2017-09-19 15:33 | カテゴリ:未分類



東日本大震災 福島第一原発事故 避難解除区域、65歳以上49% 9市町村、震災前の倍
毎日新聞2017年9月9日 東京朝刊

  

避難解除区域の高齢化率

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が今春までに解除された区域で、居住者のうち65歳以上が占める高齢化率は、7~8月現在で50%近くに達していることが福島県内9市町村への取材で分かった。放射線への不安を抱えたり、生活基盤が避難先に根付いたりして若年層の帰還が進まず、高齢化率は事故前の2倍近くになった。人口も1割未満となり、世帯の小規模化も進み、地域社会の長期的な存続が危ぶまれる事態に直面している。 解除区域に帰還、転入するなどした計2970世帯5951人に対し、65歳以上の居住者は2929人で、49・2%を占めた。事故前の2010年の国勢調査では、9市町村全域で27・4%。国立社会保障・人口問題研究所が推計する65年の日本の高齢化率(38・4%)を上回る状況だ。

 最高は川内村の71・3%で、最も低い楢葉町でも37%だった。同村など3町村は、15年の国勢調査で高齢化率が実質的に全国最高だった群馬県南牧村の60・5%を上回った。解除区域の居住者は事故直前の住民登録者数(6万人強)の1割未満となっている。

 世帯の分離も進んでいる。1世帯の平均人数は2人で、都道府県で最も少ない東京都の2・02人(15年国勢調査)並みだ。10年の国勢調査では、9市町村全域で3・04人だった。

 南相馬市の担当者は「単身者の孤独死や老老介護が増える」と懸念。医療・介護施設の再開は一部にとどまっており「働き手がいない」と漏らす。葛尾村は消防団員94人のうち帰還したのは5人前後。村の担当者は「火災で出動が難しくなることもあり得る。若い世代が少なければ組織の維持にも支障をきたす」と話す。

 避難自治体の復興計画策定に携わった立命館大の丹波史紀准教授(社会福祉論)は「原発被災地は少子高齢化が進む将来の日本の姿。介護や防災など自治体内で解決できない課題は、市町村の垣根を越え広域で連携する必要がある」と指摘する。【土江洋範、宮崎稔樹】 
  

          
 来年開校のこども園と小中一貫校PR 保護者への飯舘村教委

飯舘村教委は9日、2018(平成30)年4月に村内で開校する認定こども園と小中一貫校に関する保護者説明会を福島市飯野町の飯舘中仮設校舎で開き、魅力をアピールした。
 10月に行う最終就学意向調査前の最後の説明会で保護者約50人が参加した。村教委職員が教育内容や子育て支援策などを説明した。7月から8月にかけて実施した就学意向調査で「就学する」または「迷っている」と回答した90人の現住地を基にした13ルートのスクールバス運行案を初めて示した。通学方法や少人数での授業に不安を持つ保護者の個別相談にも応じた。
 現在、川俣町に住む20代女性は「子どもの良い点を見つける教育方針に魅力を感じた」と感想を語った。同町に移転している、やまゆり保育所に長女(2つ)、長男(1つ)を預けており、「保育所への信頼もあるので、村内の認定こども園に預けることも考えたい」と話した。
 就学意向調査では回答者408人のうち52人(13%)が「就学する」、38人(9%)が「迷っている」、318人(78%)が「就学しない」と答えた。
 新学校に関する問い合わせは村教委 電話0244(42)1631へ。

2017/09/10 10:57 福島民報

 


2017-08-15 11:29 | カテゴリ:未分類

   

ガラケー携帯電話の着信音が鳴らなくなった。これでは仕事に差し支えるので、DoCoMoショップに行くと、「電池はあるが、音声を出す内部回路が壊れている」というご託宣だった。1か月前に、携帯用充電器と、どこかに無くした充電用電源をこのDoCoMoショップで購入したばかりだったのに。「もうこのガラケー型は在庫がない」という常套手段の業者の策略にはまって、仕方なく「ガラホ」というやつを買わされた。これでDoCoMoで買わされた携帯電話は4つ目である。「ガラホ」からはメールなどの機能を全部取っ払って電話だけにしてもらったつもりなのだが、購入してイロイロいじっていると、まだいっぱい機能がONにされていたのでそれらも全部OFFにした。待機電力浪費による電池の持ちが心配だったからである。
    
  ただし、歩数計が内蔵されていたのでこれだけはONにして「ガラホ」の画面に出しておいた。この「ガラホ」をジーパンのポケットに入れて時々覗くのだが、コンピューターに向かって座学ばかりやっていると一向に歩数が進まないことを改めて確認した。最近減量のためになにかと努力をしていたつもりだったのだが、いっこうに下腹の筋肉のタブタブがへっこまない。テレビの健康番組によるとコンピューターの合間に息抜きに食べる「甘いもの」が体重が落ちない諸悪の根源なのだ。

     

  体重が落ちないとどういうことになるかというと、必然的に腰痛の危険性が高まる。小生は若いときから腰痛の常習犯だったのだが、最近はとみに脊柱の椎間盤ばかりでなく、大たい骨の骨盤の付け根や、ひざのお皿のあたりに鬱屈感の自覚症状がある。時々杖を使うと歩行が楽になるのは困ったものだ。急速にあちこちの関節の老化が進んでいることを実感している。実は去る5月上旬に、奇形タンポポの現地調査を一人でしていて、カメラで撮影しようとして、斜めの姿勢になったとたんに、右脚の付け根がギクッとして、激痛でその場で倒れてしまった。偶然通りがかった車いすのおじいさんに携帯電話で救急車を呼んでもらって、病院に運ばれたのだった。

     

  8月の上旬はむちゃくちゃ東京が暑くなりそうだったので、某旅行社のクラブツーリズムをあらかじめ予約しておいた。それに参加して長野県の某所に1週間滞在した。ところが、この、周辺を2000メートル級の山に囲まれた場所は、滞在中はほとんど東京と同じ気温で、がっかりだった。長野県は軽井沢以外は夏でも気温が高いのだということをすっかり忘れていたのだ。それでも空気は何となくきれいだったので、毎日ホテルからバスで遠方に出るツアー企画には参加せずに、毎日ホテルの周辺を2-3時間散歩して減量に努めた。長時間のバスによる上下振動はとても腰痛には悪いのだ。

  散歩道の途中にあった登山用具の専門店で登山者用の伸縮自在の雪山用の杖を売っていたのでそれを衝動買いして、それを突いて歩いたら、なかなか快適だった。それでも山道をゆっくり3時間歩いて6000歩も歩数を稼げない。そこで、ホテルでは室内でテレビや時々コンピューターに向かいながら足踏みを繰り返して毎日13000歩までをこなした。昔、腰のベルトに着ける歩数計は感度が悪くて激しく歩かないと、ときどき歩数を数えてくれなかったのだが、この「ガラホ」の歩数計はなかなか感度がよろしいようで、ゆっくり歩いても歩数を数えてくれるのが気に入った。だから13000歩も歩いたといっても、昔の歩数計では10000歩ぐらいのものだろう。しかし、少しの振動でもサクサクと数えてくれるのは、努力のしがいがあるようでなかなか気分が良かった。

 

  滞在したホテルには塩水温泉があり、露天風呂もあったので、そこで毎日一時間以上入ったり出たりしながら過ごした。露天風呂はホテルのまわりの芝生や、水田のあぜ道の雑草を刈っていたようでその枯草のにおいが緩やかな冷気とともに流れ込んできてなかなか良かった。青葉アルコールの匂いだろう。心地よいかったるい気分で裸でベンチで眠りこけそうになった。湯上りに体重を測ると確実に減量していた。(7日間の滞在で1.5kg減量したことが分かった。)

 

  しかし、ホテルで階段を上がるときに何となく、普段よりも両足がだるいと感じた。その原因を考えてみた。よく言われるように、減量のために糖質摂取を減らす場合は、その分だけタンパク質を多く摂取しなければならない。そうしないと自分の筋肉たんぱく質が分解して、アミノ酸になりそれから「グルタミン酸やアラニンなどを通じてTCAサイクルを回してATPを生産する」という非能率なエネルギー生産代謝に切り替わるので「筋力が低下する」。

 

  だから、ホテルに滞在中は減量のためにパンやご飯や大好きなケーキなどの糖質を控えて、その一方で極力「肉」を多く摂取することを心掛けたのだった。ところが、このホテルはツアー代金が安いだけあってか、朝夕のバイキングに牛肉が一片も出なかったのには驚いた。山菜など野菜類の品ぞろえはとても豊富なのだが、肉といえば鶏肉か豚肉か一切れの魚肉である。いくら頑張っても一日平均で必要量といわれている80gのたんぱく質を摂れたかどうかも怪しいと思った。

 

  東京に帰ってきても、今のところ「ガラホ」の歩数計で一日13000歩をキープしている。歩数が足りないと就寝前に30分以上の足踏み動作を繰り返してしなくてはならない。普段から脊柱管狭窄で足裏がざらざらしているのが足踏みすると一層熱を持ってくるので不快である。体重は確実に減ってきたが、なかなか今の減量レベルを恒常的に維持するのはむつかしいものだと実感している。これは我が人生で数回目の減量への挑戦である。
  
(森敏)
付記:上記の旅行中にホテルのロビーで読んだ朝日新聞の文化欄に、経済アナリストの森永卓郎さん(独協大学教授)が 肉食考(3)として「知恵使えば 安くおいしく」という随筆を書いていた。

:::平日は仕事場に泊まり込んで自炊しているんですが、穀物をバンバン食べていた時代には,一週間(5日分)の食費が約1000円でした。今は、肉、魚、豆腐や葉物野菜を主に食べていますが、それでも1200円ぐらいですんでいる。工夫さえすれば、一日三食約250円で、肉は十分に食べられます。:::

 

そのあとに森永さんが実際に倹約した買い物の技法が縷々開示されております。 上記はちょっと信じがたい食費の額ですが、いつかテレビで見た最近の彼の裸体は筋力を落とさないでダイエットに成功しているように見えます。実践経済学者の面目躍如ですね。

 
追記:本日朝7時半ごろテレビで見た森永さんのソファーへのすわり姿は、黒いベストを着ているのであまり判然としなかったのだが、おなかが少しだぶりバラのようであり、顔がふっくらしており、体重がリバウンドしているように見受けられた。テレビなんかに出ると、たぶん外食になるだろうから、節制はなかなかむつかしいだろう。



2017-07-23 22:25 | カテゴリ:未分類

  以下は我が家(文京区)の通気口フィルターの放射能汚染のオートラジオグラフです。
          
  2011年3月11日以降の数日間にわたる東電福島原発事故以来、そこから飛来した放射能雲(プルーム)は、茨城、東京、横浜を席巻していったのですが、その時我が家も確実にプルームに見舞われていました。そのことは以前にも、窓ガラスの外側が放射能粒子(ホットパーテイクル)で汚染している事で可視化して証明しておきました。以下のブログの放射線像の一つに紹介しています。
       
  http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-1825.html
            
  実は2014年に我が家の各部屋の通気口を取り替えるにあたって(図1)、それをオートラジオグラフにとっておいたのが以下の図2です。我々はすでに横浜の民家のサンプルでもでもそういうオートラジオグラフ像を取っています。
          
  このオートラジオグラフからは、リビング(居間)の空気は台所のレンジから吸気しているのでリビングの東側にある通気口から放射能のホットパーテイクルが吸引され。、そのときにこのスポンジ樹脂フィルターにそれらが吸着したことが見て取れます。多くは2011年3月15日の福島第一原発2号機爆発由来の放射能と思われます。
               
スライド1
図1.我が家の通気口のフィルター

  
  

スライド2

図2.家の通気口図1のオートラジオグラフ(上)がポジテイブ像、(下)がネガテイブ画像。両者を一枚に作図した。
    
  2011年3月以来ご自宅のフィルターを交換されていない方で、オートラジオグラフにご興味のある方は小生あてにフィルターを送っていただければ、ガイガーカウンターの測定値いかんですが、バックグラウンドの放射能よりも少しでも高いフィルターの場合はオートラジオグラフを撮像するのにやぶさかではありません。
    
  
(森敏)
付記: 放射能の絶対値(ベクレル:Bq)は測っておりません。東側通気口はガイガーカウンターで50cpmレベルです。

2017-07-08 11:13 | カテゴリ:未分類
スライド1 
 
   
      
 
スライド2 
      
   
    
         

(以下は転載です)
    

  ドキュメンタリー映画
       

  「福島 生きものの記録」シリーズ 5〜追跡〜 
 

        <上映案内 ご挨拶>

          

  梅雨の季節、みなさまにはご健勝にお過ごしのことと思います。

          

  さて、群像舎製作の<ドキュメンタリー映画『福島 生きものの記録』シリーズでは日頃大変お世話になっております。
      

  この度、節目の5作目<シリーズ5〜追跡〜>の都内での上映日程が決まりましたのでお知らせ致します。

           

  事故発生以来6年が過ぎましたが、未だ事故の収束の見通しは立っていません。その一方で、事故の“風化”が増々進みつつ有ります。
          

  岩崎監督が<シリーズ1>の完成に当たって「見続けるほかに方法がない」と感じたことは、いまや私たちにとっても、いっそう切実な課題になったように思われます。
          

  私たちはみなさまとともに「見続けたい」と考えます。

       

  今回の一般公開は、8月4日(金)、5日(土)、6日(日)の3日間です。
       

  会場は、日比谷図書文化会館。なお、詳しい内容は同封のチラシをご覧下さい。

      

 支援プロジェクト発起人、呼びかけ人、そして製作者の群像舎スタッフはなるべく多くの人にこの映画を観て頂きたいと念じております。

        
   どうぞ友人、知人お誘い合わせの上ご来場くださるようお願い申し上げます。

                   

 ★お問い合わせ(株)群像舎 東京都新宿区矢来町11−8ジェントリー神楽坂601()
         

 TEL 03-3267-3997 FAX 03-3267-3977

    E-mail:gunzosha@gf6.soo-net.ne.jp
             

    2017年7月

               

 ドキュメンタリー映画『福島・生きものの記録』支援プロジェクト

   発起人 中本信義(代表)坂口康 陣内直行 

       菅野均 中山哲 丹野愼一 太田肇

       川村一綱 布施晴朗 茅野臣平、他

  群像舎  岩崎雅典(監督)

 

 


 
 ---------------------------------------------

  
森敏
付記:この映画には小生も若干登場するようです。

2017-05-26 11:32 | カテゴリ:未分類

反原発・細川牧場裁判支援の皆さんへ

くつざわ(支援する会事務局)

 

いよいよ614に原告本人を含め4人の方の証人尋問が行われます。

 

日時場所:614(水)午後1:30から430 東京地方裁判所806号法廷

 

証人は、馬場さん(獣医学者として馬の価値など)、庄司さん(元農協職員として細川牧場の馬の頭数など)、齋藤さん(福島のにぐらや牧場経営者、当時の被害、細川牧場の馬の価値など)、細川さん原告の順で尋問です。

 

1年ちかく和解協議を続けてきましたが、被告東京電力が馬の価値を認めず賠償額を極めて低くするかたくなな態度をつづけたため、決裂。公開の法廷で、証人調べにより、損害の立証をすすめ判決を取りに行くしかなくなりました。

 

飯舘村は、高線量にもかかわらず避難地域解除=帰還強要=被ばく強要がすすめられ、これを安倍政権は「復興」と称して原発被害を過小評価しています。今も続く原発被害を明らかにし、細川さんの正当な損害賠償を認めるとともに、すべての原発被災者の要求実現をめざしましょう。

 

傍聴席を埋めることで、細川さんを励まし、支援しましょう。お誘いあわせの上、ご参加、お願いします。

 

   

(森敏)
孤高な裁判闘争を余儀なくされている細川さんの、「馬の大量死」に関する過去のWINEPブログの関連記事は以下の通りです。


 

FC2 Management