2017-07-03 13:33 | カテゴリ:未分類
 

  昨年の秋、浪江町の道端の可憐なノアザミを根から掘り起こして採取した。

  花器が確実に内部被ばくしている(図2、図3、図4、図5)。
   
  下位葉が相変わらず、いまだに土埃(つちぼこり)の放射能で外部被ばくしている(2、図3)
   
  いくらふるっても、根の微細な放射能汚染土による放射能はふるい落とせない(図2、図3、表1)。

    
  
 
 
 
  
 
 スライド2 
 
 図1.根から掘り上げたノアザミの全身像







 
スライド3 

  
 
  図2.根から掘り上げたノアザミの全身像(図1)のオートラジオグラフ
ポジテイブ画像 花台で形成されつつある種子が放射性セシウムで強く感光している。





 
スライド4 

  図3.根から掘り上げたノアザミの全身像(図1)のオートラジオグラフの
ネガテイブ画像





 

スライド5 
 
図4. 図1の頭頂部(花台)の部分の拡大図 花は開花終了し、しぼんだところ。



 
スライド6 
 
 図5.図4の部分のオートラジオグラフ(ネガテイブ画像)の拡大図。 花がしぼんで形成されつつある種子が放射性セシウムで強く感光している。

 
 

スライド1 
図1.ノアザミの部位別放射能 ここでの花は花器である。形成中の未熟種子を含んでいる。
 
   
   
  
(森敏)

追記:

先日芦屋で小学校のクラス会があったのだが、そこで
「福島はまだ放射能があるのか?」と聞かれて、一瞬絶句した。

きわめて残念なことだが、いまや関西での認識はそんなものなのだろうか。
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2121-ae1a54a3