2018-04-24 19:49 | カテゴリ:未分類
   

  昨年浪江町の十万山(じゅうまんやま、標高448.4m)で4月29日に起きた山火事は12日間燃え続け、5月10日午後にようやく鎮火した。焼失面積は50ヘクタール以上。人が立ち入れない区域だけに消火活動も難航した。
 
     この時、福島県やマスコミは、放射能の拡散を危惧する人たちの意見に対して、大したことはないと、風評被害を恐れてか汚染を打ち消すのに躍起だった。我々は、山火事の鎮火後この現場に入ろうとしたのだが、とても入り口から遠くて、日帰りでは危険が伴うので、あきらめた。そのかわりに後日普段採取しているビワの木の葉を採取して、外部付着被ばくがないかどうかを放射線像で確かめてみた。

     山火事当時、役場が開示している浪江町小丸地区のやすらぎ荘にある定点観測地点での空間線量は明らかに若干ではあるが上昇していたので、その近傍の民家のビワの葉を採取したのである。ガイガーカウンターでは、さほどの測定値ではなかったのだが、放射線像では、わずかではあるが外部の放射能付着が明らかであった。

     図2では1番目の新葉が内部被ばくだけれども、2番,3番,4番の3枚の葉はいずれも外部付着を受けており、この間にどこかから飛んできた放射能があったことを示している。実際に放射能濃度は高くなっている。通常は新葉(図1の写真の一番左の葉)のほうが放射能が高いのであるがここではそうなっていない。

 
 
 



 
スライド1 
 
 図1.左から、1,2,3,4番と考えてください。それが表1の1,2,3,4番と対応しています。



 

 
スライド2 

図2.図1の放射線像 一番左の最新葉以外は汚染スポットがその後の雨などの影響で左の2番目の葉からは順次葉の脇に流れているように見られる(2番目は右側端、3番目は中央から左側に向けて、4番目は左側端)
 
スライド3 
 図3.図2のネガテイブ画像





 表1.ビワの葉の放射能。 No.1 の葉は最新葉であり、山火事の当時はまだ出葉していなかったと思われる。
 

 
ビワの葉外部被ばくjpeg 


(森敏)
 

 
 
2018-03-10 02:50 | カテゴリ:未分類

浪江町の大柿ダムの周辺は冬枯れでツバキなど以外は灌木の葉が散って枯れていたが、ダム周辺の道路の斜面には、寒さに強いのかリュウノヒゲに似た単子葉の草のみが生えていた(正式な名前は不明)。 斜面は、付近の住民が避難しているので、落ち葉掻きなどに数年間は人の手が入っていないので、10センチぐらいの厚さに落ち葉がふさふさと堆積していたままであった。だからこの草は根を痛めないで割合簡単にずぼっと引き抜くことができた。ほとんどの根は、落ち葉層や腐葉土にあって、まだ粘土層にはあまり到達していないかのごとくであった。

 

絡みついた落ち葉を払って植物を大学に持ち帰った。実験室ではさらにこれ以上は無理というぐらいに丁寧に細かく落ち葉と腐葉土を払い取って、オートラジオグラフを撮像した。 葉の部分は、単子葉植物としては非常に放射能が高かったのだが、根の方はその20倍もの放射能値を示した。

  

落ち葉に絡まった根が雨によって落ち葉から溶け出てくる放射性セシウムと、落ち葉が徐々に微生物分解されて、その微生物が死んで溶けてでてくる放射性セシウムを、根は直接吸収しているのだろう。つまり、この根は落ち葉層や有機物層にトラップされて、まだ粘土層に固着していないでいる根に吸収されやすいセシウムを吸収し続けているものと思われる。
    
  林内でセシウムが循環しているのである。
     
スライド1  
 
スライド2 
 
 
スライド3 
 
 
スライド4 
 
放射能(ななし)jpeg 
 
 表1.根とそれに絡まって取りきれない腐葉土の合量 は 葉のみ の約20倍。

  
  
(森敏)

2018-02-07 08:16 | カテゴリ:未分類

  「双葉町」を示す道路境界線の石柱に複雑にツタが絡んでいた。手ではぎ取ろうとしてもぎっしりと張り付いていて一気には離れないので、一部をはさみで切り取った(図1、図2)。
 
  これを大学に持ち帰って放射能をガイガーカウンターで測定すると400cpm以上の異常に高い値をしめした。放射能を測ると、毎時 数万ベクレル/kg乾物重 あった(表1)。オートラジオグラフに撮ると(図3、図4)ツタの節位から出ている複数の根も茎と同様に強く汚染していた(図5、図 6、表1)。
 
   ここの土壌の表層の放射線は毎時30-40マイクロシーベルトもある。このツタは石柱からばかりでなく基本的には土壌中の主根からセシウムを吸収しているものと思われる。 
      
石柱に絡むツタjpeg 
図1. 道路わきの双葉町という石柱に絡むツタ


  
   
スライド1 
 
図2.はさみで、地上部の石柱に絡んでいる一部を切り取ったもの。
 


 
スライド2 

図3.図2のオートラジオグラフ。

  
  
 
 
スライド3 

図4.図3のネガテイブ画像  各所に気根が張り出して、これがコンクリートの石柱に激しく食い込んでいるので、丁寧にはがすのに苦労した。 
 
 

 
スライド2 
 
図5. 図1の一部の気根の拡大写真.この根がぎっちりと石柱に張り付いている。 

 
 
 
 
スライド1 

図6.図5に対応する気根の部分の放射線像の拡大図
 
 
     
 
 
 
 表1.石柱に絡むツタの放射能値
 
スライド1 

       
(森敏)
追記1.この石柱は花崗岩でできているので、雲母の含量が豊富で、原発からの放射性セシウムは6年半たった時点では、ほぼ100%がこの雲母に固着しているはずである。石柱を引き抜いて、石柱の表面汚染をオートラジオグラフで撮れば可視的にも汚染の程度がわかるはずなのだが、道路境界標識に対するそんな行為は許されないだろうから断念した。
 線量計でなくて「ガイガーカウンターで直接石柱を測ればいいだろう」という意見が出そうだが、空間線量が高い現地では、放射性セシウムがガンマ線と同時に発するベータ線の空間バックグラウンドが高いので、現地ではガイガーカウンターは表面汚染の測定には全く役に立たない。このことは意外に研究者仲間にも知られていないようだ。
 
追記2.この植物は 若林芳樹氏(株 アスコット)の同定によると、テイカカズラ(キョウチクトウ科テイカカズラ属)である。「細いつる状の茎から吸着根を伸ばしていることから、幼若枝と思われます。樹木などに這い上がり、株が成熟して葉が大きく枝も太くなる(成熟枝)と、香りのよいテイカカズラらしいかわいい5弁花をつけるようになります。」ということです。

2018-01-07 13:06 | カテゴリ:未分類

 双葉町を調査しながら、あちこちに放置散見される、全く手入れがされていない木の実のたぐいを採取した。気まぐれな採取なので、その場所の空間線量などは記録していない。ほぼ毎時5-15マイクロシーベルトの範囲内にある。
   

1に示すように ユズ、カキ、ヤマボウシ、ポポー、は Cs-134 Cs-137の合量の放射能は 食品基準値の 100 Bq/kg生体重 よりもいまだに高い。Cs-134の放射能 は Cs-137の放射能に対して約10分の一に物理的半減期にしたがって確実に減衰してきていることがわかる。
     
  ユズだけは解体して部位別に細かく測定したが、種子の放射能値が高いのには少し驚いた。柑橘類の「種子」は意外にCsを濃縮しているのかもしれない。
  




表1. 木の実の放射能:全部生体重当たりです。 

木の実の放射能jpeg 

 
  
 
 

 
図1 ユズ 解体して部位別に測定してみた(表1 参照)
スライド5 
 
 


図2.カリン 落下して放置されている。
 
スライド6 
 

 
図3.キウイ  この木には2000個ばかりの実が着いていた。
 
スライド7 
 
 
 

 
図4.カキ 熟しつつあった。
 
スライド1 
 
 
 
 
 
図5.ヤマボウシ
スライド3 
 
 

 
図6.ポポー 
 
スライド2 
 
 

 
図7.キリ 
スライド4
2017-12-23 06:34 | カテゴリ:未分類
 
   以下に示すのは、現在双葉町の、住民が避難して耕作放棄している水田に繁茂するセイタカアワダチソウの群落から、ためしに頭のほうから40センチばかりを切り取ったものである(図1)。
 
  実験室に持ち帰って、ガイガーカウンターで表面を軽くサーベイしても、毎分443カウントという異常に高い値であった。
         
  水田土壌の表面の土をえぐり取る除染をしないと、原発事故6年半たっても強度に内部汚染が続いているということである(図2、図3、表1)。
 
  この放射線像には一切外部被ばくが認められないので、全身の放射能はすべて根から吸収されて移行して来たものである。
  
  葉ばかりでなく花器も激しく内部被ばく汚染していることがわかる。
    
   


       

 
スライド1 
 
 図1.原発事故6年半後のセイタカアワダチソウ (双葉町)


 

 
スライド2 
 図2.図1のオートラジオグラフ
 
   

 
 
スライド3 


図3.図2のネガテイブ画像
 
   

   
 
 表1.セイタカアワダチソウの放射能
 
セイタカアワダチソウの放射能jpeg 
 
 
 
(森敏)
追記: 双葉町の除染が始まった。
   

復興拠点の整備へ、除染を開始 全町避難続く福島・双葉町

20171225 1202

 

 環境省は25日、東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている福島県双葉町の帰還困難区域で、住民が再び住めるようにする「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の整備に向け、除染と建物解体の工事を始めた。

 政府が認定した復興拠点の整備計画に基づく初の除染作業となる。県内7市町村に残る帰還困難区域の復興への第一歩だが、住民の帰還目標は「2022年春ごろまで」とまだ遠い。

 今回の工事は来年7月までの予定で、JR双葉駅周辺の約7ヘクタールで表土のはぎ取りや草刈りなどの除染と、約55軒の住宅や公共施設を解体。今後、範囲を徐々に広げる。

(共同)

FC2 Management