2017-11-18 14:31 | カテゴリ:未分類

捕獲の二ホンジカ 基準超える放射性セシウム検出 長野
    

1118日(土)1145分 産経ニュース

県林務部は17日、富士見町で13日に捕獲された野生のニホンジカから国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。出荷はされていなかった。

 同部などは、同町で捕獲されたニホンジカの肉を当面の間、出荷や販売、自家消費しないよう、野生鳥獣肉加工施設や狩猟者、飲食店などに周知する。

 検出されたのは放射性セシウム134と同137の計160ベクレル(1キロ当たり)。同部によると、この肉を毎日1キロ、1年間食べ続けても健康には影響がないという。


    


        

―――――――――――――


    

付記1:先日長野県北部の「塩の道」を歩いていて、民家の石塀の上に苔が生えていたので採取してきた。ゲルマニウム半導体で測定したところ

Cs-134: 10.4  (ベクレル/kg乾物重)

Cs-137: 121.3  (ベクレル/kg乾物重)

であった。この長野県内の場所は上記の記事の富士見村より約90キロ以上北に位置している。富士見村は東電福島第一原発から290キロも離れている。このように、長野県が福島第一原発の放射能プルームで被ばくしたことはすでに明らかである。

ニホンジカはコケや木の皮(バーク)などを食する。木の皮のリグニンなどの固着した放射能は年月が来て樹皮が剥離落下しないかぎり、いつまでたっても放射能が固着したままなので、無意識にその放射能汚染樹皮を食べるニホンジカもいまだに放射能で筋肉が汚染されているというわけである。長野県庁は、樹木の樹皮の放射能汚染を追跡調査を恒常的に続ける必要があるだろう。もちろん長野県ばかりでなく、群馬県、栃木県、山形県、山梨県、埼玉県、東京都、静岡県、茨城県、千葉県もやるべきである(小生のように旅行先で気まぐれにサンプリングしてやるのではなく)。 この富士見町での知見は多分氷山の一角だと思われます。
  11月15日から始まった ”ジビエ” ブームに水を差すような話ですが。関東一円はまだ要注意かと。 
      

(森敏)

2017-11-11 03:28 | カテゴリ:未分類

  メヒシバは悪条件でも繁殖するたくましい雑草である。オヒシバと比べて根が浅いので容易に引き抜ける(図1)。浪江町の道端で採取したメヒシバを根の土塊をできるかぎり落としてオートラジオグラフを取ると図2、図3となった。放射能を測ると、イネやムギに代表されるようにイネ科は一般的に根から種子へのセシウ放射性セシウムの移行性が低い。つまり種子の比放射能(Bq/kg)がほかの組織よりも低い。ここでは残念ながらいままさに出穂しつつあるメヒシバを採取したものなので、種子ではなく穂しか放射能を測れていない。しかしメヒシバもその例に漏れないと思われる(表1)。
     なお、根にくっついている落ち葉の破片や粘土を全部払い落とすのは至難の技なので、根の測定された放射能値は実際のの数倍になっていると思われる(表1)。
 
スライド1 
図1.メヒシバを根から掘り起こしたもの。わずかに土や腐葉土がついているがこの放射能はむちゃくちゃ高い(表1参照)。詳しく見ると大小茎が5本で、5本の穂が出ている。
   
 

スライド2 
図2.図1のオートラジオグラフ この画像からは穂と葉の放射能汚染度の差がわからない。
    根に少しでも土がついていると、いくら土を叩き落としたつもりでも、植物を画用紙に押し葉固定するときに微細な粘土粒子が画用紙に飛び散ってしまう。それが微細な点々として感光している。地上部(葉、茎、穂)の内部被ばくは根から吸収されたセシウムによることがわかる。すべての葉の中心の葉脈(中肋)が濃く感光している。
    
 
スライド3 
 図3.図2のネガテイブ画像

    

表1.メヒシバの放射能
 
イネ科(みどうてい)jpeg 
 
 


  
  

(森敏)

2017-11-06 11:48 | カテゴリ:未分類

          銀河鉄道の父 門井慶喜著 講談社を9月13日に発売されたことを知って読んだ。この本は一見小説風になっているが、宮沢賢治の父親である「宮沢政次郎の目を通してみた賢治像」という構成になっている。会話調が多いのですらすらと読めた。
  
  小生はこの本を入手する直前には、近所の図書館に「宮沢賢治の真実」修羅を生きた詩人 今野勉著 新潮社 を今年2月に出版されたときに回覧を頼んでいたのだが、偶然順番がまわってきたのでそれを入手して、読み終えたばかりであった。こちらのほうは主として賢治の詩作に関して忠実に文献考証をした、力作の論考で、読むのには少し時間がかかった。

 

35年前の我が家の書斎の壁には、当時花巻の山頂にある宮沢賢治記念館で購入した

『雨ニモマケズ、

風ニモマケズ、

:::』

という、超有名な賢治が病床で手帳に書きつけた詩を拡大コピーしたのをピンで留めていた(確か500円ぐらいだったと思う)。当時はなにかと心に余裕がなく、賢治の、ほかの詩や、童話や、芸術論などは読んでもあまりピンとこなかったのだが、この詩だけはわかりやすく、文学に疎い小生にもすっと理解できたからである。それに、この詩は小学校時代の教科書にも載っていたので懐かしくて記念館で購入したのだった。

 

  その後も、賢治の数多くの詩作や童話に関しては、それこそいろいろな解説本(今ではたぶん全部で2百冊以上!!)が続々と出ていたのだが、あまり読む気がしなかった。およそ「近代詩」というものはきわめて主観的なものなので、作者の個人史的な時代背景説明がないとほとんど理解できないという確信に近いものを今でも持っている。だから今回の著作 「宮沢賢治の真実」修羅を生きた詩人 が、賢治のいくつかの詩作を賢治の保阪嘉内との「同性愛」という視点から執拗に分析し文献考証しているのには新鮮で感嘆した。小生が知らなかっただけなのだろうが。

  

長じて、賢治の詩である「永訣の朝」や「無声慟哭」などが実にインパクトのある詩作だという評判が聞こえてきたので、作詩の背景がずっと気になっていた。実際のところ、この詩の背景にある、妹のトシと賢治の関係はどうなっていたのだろう?

 

ところが、今回上記の二つの本を読んで、賢治とトシの関係が真正面から論じられていることにいささか感動した。トシが結核で死ぬる場面は、立ち会った父母兄弟など家族たちの残した証言集から時系列的といってもよいぐらい上記の2冊ともに詳細に記述されている。
 
  だが、その家族からも見えない賢治とトシの心の内面を、奇しくも二人の著者は想像をたくましくして力を注いで論じている。それがその時賢治が書いた「永訣の朝」や「無声慟哭」の詩の解釈とともに、なかなかの迫力で迫ってくるのである。読んでいて、長年の疑問が少し氷解した。

 

賢治が本格小説ではなく、わかりやすく楽しい「童話」をなぜ書いたのか、という疑問に関しては、愛する妹のトシが結核のために女学校の教師を辞めて、自宅の隔離別棟に長く病床に臥しているときに、一緒に寝泊まりして新作童話を読み聞かせて、その都度批評を仰いだという場面が描かれていて、納得した。賢治は農民にもわかりやすいお話を童話という手法を用いて書いてトシにチェックしてもらうのが楽しくて仕方がなかったのであるそうな。

   
    

(森敏)
 

付記1:賢治の在籍していた現在の岩手大学肥料学教室に、賢治と時代が交錯していないが同じく在籍していた亀井茂技官は、土壌肥料学的な観点からの、賢治研究の大御所ともいえる人物である。彼は正確で緻密な文献考証による多くの「賢治研究」の著作をものにしている。これらの著作をあまり文学者や詩人は賢治研究に引用していないようだ。小生は亀井氏からいつも彼の文献をいただいていたので、賢治のあらゆる発想の根源が土壌肥料学的知見に基づくことを理解していたつもりであった。

 

賢治の個人史に関しては、賢治は盛岡高等農林学校の関豊太郎教授(1927年 日本土壌肥料学会初代会長)の卒論生だったが、関教授の土壌学教室に研究員として残り続けるといずれ助教授になれたかもしれないのだが、きっぱりと研究者への道を断念している。「土壌分類学や土壌の化学分析が実際の農業に役立つと思えないので、大学に残ることに魅力を感じない」という由を父親の政次郎宛に手紙を書いている。しかしドイツ帰りの気鋭の関教授のもとで、短期間ではあるが卒業後も研究生として土壌調査に加わって、正統な学問の本質(エッセンス)をかじったであろうことは、想像に難くない。その時獲得した「現場の風景を天文学・気象学・地質学・腐植や粘土鉱物学的な発想で解釈する」という土壌分類学の研究の方法論は、彼の童話や詩作の骨肉を形成しているといっても過言ではないであろう。こが賢治の作品が通常の詩人や作家と異なる異才を放つゆえんだと思う。(土壌肥料と宮沢賢治2 一関豊太郎と宮澤賢治一 亀井 茂 日本土壌肥料学雑誌 第67巻第2号 p213-220(1996) 参照)

 

付記2:「永訣の朝」の全文は下記のWINEPブログ記事にてもご参照ください。

2016/11/08 : 宮澤賢治の詩と高村光太郎の詩に寄せて

 

2017-10-30 14:00 | カテゴリ:未分類
  浪江町を車を降りてぶらぶら放射線を測りながら道路沿いに歩いていたら、珍しくもハクサイ(白)らしき幼植物が地際に生えていた(図1)。
   
  研究室に持ち帰って、思い切り葉を広げて、押し葉にしてオートラジオグラフを撮像したら、図2、図3のようになった。葉脈の放射線が実にくっきり写っている。これは内部被ばくである。同時に小さな放射能汚染土壌粒子で葉の基部付近が外部被ばくしていることがわかる。これらは風雨などにより、表層の汚染土壌埃が舞い上がり付着したものと思われる。
   
  新葉と旧葉の放射能値の差はあまり見られなかった(表1)。葉に付着した放射能汚染土壌などが、全体的にハクサイの放射能の値を底上げしているのかもしれない。

 

食用栽培野菜のオートラジオグラフを撮像したのはこれが世界でも最初ではないだろうか。野菜でも葉物は水分が95%以上なので、「押し葉」にして脱水乾燥するときに、2日に一回ぐらいの頻度で新聞紙を取り替えないと、すぐに新聞紙にくっついてしまう。いったんこびりつくとはがれにくくなるので、頻回に取り替えなければこのようなきれいな像が取れないのである。



 

 
スライド1 
図1.道端の白菜 
 


 
スライド2 
 
図2.図1のハクサイのオートラジオグラフ
 


 
スライド3 

図3 図2のネガテイブ画像。土塵(ほこり)による汚染が鮮明です。
 
   
  
   
  
表1.白菜の放射能 

 
スライド1  

 
 
 

  
(森敏)

2017-10-24 08:45 | カテゴリ:未分類
以下の直近のNNNの番組は実に秀逸です。
   
小生は立て続けに2回繰り返して見ました。
     
全編涙を禁じ得なかったです。
      
    
2011年3月の東日本大震災の時に被災地への物資支援をした『トモダチ作戦」で、東電福島第一原発のメルトダウンを知らされずに、日本近海太平洋沖で放射能プルームの真っ只中を迷走した
    
「原子力空母ドナルドレーガン」の当時の船内の迫真の状況や、
      
当時放射能被ばくした多くの兵士のその後の壮絶な体調変化や、  
   
彼らがついに東京電力を訴える裁判に至る過程が、
    
原告兵士たちへのインタビューで迫力をもって紹介されています。
     

http://www.dailymotion.com/video/x63roud
   
   

是非ご覧ください。
    
    
 
(森敏)


付記:この映画を見れば、福島での原発周辺市町村での、人および野生生物への放射能による大量初期被曝が、その後の自然生態系に及ぼしているであろう影響を、普通の生物学研究者なら容易に想像することができます。 今、現地に入ってもなかなかその激甚な変化は見えませんから、一見過去に何事もなかったように思われるでしょうが。
FC2 Management