2017-02-14 16:27 | カテゴリ:未分類
野鳥の会・法政大学人間環境学部共催のシンポジウム開催予告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンポジウム 福島の生きものは今 ―現在、そして、これからを考える

 

東日本大震災から約6年。巨大地震と大津波に端を発した原発事故に
 
よって、福島の自然及び社会には大きな影響が出ました。
記録映像、現地で調査を行なっている研究者や福島在住の方の報告に
基づき、それぞれの視点から今後について考えるシンポジウム「福島
の生きものは今
現在、そして、これからを考える」を34()
に開催します。
 ---------------------------------------------------------------
日 時:201734() 10:0017:30 (9:30開場)

 会 場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート校舎 G402教室
 
定 員:300
 
参加費:無料
 
申込み:不要
 主 催:(公財)日本野鳥の会・法政大学人間環境学部
 ---------------------------------------------------------------

 
 <
プログラム>
 10
時~

・映画上映
 
「福島の生きものの記録 シリーズ4 ~生命~」岩崎雅典(群像舎)
 
・トークショー
 
岩崎雅典(群像舎)×遠藤孝一(日本野鳥の会)

 

13時~
 
・研究報告
 
「放射線の性質と生物にとっての特徴」
      石田健(東京大学)
 
「野鳥の個体群レベルの保全と放射線 ―ウグイスを例に」
   石田健(東京大学)
 
「ツバメとカラ類への放射性物質の蓄積」
   山本裕(日本野鳥の会)
 
「放射能汚染地域の魚は健康なのだろうか?」鈴木譲(東京大学名誉教授)
 
「福島県の小型哺乳類における放射性セシウム蓄積の実態と生息環境」
 
山田文雄(森林総合研究所)
 
「フクロウの繁殖に与える放射能の影響」
    西海功(国立科学博物館)

 

15時30分~
 
・福島からの現状報告
「失われていく里山、伝統」 稲葉修(南相馬市立博物館)
 
「寸断された地域の絆、つながり」 松村直登(NPO法人 がんばる福島)
 
「失われた自然体験の場を取り戻す」
      弦間一郎((公財)ふくしまフォレ
                                           スト・エコ・ライフ財団)

 

16時30分~
 
・パネルディスカッション 「福島のこれからを考える」
 
<モデレーター> 高田雅之(法政大学)
 
<パネリスト> 石田健、稲葉修、弦間一郎、松村直登、山本裕

 
会場では、放射線像・写真展も開催します。
  [協力:写真家 加賀谷雅道、東京大学名誉教授 森敏]

 
<お問合わせ>
 (
公財)日本野鳥の会自然保護室
           TEL03-5436-2633 E-mailhogo@wbsj.org

 
<シンポジウム情報ページ>

 http://www.wbsj.org/activity/event/symposium-current-fukushima/

 
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

スライド1 
 
 

 
 
スライド2
 

  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
(森敏)

付記:
会場では我々の撮像した「放射線像」も15枚ばかりごらんいただけます。

2016-10-10 12:28 | カテゴリ:未分類
以下の情報が全国に避難されている飯舘村の皆さんにも届くことを期待して、
転載します。
小生のpdf からjpeg への変換技術が悪くて、その結果か解像度が悪くて画像の文字が読み辛いでしょうが、目をさらにして解読してください。すみません。 


飯舘村10 月村長選挙レポート

佐藤八郎さんと現村長・菅野典雄さんの政策比較を
2016 年10 月9日 飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク 事務局

村長選は6 日に公示され、16 日の投票日に向けて闘いは既に中盤にさしかかってきました。
県外の支援者は一部の人を除いてなかなか応援もままならぬ状況ですが、その一端として両候
補の政策チラシをご紹介いたしますので、ご参考になさって下さい。

 
現村長の主張は来年春帰村、再来年春学校再開に集約されている。
帰村すれば、いいことあるよ、ということだろう。
安心安全と云われるが、国法を逸脱した年20ミリシーベルト安全説であり、事故直後の村民の高濃度被曝も無視されており、要するに「放射能無害」説ということになる。
加えて佐藤八郎は国とのパイプもなく、今後の補償・補助は期待できないよ、と。
     
対する佐藤八郎さんのスローガンは
「政府いいなりの来年春帰村方針の白紙撤回」がまずきて、
チラシ裏側が具体的政策となる。
     
政策は
1.村長出前相談会で村民の意向をしっかり聴き取る
2.完全除染の実現と学校再開時
期は父母の意向による
3.完全賠償を実現する
4.生涯無料検診・治療の実現
5.生業再建への全力支援
…となる。
         
子どもを筆頭とする村民のいのちを守るということが中心に据えられていると考えればよい。
煎じ詰めれば「いのちか、カネか」という選択となるわけだ。
その上で今後の村民の暮らしの再建を精一杯支援する、という骨組みである。
    
原発とカネを選びますか、それとも子どもや村民のいのちを選びますか。
この問いかけは、大きく言えばこのクニの全ての人々、ひいては全人類への巨大な問題提起となっていることに気付かねばならないだろう。
   
6日公示、16日投票。選挙はもう始まっている。
         
        
プレゼンテーション1
  


かんののりお 
  
  
  
(森敏)
 
追記1:(10月13日)発行の「週刊女性自身」に和田秀子取材・文として、2ページにわたって
全村避難の飯舘村12年ぶりの村長選挙ルポ
が載っている。
 
追記2:選挙結果です(2016.10.17)
   

飯舘村長に菅野典雄氏 新人・佐藤氏破り6選、避難解除を支持
 

20161017
     

任期満了に伴う飯舘村長選は16日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の菅野典雄氏(69)=5期=が、前村議で無所属新人の佐藤八郎氏(65)を581票差で破り、6選を果たした。任期は27日から4年。

 12年ぶりに選挙戦となった同村長選は、来春に予定されている村の避難指示解除を最大の争点に激戦を展開。現職の菅野氏が解除時期の白紙を掲げる佐藤氏との戦いに勝利したことで、来年3月31日の帰還困難区域を除く避難指示解除に向けた動きは予定通り進む見通しとなった。

 菅野氏は、震災と原発事故後に政府と交渉して実現してきた施策や村長5期の実績などを強調。加えて、3月31日の避難指示解除後の「新たな村づくりによる復興の加速化」を訴えた。村民は村内の復興策を推し進める菅野氏の実績と姿勢に一定の評価を下し、再び村政のかじ取りを託した。
 
追記3:(転載です 2016.10.19))

負けて勝った、勝って負けた佐藤八郎さん
 

2016 10 18 日 飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク事務局
 

以下は、負け惜しみで言うのではない。
 

投票数3709人で、現職・菅野典雄さんが2123票、佐藤八郎さんが1543票、その差580票。 ある

村民いわく、菅野村長の固定票は1000票だろう、それは現職故の利害がらみだからそうなる。

それに対し佐藤さんはこれまでの村議選での主にカネの絡まぬ血縁票が300票位かな、と。 だと

すれば今回の村長選結果を見るに、菅野さんが固定票に上積みしたのは1123票、対して佐藤さ

んは1243票を上積みしたことになる。
 

さて、ご存知かも知れないが、村民の間における菅野村長の一般的評価は、極めてよろしくな

い。
 

原発事故直後、当時の民主党がメルトダウンを隠して表面「安全」を云いつつも、村長に村民

避難を勧めたにもかかわらず、「村がなくなるのは困る」として断り、以後全村避難までの3

月半、村民を高濃度被曝させたこと、これに佐藤八郎さんが強硬な抗議をしていたこと、これ

は飯舘村では周知の事実なのである。
 

その後も東電や政府との交渉時、常にその加害者側と同列に立って村民の要求や不安を抑え続

けてきたことも、また同じ。
 

佐藤八郎さんは、およそカネには縁のない人である。彼の5期にわたる村議活動は、ひたすら村

民の自宅におもむき、その要望を聴き、相談に乗り、それらを村政に反映させることに費やさ

れてきた。事故以後、彼が加害者と一体化した村長を厳しく批判してきたこともまたよく知ら

れている。だから人望とか人気では菅野さんを圧倒していたといってよい。
 

だから今回の選挙の行方を予想した時、その佐藤さんの人気が、果たして投票に結びつくか否

か、ここが大きな焦点であったのだ。
 

結果を見れば菅野さんの当選となったのだから、この予想は「否」となったことになりそうだ

が、冒頭の上積み票差を見れば、決してそうは言い切れないだろう。固定票に対する上積み票

だけで見れば、ここは佐藤さんの勝ちなのである。
 

では、菅野さんの上積みした1123票の意味は何か?佐藤さんの上積みした1243票の意味は何

か?
 

佐藤さんの上積みはすぐに理解できる。仮設住宅での選挙演説には常に多数の村民が集り、拍

手喝采であったが、菅野さんのそれにはパラパラであったという事実。佐藤さんは菅野村政と

国政を厳しく批判し、それが一方的被害者である村民の内攻していた怒りに火を付け、よく立

候補してくれた、という感謝として現れてきたということである。
 

他方菅野さんの上積みは、単なる現状容認ではないだろう。村民すべてがこれからの人生・生

活への大きな不安感・苦悩を持っている。佐藤さんに投票したい気持ちはあれど、果たして佐

藤さんがそれを解決してくれるのかどうか。ここに「国とのパイプ」を強調する菅野さんの言

説が入り込む余地があったと言わなければならない。
 

佐藤さんは、負けたが、勝った。
 

だが、勝てる闘いを十分活かし切れずに負けた。

これを本物の勝ちにしなくてはならない。
 

その前提は負けたことへの謙虚な反省である。

子どもと村民のいのちと生活を守る闘い。

再来春学校再開方針との闘い。

来春帰村方針との闘い。

賠償や補助打切りとの闘い。

完全除染実現への闘い。

完全な放射能健康診断実現への闘い。
 

村長になろうがなるまいが、その村民との約束を守らなければならない。

だから、闘いはまだ始まったばかり、いや、これからが本当の闘いになる。
 

最後に一言。

新潟県知事選もそうだが、首長一個人にのみ過剰な期待を寄せるのは止めようではないか。

いま求められているのは、われわれ一人一人の自立である。

それなくして、決して原発はなくならず、このクニがよくなることはないのだから。__

 



2016-07-29 16:14 | カテゴリ:未分類
ツイッター始めました。
ブログの更新情報が配信されます。

https://twitter.com/WINEP_News

QRcode.gif
2016-06-24 10:01 | カテゴリ:未分類
  


10 dojyougazou 

図1。弁当箱に回収された放射能汚染の森林土壌の断面図。一番上の黒い部分が落ち葉などの有機物層。
  
 
 
dojyou BAS10 

図2.図1のオートラジオグラフ。
 
 
 

先日のNHKスペシャルBS1「被曝の森」では小生も多少取材に協力した。当日放映はされなかったのだが、いくつか協力をした中でも、放射能濃厚汚染現地での土壌断面の放射能分布の映像化はわれわれとしてもとくべつに力を注いだものであった。すでに論文では発表していたのだが。
   
  これまでも土壌断面の放射能分布は数値としてはあちこちで発表されていたのだが、オートラジオグラフとして可視化したものは、我々の論文(付記1)と書物(付記2)が世界でも最初であった。これをもう一度現場で作業する姿を撮りたいというので、我々はいろいろ準備をした。一日前に浪江町で適当な山林内を物色して、穴を掘る場所を定めて、試験的に穴掘りをした。最終的に土壌断面が平面として、切り出されなければきれいなオートラジオグラフにはならないので、実はそのための各種資材の調達や作業手順の苦労が大変であった。
  
  NHKのクルーが試作品の「γ(ガンマ)ーカメラ」を携えて、浪江町ゲート入り口で合流した。現場に到着すると、早速われわれは穴掘りに取りかかった。その作業の様相をテレビカメラが撮影した。平滑な土壌断面(soil profile)が現れたところを γーカメラ で撮影し、それをテレビカメラが撮影していた。オートラジオグラフにするには片側断面が平滑な土塊を弁当箱にきっちりと回収する必要があったので、我々は再度付近の別の土壌を慎重に掘り土壌サンプルを回収した。しかしこの場所ではγーカメラではあまりシャープな映像が得られなかったようで、NHKクのルーはご不満のようで、今度は全く場所を変えて、少し明るい林床の傾斜地を鉛直に切りくずして、その断面を γーカメラで撮影すると、土壌表層数センチ付近が強く染まり、NHKのクルーもご満足の様子であった。
 
  一方、弁当箱に回収した土壌サンプル(図1)は、大学に持ち帰って、次の操作に移る必要があった。「弁当箱の上にIPプレートを乗せて感光させる」というと原理は簡単だが、作業は意外と複雑だ。土壌が少し水を含んでいるので、この水がIPプレートにふれると水の妨害により感光映像が台無しになる。そこで土壌表面とIPプレートの間に厚めのサランラップを敷き、その上にIPープレートをぴったりと乗せる必要がある。ぴったりとするためには、IPープレートの側を下にして、弁当箱を上にして土壌の重みでぴったりさせる必要がある。そのように弁当箱とIPプレートをセットでよいしょと周辺を汚染させないように天地を逆転させる。そのあと全体を暗幕で遮光した特製の容器の中に、滑り込ませ、装置全体をきっちりと水平に静置する。この一連の操作は運動神経の俊敏な加賀谷雅道カメラマンが行った。暗幕の遮光装置自身も彼の作成したモノである。その一連の操作をテレビカメラが納めた。そのまま1週間ばかり放置した後BASで現像する。その結果の映像が上記の図2である。
 
  一見して一番上の有機物層とその下の腐植層に放射性セシウムが局在していることがわかる。
    
土壌断面放射能分布jpeg60 
図3。森林土壌の地表面から土壌深部への放射性セシウム(Cs-134 + Cs-137)含量の分布
  
       

図2をさらに定量化したものが上の図3である。図3は図1の弁当箱の中の土壌をを上からスパーテルで水平に3.5ミリ間隔でていねいに削り取ったものを、プラスチックの NaIスペクトロメーター用容器に入れて、放射能を測定したものである。土壌表層から30ミリ(つまり3センチ)以内に土壌に降り積もった放射能の95%以上が含まれていることがわかる。このように降りそそいだセシウムは事故発生時以来5年たっても土壌の縦方向にはあまり動いていない。このような表はすでに内外の数報の学術雑誌で報告されていることである。
         
   このように我々がいささか苦労して協力した映像化のための努力は、NHKスペシャルでも、その後の再放送のBS1スペシャルでも放映されなかった。紹介したい役者(研究者)達が多くて、1時間という放映時間内では盛り込めなかったのだろうと好意的に解釈している。しかし、得られたデータを世の中に発信しておかないと、我々は何もしなかったことになるので、今でもこれは有用な国民が共有すべき情報であると考え、ここに報告しておく次第です。
      
 
(森敏)
付記1:Hiromi Nakanishi et al. Proc. Jpn. Acad. SerB  (2015) 91:160-174
付記2:「放射線像 放射能を可視化する』(皓星社) 森敏/加賀谷雅道著
付記3:図3の土壌の放射能測定は 東大農学部RI施設の広瀬農助教によるものです。
 

2016-04-23 11:03 | カテゴリ:未分類

BS1スペシャル「原発事故 5年目の記録」
5
1日(日)午後7時~「(前編)被曝(ばく)の森」
5
1日(日)午後8時~「(後編)無人の町は今」

今年3月放送し、大きな反響を得たNHKスペシャル「被曝(ひばく)の森」の大幅な拡大版。福島第一原発事故によって7万人の住民が避難を強いられ、生じた広大な無人地帯。広さは東京23区の1.5倍に及ぶ。人の姿が消えて5年、いま何が起きているのか―。世界中の科学者たちが調査を続けている。高濃度の放射性物質に汚染された“被曝(ばく)の森”。そこに生きる生物への影響は…?人が消えた町で大繁殖する野生動物。人を恐れぬ新しい世代の生態とは…?“知られざるFUKUSHIMA5年目の記録。前編は放射能影響の謎に迫り、後編は無人の町の今を見つめる。
【語り】礒野祐子

 


去る3月6日に放映されたNHKスペシャルに関しては20人以上の方から、メールと手紙で熱のこもった感想をいただきました。それらを個人情報を伏せて、NHKデイレクターに送りました。

  

今回のBS1スペシャルは、さまざまな視聴者からの意見を取り込んで前編と後編に分けて、前回の二倍量の2時間番組として作成しているようです。

 

小生(森敏)らが登場する部分は前回とあまり変わりばえがしないとのことです。なので、もし『放射線像』に関してさらに詳しいことがお知りになりたい方は、小生が先日文京区の学習会で講演した内容が以下のu-tubeで公開されていますので、お時間のある時にご笑覧ください。ただし全部で2時間半の長丁場です。

文京区アカデミー茗台学習室Aにて 13:25開会
動画(UPLAN提供)
 
    
映像:https://youtu.be/mih1FzATQco?t=30m20s

    

映像(質疑応答)

https://www.youtube.com/watch?v=DA778KBNj9o

  

        

 (森敏)

付記1: よろしければ、以上の情報をお知り合いに拡散してください。
 

 付記2:BS1の前宣伝のために5月1日までWINEPブログを休載いたします。

追記1: BS1スペシャル「原発事故5年目の記録」前・後編はその後 6月4日に BS1で再放映されたとのことです。(6月10日記)

 

FC2 Management