2017-02-01 20:21 | カテゴリ:未分類

        稀勢の里が優勝した先場所の、まだ場所が途中での実況放送番組のときに、稀勢の里の稽古場での映像紹介があった。稀勢の里が中腰のすり足で交互に手を突き出しながら前に進む姿が映っていた。その横で田子の浦親方へのNHKアナウンサーのインタビューがあった。

「今場所稀勢の里が簡単に負けないようになった理由はなんだと思われますか」

「股関節を鍛えたからです」

という応答であった。

 

笑い話だが、これを見た後、小生は自宅の床の上で、稀勢の里がやっている同じ動作で前に進んでみた。そして、「これは効く!」と瞬時に納得した。ゆっくりやってみると、この姿勢での運動は非常に辛いが、小生の劣化してこきこきという股関節と、げそげそに衰えた尻の筋肉(大腿筋や大腿四頭筋)を鍛えるのに、非常に効果があるように思われた。現在下半身の筋肉が痙攣したりしびれたりするので、今後はこの運動も取り入れようと思った。

 

稀勢の里の横綱昇進には先代親方である元横綱隆の里の竹刀で叩く薫陶が大なるモノがあるだろうが、マスコミ的にはあまり目立たない現田子の浦親方の科学的トレーニングが非常に良かったのだろうと勝手ながら思ったことである。

  
   
(森敏)

付記:この記事を書いた次の日の東京新聞の「スポーツひととき」という囲み記事に田子の浦親方(現役時代のしこ名は「隆の鶴」)のことが「新横綱見守る名脇役」として紹介され、その中に以下の記載があった。

:::::
現役時代の隆の鶴は、生来足の親指に激痛が出る病を抱えていた。両足の親指を切断、痛い箇所の神経を取り除き、指を再びつなぎ合わせる大手術を克服して、休場、出場、陥落を繰り返しながら、5場所だけながら幕内で相撲を取った苦労人だ。
:::::::
   
まことに宜(むべ)なるかな。
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2137-f4374c20