2017-10-01 13:20 | カテゴリ:未分類

「希望の党」の小池代表が

せっかく合流しようとしている民進党の連中を

個別に主義主張(イデオロギー?)で首実験しようとしている

 

小池の「政界旅がらす」の人生を見れば、彼女が如何に恥も外聞もなく主義主張の変節を繰り返して、権力にすり寄ってきたかがわかる。人は「自分は一貫した人生を歩んできた」と思っていても、他人から見ればすこしずつ変わってきているのだよ。彼女の「権力にすりよる姿勢」だけは一貫しているかもしれないが。

 

せっかく民進党員全員が合意して「希望の党」にすり寄ってきたのだから温かく迎えてやればいいではないか。

 

「自民・公明政権を倒す」という「権力を奪取」してから「女帝」(あるいはお芝居の座長?)として偉そうなことを言えばいいのだ。

 

ここはもうすこし謙虚にふるまわなければ、選挙の真っ最中にでも「希望の党」は一瞬にして足をすくわれて、民意が離れる流れになることだろう。「絶望の党」にならねばよいが。

    

(管窺)

 

 
追記1:その後 10月4日の時点では
枝野の「立憲民主党」が民進党から分離独立した。「希望の党」はその立憲民主党の候補者の選挙区に刺客を立てている。
「希望の党」は東京都の自民党の一部の地盤に候補者を立てない。大阪維新の党の地盤と東京公明党の地盤に候補者を立てない。
これでなんで、「打倒!自・公・安倍政権」なのか? また離れてはくっつくんだろう。
細川の殿様が「こざかしい」といったらしいがその通りだと思う。懐が狭い人物はみこしに担がれないだろう。
 
追記2:希望の党は予想どおり選挙の最中に失速した。立憲民主党が野党第一党になった。しかし、改憲発議に必要な3分の2を与党が確保した。もともと国民は、憲法改正賛成で自民党を指示したのではないので、拙速に憲法改正が発議されることになると、与党内での分派構想が活発になるだろう。国民に不人気な安倍首相が党首としてまた存続するのかな。
 

 

2017-09-16 13:08 | カテゴリ:未分類

34度Cの炎天下での作業では15分もすると、意識がもうろうとしてきて、考え事ができなくなってくる。オリンパスのSTYLUSカメラを動画モードにして、じっと水田の水中動物の挙動を1分間ばかり手動で手ぶれしないように撮影するのだが、普段は容易なことが炎天下では手元が揺れて非常に困難である。カメラを右手に持って、水中動物を観察していてベストチャンスがくるとシャッターを押して撮影に取り掛かるのだが、その動作には迅速性を要する。 しかし、田んぼの粘土で長靴の足を取られて、あまり動作が自由でない身には、必然的に小生の体形が変なままカメラを被写体に向けてじっとしているというとになる。この曲がった姿勢の持続は持病の腰痛にとって非常に危険である。

   

それでも我慢して撮影していたら、突然カメラの画像が真っ暗になった。電池は今朝新しく変えたばかりだったのでおかしいなと思っていろいろいじっていたら、「カメラの内部温度が上がって撮影できません」という意味の説明文が突然画面に出てきた。こんなことは、これまでいろいろの会社の、デジカメを使い始めて以来、初めての経験である。炎天下でしばらく待ったが何しろ気温が高いので、なかなかもとに復帰しないので、壊れたかもしれないと撮影を中断した。

   

      そのあと大衆食堂に昼食に出かけた。減量のためにご飯や麺類を控えて肉と豆腐料理を取って、お箸で食べ始めたのだが、なんと!箸を持つ右手の小指と薬指と中指が自然に不随意に掌の内側に曲がって来て箸が自由に操れない! 「すわ!脳梗塞か!?」 と一瞬焦りを感じた。3-4回左手の指で元にほどくことを繰り返すうちに正常に動くようになったのだが。

  

ここ2、3日は炎天下で一応ペットボトルの水やお茶やスイカで水分は供給しながらの野外実験をしていたのだが、久しぶりにアンダーシャツが汗でびっしょりなり、首に巻き付けた手拭いがぐしょぐしょになる汗をかいた。それが、一時車に避難して車のクーラーで体を冷やしているうちに乾くのだが、また外で作業を15分もしないうちにぐっしょり濡れる。こういう経験を久しぶりにした。この間たぶん相当な量の汗が噴き出していたものと思われる。脳の血液もドロドロになって軽い脳梗塞をおこしていたのかもしれない、と思ったのである。

   

後に冷静になって考えてみると、右手のこの3本の指は右手のみでカメラをじっと固定して被写体に向けて構えるときに、頻繁に負荷がかかっていたのだ。それで一時的に右手の3本指に麻痺がおこったのだろうと納得した。
 
  幸いというかカメラの機能は回復した。(このSTYLUSカメラは実に気に入っている。防水機能があるので水中でも使えるようだが、高温の沙漠でも使えるような耐熱性機能は付与されていないようだ。日本の真夏の野外でもこのように支障をきたすぐらいだから、まだアフリカや中近東では売れないだろう。)

   

4日間の調査を終えて、帰りの新幹線に乗り込んだのだが、ぜんぶ荷物をホテルから宅急便で送ってしまったので、Tシャツ一枚で、あった。ちょっと車内冷房が怖かったのと、普段しているマスクをポケットに入れるのを忘れたので、駅のコンビニで急きょ買って、そのマスクをして気管の乾燥をさけて、座席に座り込んだとたんに眠り込んだ。気が付いたら、マスクの右下がぐじょぐじょである。どうやら眠りながらよだれを垂れていたようだ。小生は若いときに左の舌下腺腫瘍で舌下腺を手術で除去しているので普通の人の4分の一唾液の分泌が少ない、その上に年のせいで、何かと「つばき」の出が悪い。よだれが垂れるなんて、久々の経験である。脱水を恐れてかなり水分の補給を怠らなかったので、新幹線の冷気で小便以外にもよだれで体外に水が分泌したと勝手に解釈した。

  
  若いときには脱水で腎臓結石で何度も倒れたことは、以前にも述べた。逆にあまり水を取りすぎると、頻尿とよだれが垂れるとは。。。。厄介な体になってきた。
    
       

(森敏)
付記:知らなかったのだが、人に聞くと、スマ―トフォンでも、電池の温度が上がって「画像が突然消える」ことがあるそうだ。 時々「コンピューターの電池が火を噴いて爆発する」「だから海外経路への航空機へのコンピューターの機内持ち込みは禁止する」というニュースも最近流れたことがあるので、文明の利器もなかなか厄介だ。

追記:この記事を書いた数日後も、以下の記事が載った。

タブレット端末から発火か 東海道新幹線内、けが人なし

朝日デジタル 2017.9.24. 19:48

 24日午後5時45分ごろ、神奈川県東京都との境付近を走行中の東海道新幹線「のぞみ234号」の車内で「テーブルが焦げた」と110番通報があった。東京駅に到着した車内を消防や警察が確認したところ、40代の男性客のタブレット端末が焦げていた。けが人はなかった。警視庁が詳しい原因を調べている。

 丸の内署によると、この新幹線は新大阪発東京行きで、名古屋駅から14号車に乗った男性客のタブレット端末が新横浜駅を過ぎたあたりで発火したが、すぐ消えたとみられるという。

 

2017-06-19 08:41 | カテゴリ:未分類
  先日漫然とテレビを見ていたら 「震災の歌に刻む六年」(NHK Eテレ)という番組があり、ここで選ばれた番組最後の歌に以下のものが紹介された。少し感動したので素早くメモした。それを作者に無断で紹介させていただくと、
  

  
       

安全の

証(あかし)などなし

原発の

世を生きゆかむ

孫らを思ふ

      杉本慧美子


(震災の歌に刻む六年:NHK Eテレ 2017。6。15 より)


というものであった。

      
以下はこの詠歌に関連した最新の科学論文の紹介です。
  
               
  実はちょうどこの日に Scientific report に掲載された以下の、胎児の成長に関する論文を読んだばかりであった。

   
   
(そこで、これから先は少し論文調になりますが、少し詳しくこの論文を紹介します。我慢して読んでください。)
   
この英文表題は

                     
Small head size and delayed body weight growth in wild Japanese monkey fetuses after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Scientific Reports 7, Article number: 3528 (2017)

doi:10.1038/s41598-017-03866-8
https://www.nature.com/articles/s41598-017-03866-8

         
  そこでこの英文表題を直訳すると、

「福島第一原発事故後の野生のニホンザルの胎児の小頭と鈍化した体重」
     

という衝撃的なものです。その論文の「要旨」(付記参照)を小生が勝手に日本語に直訳すると、以下のような内容です。
            
   
要旨     
「東電福島第一原発事故の影響を評価するために、原発から約80km離れた福島市に生息する野生のニホンザル(Macaca fuscata)について、2011年の事故の前後である2008年から2016年までに捕獲した母ザルの体内の胎児について、その外形的計測を行い、相対的な成長の違いについて調べた。事故前の31頭と事故後の31頭のニホンザルの胎児について体重や、頭のサイズ(前頭から後頭への直径と二頭頂骨の直径)の
     頭頂から臀部までの長さに対する比 を調べたところ、体重と、それに対応した頭のサイズは事故後の胎児では事故前に比べて、有意に低下していた。胎児の母親の栄養学的な指標に関しては事故前後で有意な差がなかった。したがって、放射線被ばくが、観測された胎児の成長遅延の一因子でありうると考えられた。」
                           
  
参考のためにこの論文に添えられた図表の一部を勝手に解釈して分かりやすく(したつもりで)紹介すると以下のようです。
                   


表1.母ザルが生息する地域の5年間にわたる累積空間放射線量(一番右の赤字データ)
羽山論文図2 jpeg 

      

                

 表2 2011年の事故後に各年に 捕獲した妊娠母ザルの筋肉の放射性セシウム量

羽山論文図jpeg-2   
    
   
    

    

 

スライド2 
  
    

図1.横軸のCRLとは頭頂から臀部までの長さ(CRL:crown-rump length = the length of the fetus from the top of  fetus head to bottom to torso)の事です。縦軸は頭のサイズ(面積)です。赤丸が東電福島第一原発事故後の胎児、青三角が事故前の胎児。全体として赤丸が下方にシフトしていることがわかります。

   

    

 
   
 

    

スライド1 
   
    

図2.図1と同じく、横軸のCRLとは頭頂から臀部までの長さ(CRL:crown-rump length=the length of the fetus from the top of  fetus head to bottom to torso)の事です。縦軸は体重です。赤丸が東電福島第一原発事故後の胎児、青三角が事故前の胎児。全体として赤丸が下方にシフトしていることがわかります。

   
       
       
     

  結論としてこの論文では、体重/CRL(図2)や頭頂面積/CRL(図1)が、胎児の体内での成長速度の指標になるという獣医学上の定義(常識)を前提として、東電福島第一原発の事故後に、母親の胎内の胎児の成長が鈍化していることを述べています。放射線障害に関しては、成人や小児の白血病などの癌や、新生児の奇形など、遺伝子変異による影響に注目するばかりではなく、母体内で胎児がどういう成長を遂げているか、などのここで述べられている視点は非常に重要です。
             
  現在、福島県の各市町村では年間の積算被ばく線量の上限が20ミリシーベルトという途方もなく高い基準を設けて、避難区域を解除しました。そんなところに、これから子供を産もうとする夫婦も帰還するべきだろうか? この論文でニホンザルが野生環境の中で先行して示している ”母体内での胎児生長の鈍化 という危険なシグナルに、人間は謙虚に学ぶべきでしょう。医学生理学的には帰還してあえて人体実験に加わる必要などは全くないと思います。

  
   
    
       
(森敏)

付記:念のため abstract の原文は以下のとおりです。

To evaluate the biological effect of the Fukushima Daiichi nuclear disaster, relative differences in the growth of wild Japanese monkeys (Macaca fuscata) were measured before and after the disaster of 2011 in Fukushima City, which is approximately 70 km from the nuclear power plant, by performing external measurements on fetuses collected from 2008 to 2016. Comparing the relative growth of 31 fetuses conceived prior to the disaster and 31 fetuses conceived after the disaster in terms of body weight and head size (product of the occipital frontal diameter and biparietal diameter) to crown-rump length ratio revealed that body weight growth rate and proportional head size were significantly lower in fetuses conceived after the disaster. No significant difference was observed in nutritional indicators for the fetuses’ mothers. Accordingly, radiation exposure could be one factor contributed to the observed growth delay in this study.
 
追記1:
偶然だが眠れないので昨日と今日早朝5時ごろボケた頭でテレビを見ていたら

  一斉解除の町で~原発事故6年後の帰還~

というタイトルでNHKが2日にわたって再放映していた。避難所から帰還した御夫婦の奥さんが、自宅の庭や小学校の校庭に花を植えたり、近くの土手から草を摘んだり、していた。一応軍手はしていたが。テレビではそこの空間線量や地面の放射線量がどれくらいなのかという一番重要な情報を一切開示しなかった。NHKの取材班が放射能に鈍感なはずがない(鈍感なら取材する資格がないだろう)。意図的だと思わざるを得ない。NHKはいったい誰に向けて忖度してるんだろうと、見ていて怒りが込み上げてきた。
 
 一方、現地帰還をあきらめた他の御夫婦は無残にも放射能汚染した自宅を解体して更地にしていた。そこに住んでいた記念にと自宅の「郵便受け」だけを持ち帰った。私見ではこの郵便箱は野外にあったのでかなり放射能汚染しているはずである。 (2017年 6月27日。9時50分 記)
 
追記2:
この論文の筆頭著者である羽山伸一教授によれば、2011年の福島第一原発事故の放射能被でばくした母親ニホンザルが、身ごもって、翌年2012年に生まれたニホンザルのメス(雌)が、生長して妊娠可能になるのは、今年(2017年)からであるので、来年2018年から生まれてくる子ザルは被爆第3世代間ということになる。なので引き続き今年間引きのために福島市内で捕獲される母ザルの胎児を継続して観察する必要があるということです。 

 ほんとうは福島市内よりももっと激甚な10倍以上の放射能汚染地帯を縄張りにして生息するサルの群れを組織的に追究して観察することが重要なことは言うまでもありません。(2017年6月28日 午後5時 記)



2017-03-10 08:27 | カテゴリ:未分類

まもなく2011年3月12-20日の福島第一原発事故後6年めとなる。以下の文章は少し硬い論文調ですが、吟味してください。 
       
       

原発事故で帰還困難区域の山林は、住民が入らなくなったので、樹木が間伐されない。なので、荒れ放題である。木々にツタが絡まり、場所によっては特に巨木のマツの枯死や倒木も始まっている。
    
  スギやマツでは「こぶ」(クラウンゴール)ができて、枝が枯れているのが目に付く。これらは原発事故前からもあったのだろうが、被害は拡大しているのではないだろうか(図1、図9)。「
スギこぶ病」は,子のう菌(Nitschkia tuberculifera KUSANO)の一種が引き起こすスギの病害で,これに罹病すると,枝や葉,場合によっては幹に大小のこぶが生じ,樹勢が衰え,枯死にいたることもあるといわれている。

      

  2015年までは、この「スギこぶ」は球状の立体的なものなので(図2、図3)、感光面が平面のIP-プレートでの放射線像の撮像がむつかしいのではないかと思って、小生はあまり採取に熱心ではなかった。しかし、大学に持ち帰って放射能を測定してみると、飯舘村のものや浪江町のものはとてつもない値が出た。表1には浪江町の山林で採取したスギこぶを示している。総じてキログラム当たり15~20万ベクレルを示し、樹皮よりも高い放射能値である。

    

これは放射性プルーム(雲)による被爆当初に、直ちに被爆樹皮から「スギこぶ」に取り込まれた放射能が植物細胞よりもはるかに代謝活性の強い「杉こぶ」の菌体に積極的に取り込まれたからではないかと思われる。また、生体高分子樹脂で「スギこぶ」の表面は子細に入り組んだ凸凹になっており(図3)、いったんそこに入り込んだ放射能は樹脂と結合して抜け出られないものと思われる(図5、図6、図7)。

 

立体的なまま放射線像をとるとスギこぶとIP-プレートが密着していないので、放射線が立体角4πの方向にあちこちに飛んで、ぼけたイメージで感光した(図4)。実際の森林では、この「スギこぶ」からこのように放射線が発散しているわけである。
 
      スギこぶ菌にやられた杉は、結局倒木して、急速にシロアリなどの小動物に食べられて、土壌中に有機物として帰っていく。放射性セシウムも同じ運命をたどり、森林生態系の元素循環の中に繰り込まれていく。

 

スライド3 
図1.「杉こぶ」。枝は枯死し始めている。




 
スライド1 
 
図2.「杉こぶ」。実験室に持ち帰った「杉こぶ」がついた枝。枝はまだ生きている。


 


スギこぶ拡大図jpeg 

図3.図2の一つの「杉こぶ」の拡大図




 
スライド2 
 
図4.図2を立体のままIP-プレートで感光したもの。放射線が四方に飛び交っているので像がぼけている。


スライド1 
図5.「杉こぶ」をのこぎりで2つに切断したものを対称形に開いて並べたもの。撮像するときに角度が少しずれたのだが、右のものを少し右下がりにすると両者が合体するいめーじになる。上のオートラジオグラフが下の杉こぶのサンプルに対応している。

 

 
スライド3 
 
図6.図4の左のサンプルの拡大図 。白い感光していない部分はpith(木髄)





スライド4 
図7.図4の右のサンプルの拡大図。
白い感光していない部分はpith(木髄)


 
 
 



スライド1 

図8.「杉こぶ」の断面解剖図 (文献 J.Jpn.For.Soc. 68(11) '86 からの引用 )


 


スライド2 
 
表1.上のゲルマニウム半導体用の容器(U-8)に入っている「杉こぶ」に対応する放射能の測定値。 
スギこぶ1-1と1-2は半切の対になっているそれぞれ一方の測定値。
スギこぶ2-1と2ー2は半切の対になっているそれぞれ一方の測定値。
スギこぶ3-1,2,3は3個の小さな杉こぶの合量。


    
(森敏)
 
付記1:以下の写真に見るように、飯舘村での激甚な杉こぶ被害の、迫力ある写真は、以前に「中部支援ネットワーク」から小生にも送られてきたことがある。ここに無断で掲載させていただきました。

 
スライド1


図9.飯舘村での被害が激甚な杉の「杉こぶ」。枝の先端のみに葉が茂っている。大方の栄養分を「杉こぶ」に収奪されているのだろう。
 
追記1:以下の図10、図11は図6と図7に対応するネガテイブ画像です。こちらのほうが放射能汚染の度合いがわかりやすいかもしれません(白い部分が放射能の局在部位です)
 
スライド1 
図10.図6のネガテイブ画像。白い部分が放射能汚染部位。白が鮮明なほど汚染が激しいことを意味している。
 
 
スライド2 
図11.図7のネガテイブ画像。白い部分が放射能汚染部位。白が鮮明なほど汚染が激しいことを意味している。

    

2017-03-07 14:20 | カテゴリ:未分類

         本屋に1メートル四方を占めて山積みになっている村上春樹作「騎士団長殺し」(上)(下)巻を発売当日に購入した。3日かかってじっくりと行間を味わいながら読んだ。小生は今、花粉症兼白内症気味なので、時間がかかった。
        
  この本は上巻から下巻の中頃までは総じて筋書き(プロット)や登場人物相互の構成に矛盾がなく快調に飛ばしてわくわく読めたのだが、それからあとが、多少うんざりで急速に読む気が薄れた。つまり、いつものように彼の小説に出てくる「穴」や「壁」や「井戸」や三途の河原のような幻覚的記述が延々と出てくる。そして時空を超えた意識と下意識が峻別できない話が続く。村上春樹がこのような内容をいつも小説の話題に入れるのは、きっとそういう世界を魅力的に感じている読者層がいるから、サービスしているに違いない。いつか述べたことがあるのだが、軽く精神を病んだ患者の時たま陥る内面世界を描いたものではないだろうか。いや、現代人は小生も含めていつも、だれでも、何か精神的に病んではいるのだから(それが正常な人間のありようなんだろうから)、小説に展開されている暗喩(メタファー)にはだれでもところどころ共感するところはあるのは間違いないのである。
 

     最近の新聞紙上では、いろいろの読者がこの本についての読書感想を述べ始めている。この本が扱っている中身が多様なので、感じる人もそれぞれ多様のようである。村上春樹は従来のノーベル文学賞受賞者のような <一点突破全面展開> のような詩・歌・小説の固有の手法にはなじまない多角的な話題や手法を実験的に扱っているので、ノーベル委員会も判断に苦しむだろう。どれも斬新とは言えないが、多くの人々にとっては全面的に納得はしないが、たえず気になる小説家なのである。
 

   この本「騎士団長殺し」で、小生の感じた一番の鮮度は、村上春樹が初めて油絵の絵画(主として人物画)の世界の描写に挑戦したということである。この点はまだ誰も評論家は指摘していないようだ。アトリエでのモデルと画家(この小説の主人公 雨田具彦)の対話や神経戦、人物画の見方や感じ方など、様々な記述での表現法が試みられている。たぶん村上春樹は自分で絵を描いた経験が少ないからだと思うが、絵の具の使い方や絵筆の選択など具体的な点に関しては画家が逡巡する記述が簡素すぎて、どうも迫力がない。しかし、何回も何回もおなじ人物画を見たり描いたりするときに、みるたびに見る人の精神状態によって感想が異なるという微妙な記述のあやは、なかなかのものである。
 

   あいかわらず、この本の中には今回も多彩な、主としてクラシックの楽曲が背景音楽として奏でられる。だから春樹にマニアックな音楽系の読者は、そちらのほうで「酔い心地」になるだろう。しかし、音楽に疎い小生には、今回は春樹の絵画論に興味を持った。アトリエでの画家の精神描写は、取材を含めてかなり苦労したところではないかと思う。
   
 
(森敏)
付記:以下これまでの小生の独断と偏見の「村上春樹論」です。クリックしてご笑覧ください。



 
追記:この記事を上梓してから、ネットで高橋秀次氏の評論を読んだ。実に秀逸だと思う。


村上春樹「騎士団長殺し」は期待通りの傑作だ
文芸のプロは話題の新作をどう読んだか


 


FC2 Management