WINEPブログ内で「 葉 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2017-10-05 06:31 | カテゴリ:未分類

   昨年の春、浪江町昼曽根で、運転手が大事を取って居眠りしている間に、そこら辺をぶらぶらしていると、灌木にまつわりついている、小さないばらのつる性植物をみつけた。小さな花器の花びらが散って、実が付いて太りかけていたので、切りとってきた(図1)。ニガイチゴというのだそうである
 
  
花器に強く放射能が濃縮していることがわかる(図3,4、5、表1)。これまでの経験から総じて植物のいろいろな組織の中では、花器部分にセシウムは濃縮する傾向が顕著である。このことは先日の日本土壌肥料学会で、ニガイチゴの例も含めてポスターで発表しておいた。

  

     

ニガイチゴ1

  図1 ニガイチゴ




    
ニガイチゴ1kakudaizu jpeg
   
   図2.ニガイチゴの拡大図
 
 
 
ニガイチゴ3 
 図3. 図1のオートラジオグラフ(ポジテイブ像)

 





     
    

 ニガイチゴ4

  
図4. 図3のネガテイブ画像。
 
 
スライド2 


 

 図5。図3の部分拡大図(図2に対応)のオートラジオグラフ






表1.ニガイチゴの放射能
  

 ニガイチゴ5


 

(森敏)

付記1:植物の同定には(株)アスコットの若林芳樹社長のお世話になりました。
 
付記2:花器などの生殖器へのセシウムの集積に関しては、先日の日本土壌肥料学会でまとめて発表しました。その時のポスター発表(P-8-1-17)の講演要旨は以下の通りです。


放射性セシウムは花器に濃縮される

森敏・加賀谷雅道2・広瀬農3・小林奈津通子3・田野井啓太朗3・中西啓仁

NPOWINEP 写真家 東大農・アイソトープ施設 東大院・農学生命科学)

 

2011年3月11日の東電福島第一原発事故以降、ほぼ毎月汚染が強い避難困難区域に現地入りして、6年間にわたって様々な植物を採取して、放射能汚染のオートラジオグラフを撮像してきた。1986年のチェリノブイリ原発事故でもX線フィルム(当時はBASがなかった)撮像は実に希少である。BASが使える現在でも世界の植物学者はチェリノブイリでの植物の撮像に興味がないのか報告が少ない。したがってわれわれは今回の福島原発事故の場合は経年的に様々な植物のBAS撮像数をこなして、福島で起こっている固有の植物生態系汚染の傾向をつかむことを目指している。その結果、落葉樹では落葉によって葉が入れ替わることにより、新葉の放射能については2012年以降は激減した。しかし幹や枝の部分には当初の原発由来のホットパーテイクルがずっと残留したままであるので新葉の放射能の一部は、経根吸収分ばかりでなく幹や枝の樹皮部分からの転流分が含まれている可能性を否定できないでいる。一方、一年生の双子葉植物は2011年当初からも下位葉が風雨時の土ぼこりによる外部汚染を受け続けている。しかし内部被ばくは土壌放射能由来のものに限定されてきており、放射性セシウムの土壌への固着が進行しているので、植物体地上部全体としての放射線量は急激に減少している。これまでは地上部と地下部に分けるとか,新葉と旧葉にわけて、放射能分布を比較していたが、2015年秋からは、秋になって花が咲いて種子ができている植物を採取して、そのまま放射線像として撮像する作業を始めた。その結果意外なことに花器として、あるいは種子そのものとして、放射能が高い濃度で検出されることが改めて分かってきた。タケニグサ、ハナタデ、スイカズラ、ホウセンカ、イラクサ、ノジギク、ヒノキ、マツ、ナギナタコウジュ、ドクダミ、コセンダングサ、タンポポ、ツクシなどについて放射線像を報告する。

 

2017-08-15 11:29 | カテゴリ:未分類

   

ガラケー携帯電話の着信音が鳴らなくなった。これでは仕事に差し支えるので、DoCoMoショップに行くと、「電池はあるが、音声を出す内部回路が壊れている」というご託宣だった。1か月前に、携帯用充電器と、どこかに無くした充電用電源をこのDoCoMoショップで購入したばかりだったのに。「もうこのガラケー型は在庫がない」という常套手段の業者の策略にはまって、仕方なく「ガラホ」というやつを買わされた。これでDoCoMoで買わされた携帯電話は4つ目である。「ガラホ」からはメールなどの機能を全部取っ払って電話だけにしてもらったつもりなのだが、購入してイロイロいじっていると、まだいっぱい機能がONにされていたのでそれらも全部OFFにした。待機電力浪費による電池の持ちが心配だったからである。
    
  ただし、歩数計が内蔵されていたのでこれだけはONにして「ガラホ」の画面に出しておいた。この「ガラホ」をジーパンのポケットに入れて時々覗くのだが、コンピューターに向かって座学ばかりやっていると一向に歩数が進まないことを改めて確認した。最近減量のためになにかと努力をしていたつもりだったのだが、いっこうに下腹の筋肉のタブタブがへっこまない。テレビの健康番組によるとコンピューターの合間に息抜きに食べる「甘いもの」が体重が落ちない諸悪の根源なのだ。

     

  体重が落ちないとどういうことになるかというと、必然的に腰痛の危険性が高まる。小生は若いときから腰痛の常習犯だったのだが、最近はとみに脊柱の椎間盤ばかりでなく、大たい骨の骨盤の付け根や、ひざのお皿のあたりに鬱屈感の自覚症状がある。時々杖を使うと歩行が楽になるのは困ったものだ。急速にあちこちの関節の老化が進んでいることを実感している。実は去る5月上旬に、奇形タンポポの現地調査を一人でしていて、カメラで撮影しようとして、斜めの姿勢になったとたんに、右脚の付け根がギクッとして、激痛でその場で倒れてしまった。偶然通りがかった車いすのおじいさんに携帯電話で救急車を呼んでもらって、病院に運ばれたのだった。

     

  8月の上旬はむちゃくちゃ東京が暑くなりそうだったので、某旅行社のクラブツーリズムをあらかじめ予約しておいた。それに参加して長野県の某所に1週間滞在した。ところが、この、周辺を2000メートル級の山に囲まれた場所は、滞在中はほとんど東京と同じ気温で、がっかりだった。長野県は軽井沢以外は夏でも気温が高いのだということをすっかり忘れていたのだ。それでも空気は何となくきれいだったので、毎日ホテルからバスで遠方に出るツアー企画には参加せずに、毎日ホテルの周辺を2-3時間散歩して減量に努めた。長時間のバスによる上下振動はとても腰痛には悪いのだ。

  散歩道の途中にあった登山用具の専門店で登山者用の伸縮自在の雪山用の杖を売っていたのでそれを衝動買いして、それを突いて歩いたら、なかなか快適だった。それでも山道をゆっくり3時間歩いて6000歩も歩数を稼げない。そこで、ホテルでは室内でテレビや時々コンピューターに向かいながら足踏みを繰り返して毎日13000歩までをこなした。昔、腰のベルトに着ける歩数計は感度が悪くて激しく歩かないと、ときどき歩数を数えてくれなかったのだが、この「ガラホ」の歩数計はなかなか感度がよろしいようで、ゆっくり歩いても歩数を数えてくれるのが気に入った。だから13000歩も歩いたといっても、昔の歩数計では10000歩ぐらいのものだろう。しかし、少しの振動でもサクサクと数えてくれるのは、努力のしがいがあるようでなかなか気分が良かった。

 

  滞在したホテルには塩水温泉があり、露天風呂もあったので、そこで毎日一時間以上入ったり出たりしながら過ごした。露天風呂はホテルのまわりの芝生や、水田のあぜ道の雑草を刈っていたようでその枯草のにおいが緩やかな冷気とともに流れ込んできてなかなか良かった。青葉アルコールの匂いだろう。心地よいかったるい気分で裸でベンチで眠りこけそうになった。湯上りに体重を測ると確実に減量していた。(7日間の滞在で1.5kg減量したことが分かった。)

 

  しかし、ホテルで階段を上がるときに何となく、普段よりも両足がだるいと感じた。その原因を考えてみた。よく言われるように、減量のために糖質摂取を減らす場合は、その分だけタンパク質を多く摂取しなければならない。そうしないと自分の筋肉たんぱく質が分解して、アミノ酸になりそれから「グルタミン酸やアラニンなどを通じてTCAサイクルを回してATPを生産する」という非能率なエネルギー生産代謝に切り替わるので「筋力が低下する」。

 

  だから、ホテルに滞在中は減量のためにパンやご飯や大好きなケーキなどの糖質を控えて、その一方で極力「肉」を多く摂取することを心掛けたのだった。ところが、このホテルはツアー代金が安いだけあってか、朝夕のバイキングに牛肉が一片も出なかったのには驚いた。山菜など野菜類の品ぞろえはとても豊富なのだが、肉といえば鶏肉か豚肉か一切れの魚肉である。いくら頑張っても一日平均で必要量といわれている80gのたんぱく質を摂れたかどうかも怪しいと思った。

 

  東京に帰ってきても、今のところ「ガラホ」の歩数計で一日13000歩をキープしている。歩数が足りないと就寝前に30分以上の足踏み動作を繰り返してしなくてはならない。普段から脊柱管狭窄で足裏がざらざらしているのが足踏みすると一層熱を持ってくるので不快である。体重は確実に減ってきたが、なかなか今の減量レベルを恒常的に維持するのはむつかしいものだと実感している。これは我が人生で数回目の減量への挑戦である。
  
(森敏)
付記:上記の旅行中にホテルのロビーで読んだ朝日新聞の文化欄に、経済アナリストの森永卓郎さん(独協大学教授)が 肉食考(3)として「知恵使えば 安くおいしく」という随筆を書いていた。

:::平日は仕事場に泊まり込んで自炊しているんですが、穀物をバンバン食べていた時代には,一週間(5日分)の食費が約1000円でした。今は、肉、魚、豆腐や葉物野菜を主に食べていますが、それでも1200円ぐらいですんでいる。工夫さえすれば、一日三食約250円で、肉は十分に食べられます。:::

 

そのあとに森永さんが実際に倹約した買い物の技法が縷々開示されております。 上記はちょっと信じがたい食費の額ですが、いつかテレビで見た最近の彼の裸体は筋力を落とさないでダイエットに成功しているように見えます。実践経済学者の面目躍如ですね。

 
追記:本日朝7時半ごろテレビで見た森永さんのソファーへのすわり姿は、黒いベストを着ているのであまり判然としなかったのだが、おなかが少しだぶりバラのようであり、顔がふっくらしており、体重がリバウンドしているように見受けられた。テレビなんかに出ると、たぶん外食になるだろうから、節制はなかなかむつかしいだろう。



2017-08-09 23:37 | カテゴリ:未分類
  根が付いたまま木の幼植物を引き抜くのは容易ではないのだが、知らない植物が生えていたのを丁寧に引き抜いてみた。当然土がついているので、その部分の放射能は高いと思われた。案の定オートラジオグラフを撮像してみると、根に付着した土や腐植などで根が強く感光した。
 

しかし、植物体を葉と茎と根にばらして各部位の放射能を測定すると、意外にもいずれも同じ程度の放射能を示した。そこで新ためてオートラジオグラフを詳しく見ると、この植物の地上部では葉や幹が外部被ばくしている。内部被ばくよりも外部被ばくの放射能寄与のほうがあまりにも大きすぎて、実際のセシウムの内部被ばく量が隠されてしまっていると考えられた。
 

この植物は苦労して丁寧に土が飛び散らないように根ごと掘り取ったつもりなのだが、地上部が土でコンタミしたのかもしれない。それでもよく見ると葉脈が根から吸収した内部被ばく放射能で強く感光していることがわかる。



  
  
 
 
スライド1 
 
 図1.青タゴの幼植物
    
   
   
 
スライド2 
 
 図2.図1のオートラジオグラフ。根の強く感光している部分は大部分が放射能汚染土壌と放射能汚染して落葉した枯れ葉などの腐植化しつつある残渣である。絡みついて根から離しがたいので、この青タゴはこれらから放射性セシウムを積極的に摂取していたと考えられる。
   
  

  

 
 
スライド3 
図3.図2のネガテイブ画像
 


  

   
 表1.青タゴの放射能
 
アオタゴ(コバノトネリコ)の放射能jpeg 
 
 
 
(森敏)
付記:牧野植物図鑑によると青タゴ(こばのとねりこ)(Fraxinus longicuspis Sieb.et Zucc)は
「この植物の枝を載り、水に浸せばその水青色となる、ゆえに青タゴの一名あり。タゴとはトネリコのことなり」とある。
2017-07-29 09:06 | カテゴリ:未分類

  浪江町を車を転がしていると、若い、葉が特徴的な植物が生えていたので採取してきました。 葉の先端部が屹立して、葉が対生で、葉の切れ込み(ノコギリ葉)が荒い感じがあるので、この植物はヒヨドリバナ(キク科ヒヨドリバナ属)と同定しました(株式会社アスコットの若林芳樹さんのご協力を得ました)。今回は珍しくも植物の下位が土埃の放射能による汚染がありませんでした。ほとんどが放射性セシウムの経根による内部被ばくです。発芽してここまで成長するまでの短期間にはげしい雨風に見舞われなかったのだと思われます。土壌が放射能汚染されていなかったわけではないことはこの植物体が高い放射能を有していること(表1)から明らかですが、図2、図3の左から2番目の茎の根元が少し土をつけており、強く被爆していることからも明らかです。

    
       

ヒヨドリバナ画像jpeg 


図1.ヒヨドリバナの押し葉。押し葉時に葉が重なるのは避けがたい。 

    
          





ヒヨドリバナ 
 
 
 図2.図1の放射線像。

  
         
       

 
ヒヨドリバナ (2) 
図3.図2のネガテイブ 画像
 
     
      
         
ヒヨドリバナjpeg  

   
      
    
    
 
(森敏)
2017-07-15 06:28 | カテゴリ:未分類
ヒノキの完全に内部被ばくの妖しくも美しい放射線画像が取れました。

  
  
 スライド1 
 図1.新しいヒノキの枝。上位の葉に粒粒の雌果ができつつある
 
 
    
 スライド2
図2.図1の左上の枝の先端部の葉の拡大図。ヒノキの雌果が形成されつつある。こちらのほうの写真は1か月かけてオートラジオグラフを撮像した後なので、その間に葉の緑色が失われているのだが雌果は剥がれ落ちていない。
      

スライド1 
 
 図3.図1のオートラジオグラフ。すべての雌果が強く内部被ばくしている。
 
 

 
 
スライド2 
 
 図4.図3のネガテイブ画像
 
 
  
  
 
 表1.図1に対応する部位のヒノキの放射能 雌果は葉の約8倍の内部被ばくである。
 
ヒノキの新葉の雌果jpeg 
 
 
   
  
    
 



 
(森敏)
FC2 Management