2016-06-20 06:46 | カテゴリ:未分類

   
焼却処理が完了 放射性物質汚染の下水汚泥 2016/06/01 11:02 福島民報 )

 郡山市の県県中浄化センター下水汚泥仮設焼却施設で31日、東京電力福島第一原発事故による放射性物質に汚染された下水汚泥の処理が完了し、施設の運転が終了した。
 施設は環境省が整備し、平成25年9月に1キロ当たり8000ベクレルを超える放射性セシウムを含む「指定廃棄物」の汚泥約1万1千トンの焼却を開始した。26年4月からは同8000ベクレル以下の汚泥約2万7千トンを県が処理した。
 汚泥は全て同センターでの下水処理の過程で発生した。焼却前、フレコンバッグ(除染用収納袋)に入れられ、センターの敷地内に山積みされていた。
 焼却灰約7500トンはフレコンバッグと貨物コンテナに入れて敷地内で保管している。このうち約7千トンは指定廃棄物で、国有化された富岡町の管理型処分場に搬入される見込み。8000ベクレル以下の残る約500トンは埋め立て処分できるが、県は環境省と対応を協議している。県は29年3月までに施設の解体を完了する予定。費用は東電に請求する。
   
   

去る20151121()午後900分~949分 に放映された
NHKスペシャル シリーズ「東日本大震災追跡原発事故のゴミ」
に関しては、このWINEPブログでも紹介したのだが、読者はすでに忘却の彼方だと思う。
   
     このときの現地の映像がすこし放映された『福島県・県中浄化センター』について、「放射能汚染した活性汚泥の焼却を終えた」という由の記事が、上記「福島民報」に掲載された。小生はこのNHKテレビクルーの取材のときに、頼まれて福島県郡山にある「県中浄化センター」に同行したので、今回の新聞記事には感慨深いものがある。小生自身もこの時カメラ撮影したので、以下に施設を簡単に紹介しておきたい。最近の義務教育では生活科学科での環境教育の一環として <下水道施設の見学> などが組み込まれているようなので、若い世代には以下の内容はめずらしくもないかもしれない。しかし60歳以上の日本国民は下水道施設を見学された経験のない方が多いと思うので。


  
スライド1

 図1.福島県「県中浄化センター」本館の最上階のガラス窓越しに北側の 微生物による汚泥処理施設 を俯瞰した光景。 画面中央部全面は広大な開放型の曝気槽。 
  
     
  図1の手前の暗渠(あんきょ)から下水を取水し、画面中央部の開放系の曝気(ばっき)層で好気的に菌体を培養して汚水成分を栄養源として吸収させて増殖させて、左上方の白い建家(図2)の中に生じた菌体(汚泥成分)を回収し、汚泥脱水機(図3、図4)で、水分を絞って濃縮汚泥とし、これを回収し(ここに菌体に取り込まれた放射能が回収される)、きれいになった:(生物的酸素要求量(BOD)が低下した)水は向かいの山がわの下を流れる阿武隈川に放流される。
 
  原発事故以来この県中浄化センターでは濃縮汚泥の一部を掻き取って1リットルのプラスチック容器に入れて(図5)、放射能測定器で放射能を測定している(図6)。以前にもWINEPブログで紹介したように、主としてI-131、Cs-134、Cs-137が現在でも検出され続けている。

 

 

 

odeisyoritou.jpg   
 
図2.汚泥処理棟

 


 
 

10%汚泥脱水機 

図3.汚泥脱水機 


 
 

 

dassuisyoricyuu 10 

図4. 汚泥脱水機の横のふたを開けたところ。フィルター越しに絞り水がでている。

 


 
 

odeisokuteiyouki.jpg 
図5.汚泥脱水機から掻き取った汚泥が入ったの測定用容器
 

 

 

 

10%bekurerumonita 

図6.放射能測定器。このなかに図5の容器が入っている。測定値が机上のコンピューター画面上上でピークパターンとして表示されている。 

 

 
スライド3 
図7. 奥の赤い建物が本館。玄関南正面に汚泥が入ったフレコンバックががずらりと約1万袋並んでいる。写真右の空き地は、これまでに焼却処理にまわされたフレコンバックがあったところ。図1の写真はこの本館最上階から北の山側を俯瞰したもの。 

 

  図7にみられるフレコンバック内の汚泥を順番に高温で燃焼して減容化していっているのだと所員に説明された。高温燃焼は民間業者が請け負っており、「平成27年までに終了すべし」という地域住民との契約であるので、その時点で解体するとのことであった(今回の福島民報での報道は、その住民との約束を忠実に実行している、ということの表明なのだろう)。この高温燃焼炉なるものは建屋全体が全面的に高い塀に覆われたもので、中身は残念ながら見学させてもらえなかった。高温燃焼で出てきた線量の高い飛灰を付着したバグフィルターや、高濃度に濃縮された焼却灰の取り扱いをどのように行っているのか非常に興味があったのだが、現在あいにく工事中という理由で見学は断られた。映像がテレビで放映されて、クレームがくるのをおそれたのかもしれない。この燃焼施設などの建設や運転費用なども教えてもらえなかった。上記の記事では汚泥焼却にかかった費用は東京電力に請求すると報じられている。当然だろうが、いつ実現するのだろうか? 

スライド2 
図8.燃焼した灰やバグフィルターなどの保管庫エリア。奥の方にももう一か所山積みされている。あと2カ所別のところにも。
 
    

  放射線量が高い焼却灰などはフレコンバックに詰められて、それらがこの時点ではステンレス製(?)の20トンコンテナに内蔵されていた。図3.の写真に見るように、このコンテナが20(横)x3(横)x4(高さ)x(2カ所)=480個ばかり集積されており、まだ増える様相であった。写真のコンテナを囲む緑のフェンスの脇で放射線量を所員に測定してもらうと毎時0.23マイクロシーベルトで、そこからはなれるごとに線量は低下していったが5メートル離れても 毎時0.12マイクロシーベルトあった。コンテナの中身は相当な放射線量と思われる。我々が訪問した昨年10月の時点では、このコンテナに収蔵された高濃度放射能含有廃棄物はこれをどこに持っていって貯蔵するかあてがないようであった。しかし今回の新聞報道では「このうち約7千トンは指定廃棄物で、国有化された富岡町の管理型処分場に搬入される見込み」とある。実際にはいつになることやら。
        
  
現在も発生し続けている低濃度放射能汚染汚泥は、許容基準が8000Bq/kg以下という暫定基準を満たしているかぎり、従来通りの扱いになるのだろう。しかしいくら合法的だと言っても、従来通りのルートで埋め立てや従来通りの燃焼炉での焼却にただちに持っていけるかどうか、不透明なところがある。しばらくはまだ敷地内に集積保管されるのではないだろうか。
             
  以前にも述べたように、福島県ではこの県中浄化センターと県北浄化センターは原発事故以来、忠実に活性汚泥の放射能値を毎日測定し毎月ごとにホームページ上に開示している。このモニタリング事業は地味だが非常にすばらしい活動だと小生には思える。なぜなら、もし東電福島原発が廃炉工程で再度爆発したりして放射能が飛び散れば、それが直ちに活性汚泥に反映されることが今や明らかになっているからである。このモニタリング事業は一種の原発の監視機構として機能しているのである。したがって福島第一原発の廃炉が続くまでずっと続けるべき事業だと思う。
 
      
(森敏)
付記:濃縮汚泥にいまだにI-131が検出され続けている理由については、別の機会に紹介したい。
追記:以下の記事です。ご参照ください。
福島県では依然として下水に放射性ヨウ素(I-131) が放流されている 
  
 


  
 
  



     

  


2016-03-28 10:20 | カテゴリ:未分類

中西友子東大教授(農学生命科学研究科)が2016年度のヘベシー賞を受賞した。

「生物学分野でのラジオアイソトープ・イメージングの研究」と「東電福島原発の事故の農学関連への主導的役割」が授賞理由である。授賞式はハンガリーのブダペストで4月10日から15日に開催されるInternational Conference on Radioanalytical and Nuclear Chemistry (RANC-2016)で行われる。

    

ヘベシー(Hevesy)はハンガリー出身の科学者で1943年ノーベル化学賞を受賞している。この賞は Hevesyの栄光を記念して1968年に創設されたものである。この賞はこれまで日本人としては Suzuki Nobuo氏 が受賞しているのみで、中西友子教授の受賞は2人目である。

   

私見では2つの授賞業績理由のうちの後者(社会貢献)に関しては下記の2冊をSpringer社から編集刊行し、これを無料でダウンロードできるようにしたことも大きい理由ではないかと思われる。世界のジャーナリズムや研究者がこれらの英文の著書を通じて、東電福島第一原発事故で飛散した放射能の農業へ影響の実情をまとまって知ることができる。他にこれまで膨大な数の原著論文が日本からは英文で発信されているが個々の専門的研究分野の雑誌に限定されているものが多い上に、事件発生当初は、緊急性にかんがみ、日本人に向けての日本語の論文が非常に多かったからである。
     
     

1.Agricultural Implications of the Fukushima Nuclear Accident .(Tomoko M Nakanishi, Keitaro Tanoi 編集.  Springer Open Access 全204) 2013年刊行

2.Agricultural Implications of the Fukushima Nuclear Accident. The first three years.(Tomoko M Nakanishi, Keitaro Tanoi 編集. Springer  Open Access 全203頁) 2016年刊行

     

実におめでたい。

 

   

(森敏)
 
付記1: 以下に学会事務局から広報されている。
 
ANNOUNCEMENT OF THE HEVESY MEDAL AWARDEE 2016

The Hevesy Medal Award Selection Panel 2016 (HMASP-16) is pleased to announce that Professor Tomoko M. NAKANISHI (atomoko@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp) of the Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Japan, has been selected to receive the Hevesy Medal Award 2016 (HMA-16) in recognition of her work in radioisotope imaging in botany and her leadership in the agricultural consequences of the Fukushima nuclear accident.

The Hevesy Medal and a Scroll will be presented to Professor NAKANISHI at the International Conference on Radioanalytical and Nuclear Chemistry (RANC-2016) to be held in Budapest, Hungary during 2016 April 10-15.

::::::

The George Hevesy Medal Award is the premier international award of excellence in radioanalytical and nuclear chemistry. It is named after George de HEVESY (1885-1966) who received the Nobel Prize for Chemistry in 1943 for his work on the use of isotopes as tracers in the study of chemical processes. The George Hevesy Medal is awarded to an individual in recognition of excellence through outstanding, sustained career achievements in the fields of pure as well as applied nuclear and radiochemistry, in particular applications to nuclear analytical chemistry. Established originally in 1968 by Professor Tibor BRAUN, Editor-in-Chief of the Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry (JRNC), the Hevesy Medal Award was given 19 times during 1968-86. This Award was reactivated in 2000 by Professors BRAUN and CHATT. It is sponsored by JRNC, administered as well as adjudicated by the JRNC Board of the Hevesy Award. The Award has no monetary value. The George Hevesy Medal Award comprises an engraved bronze medal in a presentation case and an ornamental scroll, which are presented at a major international radiochemical conference being held in the year of the award.

 

付記2:中西友子教授は今年3月末で定年退職される。 

付記3:みなさま、タンポポの奇形観察お忘れなく。
2016/03/10 :
タンポポの奇形をお見逃しなく :観察次第ご連絡ください (クリックどうぞ)

 

2016-01-12 21:33 | カテゴリ:未分類

   小生らは2011年秋にジョロウグモに東電福島原発事故由来の110mAgを発見して以来、執念深くジョロウグモを採取して放射能の変遷を追跡している。その結果の一部が図1である。
      


ジョロウグモの110mAg,134Cs,137Cs jpeg--


   図1.ジョロウグモの体内放射能の年次変遷
 
   
        

  放射能値(ベクレル/キログラム乾物重)を測定したのは図1に示すように、110mAg(赤色)、134Cs(空色)、 137Cs(青色)である。当初(2011年から2014年まで)は主として飯舘村で採取していたが、2014年夏ごろからから除染業者による水田や牧場の表土剥離という手荒い手法の放射能除染活動が猛烈なスピードで始まって、生態系が無茶苦茶にかく乱されることになったので、それ以降は主として浪江町のほうで採取してきた。浪江町は除染活動が今でもまだ本格化していない。
      
  第1図では横軸に採取順に番号が振ってある。採取順位の1番~10番,13番は飯舘村のジョロウグモで、11番,12番,14番,15番,16番は浪江町のジョロウグモである。大体採取時期は各年次の晩夏から晩秋にかけてである。煩雑になるので細かい採取地区はここには記載していない(付記の論文には記してある)。
      
  結果は半減期が30年の137Csの値を見ると、ジョロウクモたちの採取時点での空間線量(煩雑になるので表には書き込んでいない)とジョロウグモの137Csの値とがごく大まかにではあるが、比例相関にあった。110mAgは半減期が250日であり、134Csは半減期が2年なので、まずジョロウグモの110mAgの値が急速に低下し、次に134Csの値も徐々に低下していることがわかる。しかし浪江町で採取したジョロウグモは微量だが2015年秋の段階でもまだ110mAgが検出される場合がある。
      
  浪江町でのジョロウグモでの134Cs 137Csは依然として高い値を示している。飯舘村でのジョロウグモの放射能値がかなり減少しているにも拘わらず、いまだに浪江町のジョロウグモが高く推移しているのはなぜだろうか? (最初から浪江町のジョロウグモを採取していれば、ジョロウグモのすべての放射能値が飯舘村のジョロウグモよりもはるかに高い値として検出されたであろうが、この避難区域には容易に調査に入れなかったのが悔やまれる)
       
  浪江町では本格除染が始まっていないので、今日に至るまで道路端の樹木や民家の庭や田畑で棲息している ≪ジョロウグモが食する食物連鎖の下位の小動物≫ がいまだに高い放射能を含んだまま棲息していると思われる。われわれは無断で森林に入ったり民家の庭に奥深く入ったりできないので(自警団や警察に警告される!)、やむなく道路端の主としてサクラの木などからジョロウグモを採取している。
      
  だから、民家とその周辺や道路と周辺森林を優先的に土壌剥離除染する現行方式によっていちばん明快に放射能含量の低下が認められる小動物は、食物連鎖の比較的上位にいるジョロウグモではないだろうか。飯舘村がそのよい例なのだろう。言い換えれば、ジョロウグモの放射能値の増減の傾向はそこの生態系の中で循環して生物が使いうる放射能の増減の傾向を示していると思われる。ジョロウグモは有力な「除染効果の指標生物」になりうると思う。
      
  たかがジョロウグモ、されどジョロウグモ、である。
         
(森敏)
付記:2011年から2014年までのジョロウグモとその他の全35種類の小動物の放射能測定データはこれまでも何度か紹介しているわれわれの以下の論文に収録しています(無料でダウンロードできます)。本日の紹介はその後の考察を兼ねた追加報告です。
Hiromi Nakanishi et al.  Discovery of radioactive silver (110mAg) in spiders and other fauna in the terrestrial environment after the meltdown of Fukushima Dai-ichi nuclear power plant. Proc. Jpn. Acad., Ser. B 91 (2015)160-174.

2015-04-08 08:12 | カテゴリ:未分類

ある飯館村民から、東京及び全国の人々へのメッセージ

                            201545

 

東電福島原発事故周辺地への「帰還」なるものが政府によって進められようとしている。

事故直後の安全宣言で2ヵ月半も高濃度被曝をさせられてしまった飯舘村は、その最たる被害地である。

その飯舘村にも「来年春帰村」という方針が出された。

 

ご存知のように村内は未だに毎時210マイクロシーベルトであり、計測器の針が振り切れるホットスポットが随所にある。仮に低い数値をとっても毎時2マイクロなら、年間被曝量は11ミリシーベルト(10時間屋外、14時間屋内として)に達する。しかもこれは外部被曝だけであり、吸入等による内部被曝は含まれていない。

 

加えて村民は当初最大毎時120マイクロシーベルト(315日)の高線量下に避難しないままに曝されており、これを2ヵ月半で試算すれば約151ミリシーベルトの外部被曝となり、これに著しい内部被曝が加わることになる。
 

なぜ著しいかと言えば、当時の文科省調査で飯舘村の雑草からセシウム合計265万ベクレル/kg、ヨウ素256万ベクレル/kgが検出されており、水道水からもヨウ素約1,120ベクレル/kgが計測され、にも拘らず「庭の野菜も水もどんどん飲食して大丈夫」という「学者」による公式宣伝がされていたからである。そしてその後、飯館村民には「希望者にはホールボディーカウンター検査」が云われても、未だに血液や尿検査はまったく行われていないのだ。

  

とにかく原発を再び動かしたい、輸出もしたい、そのために事故の被害はなかったことにしたい。その意図は実に鮮明であり、住民のいのち、生物のいのち、子々孫々への影響などはまったく忖度しようとしていないのだ。この構図の中では、明らかな加害者である東電の責任は問われない、いや問うてはならないのである。
 

被害を消し去る。その動きはますます顕著となっていく。その一つが、年20ミリ〜100ミリシーベルトなら安全という公的宣伝活動だ。だから20ミリで帰還となる。だがこれは政府による放射線防護法(年1ミリシーベルト以下に規制)への公然たる違反であることを忘れてはならない。政府自らが国法を破り、自らアウトローとなったという事態であることも忘れてはならない。このクニはそこまで来ている、これが偽らざる現実なのだ。

  

以下、或る飯館村民からのメッセージである。

 

何故、そうしたいのか。(註:早期帰村や線量規制違反などのこと)

 

多くの人々が「金だけ」「今だけ」「自分だけ」で生きているうちに、早くこのことを終わりにしたいのですね。
 

何故私たちは20114月「危険で住めない地域」と国から指定されたのですか?何故こんなふうに故郷を追い出され、家族や地域の方々とも離され、自由に話すことも、知人の住所もわからないままで暮らしているのですか?
 

真実と平和とそして安心・安全な暮らしを返せ!健康を返せ!村に生きてきた動植物の命を返せ!

 

何故東京電力と政府はこのことの責任を取らないのか!

《嘘》、《隠す》、《ごまかし》をやめて下さい。

あなた方と私たちは同じ人間です。

私たちが何か悪いことをしましたか?

私たちはただ、東京に電気を送り、あなた方が金儲けできるよう土地を売っただけではありませんか。

東京都民の皆さん、全国の皆さん、これまで私たちはそちらに電気を送り続けてきました。

でも、こんな危ないこと、取り返しのつかないことは、もう終わりにしましょう。

 

原発はもうやめましょう。

そして私たちがこれから人として生きていけるために、ぜひ私たちを支援して頂きたいのです。どなたでも、できることで結構です。飯舘村から、心からお願い申し上げます。

  
      
(以上は飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク 事務局中部支援ネットワークから転送されてきた飯館村佐藤八郎議員からのメッセージです) 

 

 

 

                              

2014-12-18 15:49 | カテゴリ:未分類

 学生時代に、せっかちなので、実験の時に、直接希塩酸や希硫酸をピペットで口から吸って、その蒸気で、じわじわと前歯のエナメル質が溶けて、そこから虫歯になり、10年経って上顎の前歯の4本と犬歯を全部「差し歯」にする羽目になった。それから幾歳月たった今、この犬歯と前歯の差し歯をささえる受け皿の自分の歯が根元から腐って、割れて、歯茎が化膿して神経が痛くなってきたので、2本とも根こそぎ「エイヤ!」と女医さんに抜かれてしまった。そしてついに入れ歯を装着した。痛いの何の、さすがに忍耐強い小生も「久しぶりに拷問を受けた!!」と女医さんに思わず嫌味を言ったくらいである。

     

いま流行の「インプラント」は、健康保険が効かずにかなりの高額で、あちこちの経験者にきくと、まだ完全な技術でないようなので、ありにも外科手術的でサイボーグ人間そのものになるような気がしたので、採用しなかった。「あちこちの歯が痛んで、次々と、気が付くとベンツが買えるぐらいインプラントに総投資したが、いまは後悔している」という知人がいるのだ。

   

女医さんは丁寧に出来る限りのことをしてくれたのだが、いかんせん、金属のブリッジを両端の歯に架けているので舌先の違和感が抜けない。いずれはこういう運命になるかもしれないとは以前から思いながら、今現実にそうなると、口の中が疎ましいこと甚だしい。小生より年齢が高い老人たちは、あきらめているのか、普段から歯の手入れがいいのか、我慢強いのか、あまり入れ歯の話をしない。気高い節操があるからなのだろうか、小生のようにまわりの人に「世も末だ!」と嘆かないようだ。

   

先日久しぶりに学部2年生にわずか15分のコンパクトな「農芸化学概論」の講義とその後の30分ぐらいの学生とのデイスカッションに参加したのだが、慣れない入れ歯のために、発音が口元から漏れて、締まりの悪いことこの上なかった。ざらざら声で口から言葉が抜けて発音が聞き取りにくい老人は入れ歯のせいだとやっと理解出来るようになった。

  

今回の衆議院選挙では2年前と同じ結果で、「原発どこ吹く風」の与党の圧勝の結果には心底落胆した。現今はマスメデイアやネットを通じた巧妙な若者への世論操作が、恐ろしく功を奏していると思う。深層心理学の悪用も極まれりだ、と思う。原子力の平和利用(すなわち原子力発電)に向かった過去50年間の世論操作の時代よりも、人文科学や社会科学もそれなりに応用面が発達し、大衆に対する <下意識操作> がはるかに巧妙になっていると思う。テレビを見ながらいつもそういう思いがしている。

  

「憲法の一字もかえられなかった」と改憲派の急先鋒である石原慎太郎氏は敗北感で政界引退を表明したが、「どれ一つ原発再稼働を止められなかった」、と敗北感を表明して再来年の総選挙で政界引退する野党の高齢者議員が出てくることになるかも知れない。

  

東電福島原発事故から3年半かかって測定してきたデータを使って放射能関連の論文の3報めをやっと書き上げた。なので、あまりブログを描く時間がありませんでした。

  


(森敏)
付記1: ここに記していないあれやこれやで最近どっと疲れがでてきた。孫から風邪やインフルエンザや緑膿菌をもらわないように、四六時中マスクをしている。5年前に注射した高齢者用の「肺炎球菌ワクチン」が期限切れになるので、またそろそろ射ちにいかなくては。これは確かに効いたような気がするので。。。
 
付記2.なぜか思い出したのだが
 、40年前の当時の農芸化学科の生化学研究室の中村道徳教授は下顎の歯並びが悪く、歯が抜けているときもあった。講義で声が聞き取りにくいこと甚だしかった。中村先生は無機リン酸定量法のAllen-Nakamura 変法で有名です。この先生にはなぜか嫌われていたなー。廊下で出会っても露骨に嫌な顔をされた。遠い昔の話です。誰でも虫歯に伴う記憶の連鎖は無限にあるようです。

FC2 Management