2016-12-26 14:52 | カテゴリ:未分類

若年性特発性関節痛とかいう難病指定の病気を克服(回復)して、三原舞依選手が、全日本フィギュアースケートで3位になり、世界スケート大会の参加候補に指定された。

 

ふだんはスケート選手がころころ転ぶのを見るに忍びなくて、あまり熱心に見ないのだが、今回は少し真面目に観戦した。その理由は、三原舞依という選手が、兵庫県芦屋高校の現役の選手であるからである。実はこの芦屋高校は小生の昔の住まいから歩いて5分の距離の、同じ芦屋市宮川町にあり、小生の4人の年上の兄姉が卒業しているので、親しみがある。

 

昔、本屋敷選手や植村選手などがいたときは高校野球で芦屋高校は優勝して甲子園を沸かせたが(そのときは我が家の前を提灯行列が通ったものだ)、その後の50年間はスポーツでは鳴かず飛ばずであったと思う。

 

近年、西宮スケートアリーナができたり、文科省のスポーツエリート強化選手育成制度ができたりして、三原舞依選手が台頭してきたようだ。実は昨日の日本選手権試合まで全くこの子の名前は知らなかった。

 

舞依チャンが3位に入賞して、世界選手権の候補に選ばれて、名前を呼ばれてスケートリンクに最後に登場してきたときに、何度も何度も大きな身振り手振りで優雅な感謝の挨拶を四方八方のスタンドの観衆に向かってやっていたのが印象的だった。昔でいう、いかにも育ちのいい芦屋の娘みたいなかわいい雰囲気が出ていた。 彼女はアイドル的な成長株だと思う。これからは女子フィギュアースケートから目が離せなくなりそうだ。
    
      
(森敏)

追記:昨日、三原舞依選手は 韓国の平昌(次期オリンピック開催予定地)で開かれた4大陸選手権試合で優勝した。フリーの演目は「シンデレラ」というものだそうである。総合で200点越えであった。まだまだ伸び盛りだ。少しこの一年間は順調にいきすぎるのが気がかりだが、彼女の謙虚な優勝インタビューを聞いていると、この子はさめているので、大丈夫だ。難病の苦難を乗り越えて滑る喜びが爆発している(2017年2月19日 記)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2128-b8f7d3f6