2017-01-10 04:23 | カテゴリ:未分類
 

昨年「5月に、南相馬で住民がヒヨドリの死体を拾ったので、オートラジオグラフの撮像が可能かどうか」という問い合わせが、群像舎の 岩崎 雅典監督からあった。以前にキビタキとツバメの放射線像の撮像に成功した経験があったので「やってみましょう」という返事をしたら、ヒヨドリの冷凍サンプルが宅急便で送られてきた。
        
   2012/05/29 : キビタキの幼鳥の被爆像
   2016/03/06 : ツバメの放射能汚染像について

     

サーベイメーターでヒヨドリの体をくまなくスキャンすると、どうやら確かに放射線が出ているように思われたので、慎重に作業に取りかかった。

       

まず、この死体からは胸元から血が出ていた。鳶や鷹か、はたまたイタチかテンなどの陸上の動物に攻撃されて逃げたが力尽きて墜落たのかもしれない。この血の中にも内部被曝した放射能の一部があるかもしれないので、ペーパータオルをあてがった。その上で、鳥の羽を伸ばし、鳥の頭を横向きにして、上から本で押して、全体を電子レンジで十分乾燥したシリカゲルが詰まったお菓子の四角いブリキ製の箱の中に入れて、完全にふたをして密閉した。一ヶ月後にふたを開けて、乾燥死体を取り出して、これをサランラップでくるんだのち、オートラジオグラフ用のカセットに2枚のIP-プレートで上下から挟んで圧着してその上からさらに鉛のブロックで荷重をかけて約半年放置した(図1、図4)。荷重をかけるのは、できるだけIP-プレート(イメージングプレート)と死体を密着させるためである。感光後の死体はゲルマニウム半導体で放射能を測定した。

         

  結果が図2、図3、図5、図7、図8である。表1にはヒヨドリ全体の放射能値を示している。血液中に放射能が確実に認められ、表1にはその値も合算して計算している。


 
 
 
 
 
スライド1 


 
 
 図1.ヒヨドリの腹側 胸に穴があいている





  
スライド2 
 
 

 図2.図1のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像).傷ついた内蔵が被曝している。眼球や脳も内部被曝している。
 

 
スライド3 
 
 図3.図1のオートラジオグラフ。ネガテイブ画像。
   
   

 
スライド4 
 
 
 図4.胸に穴があいている。その拡大写真。肺か肝臓か?
   

 
 
スライド5 
 
 図5.図3の腹胸部汚染拡大図

 
 
 
 
 
 
スライド6 
 
 図6.ヒヨドリの背側
 
 
 
スライド7 
 
 
 図7.図6のオートラジオグラフ(ポジテイブ画像).右肩に一点ホットパーテイクルが認められる。わずかな外部被曝である。眼球、脳、両脚、左右の背骨筋なども内部汚染している。

 
 
スライド8 

図8.図6のオートラジオグラフ(ネガテイブ画像)。
 
    
       

表1. ヒヨドリの体全体の放射能
 
スライド1
 
(森敏)
付記: 以上のデーターの公開は、群像舎の 岩崎 雅典監督の許可を得ています。
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2131-3bb0fc72