2017-02-14 16:27 | カテゴリ:未分類
野鳥の会・法政大学人間環境学部共催のシンポジウム開催予告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンポジウム 福島の生きものは今 ―現在、そして、これからを考える

 

東日本大震災から約6年。巨大地震と大津波に端を発した原発事故に
 
よって、福島の自然及び社会には大きな影響が出ました。
記録映像、現地で調査を行なっている研究者や福島在住の方の報告に
基づき、それぞれの視点から今後について考えるシンポジウム「福島
の生きものは今
現在、そして、これからを考える」を34()
に開催します。
 ---------------------------------------------------------------
日 時:201734() 10:0017:30 (9:30開場)

 会 場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート校舎 G402教室
 
定 員:300
 
参加費:無料
 
申込み:不要
 主 催:(公財)日本野鳥の会・法政大学人間環境学部
 ---------------------------------------------------------------

 
 <
プログラム>
 10
時~

・映画上映
 
「福島の生きものの記録 シリーズ4 ~生命~」岩崎雅典(群像舎)
 
・トークショー
 
岩崎雅典(群像舎)×遠藤孝一(日本野鳥の会)

 

13時~
 
・研究報告
 
「放射線の性質と生物にとっての特徴」
      石田健(東京大学)
 
「野鳥の個体群レベルの保全と放射線 ―ウグイスを例に」
   石田健(東京大学)
 
「ツバメとカラ類への放射性物質の蓄積」
   山本裕(日本野鳥の会)
 
「放射能汚染地域の魚は健康なのだろうか?」鈴木譲(東京大学名誉教授)
 
「福島県の小型哺乳類における放射性セシウム蓄積の実態と生息環境」
 
山田文雄(森林総合研究所)
 
「フクロウの繁殖に与える放射能の影響」
    西海功(国立科学博物館)

 

15時30分~
 
・福島からの現状報告
「失われていく里山、伝統」 稲葉修(南相馬市立博物館)
 
「寸断された地域の絆、つながり」 松村直登(NPO法人 がんばる福島)
 
「失われた自然体験の場を取り戻す」
      弦間一郎((公財)ふくしまフォレ
                                           スト・エコ・ライフ財団)

 

16時30分~
 
・パネルディスカッション 「福島のこれからを考える」
 
<モデレーター> 高田雅之(法政大学)
 
<パネリスト> 石田健、稲葉修、弦間一郎、松村直登、山本裕

 
会場では、放射線像・写真展も開催します。
  [協力:写真家 加賀谷雅道、東京大学名誉教授 森敏]

 
<お問合わせ>
 (
公財)日本野鳥の会自然保護室
           TEL03-5436-2633 E-mailhogo@wbsj.org

 
<シンポジウム情報ページ>

 http://www.wbsj.org/activity/event/symposium-current-fukushima/

 
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

スライド1 
 
 

 
 
スライド2
 

  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
(森敏)

付記:
会場では我々の撮像した「放射線像」も15枚ばかりごらんいただけます。

2017-02-01 20:21 | カテゴリ:未分類

        稀勢の里が優勝した先場所の、まだ場所が途中での実況放送番組のときに、稀勢の里の稽古場での映像紹介があった。稀勢の里が中腰のすり足で交互に手を突き出しながら前に進む姿が映っていた。その横で田子の浦親方へのNHKアナウンサーのインタビューがあった。

「今場所稀勢の里が簡単に負けないようになった理由はなんだと思われますか」

「股関節を鍛えたからです」

という応答であった。

 

笑い話だが、これを見た後、小生は自宅の床の上で、稀勢の里がやっている同じ動作で前に進んでみた。そして、「これは効く!」と瞬時に納得した。ゆっくりやってみると、この姿勢での運動は非常に辛いが、小生の劣化してこきこきという股関節と、げそげそに衰えた尻の筋肉(大腿筋や大腿四頭筋)を鍛えるのに、非常に効果があるように思われた。現在下半身の筋肉が痙攣したりしびれたりするので、今後はこの運動も取り入れようと思った。

 

稀勢の里の横綱昇進には先代親方である元横綱隆の里の竹刀で叩く薫陶が大なるモノがあるだろうが、マスコミ的にはあまり目立たない現田子の浦親方の科学的トレーニングが非常に良かったのだろうと勝手ながら思ったことである。

  
   
(森敏)

付記:この記事を書いた次の日の東京新聞の「スポーツひととき」という囲み記事に田子の浦親方(現役時代のしこ名は「隆の鶴」)のことが「新横綱見守る名脇役」として紹介され、その中に以下の記載があった。

:::::
現役時代の隆の鶴は、生来足の親指に激痛が出る病を抱えていた。両足の親指を切断、痛い箇所の神経を取り除き、指を再びつなぎ合わせる大手術を克服して、休場、出場、陥落を繰り返しながら、5場所だけながら幕内で相撲を取った苦労人だ。
:::::::
   
まことに宜(むべ)なるかな。
2017-01-21 22:11 | カテゴリ:未分類
以下安倍首相の施政方針演説の教育支援の部分の抜粋です。
相変わらず総花的だが、この部分は素人目には官僚の作文としてはよくかけていると思う。
予算的裏付けがあって実現すれば一歩前進であることは間違いない。


ーーーーーー以下抜粋ーーーーー

(希望出生率一・八)
 一億総活躍の最も根源的な課題は、人口減少問題に立ち向かうこと。五十年後も人口一億人を維持することであります。長年放置されてきた、この課題への挑戦をスタートします。
 「希望出生率一・八」の実現を目指します。
 一人でも多くの若者たちの、結婚や出産の希望を叶えてあげたい。
 所得の低い若者たちには、新婚生活への経済的支援を行います。不妊治療への支援を拡充します。産前産後期間の年金保険料を免除し、出産の負担を軽減します。妊娠から出産、子育てまで、様々な不安の相談に応じる「子育て世代包括支援センター」を、全国に展開してまいります。
 仕事をしながら子育てできる。そういう社会にしなければなりません。
 病児保育の充実など、子ども・子育て支援を強化します。目標を上積みし、平成二十九年度末までに合計で五十万人分の保育の受け皿を整備してまいります。返還免除型の奨学金の拡充、再就職準備金などの支援を行い、九万人の保育士を確保します。「待機児童ゼロ」を必ず実現してまいります。
 大家族による支え合いを応援します。二世帯住宅の建設を支援します。URの賃貸住宅では「近居割」を五%から二十%へと拡大します。新しい住生活基本計画を策定し、三世代の同居や近居に対する支援に本格的に取り組んでまいります。
 子どもたちの未来が、家庭の経済事情によって左右されるようなことがあってはなりません。
 ひとり親家庭への支援を拡充します。所得の低い世帯には児童扶養手当の加算を倍増し、第二子は月一万円、第三子以降は月六千円を支給します。
 幼児教育無償化の実現に一歩一歩進んでまいります。所得の低い世帯については、兄弟姉妹の年齢に関係なく、第二子は半額、第三子以降は無償にします。
 高校生への奨学給付金を拡充します。本年採用する大学進学予定者から、卒業後の所得に応じて返還額が変わる、新たな奨学金制度がスタートします。希望すれば、誰もが、高校にも、専修学校、大学にも進学できる環境を整えます。
 いじめや発達障害など様々な事情で不登校となっている子どもたちも、自信を持って学んでいける環境を整えます。フリースクールの子どもたちへの支援に初めて踏み込みます。子どもたち一人ひとりの個性を大切にする教育再生を進めてまいります。
 日本の未来。それは、子どもたちであります。子どもたちの誰もが、頑張れば、大きな夢を紡いでいくことができる。そうした社会を、皆さん、共に創り上げていこうではありませんか。
 
ーーーーー 
  
付け加えておくと、残念ながら子ども達や青少年に夢をどう与えるかが完全に欠落している。

未来への人材育成のための投資を叫ぶなら、安倍首相は素朴に謙虚にノーベル賞学者ともっと頻繁に交流した方が良いんではないか。これまでの彼の発言からは、「科学とはなんぞや、技術とはなんぞや」を学んだ形跡が全く感じられないからである。
 
話は少しそれるが
今回の施政方針演説では、エネルギー問題、原発再稼働問題から完全に逃げている。今国会の争点にしたくない姿勢がありありだ。 残念ながらマスコミも、彼の隠ぺい戦略に引っかかっている。 原発問題では、安倍首相は、よく勉強した小泉純一郎元首相からも謙虚に学んだ方がいい。小泉の呼びかけに対しては、無視し続けているようだが。



(喜憂)
追記:東京都の小池知事は本日(1月26日)の都の新年度予算案の記者会見で
上記の保育士問題や授業料無償化などで、国に先行して新基軸を打ち出している。7月の都議選に対しての対策でもあるのだが、なかなかはしっこいと思う。
2017-01-18 12:39 | カテゴリ:未分類

  我が家は2週間に一度ぐらい大量の「きんぴらごぼう」を作る。繊維質による胃腸の襞(ひだ)の間の掃除のためというつもりである。

      

  無意識に買ってきたごぼうをいつものようにピーラーで細切りにしようとしたら、なんと双子のごぼうであることが分かった。 

      

  これは、タンポポの茎の帯化と同じく、根で発生した一種の帯化現象であると思われる。
  
  このゴボウは青森県産と記されていた。放射能か、農薬か、物理的刺激かなど、帯化の原因は不明である。よく洗って、土を落として、きんぴらをつくって、気にせずおいしく食べましたが。
           
      
 
スライド1 
 
図1. 双子のゴボウ
 
スライド2

 
図2.双子のゴボウの横断面図

  
       


 
( 森敏)

付記:植物の帯化(たいか)現象について、過去のブログをご参照ください。

  2014/09/20 :
巨大イチゴと巨大タンポポは同じ機作の変異であると思われる
2016-11-04 17:25 | カテゴリ:未分類
PB040063ゴッホ収穫 
ゴッホ作「収穫」
   
DSC02179 ゴッホのマグカップ 

「収穫」をラベルした、ゴッホとゴーギャン展の記念のマグカップ

         

前回の東京都美術館での「若冲展」は見逃した。暇ができたので上野公園に出かけたのだが、都美術館前は長蛇の列で、入館には5時間待ちだということであったのであきらめたのであった。

    

今回「ゴッホとゴーギャン展」のキップが手に入った。長蛇に並びたくないので今回は朝飯もそこそこ勇躍早朝に出かけた。東京都美術館には午前9時に着いたのだがすでに3名のご婦人たちが門前に並んでいた。すぐに続々と人々が集まって来て、小耳に挟むと山梨から昨晩発の夜行バスで来られた方もいるようであった。マニアがいるもんですね。9時半に開門したのだが、案内にしたがって歩いていると前の3名はキップを持っていなかったので、彼女らは切符売り場に行った。なので、なんと!結局小生が一番最初の展示会場への入場者だった。こんなことは人生で初めての経験だ。完全に自分のペースで名画を鑑賞することができた。久しぶりの至福の時間だった。

    

会場にはゴッホの絵が27点、ゴーギャンの絵が18点あった。その間に他の有名画家の絵がちりばめられて絵が増量(?)されていたのが少し煩わしかった。

    

ゴッホの絵は数点を外国や日本の美術館のどこかで実物を見たことがあるが、ゴーギャンは全部実物を初めて見るものだった。ここでは絵が傷むからという理由で照明を絞っているので、ゴーギャンの絵はたぶん白日の下で見る絵よりも独特の「赤色」がくすんでに見えたのではないかと思う。実に残念だ。

 

ゴッホで小生が一番気に入った絵は『収穫』という、遠近法だが遠くの人物の細部までしっかりかかれている明るい田園風景である。ゴッホがまだ精神を病む前の絵である。絵の教科書にも載っていたと思うのだが実物はさすがにすばらしいと思った。

 

ゴッホは病状が進行してくるとテンペラ画になって細部を描かなくなってくる反面、幻覚の脳内画像をそのまま描く、揺らいだ筆のタッチになっていく。それはそれで面白いのだが、いつまでも近くに置いておきたくなる絵ではない。ゴッホの自画像を含めた諸々の人物画については小生にはあまり興味をそそるものがなかった。その後、両耳切断ピストル自殺に至る。

 

一方、ゴッホと一時同居して画業を競い合ったというゴーギャンに関しては、ゴーギャン自身の自画像がとても迫力があった。理知的で自信に満ちた自画像である。絵画について確たる理論を持っていたのだろうと想像した。二人は絵画論を熱心に議論しあって、お互いに大いに刺激を受けたが、結局けんか別れしたということである。両雄並び立たずということなんですね。しかしこのケンケンがくがくの議論について詳細な内容が二人の手紙や書簡で後世に残されていないらしいのは残念である(すくなくともこの展示会では紹介されていなかった)。

 

帰りにA5版の大きさの「収穫」の絵のコピーとその絵はがきと、この絵が貼り付けてあるマグカップを買った。本ブログの冒頭に掲載したように、いずれも会場の本物の実物とは雲泥の差のコピーだが、仕方がない。早速コーヒーを入れてカップの絵を見ながらこのブログを書いている。

     

(森敏)
追記::精神が病んだ画家としては最近文化勲章を受章した草間彌生がいる。彼女については以前に述べたことがある。彼女の絵はゴッホをはるかに超越していると思う。
     2014/02/01 : 絵画展雑感


FC2 Management