FC2ブログ
2019-01-14 16:59 | カテゴリ:未分類

金沢医科大、9人追加合格

2019113日東京新聞
  

 卒業生の子弟を優遇するなどの不正入試を行っていた金沢医科大は十二日、二〇一八年度のAO入試で八人、編入試験で一人の計九人を追加合格としたと発表した。このうち入学の意思を示した四人の一九年度の入学を認める。一般入試でも不適切な処理をしており、追加合格の有無を後日、公表する。

 金沢医科大はAO入試で、卒業生の子弟のほか北陸三県の高校出身者や現役生と一浪生に加点していた。編入試験では地元出身者や二十五歳以下の受験生に加点、二十七歳以上は減点していた

 同大は、一九年度入試の募集定員は変えず、二〇年度以降に調整する。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


  金沢医大の不正入試に関するニュースは各紙が報じているが、この大学が、編入試験で「年齢に拠る減点」をしていると報じたのはこの 東京新聞 のみである。
  

  基礎医学分野は別として、患者に即した良い臨床医になるには、他分野で幅広く学問を学んできた人物の方が適している可能性が高いと、小生には思われるのだが。年齢差別をなぜしているのか、大学側に聞きたいものだ。
  
     

  以下のようにアメリカの大学医学部が社会に向けて良医を育てるために行っていると称している医学部入試制度は実に興味深い。これは外科の医師向けの雑誌みたいだがぜひ一読をお勧めする。
  
 
http://ken-kimura.com/wp-content/uploads/typepad/35_19990900.pdf

   
 

(森敏)



2019-01-11 13:08 | カテゴリ:未分類
COP24、日本政府の部屋からパソコン盗難か

昨年12月にポーランドで行われた国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)で、日本政府代表団がノートパソコンとUSBメモリーを紛失していたことがわかった。環境省が9日、発表した。他国との会談記録などが入っていたという。
 発表によると、パソコンとUSBは、会場内の日本政府の部屋にあったが、会議終了後の12月16日に紛失が発覚した。状況から盗難の可能性が高く、環境省は今月4日、在ポーランド日本大使館を通じて現地警察に被害届を提出した。
 USBには、2017年11月〜18年5月に行われた国際会議の交渉記録や、他国の環境相との会談記録のほか、政府関係者ら約30人分のメールアドレスが入っていた。パソコンには環境相の日程などが記録されていた。環境省によると、外部への情報流出は確認されていないという。(読売新聞1月9日)



  

ーーーーーーーーーー


この記事の意味するところは、会場内に国際的に暗躍するスパイがいたということである。

 

    国際会議場では多くの国々の人が入り込むので、格好のスパイ合戦が行われていると考えられる。日本政府代表団の警戒心の欠如は、かなり深刻である。国益に害を与えている。二度あることは三度あるはずだ。

 

    パソコンやUSBのなかからこの日本の代表団の草案作成にかかわった多くの人的情報が流出しているだろう。それらは巡り巡って当人たちに甚大な影響を及ぼしかねないものである。

 

 

以下外国でのパソコン盗難に関する記憶である。
     

    11年前にベルリンの有名ホテルで大学評価に関する日独学術交流が持たれた。お昼にホテルに着いたときに、団長である筑波大学の某先生は、いたってお元気であった。ところが夕飯時に、彼の顔が顔面蒼白になっていた。「どこか体調が悪いんですか?」と聞くと、「ホテルの部屋から!パソコン盗まれた!困った困った! 明日の講演の内容がすっかりパーになった」。

   

そこで皆でホテルのマネージャーとかけあったが、「あちこちに監視カメラを取り付けているので、不審者がわかったら連絡します」と言って直ちには捜索を全くやる気がなかった。あきらめて某先生は食事もせずに、同行の先生のパソコンを借りて、そそくさと部屋に引きこもった。翌日の朝食時にはげっそりと痩せて見えた。徹夜だったのだそうだ。もともと、原稿はよく練りこんでいたのだろう、講演は立派なものだった。
    

  パソコンは出てこなかったし、ホテルの側からは全く謝罪がなかった。一貫して俺たちの責任ではない、というような木で鼻を括る態度には無性に腹が立った。日本人だと思って馬鹿にしている、と思った。ベルリン壁崩壊前後に小生は4回ドイツを訪問していたのだが、その経験も含めて、思わず頑固なドイツ人が嫌いになりかけた。「それはお前の性格が悪いからだ」といわれればグーの音も出ないのだが。

 
          

(森敏)
2018-10-12 14:55 | カテゴリ:未分類
コウノトリはぐくむお米jpeg 
コウノトリ育むお米 有機米

Organic Healthy+Beauty +Ecology の表示

 

 


     

千葉の「幕張メッセ」で農業EXPOが本日までおこなわれている。(1010-12日)

「国際ガーデンEXPO,

「農業資材EXPO,

「次世代農業EXPO,

「6次産業化EXPO,

「道工具作業用品EXPO

に加えて、今年は大々的にブースを広げて

「日本の食品輸出EXPO」(ここだけで主催者によれば600社10000商品とのこと)が併設して開催されていた。

 

すぐには実用化を必ずしも期待されていない大学の研究紹介と異なり、すでに商品化されていたり、これからの商品としての可能性を探る試供品が、多数展示されていた。多くは中小企業の人たちの取り組みで、実に真剣な熱気が感じられた。小生はこのイベントに毎年参加して勉強させてもらっているので、今年も新しい企画や商品だけに興味を絞って、各所の展示ブースに立ち寄ったのだが、どのブースでも、うっかり立ち寄ると、熱心な説明員の売り込みに応答して多少の議論をしなければならないので、たえず気圧され気味であった。
 
  あまりにもブースの数が多すぎて、とても回り切れなくて、2日間だけでドット疲れた。ただし、「日本の食品輸出EXPO」の展示では、600もあるほほ半数のブースで、試食や試飲が出来たので、生来食い意地の張った小生にとってはとても楽しかったのだが。ここの商品は輸出狙いなので英語や中国語でのラベルが多く、会場はアジア系外国人バイヤーでごった返していた。

    

ところで、小生の一番の興味はどこかの業者が「米パン」を学校給食に採用する取り組みがないかであった。先日見たばかりのテレビでは、お茶碗に盛った “白いご飯”と並べて“小麦粉パン”を学校給食で児童に出してみると、およそ7割が、パンを選んだということであった。その理由として、ご飯は残すと先生に叱られる、食器を洗う手間がわずらわしい、などなど。それにくらべてパンなら完食できる、というような児童の感想が紹介されていた。

 

そこで子供たちにお米をどんどん食べてもらうためには、どうすればいいのだろうか? と考えた。「米パン」や「米あんパン」や「サンドイッチ米パン」を提供することが考えられる。そこで展示会場で大企業の小麦の製粉メーカーや、米粉メーカーや、米パンメーカーに、いろんな角度から質問を投げかけてみると、おおよそ以下のことが分かった。

 

 10年ほど前から学校給食にお米を取り入れることは文科省で薦められて普及しているが、使用量は頭打ちかむしろ低下傾向にある。「米パン」はもちもち感があることと、冷えると固くなるので、給食の時間のタイミングに合わせるのがむつかしい。日本ではパンのイメージが大略 “ふわふわ感” があるべきだと子供たちの頭に刷り込まれているようなので、冷えた「米パン」は、「これはパンではない」、という違和感があるのではないか。「米パン」にすると、現時点では国産のお米の原価が小麦の2倍である、。「米あんパン」などにすると子供達は食べるかもしれないが、さらに値段がかさむ。一食300円弱の学校給食で決められている値段ではほかの栄養成分のおかずなどに影響が出るので、とてもむつかしいだろう。

 

などと供給側は「米パン」で学校給食に食い込むのは実に消極的で、製品化する前にほぼ断念を強いられているようである。できない理由ばかり聞かされた。

    

それでも、米麺(べいめん)を細切りにしてサラダで提供したり、月に一食は地産地消農産物を採用すべきであるという自治体の規則で、辛くも週にいっぺんは米飯にしているところもある。というぐあいであった。

 

義務教育での「食育」は単に「栄養と健康」に関する知識ばかりでなく、当たり前のことだが、食べ物の生産と環境問題が切っても切れない関係にあることも教えるきっかけにすべきものである。お米の生産現場である水田の多面的機能(洪水時の貯水機能、景観保持機能、生物多様性の保持機能などなど)を環境問題として、しっかり教育すべきなのである。日本ではお米の生産は国土保全に必須である。だから子供のときからお米をおいしく、おなか一杯に食べてもらうことが必要である。

 

少子化の日本の次世代への教育投資は、今や喫緊の課題である。子供の健康な体を作り、環境問題に貢献する「お米食」はもっと強く推し進めるべきだと思う。それが限界にきているのなら、子供達が食べやすい「米パン食」 さらには「サンドイッチ米パン食」 などを学校給食用に開発すべきであろう。多少とも費用が掛かっても、次世代の育成と環境保全のためには実に安い投資だと思う。

   

正確な記憶でないのだが、今回文科省は学校の地震に危険なブロック塀除去対策に60億円、夏の高温の教室のクーラー対策に800億円を補正予算で計上したと、たしかテレビで報じられていた。

    

文部科学省の調査(2014年5月1日現在)で全国平均の学校給食費の個人負担の月額は、公立小学校高学年で4277円(1食あたり246円)、中学校4882円(同286円)ということである。これにあと毎食50円ぐらい国が負担すれば「サンドイッチ米パン」をつくることはさほど困難ではないだろうか? これだとおかずを米と共に摂取するので、一挙両得ではないだろうか? 
      
 
というようなことをつらつら帰りの東京駅まで40分ばかりかかる京葉線の鈍行のなかで夢見心地で考えていた。  


 (森敏)
 
追記:その後、2018年11月28日の朝日新聞朝刊に以下の小さな記事が写真入りで掲載されている。
口コミでも広がって売れるといいですね!

    
米粉のもっちりコッペパン
敷島製パンは、新潟県産米の米粉を使用したコッペパン「こめこ入りっぺ」を、12月1日から発売する。もっちりとした触感のパンに、北海道産あずきを使った粒あんと、道産練乳入りのクリームをはさんだ。想定価格は税込み110円。関東、中部、関西、中国地区のスーパーなどで扱う。

2018-09-15 14:58 | カテゴリ:未分類

           旧軽井沢の通りにはハチミツを売っている店が何軒かあるが、その一軒の店先には、天気のいい日には、店先に机を出して、そぞろ道行く観光客に、ハチミツの効用を説いているおじさんがいる。店の両脇には、ご自身が胸元や首から顔面にかけてミツバチにたかられて笑っている写真と、全身を覆ってハチにたかられている等身大の満足そうな写真が立てかけられている。この写真は東京でもハチミツ屋でよく見かける写真である。ここにいるのは当のご本人というわけである。
      
はちのおじさんjpeg

  
     

  ハチミツにはどんな直接的な効用があるのか、傍でお客さんとの会話を聞いていると、「目がよく見えるようになる」とか、「アレルギーが治る」とか言っている。

 

小生はその日は軽井沢で野生のキノコを採取するために、家を出て東京駅に着いた時から、目がザラザラして、まぶしい上にメガネの度があわないような気がしていた。花粉症なのか、白内障が進行しているのかとずっと気になっていた。そこでハチおじさんに冷やかしに、話しかけてみた。すると、

 

「このハチミツの希釈液を眼球にあんたの指で直接刷り込むと、向こうに見える白い看板のカカオという文字の左の少し小さな文字まで見えるようになるよ」というので、自分の指で眼球に刷り込んでみて、看板を眺めてみたが、その小さな文字はボケて判読できない。「それはあんたが警戒してきちんと液を眼球に刷り込んでいないからですよ、顔を上げてごらん、私が液を差してあげるから」というのでなすがままにして、液を両目にスポイトで垂らしてもらった。遠くの例の看板を見たのだが、やはりよくは見えなかった。しかし傍には暗示にかかっているのか「アーよく見えるワ!」という若い主婦もいた(このご婦人は詳しく子供のアレルギーを訴えて、本当にハチミツが効くのか何度もそのためのハチミツの処方箋を聞きたがっていた)。

 

天然ハチミツの中にはボツリヌス菌がいて「加熱殺菌していないので、その毒素がわずかに含まれている可能性があるので、歳児未満の幼児には与えないでください」とほとんどのハチミツには注意書きがされている。だからボツリヌス毒がわずかに含まれていて、それが「瞳孔の拡散作用」があるのだろうと小生は想像した。小生には直ちには効かなかったが、5分後ぐらいには、なぜか目のざらざら感が少なくなったような気がした。この日は何回も目薬を差していて効果があまり感じられなかったのだが。ここのハチミツは、ゆるい「抗花粉アレルギー効果」があるのかもしれない。

   

その時小生がかけていたメガネは遠視用の紫外線カットで太陽光線の強さによって遮がかかるものなのだが、安価なプラスチック製で、作ってから半年で、早くも、コーテイング剤が薄くなってきたのか、埃が付きやすく、一日に何回も眼鏡拭きで拭いている。その日はあまりにまぶしいので、眼鏡のレンズをあれこれと透かして反射を確認してみたら、こまかな0.2mmぐらいの斑点が左右のレンズの凸側に十数個もついていることが分かった。いくらごしごしこすっても眼鏡拭きでは取れない。アルコールタオルでも取れない。ついにコーテイング剤がはがれてきたのかな? それにしてもぶつぶつが同じような大きさではがれるものだろうか? かなり気持ちが悪い模様だ。

 

何かの花粉なのかもしれない。花粉が目に入ったのと、眼鏡が吸着した花粉で乱反射していたのとで、せっかくのハチおじさん提供によるハチミツ水効果がこのメガネのせいで出なかったのかもしれない。

 

東京に帰ってきて何回か眼鏡をかけるたびに眼鏡拭きで拭いていたらなぜかレンズは透明になった。花粉の成分が眼鏡レンズに均一に刷り込まれてしまったのかもしれない。
 
  この店では試食して普通のものと少し味が異なった色が褐色の「百花ハチミツ」というのを買った。
        
(森敏)
    
はちおじさんjpeg   

  ハチおじさんと筆者 ハチ蜜とお酢の混合希釈液をお客さんたちに提供している
 
 


2018-07-23 14:45 | カテゴリ:未分類

東京への帰りの切符がJR新大阪発で、出発までまだ2時間も待ち時間があった。久しぶりに関西に出かけてきたので、広い新大阪駅構内をじっくりと探索することにした。

       

食品店や土産物店をぐるぐるとつぶさに見て回って、食堂にも入って早めの食事をしたのだが、いかにも時間がつぶせない。やはりいつものように本屋で最近の新刊書を点検することにした、この本屋ではほとんどの本が立ち読みができるので、原理的にはいくらでも時間がつぶせるのだが、肝心の小生の足腰が弱っているので、歩き回っている分には大丈夫なのだが、立ち止まって5分も読み続けるのは少し辛い。

 

知らなかったのだが近刊らしき「文学界」という雑誌に村上春樹の短編が3編連載されていた。これを買って、帰りの新幹線の車中で読むべきかどうか大いに迷った。結構分厚いので荷物になる。そこで立ち読みで30分ぐらいで読み切ってしようかと思った。まだ時間は十分にあるので。

 

読み始めたのだが、その時、店員がすぐ横にある所見机に来てなにやらぶつぶつ言いながら仕事をし始めた。これでは落ち着いて読めないので、すぐ読むのをやめた。ラゲージを引きずりながらほかの本棚をじっくりと見学することにした。ここに、やたらに多いマンガ本のうちでは、「ゴルゴ13」ぐらいが小生の興味の関の山で、まったくほかのけばけばしいとんがった人物画像が流行のマンガ本に興味がなかったのだが、数人の女性の旅行者が結構マンガ本を漁っていて、一人で数冊買ってラゲージに詰めていた人もいた。いまの時代はそんなものなんだ。

 

本棚を見渡していると「人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理」永田和宏 著 というブルーバックスの背表紙が目に飛び込んできた。 「?」である。 短歌の歌人であり生化学が専門の永田和宏教授が鉄の研究もし始めたのだろうか? と驚いて、手にとってめくって見ると、どうやらこの先生は冶金学では著名な「たたら鉄」の専門家であるらしい。同姓同名なんだ。ぱらぱらとめくると絵や写真入りで古来からの世界の鉄の製造法が詳しく紹介されているので、植物鉄栄養の専門家を自負している小生にとってもこれは必読と思って買うことにした。1年前に出てすでに5刷である。隠れたベストセラーなのだろう。さっそく購入したのだが、新幹線の出発までにはまだ時間があった。

 

さきほどの店員がいなくなっていたようなので、また雑誌「文学界」を横置きのコーナーに行って、また「文学界」を手に取って、今度はあまり熱心に読む気もなくぱらぱらと村上春樹の文章をまさぐっていたら、

 

「あなたとセックスしているエクスタシーのときに、ほかの男の人の名前さけぶかもしれないけれど、それでもいい?」とかいう文章が目に飛び込んできた。。。。いつもの春樹の読者を引き込む手法であるな、。。。とつらつら思っていたら、また先ほどの店員が、所見机に戻ってきた。

 

  時々ぶつぶつぶつぶつ言っているのが耳に入るのだが意味不明のつぶやきである。仕事をしているように思えないし、声が気が散って春樹の文章を読む気がしなくなった。買う気もしなくなった。家に帰ってから買うことにした。

 

家に帰って翌朝(本日)の確かテレビ朝日の番組だったと思うのだが、ぼんやりとヨーグルトをたべながらみていたら、AIによる「万引きガードマン」というテーマでAIを用いた監視カメラが、買い物客を装った万引き犯を、AIがこれまでの万引き犯の挙動のパターン分析から、万引きする可能性のある犯人だろうと予測して、ついに犯行現場を撮影していくまでの過程が放映されていた。

 

日本での万引きによる被害は現在年間4000億円にも上るとのことである。このAIによる「万引きガードマン」の目的は、カメラが察知したら、店員が歩み寄って「何かお探しでしょうか?」と声掛けすることによって、万引きを未然に防ぐのが目的だということであった。見ていてこれは素晴らしいAIの応用編の手法だと思った。と、感心したのだが、そこであらためて気が付いたのだ。

 

新大阪駅での本屋の店員のふるまいは、30分以上もうろついている小生を、店員が「万引き犯」と確信してマークしていたのだと。現今では本屋の立ち読みも犯罪らしいから、店員にマークされていたのは仕方がないだろう。

 

全然気にしていなかったのだが、新大阪駅構内のオープンスペースの本屋さんは、出入りが四方八方なので、監視カメラがないと万引きが頻発しているのではないだろうか。こういうところではそれこそAIによる「万引きガードマン」が強力な威力を発揮することだろう。この機器を開発している会社では3年間で日本全国の1万店に導入する需要を見込んでいるということである。私見では、現在のスーパーやコンビニや本屋さんの監視カメラは、瞬く間にAIによる「万引きガードマン」に置き変わるのではないだろうか。
    
(森敏)
追記:新大阪駅構内で、この書店でAIによる「万引きガードマン」 が作動しており、店員がそれに従って小生を万引き予備犯と認識して行動していた、と仮定してみよう。AIはなぜ小生を万引き予備犯とマークしたのだろうか? 単に
1.立ち読みしている
2.長い間あちこちうろうろしている
3.車つきのラゲージを持ってる
からだと漫然と自己反省したのだが、実は小生は、
4.普段から人ごみの中では肺炎を恐れてマスクをしている
5.頭の髪の毛をとぐのがめんどくさいので、戸外ではつば広の黒い帽子をかぶっている
6.白内障をおそれて、紫外線カットと明るいところでは自動的に「遮」が入るサングラスをかけている。
これらの風貌からAIは小生を単純に万引き犯人の可能性あり!と追求し続けていたのだろうか? でも一つだけ、最も万引き予備犯の可能性が高いと想像される「監視カメラの位置を絶えずチェックしている」という行動を小生は一度もしたつもりがないのだが。
AIによる「万引きガードマン」をもっともっと賢くするために、今後は時々監視カメラに向かって「赤んべー!」をしてやろう。

FC2 Management