2017-10-16 22:38 | カテゴリ:未分類
  双葉町には、これまで「官公庁の放射能関連の研究費をもらっている研究者しか入れてもらえない」、とうわさに聞いていたので、小生らは、この町に入ることを遠慮していた。小生らはそういうお金をこれまで一切もらえていないので。

  しかし双葉町は地理的には浪江町の高放射能汚染地域の小丸地区に隣接しているので、双葉町も強烈な汚染地域があ るはずで、そういう地域の動植物の生態の変遷を、本当は原発事故初期から調査しておかないと、この地域のデータが後世にブラックボックスになることをずっと危惧していた。そこで今回思い切って、立ち入りを申請したら、許可が下りた。
    
  詳細に調査しているのだが、住民の個人情報になるので、細かい写真が開示できないのが残念である。 
      
  原発事故の影響は気が遠くなるほどだ。放射能汚染生物の放射能を実測すると、現在すでに放射線量としてはCs-134はCs-137の1割程度に減少しているので、放射能の主成分はCs-137である。Cs-137の半減期は30年であるから。現在のこの双葉町の高い放射線量は、これまでのように急速に減少することはないと考えられる。今生きている避難住民が、生きているうちに住めるようになるのはちょっと絶望的だ。2011年をあらためて思い出そうではないか、いったいこんな事態に誰がしたのか?
    

 
 

 
スライド1 

立ち入り禁止区域にやっと入れた。防護服の警備員から「どうぞお入りください」の合図。


 

スライド2 
JR双葉駅。JR常磐線はまだここまでは開通していない。駅前広場などは除染されていた。
 
 
 
 
 
スライド6 
レールの敷設のためのコンクリート製の枕木がずらーっと、プラットホームに並べられていた。高放射線量なので、JRの下請け業者が作業員を集められないのだとか。 
 


 
スライド3 
駅前商店街は完全なゴーストタウン。 


 
スライド4  
目の錯覚かと思わせる震災で一階が傾いたままの本屋さん 
 


 
スライド5 
 つぶれた家屋の門になぜか「福助足袋」の石像
 
 
 
 
スライド7 

ゆきわりそう:忍耐 の町の紋章のマンホールのふた。強烈な皮肉。
 

 
 
 
 
スライド8
 
福島県双葉高等学校の校庭。 雑草が立ち枯れしている。線量計は毎時0.279マイクロシーベルトという低い値を示していたので。一度は除染したものと思われる。

 

 
スライド9 
村社八幡神社。これも目の錯覚かとおもわせる傾いて今にも崩れそうな本殿。ふしぎなことに屋根瓦は一枚も損傷していない。
ここでは紹介しないが、室内に小太鼓が安置されているが、床は生活用品やガラスの破片が飛び散って荒れ放題である。野生動物による狼藉と思われる。 

 
 
  
 
 
スライド10 
 民家のガラス戸。左のガラス戸の下部が割れている。全ガラス戸の下部にはイノシシが鼻をくっつけたと思われる刷り跡が認められる。差し支えるので紹介しないが、室内は見るも無残な荒れ具合である。イノシシなどの野生動物によるものと思われる。
 

 
 
 
スライド11 

イノシシには2日間で3回遭遇した。あまり車を警戒しないようである。車を止めて、このイノシシが道端の雨水で湿った高濃度放射能汚染ヘドロを掘り繰り返して、ミミズなどを土と一緒に摂取している様子を初めて身近に数分間観察できたので、これではイノシシの筋肉や糞がいつまでも高濃度汚染しているのも納得! サルには遭遇しなかった。 
 

 
 
 
スライド12 
双葉町の元の水田地帯には、現在かなり背が高いセイタカアワダチソウが繁茂している。それか、ヤナギやチカラシバも群落としてみられる。これらは1年前の浪江町の水田の姿と同じである。
 
 
 
 
スライド13 
 
高濃度放射線地帯でなぜか竹が一斉に立ち枯れしている場所があった。竹は根でつながっているクローン植物なので、放射能が均一にいきわたって循環しているから、6年目の時点で致死線量に達して一斉に枯死したのかもしれない。まさに予期せぬ根絶やしか。
  
 
 

 
スライド14 
道路沿いには前田建設による放射線量に危険度の表示が建てられている。
青(1以下) 緑(1-2) 黄(2-5.5) 赤(毎時5.51マイクロシーベルト以上)
 
 

  
 
 
 
 
スライド15 
あらゆる道端の茂みにかなりの数の出産前のおなかの大きいのジョロウグモが繁殖していた。ジョロウグモは放射線に強いのかもしれない。 
 

 
 
 
 
 
スライド16 
異常な成育を示すもみの木の幼植物が多数見られた。ここの空間線量は毎時12.83マイクロシーベルトであった。 
この実生からの植物は4-5年令と思われる。横に伸びてはいるが、主茎の生長点がやられており、縦には伸び悩んで高さが35センチしかない。 
 

 
 
 
スライド18  
 
道路わきの土壌のホットスポットを見つけた。土壌表層が毎時108マイクロシーベルト!  
 
 
 
 
スライド19 
上の写真の土壌の場所の1メートル高の空間線量は毎時23.6マイクロシーベルト!
これは小生らが今までが経験したことがない高線量値である
 
 
 

 
(森敏)
2017-10-12 05:23 | カテゴリ:未分類

        この映画は新聞やネットでの宣伝では中身がよくつかめなかったのだが、観てよかったと思う。

    

1960年代の第一次安保闘争世代では、フィデル・カストロとともにキューバ革命を成功させたチェゲ・バラは今でも圧倒的に人気があるのではないだろうか。彼はボリビアでの革命運動でのゲリラ作戦の最中にとらえられて射殺されたが、その時のグループの中にボリビア出身の日系人(ゲリラ名エルネスト)がいて、同じくとらえられて射殺された。そういうことはこの映画を見るまで小生は全く知らなかった。

      

現在キューバのゲバラの霊廟にゲバラとほかの同志とともに壁面に彼のパネルが張られていることが映画の最後に紹介されていた。

      

主役俳優のオダギリジョーの抑えた演技が光っている。以前の藤田嗣治画伯の映画では、彼の演技はあまり感心しなかったが、今回は実にいい。ネット情報ではこの映画の演技のために彼は体重を15kg近くも減らしたとのことである。なかなかできる芸当ではない。相当の入れ込み方だったのだろう。実に演技が自然体で、スペイン語も流暢で、すばらしかった。

       

カストロとゲバラの決起したキューバ革命の事をあまり知らない人がこの映画を見ると、これはキューバ革命賛歌と単純にとらえたがるかもしれない。だが、全くそうではなく、主人公はキューバ革命後に青雲の志を抱いて、ボリビアからの奨学生として、キューバの医科大学に留学していた。だが、その最中に母国ボリビアが暴虐の政権に見舞われて、医学の道を捨てて、もともと医師であったエルネスト・ゲバラの影響を受けて、自分も祖国ボリビアの革命運動に身を投じて、1967年9月に25歳でゲバラとともに革命運動に殉じた短い期間だが若き日系青年の生長物語である。

          

先日ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロも5歳の時に父親とともにイギリスに渡って帰化した日系で、先進国イギリスで若いときは昨年ノーベル文学賞をもらったボブデイランなどの音楽にかぶれてミュージシャンになろうかなどと、非常に揺れていたようだが、一方で、ボリビアという最貧国で鹿児島から父が移民として渡ってきた若き日系人実名「フレデイ・前村」は、未完の大器だったのかもしれない。この映画で名が後世に知れて本当に良かったと思う。

        

2時間弱の長丁場だったが、足の痙攣をさすりながら抑えつつ鑑賞した。
    
  映画が映わっても、みんな無口であった。席を立たずにハンカチで涙をぬぐっていたご婦人も何人かいた。
   
  なぜか、医学の道を目指して日本に中国から留学して小説家に転じた「魯迅」のことなども思い出した。  
   
     
(森敏)

2017-06-19 08:41 | カテゴリ:未分類
  先日漫然とテレビを見ていたら 「震災の歌に刻む六年」(NHK Eテレ)という番組があり、ここで選ばれた番組最後の歌に以下のものが紹介された。少し感動したので素早くメモした。それを作者に無断で紹介させていただくと、
  

  
       

安全の

証(あかし)などなし

原発の

世を生きゆかむ

孫らを思ふ

      杉本慧美子


(震災の歌に刻む六年:NHK Eテレ 2017。6。15 より)


というものであった。

      
以下はこの詠歌に関連した最新の科学論文の紹介です。
  
               
  実はちょうどこの日に Scientific report に掲載された以下の、胎児の成長に関する論文を読んだばかりであった。

   
   
(そこで、これから先は少し論文調になりますが、少し詳しくこの論文を紹介します。我慢して読んでください。)
   
この英文表題は

                     
Small head size and delayed body weight growth in wild Japanese monkey fetuses after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Scientific Reports 7, Article number: 3528 (2017)

doi:10.1038/s41598-017-03866-8
https://www.nature.com/articles/s41598-017-03866-8

         
  そこでこの英文表題を直訳すると、

「福島第一原発事故後の野生のニホンザルの胎児の小頭と鈍化した体重」
     

という衝撃的なものです。その論文の「要旨」(付記参照)を小生が勝手に日本語に直訳すると、以下のような内容です。
            
   
要旨     
「東電福島第一原発事故の影響を評価するために、原発から約80km離れた福島市に生息する野生のニホンザル(Macaca fuscata)について、2011年の事故の前後である2008年から2016年までに捕獲した母ザルの体内の胎児について、その外形的計測を行い、相対的な成長の違いについて調べた。事故前の31頭と事故後の31頭のニホンザルの胎児について体重や、頭のサイズ(前頭から後頭への直径と二頭頂骨の直径)の
     頭頂から臀部までの長さに対する比 を調べたところ、体重と、それに対応した頭のサイズは事故後の胎児では事故前に比べて、有意に低下していた。胎児の母親の栄養学的な指標に関しては事故前後で有意な差がなかった。したがって、放射線被ばくが、観測された胎児の成長遅延の一因子でありうると考えられた。」
                           
  
参考のためにこの論文に添えられた図表の一部を勝手に解釈して分かりやすく(したつもりで)紹介すると以下のようです。
                   


表1.母ザルが生息する地域の5年間にわたる累積空間放射線量(一番右の赤字データ)
羽山論文図2 jpeg 

      

                

 表2 2011年の事故後に各年に 捕獲した妊娠母ザルの筋肉の放射性セシウム量

羽山論文図jpeg-2   
    
   
    

    

 

スライド2 
  
    

図1.横軸のCRLとは頭頂から臀部までの長さ(CRL:crown-rump length = the length of the fetus from the top of  fetus head to bottom to torso)の事です。縦軸は頭のサイズ(面積)です。赤丸が東電福島第一原発事故後の胎児、青三角が事故前の胎児。全体として赤丸が下方にシフトしていることがわかります。

   

    

 
   
 

    

スライド1 
   
    

図2.図1と同じく、横軸のCRLとは頭頂から臀部までの長さ(CRL:crown-rump length=the length of the fetus from the top of  fetus head to bottom to torso)の事です。縦軸は体重です。赤丸が東電福島第一原発事故後の胎児、青三角が事故前の胎児。全体として赤丸が下方にシフトしていることがわかります。

   
       
       
     

  結論としてこの論文では、体重/CRL(図2)や頭頂面積/CRL(図1)が、胎児の体内での成長速度の指標になるという獣医学上の定義(常識)を前提として、東電福島第一原発の事故後に、母親の胎内の胎児の成長が鈍化していることを述べています。放射線障害に関しては、成人や小児の白血病などの癌や、新生児の奇形など、遺伝子変異による影響に注目するばかりではなく、母体内で胎児がどういう成長を遂げているか、などのここで述べられている視点は非常に重要です。
             
  現在、福島県の各市町村では年間の積算被ばく線量の上限が20ミリシーベルトという途方もなく高い基準を設けて、避難区域を解除しました。そんなところに、これから子供を産もうとする夫婦も帰還するべきだろうか? この論文でニホンザルが野生環境の中で先行して示している ”母体内での胎児生長の鈍化 という危険なシグナルに、人間は謙虚に学ぶべきでしょう。医学生理学的には帰還してあえて人体実験に加わる必要などは全くないと思います。

  
   
    
       
(森敏)

付記:念のため abstract の原文は以下のとおりです。

To evaluate the biological effect of the Fukushima Daiichi nuclear disaster, relative differences in the growth of wild Japanese monkeys (Macaca fuscata) were measured before and after the disaster of 2011 in Fukushima City, which is approximately 70 km from the nuclear power plant, by performing external measurements on fetuses collected from 2008 to 2016. Comparing the relative growth of 31 fetuses conceived prior to the disaster and 31 fetuses conceived after the disaster in terms of body weight and head size (product of the occipital frontal diameter and biparietal diameter) to crown-rump length ratio revealed that body weight growth rate and proportional head size were significantly lower in fetuses conceived after the disaster. No significant difference was observed in nutritional indicators for the fetuses’ mothers. Accordingly, radiation exposure could be one factor contributed to the observed growth delay in this study.
 
追記1:
偶然だが眠れないので昨日と今日早朝5時ごろボケた頭でテレビを見ていたら

  一斉解除の町で~原発事故6年後の帰還~

というタイトルでNHKが2日にわたって再放映していた。避難所から帰還した御夫婦の奥さんが、自宅の庭や小学校の校庭に花を植えたり、近くの土手から草を摘んだり、していた。一応軍手はしていたが。テレビではそこの空間線量や地面の放射線量がどれくらいなのかという一番重要な情報を一切開示しなかった。NHKの取材班が放射能に鈍感なはずがない(鈍感なら取材する資格がないだろう)。意図的だと思わざるを得ない。NHKはいったい誰に向けて忖度してるんだろうと、見ていて怒りが込み上げてきた。
 
 一方、現地帰還をあきらめた他の御夫婦は無残にも放射能汚染した自宅を解体して更地にしていた。そこに住んでいた記念にと自宅の「郵便受け」だけを持ち帰った。私見ではこの郵便箱は野外にあったのでかなり放射能汚染しているはずである。 (2017年 6月27日。9時50分 記)
 
追記2:
この論文の筆頭著者である羽山伸一教授によれば、2011年の福島第一原発事故の放射能被でばくした母親ニホンザルが、身ごもって、翌年2012年に生まれたニホンザルのメス(雌)が、生長して妊娠可能になるのは、今年(2017年)からであるので、来年2018年から生まれてくる子ザルは被爆第3世代間ということになる。なので引き続き今年間引きのために福島市内で捕獲される母ザルの胎児を継続して観察する必要があるということです。 

 ほんとうは福島市内よりももっと激甚な10倍以上の放射能汚染地帯を縄張りにして生息するサルの群れを組織的に追究して観察することが重要なことは言うまでもありません。(2017年6月28日 午後5時 記)



2017-06-06 09:08 | カテゴリ:未分類
   
今回は少し難解ですが重要な発明ですので、どうか我慢して読んであげてください。
   
以下農研機構のホームページからの転載です
 
放射性セシウムを吸収しにくい水稲の開発に成功

- コメの放射性セシウム低減対策の新戦力 -

情報公開日:2017年5月31日 (水曜日)

農研機構
岩手生物工学研究センター


  1. 農地土壌から作物への放射性セシウムの移行を低減するために、水稲では、カリ肥料の増肥が効果的な対策として実施されています。一方、長期にわたって、省力的かつ低コストで行える新たな低減対策も生産現場から求められています。
  2. そこで農研機構は、イオンビーム照射による突然変異法により、放射性セシウムを吸収しにくいコシヒカリ(Cs低吸収コシヒカリ)を開発しました。Cs低吸収コシヒカリを、放射性セシウムを含む水田で栽培した場合、コメの放射性セシウム濃度はコシヒカリの半分に減少しました。
  3. Cs低吸収コシヒカリにおいて、コメの放射性セシウム濃度が低下したキー(鍵)となる遺伝子を岩手生物工学研究センターとの共同研究で特定しました。この遺伝子は、イネ根のナトリウム排出に関与するタンパク質リン酸化酵素遺伝子(OsSOS2;オーエスエスオーエスツー)が変異したものです。この変異が原因で、Cs低吸収コシヒカリは根のセシウム吸収がコシヒカリに比べて、抑制されていました。
  4. Cs低吸収コシヒカリの生育特性や収量はコシヒカリとほぼ同等で、コシヒカリと同じ方法で栽培できます。また食味もコシヒカリとほぼ同等です。
  5. セシウム吸収を抑制する遺伝子(OsSOS2の変異)を簡易に検出できるDNAマーカーを開発しました。このDNAマーカーの活用により、コシヒカリ以外の品種にも放射性セシウムを吸収しにくい性質を効率良く付与することができます。
  6. 本成果は英国科学雑誌「Scientific Reports」(2017年5月25日発行)のオンライン版に掲載されました。
        
      低Csイネjpeg

      


ホームページは

http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/niaes/075645.html



投稿原著論文は
Satoru Ishikawa, Shimpei Hayashi, Tadashi Abe, Masato Igura, Masato Kuramata, Hachidai Tanikawa, Manaka Iino, Takashi Saito, Yuji Ono, Tetsuya Ishikawa, Shigeto Fujimura, Akitoshi Goto & Hiroki Takagi (2017) Low-cesium rice: mutation in OsSOS2 reduces radiocesium in rice grains. Scientific Reports, 7, 2432.
doi:10.1038/s41598-017-02243-9


(森敏)


付記1:

この研究は福島第一原発事故後の2年後ぐらいから農研機構の石川覚グループで行われていたもので、まさに画期的な成果です。小生は福島第一原発事故後の学術会議主催のシンポジウムで2回にわたって水稲根のセシウムの細胞内への膜輸送にはカリウムのトランスポーターが使われている可能性が高いので、カリウムのトランスポーターが働かなくなったイネの量子ビーム変異株をスクリーニングして低セシウム吸収イネを作出すべきことを提案していました。当初は皆さん「またモリビンがほらを吹いている」という冷たい雰囲気でしたが、日本土壌肥料学会では、その後石川覚グループが量子ビーム育種で、秋田県立大では頼泰樹グループが変異原(アジ化ナトリウムやMNU)を用いてスクリーニングを行って該当遺伝子を同定しています(これらの遺伝子破壊株はカドミウムの場合のようにほぼ100%セシウムを吸収抑制するわけではないということですが)。今回の農研グループの成果はカリウムトランスポーターの破壊株に関する発表ではないですが、先駆的な新種の発明であることは間違いありません。今後、カリウムトランスポーターであるHAKやAKT1などの破壊株の低セシウムコシヒカリの発表が続くものと大いに期待されます。(森敏 記)

 

付記2:

小生は今回の福島第一原発事故後の研究者の在り方として、単にチェリノブイリ原発事故で世界の研究者が明らかにしてきた事の追試的な研究ばかりでなく、サイエンスとして新しい観点からの発明や発見があるべきだとずっと主張し続けてきました。今回の農研機構・岩手生物工学センター・福島県農業総合センターの共同研究の成果は、まさに小生の提案に沿う成果であり、高く評価したいと思います。
 
付記3:過去の農研機構・東大との共同研究による「量子ビーム変異を用いた低カドミウム米の開発に成功」は以下のWINEPホームページとWINEPブログを参照ください。

  WINEPホームページ: http://www.winep.jp/news/153.html

  WINEPブログ:2014/05/14 : 中国の広大なカドミウム汚染土壌に、日本の無・カドミウム米「コシヒカリ環1号」を


2017-02-14 16:27 | カテゴリ:未分類
野鳥の会・法政大学人間環境学部共催のシンポジウム開催予告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンポジウム 福島の生きものは今 ―現在、そして、これからを考える

 

東日本大震災から約6年。巨大地震と大津波に端を発した原発事故に
 
よって、福島の自然及び社会には大きな影響が出ました。
記録映像、現地で調査を行なっている研究者や福島在住の方の報告に
基づき、それぞれの視点から今後について考えるシンポジウム「福島
の生きものは今
現在、そして、これからを考える」を34()
に開催します。
 ---------------------------------------------------------------
日 時:201734() 10:0017:30 (9:30開場)

 会 場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート校舎 G402教室
 
定 員:300
 
参加費:無料
 
申込み:不要
 主 催:(公財)日本野鳥の会・法政大学人間環境学部
 ---------------------------------------------------------------

 
 <
プログラム>
 10
時~

・映画上映
 
「福島の生きものの記録 シリーズ4 ~生命~」岩崎雅典(群像舎)
 
・トークショー
 
岩崎雅典(群像舎)×遠藤孝一(日本野鳥の会)

 

13時~
 
・研究報告
 
「放射線の性質と生物にとっての特徴」
      石田健(東京大学)
 
「野鳥の個体群レベルの保全と放射線 ―ウグイスを例に」
   石田健(東京大学)
 
「ツバメとカラ類への放射性物質の蓄積」
   山本裕(日本野鳥の会)
 
「放射能汚染地域の魚は健康なのだろうか?」鈴木譲(東京大学名誉教授)
 
「福島県の小型哺乳類における放射性セシウム蓄積の実態と生息環境」
 
山田文雄(森林総合研究所)
 
「フクロウの繁殖に与える放射能の影響」
    西海功(国立科学博物館)

 

15時30分~
 
・福島からの現状報告
「失われていく里山、伝統」 稲葉修(南相馬市立博物館)
 
「寸断された地域の絆、つながり」 松村直登(NPO法人 がんばる福島)
 
「失われた自然体験の場を取り戻す」
      弦間一郎((公財)ふくしまフォレ
                                           スト・エコ・ライフ財団)

 

16時30分~
 
・パネルディスカッション 「福島のこれからを考える」
 
<モデレーター> 高田雅之(法政大学)
 
<パネリスト> 石田健、稲葉修、弦間一郎、松村直登、山本裕

 
会場では、放射線像・写真展も開催します。
  [協力:写真家 加賀谷雅道、東京大学名誉教授 森敏]

 
<お問合わせ>
 (
公財)日本野鳥の会自然保護室
           TEL03-5436-2633 E-mailhogo@wbsj.org

 
<シンポジウム情報ページ>

 http://www.wbsj.org/activity/event/symposium-current-fukushima/

 
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

スライド1 
 
 

 
 
スライド2
 

  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
(森敏)

付記:
会場では我々の撮像した「放射線像」も15枚ばかりごらんいただけます。

FC2 Management