2017-05-06 07:05 | カテゴリ:未分類

  昨年の春、浪江町の竹藪でタケノコ(まだけ:真竹)を採取して、オートラジオグラフを撮りました(図1、図2、図3)

  皮の重なりが少ない底辺部分は可食部の節目が放射能が高く、透けて写っていることがわかります。

  皮を一枚ずつめくって、いくつかまとめて測定しました。食べる肉質の部分も測りました(表1)。

  皮は下から上に向かって高くなっている傾向があることがわかります。

  可食部肉質の部分もまだ結構高いです。

  これらの放射性セシウムはタケノコの根部に蓄えらえた放射性セシウムが春になって新芽であるタケノコに転流しているか、5年たってすでに倒れたタケノコの樹や葉が腐食し始めたりしてセシウムが溶け出してきて、それをタケノコの根から吸収した結果と思われます。

これらの結果はすでに以前に以下に論文にしたものと同じです。
   
  

Radioactive cesium distribution in bamboo [Phyllostachys reticulata(Rupr) K. Koch] shoots after the TEPCO Fukushima DaiichiNuclear Power Plant disaster

Hiromi NAKANISHI, Houdo TANAKA, Kouki TAKEDA, Keitaro TANOI,

Atsushi HIROSE, Seiji NAGASAKA, Takashi YAMAKAWA and Satoshi MORI

Soil Science and Plant Nutrition (2014) 60, 801-808

 

 



 
スライド1 
 
 
 
 
スライド2 
図2.図1のオートラジオグラフ 皮の部分が少し汚染土塊をくっつけている。

 
 
スライド3 
図3.図2のネガティブ画像。上部の細かな点々は産毛の放射能が高いためと思われる。
タケノコはここから水分が蒸散しており、セシウムが濃縮されているのかもしれない。
早朝に竹やぶでタケノコを観察すればここに案外水滴がたまっているのかも。

 
   
  
 
 表1.真竹の放射能 (:Bq/kg乾物重)

真竹jpeg


  

(森敏)

付記:以下の以前のWINEPブログ記事もご参照ください。

2017-04-01 16:28 | カテゴリ:未分類
以下は転載です。
   

被曝上限20 倍化。国会で「障防法」改正へ
2017年4月1日 福島再生支援東海ネットワーク 事務局
  

年20ミリシーベルト帰還方針は、明らかな犯罪行為である。
   


このことを、このクニの野党はまったく言わない、抵抗もしない。
   
一般人の放射線による被曝上限は、年1ミリシーベルトと法律で決められている。
年1ミリといえば、1時間当たりではほぼ0.1マイクロシーベルトである。これを政府は屋内・屋
外被曝と分け、屋内は低いからという理由で0.23マイクロシーベルトとするが、これには確た
る根拠はなく、実測しても屋内外が同じ、もしくは屋内の方が高い、という例はいくつもある。
だから、上限は0.1マイクロシーベルトとみなすべきである。
この法律を「放射線障害防止法(障防法)」と言い、年1ミリを守らずに一般人に危険を及ぼせ
ば、10年の懲役である。明快である。
  
ここは既に法治国家ではない。いまや名実ともに無法国家である。
   
法治国家であれば、政府と行政の責任者は直ちに逮捕され、起訴・裁判を経て、刑務所に収監
されなければならないからだ。
野党もすでに本来の野党や反対勢力では有り得ない。この無法を許すのなら、彼等もまた共犯
者にほかならない。

年1ミリシーベルトという被曝ですら、それは安全を保証する基準ではない。このことはそれを
決めたICRP(国際放射線防護委員会)自身が認めていることである。
法律を20倍も侵犯し、人間を含む全生命とその持続を否定するという支配意志。
初期の高濃度被曝に加えて年20ミリシーベルトの追加被曝に住民を強制的に追い込んでいくこ
のクニの政府。
彼等は累積被曝100ミリシーベルトまで安全、などと云うが、年20ミリシーベルトが5年たてば、
それを越えてしまう。

国法と現行政策の20倍もの乖離。

この絶対矛盾を、日本政府とICRP& IAEAは「放射線障害防止法」自体の改作で乗り切ろうとす
るであろう。

その動きはすでに「放射線審議会」の諮問機関から政策提言機関への権限強化、1ミリ→20ミリ
への規制基準の「緩和」として始まっている。
支配者の念頭に、「民のいのち」などはない。
民の強い意志表示で、これを止めなくてはならない。

2017-02-17 08:06 | カテゴリ:未分類

民家の庭先にショウブとハスを混食しているプラスチックバットがおいてあった。きっと避難している家主は水生植物の愛好家だったのだろう。これまでも溜め池などでは、岸から離れているハスなどの水生植物を採取するのが少しややこしかったので、このプラスチック箱の中から紫色の2本を茎の部分から上を失敬した。葉は全面的に水につかっていた(図1

       

新聞紙で乾燥するとさらに紫色が強くなった(図2)。研究室に持ち帰ってガイガーカウンターを当てると1600 cpmと、とてつもなく高い値を示した。以下の動画を見てください。
 https://vimeo.com/190422228 

         
  それをオートグラフに取ったのが図3(ポジテイブ画像)と図4(ネガテイブ画像)である。ハスの葉脈が子細にくっきりと浮かび上がっているのがわかる。
    
  この植物体を葉と茎にわけて放射能測定したものが表1である。茎と葉は共に、Cs-134 と Cs-137の合量で数十万ベクレルとべらぼうな値であることがわかる。


スライド4 
 図1.民家の庭に放置されたハスを育てているプラスチックバット
 
 
 
スライド1 
 
 図2. ハスをサンプリングして押し葉にしたらこんな紫色になった。

 
 
 
 
スライド2 
 
 
 
 
 図3.図2のオートラジオグラフ
スライド3 
 

 図4.図3のネガテイブ画像



 
表1.ハスの放射能
スライド2 
 

なぜこんなに高いのだろうか? 以下に若干考察してみた。

       

第一にこの地域に降り注いだ総放射線量がべらぼうに高かったであろう。今でも空間線量は8マイクロシーベルト付近である。しかしそれ以外に、第二に、原発事故以来このプラスチックの箱に降り注いだ放射能は箱の外には逃げないで箱のなかに留まったままであるはずだ。土壌は箱の底に数センチである。いつも土壌表面は水で空気から遮断されているので還元状態にある。たぶんそういう環境下ではセシウムは土壌への吸着が進みにくく、いわば箱の中で放射性セシウムは水の中でリサイクルし続けていると思われる。冬になって葉が枯れて腐ると、微生物菌体のコロイド状になり、そのコロイド状の有機性セシウムは、また次の春になると無機セシウムイオンとして遊離されてハスの根からばかりでなく葉からも再吸収されるわけである。

     

フキノトウなどでは、淡水状態で出てくるフキノトウと陸生のフキノトウでは前者の方が遙かにセシウム汚染が強いことがすでに明らかにされている。これは淡水状態では水につかっている地上部分からも容易に放射性セシウムが吸収されるからである。

      

水稲の場合も、水を張った出穂期に森林で汚染した沢水がかかると、容易に茎からセシウムを吸収して、お米の放射性セシウム含量がたかまるので、要注意なのである。小生自身が実験したわけではないが、カリウムを農水省が定める基準値量(25mgK2O/100g土壌)以上施肥していてもこの経茎吸収は押さえられないと思われる。

      

たかがハス、されどハス。 原発事故後ほぼ6年になるが、放射能汚染地での自然観察で学ぶことはまだまだ多いのである。

  
   
(森敏・加賀谷雅道)

     
 
 
 
 

2016-12-08 14:14 | カテゴリ:未分類
  小生は年のせいで(:今年末から後期高齢者なかまに突入した)、放射能汚染現地調査の途中では、結構頻繁に水分を補給している。そうしないと、足の筋肉への血流が悪くなるためか、時々足がしびれるからである。だから、必然的に頻繁に尿意をもようすので、自動車を降りて道ばたから少し林内に入って、尾籠(びろう)な話で恐縮だが、立ちションベンをする羽目になる。そのときは、必然的にあたりの植生をじっと眺めることになる。もちろんかなりの放射能を浴びながら。そういうときにも結構あたらしい発見がある。
  
     
       飯舘村の 「あいの沢」 は、本来はキャンプ場であったのだが、いまは人っ子一人いない。昨年夏にここでやっと除染作業が行われた。除染といっても道路と道の両側の20メートル幅の山林の下草や土を深さ15センチばかりをとりのぞくのだから、どうしても地下茎で連なっている一部のシダ類などは、のぞき切れていない所がある。そこまで徹底的にやると作業に時間がかかって、だから除染作業員の労賃がかかるので、しかたがないからだろう。一応地表面が毎時0.23マイクロシーベルトにまで低下することを目指しているようではあるが。
  
  昨年の春、例によって小便をすべく林内に入った。数メートル入った林の中の空間線量は毎時4.5マイクロシーベルトであった。そこでは芽を出し始めたばかりの丈の低いワラビが群生していた。
      
  ワラビのいくつかを根から切り取って研究室に持ち帰って、ガイガーカウンターで測定してみると、意外に葉のベータ放射線量が高いので、それをオートラジオグラフに取ってみた(図2)。また、組織を各部位にわけて放射能を測定した(表1)。
 

 
スライド4 
 
 図1.春先の若いワラビの写真

 
スライド5 
図2.図1の若いワラビのオートラジオグラフ
   
 
 


  表1 ワラビの各部位の放射能(ベクレル/Kg乾物重)
 ワラビjpeg  



       図2で定性的に,表1で定量的に明らかなように、シダも未展開葉では若干放射性セシウム含量が高い。しかし、次の図3のように葉が全面展開したものでは、図4、図5で見るように、枝の最先端の葉は少し他より放射能が高いようだが(図5のネガテイブ画像で特に理解されると思う)、比較的放射能は全葉に均一に分布しているように見える。また、一見、左側の茎のみの部分が強く感光しているように見えるが、これは茎が葉に比べて数倍の厚みがあるので、放射能が重なって感光しているためである。


  
 
スライド1 
 図3.浪江町で採取したシダ
 
スライド2 
 
 図4.図3のシダのオートラジオグラフ ポジ画像
 
 
スライド3 
 図5.図3のートラジオグラフ。ネガ画像
 
 
  
地下茎の多年生のシダ類(ワラビはシダ類の一種)はタケノコと同じように地下系が土壌の表層直下数センチあたりを縦横にうねっていて、根がそのあたりまでに大部分が集積している「土壌の可給態の放射能」を吸収して地下系を通じてあちこちの新芽に直ちに分配輸送されるので、いつまでも地上部の放射能が高く推移する可能性が高いのである。


  

 
(森敏)
 
付記1:タケノコについては以下のブログを参照ください。
 
 2016/05/20 :
まだタケノコは要警戒: 給食のタケノコご飯から基準超のセシウム

 
付記2:シダ類の同定には 「フィールド版 写真でわかるシダ図鑑  池田怜伸 著」 トンボ出版 を参考にした。


 
 
 
  
2016-09-07 12:25 | カテゴリ:未分類
 スライド1 
図1.蛇のように茎が太くのたうつアザミの茎
  




   

スライド2 
 図2.指で挟んでいるこの茎の先端にはつぼみが6つくっついている。
 
 

   

 
 スライド3

図3.根は意外と浅く簡単に土壌から引き抜けた。手前は小生の右足の靴。近くの他のアザミに比べて草丈は低く少し「倭化」しているように思われる。   

          

    
  関東の野山はアザミの最盛期である。散歩がてら観察していくと、実に奇妙なアザミを見つけた。まるで2,3匹のヘビが鎌首をもたげているようなのである(図1)。茎の根元が非常に太く、よく数えてみると茎の頭の先端が寸詰まりで、そこに蕾や花が、1つ、2つ、3つ、4つ、6つなどとついている。基本は3つの蕾のようである。明らかに帯化奇形である。
茎が伸びるにしたがって、分枝の位置が寸図まりになって行って、ついに蕾や花が集合した集合花になっている(図2)。

        

「アザミ」研究の権威である国立科学博物館の名誉研究員・理学博士・門田裕一氏の分類(https://www.kahaku.go.jp/research/db/botany/azami/search_word.html)を逐一検討したら、このアザミによく似たものにエチゼンオニアザミがあった。門田氏によれば、頭が2つばかり合体したアザミは珍しくはないということである。だから門田氏の分類の基準には、茎の先端の集合花の合体の数などは問題にしていないようである。

      

しかし福島原発事故以来、関東の帯化タンポポをこの5年間ずっと観察してきた小生の視点からいうと、このアザミの集合蕾(花)を持つ形質はいずれ進化的に固定して、新種になって行くのではないかと思われる。現在アザミの遺伝子については、どこまで読まれているのかわからないが、帯化に関する遺伝子(fas)はおそらく劣性ホモ遺伝子で、それが環境によって、変異を起こして、表現型が帯化として顕在化したものと思われるのである。

     

小生が見つけた変異種はすでに平均3つの集合花をつけるようになっているので、もし6つ以上の花をつけているアザミを見つけたら、小生が2014年に一番最初にこのようなアザミ株を見つけた場所である軽井沢の雲場池湖畔

2014/09/08 : 「6頭」の奇形アザミを見つけた

にちなんで「カルイザワアザミ」と名命し(門田氏によれば最初に見つけた場所で命名しているようなので)、俗称「クニコアザミ」と呼んでください。むろん牧野富太郎の「スエコザサ」にちなんだものです。自意識過剰老人の恥も外聞もないきざな話で恐縮です。

 

       

(森敏)

付記1: これまで観察してきた「帯化タンポポ」の場合は2頭のもの以外は、蕾が集合して合体して集合花になってしまっているものが大部分です。

タンポポの多様な奇形花房発見!! :植物に対する放射線の影響(II)
   

付記2:よく知られているようにいろいろな品種のケイトウ(鶏頭)の花は帯化遺伝子の変異が固定したものです。劣性ホモのfas遺伝子の対立遺伝子が二つとも欠失したか二つとも変異したものが園芸品種として選抜されたものです。

     

付記3: わが郷里高知の敬愛する牧野富太郎博士は積年の苦労を掛けた妻「寿衛子」にちなんで新しく発見した笹の品種を(スエコザサ)と命名しました。
     
付記4:門田氏が分類したアザミの中で唯一「コイブキアザミ」の蕾が、画像で判別する限り3頭の集合蕾になっているのですが、門田氏はそのような特徴に関して特段に言及をしていません。あきらかにfas遺伝子の変異種だと思われます。
  
付記5: fas遺伝子とは、この遺伝子が変異すると茎の 帯化(たいか:fasciation) を誘起する遺伝子のことです。
 
付記:
図4.図2の採取地点から10kmはなれた別の場所で採取した6頭アザミの写真です。うまく全貌の写真が取れないのですが、大輪の裏側に小さな2頭のつぼみが隠れています。
6頭のタンポポプレゼンテーション1

  


FC2 Management