについて「終戦宣言カード」を初めて具体的に示したと注目した。

 韓国では、米朝首脳会談に合わせて文在寅大統領がシンガポール入りし、米朝や韓国の間で終戦宣言を行うのではないかとの見方が出ている。

       
追記3:韓国は「朝鮮戦争終結宣言」に向けて文大統領のシンガポール訪問を企画し始めた。
    
:::::

韓国で特に注目されたのは、朝鮮戦争の「終結に会談で合意する可能性がある」としたトランプ氏の発言だ。文大統領は金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の会談結果を発表した5月27日の記者会見で「米朝会談が成功すれば南北米3者首脳会談を通し、終戦宣言を推進したい」と語った。

 米朝会談に合わせた文氏のシンガポール入りも取り沙汰され、現地に派遣された大統領府職員が文氏の急な訪問に備えた下見を行ったとも伝えられる。一方で、保守層からは具体的中身の伴わない「政治的な終戦宣言」となることを危惧する声も出ている。(産経ニュース 6.2.22時)

 









2018-05-23 14:06 | カテゴリ:未分類

        北朝鮮が豊渓里の核実験施設閉鎖セレモニー取材のための、外国からのマスメデイア視察団に、最初から日本記人記者を締め出したり、直前になって韓国人記者を除いたり、かと思うと本日(523日)は一転して韓国人記者の入国を許可したという、特有のネチネチした嫌がらせをしている。(記事参照 )
     

今回の核実験施設に「放射線線量計を持ち込まないで視察しろ」ということも全く理解できない。放射能漏れはないから機器なんか必要ない、安心しろといったって、科学者ならだれも信じないだろう。「見えないものは見るな」というに等しい。

      

今回現地入りしたメデイアが、核の報道に関して最も必要な「放射線量」という定量的な数値を抜きにして、「地下核実験坑道入り口爆破」の映像のみで定性的な報道することは,核に関してはまさに片手落ちだ。核実験によって現在残存放射線量がどのくらいあるのか、これまでに飛散した放射能で土壌がどれくらい汚染しているのか、などはマスメデイアが伝えなければならない常識だろう。それによって北朝鮮の核開発の過去・現在のいろいろのことが見えてくるはずだからである。

       

北朝鮮はマスメデイアの核に関する素人集団ではなく、最初からIAEA(国際原子力機構)の専門家集団に坑道入り口爆破セレモニーに参加させて、堂々と核査察させればいいのだ。やることが姑息にすぎる。それこそが国際的な信頼を得る絶好の機会だろうに。
                
      ちなみに現在のIAEAの事務局長は日本人の天野之弥氏である。(記事参照)

        
     

 

北朝鮮、韓国記者団取材受け入れ 核実験場廃棄、24日以降か

2018523 1225

 

 【ソウル、北京共同】韓国統一省は23日、北朝鮮が同日、北東部豊渓里の核実験場廃棄を巡り、韓国記者団による取材を認める方針を示したと明らかにした。北朝鮮は気象条件を考慮して23~25日の間に廃棄の式典を行うとしているが、豊渓里までの移動時間なども考慮すると、式典は24日以降になる公算が大きい。

 北朝鮮は当初、米英中ロ4カ国と韓国のメディアに式典を公開するとしていたが、22日まで韓国記者団の名簿受け取りを拒んでいた。態度を一転させた理由は不明。米英中ロの記者らは22日、プレスセンターが設置された東部元山に到着、待機している。

 
        

IAEA 天野事務局長が3選

毎日新聞2017919 0039(最終更新 919 0047)

 【ウィーン三木幸治】国際原子力機関(IAEA)の年次総会が18日、ウィーンで始まり、天野之弥事務局長(70)の3選が承認された。天野氏は日本メディアの取材に応じ、核実験を繰り返す北朝鮮の対応や、イランがウラン濃縮活動の縮小など主要6カ国と結んだ核合意の履行で「具体的な成果を上げたい」と抱負を述べた。任期は4年。

 天野氏は北朝鮮について「(核開発では)『やる』と言ったことを着実に進めており、世界全体にとって重大な脅威」と指摘。8月に北朝鮮の核活動を監視し、将来の査察に備える専門チームを設置したことを明らかにした。衛星などを利用して最新の状況を分析し、職員の訓練や機材の収集、査察計画の更新を実施。政治的な合意があれば「すぐに査察できるように」準備する考えを示した。

 イランの査察を巡っては、各国の思惑に振り回されず、「中立の立場から客観的な報告を行う」と強調。また100カ国以上が原子力の民生利用を検討していることから、原子力安全や核セキュリティーに引き続き力を入れる方針を示した。

 日本への取り組みとしては、東京電力福島第1原発事故や2020年東京五輪における核テロ対策への貢献に意欲をみせた。

  
        


(森敏)
  

追記1:本日(5月25日)トランプ大統領はシンガポールでの米・朝首脳会談の中止をツイッターでなく正式な文書署名で宣言した。
          
追記2:今回のトランプの怒り「米・朝首脳会談中止」は、科学的に公明正大な手法を用いた外交をしないと、すなわち少しでも疑念を持たれる姑息な手法を用いると、せっかくの努力がパーになるという典型である。地下核爆発実験場での坑道入り口の爆破などでは、アメリカはもともと別にメリットがなかった。この爆破でアメリカに向けて2枚目のカードを切ったつもり(1枚目は米兵3名の釈放)、というのは金正恩の誤解で、これで得をしたのは、中国の習近平である。中・朝国境での核実験で放射能が飛んで来なくなり、地震が起きなくなる可能性が高まったからである。最近、金正恩が2度も訪中して命乞いにいったのには習近平は笑いが止まらないだろう。金正恩がかわいくてしかがないだろう。だから国連決議に反した中朝国境からの物資輸送(いつもの中抜け行動)を活発化させたいだろう。それを承知のトランプは、中国への経済制裁を活発化させている(自動車の輸入関税の大幅25%もの大幅なアップは日本を巻き添えにして、日本にとってはいい迷惑だ。“つれしょん”だ)。あくまでトランプの本音はアメリカ本土にとっての脅威である大陸間弾道核ミサイルシステムの廃棄なのだから。

           

追記3:下記の記事にあるように、今回の米・朝首脳会談中止の引き金を引いた(ペンス副大統領を公然と罵倒した)北の金桂寛外務次官は、慌ててトランプに再考するよう媚を打っているが、彼自身の外交の失策ということで金正恩によってどういう形でか予測できないが、彼の「首が飛ぶ」かもしれない。金正恩はそのような自己否定のうえで米朝首脳会談への仕切り直しをするかもしれない。
   
トランプの即断即決のツイッター・デイ―ル外交には北の外交官(ばかりでなく従来の世界のエリート外交官)が従来得意げにふるまってきた「ねちねち外交」の手法が通じないということを強く認識すべきだろう。何しろ彼の積分的ではなく、きわめて微分的な株式取引の発想には世界中が振り回
れているのだから。

    

金正恩にすれば「世界からの経済制裁で、これ以上朝鮮人民の塗炭の苦しみから解放しなければならない」というのが本音だとは思うが、「キム(金)王朝体制の保証」、をどこかで担保してもらいたい。しかしいまだにその保証がトランプから得られていない」ということなのだろう。

    

小生は下記の記事に示すように、2004年に北朝鮮の農業事情を視察した。そこには強烈な監視社会と、食べられる雑草を求めて土手にビニール袋を持ってはいつくばっている女性の姿があったのである。
         

北朝鮮の壮大なる<飢えに耐える>実験

http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-744.html

       

森敏先生が見た北朝鮮の農業・農村:月刊 現代農業:2005年04月号    
              

北朝鮮外務次官「予想外で非常に遺憾」米国に再考促す

ソウル=武田肇 2018525 0842分 朝日新聞

 北朝鮮金桂寛(キムゲグァン)・第1外務次官は25日、トランプ米大統領が6月12日の米朝首脳会談中止を明らかにしたことについて、「予想外であり、非常に遺憾だ」とする談話を発表した。「我々はいつでもどんな方法でも向き合って問題を解決する用意がある」と強調し、事実上、再考を促している。朝鮮中央通信が伝えた。

 トランプ氏が会談中止を明らかにして以降、北朝鮮の初の公式反応。

 金次官は談話で「我々はトランプ大統領が過去のどの大統領もできなかった英断を下し、首脳の出会いを作るために努力したことを内心、高く評価してきた」と言及。「我々の国務委員長(金正恩〈キムジョンウン〉朝鮮労働党委員長)も準備に向けてあらゆる努力を傾けてきた」と強調した。

 金次官は16日、米国側が求めた非核化の方式に不満を示し「一方的に核放棄だけを強要しようとすれば、来たる朝米首脳会談に応じるか再考するほかない」との談話を発表し、トランプ氏が会談に後ろ向きになる転機となった。(ソウル=武田肇
     
                      
追記4: トランプのデイ―ル外交:大暴落株の翌日の小反発とそっくり 
                  

トランプ大統領「6月12日開催ありうる」
       

アメリカのトランプ大統領は先ほど、中止を表明した米朝首脳会談について「6月12日の開催もありうる」と語った。

また、「北朝鮮がやりたがっている。われわれもやりたい。どうなるか様子を見よう。北朝鮮側と今、話している」と述べた。

金桂官第1外務次官が談話を発表し、「トランプ大統領のこれまでの努力を内心ずっと高く評価してきた」「いつでもどのような方法でも向かい合う」などと表明したことを評価しているものとみられる。(5月26日CNNニュース)
    
    

追記5:昨日(5月26日)、38度線上の板門店での北朝鮮側での迎賓館で、予告なしの突然の2度目の南北首脳会談が持たれた。トランプは一昨日文在寅大統領にも予告せずに6月12日予定の米・朝首脳会談を突然中止にした。つい先日のワシントンでの米・韓首脳会談では文在寅の調整能力を彼本人の面前でこれ以上ないぐらい褒め殺ししていたにもかかわらずだ(トランプは基本的にアジア人を蔑視していると思う)。米朝首脳会談に向けての仲介努力を全く無視された文在寅大統領は、全く形無しの立場に追い込まれた。そこで、急遽金正恩に働きかけて、南北首脳会談を、今度は電撃的に板門店の北側迎賓館で開催して、起死回生の巻き返し(突然中止した米中首脳会談の再開)にかかっているわけである。なかなかの策士ですね(韓国側は金が文に急いで南北会談を働きかけたと言っているが)。トランプも米・朝首脳会談に関しては再考し始めているようで。ここらへんは現在進行形の政治のダイナミズムを感じますね。小生は2004年に板門店を北朝鮮側から訪問したことがあるので、事態の進行をずっと注視しています。

FC2 Management