2016-09-17 10:06 | カテゴリ:未分類


スライド1 
図1.桜の木につるしたハニ―トラップに沈没浮遊した昆虫類(黒い部分)

先日、1.5リットルのペットボトルの上部に 7センチx5センチ の四角い孔をあけた容器を作成し、現場で「はちみつ」と「白ワイン」を100gずつ混合した液を注ぎ込んだものを、虫が来そうな木の下にペットボトルの蓋にビニールひもを巻きつけて、適当な木の枝に吊るして回った。針葉樹は元来虫が集まりそうでないので桜などの広葉樹を選んで民家の庭や道端から少し離れた枝につるした。結局このトラップを浪江町の高放射能汚染地帯に合計6カ所設置した。

  

わずかに余ったはちみつと、白ワインは、もったいないので小生が痛飲した。空間線量毎時10マイクロシーベルトであったが、実にうまかった。

  

吊るした時間は昼間だったので虫がほとんどいなくて不安だったが、彼らは夜に活動して、ワインの香りに誘引されて、このトラップに飛び込んでくれるだろうと期待した。昨年は24時間設置しても一匹も入らなくてがっかりだったとらっぷもあったのだが、それは香りの成分がいけないのではなかったかと反省して、今回はコンビニで購入したフランス産の白ワインを使った。設置してみるとたしかに周囲の半径1メートルぐらいにはワイン独特の馥郁(ふくいく)たる香りが漂っていると感じられた。

  

翌日、約24時間たったころ、期待を込めて、このトラップの回収に出かけた。最初のトラップにはスズメバチが数匹、はちみつワインのなかの上層で必死で逃れようとうごめいていた(図1)。ハニ―トラップに「はまった」直後のようであった。ハチがはちみつが好きでトラップされるのはあたりまえか、と納得した。この初めてのトラップに成功して、気をよくして次々とポリビンを回収していった。驚いたことに、すべてのトラップに実にさまざまな虫がトラップされていた。

  

あるトラップには大型のアリが100匹以上トラップされていたのには驚いた。このアリたちは土から木の表面を伝わって上昇し、枝にくくりつけてあるトラップのビニールひもを伝わって降りて、ポリビンの表面から、7センチx5センチ四方の切り口から中に入って、ポリビンの内側にまわりこんで、内面を降りてはちみつワインに到達して、そこで次々とおぼれてしまったのである。溺れなかった先導アリが引き返して仲間にこのハニ―・トラップをつたえて、次々と仲間が集まって来ているようには見えなかった。おそらく香りにひかれて集まっておぼれるという一方通行の流れのように見えた。
 
スライド2 
図2.穴の端に力技の強引な亀裂が入っている。また、黄色いラベルがはげしく汚れている。

  

驚いたことに、あるトラップには仕掛けたハニー・ワインがもぬけの殻になっていた。ポリビンの中にはいくつかの昆虫が張り付いていたのだが。ポリビンの底には子細に見ても穴が開いているようには見えない。ポリビンを吊るした木の下に粘り気のある液体がこぼれた気配もない。よく見るとポリビンの表面に張り付けている黄色い日時が記しているメモ用紙が汚れている。おまけに、切り取った切り口のコーナーには激しい亀裂が入っている(図2)。これは、ここから手を入れて「はちみつ」をなめようとしたか、ポリビンを破ろうとしたのだろう。しかし中身が全く空になっているところから、おそらくポリビンをさかさまにして、中身を飲み干したのだろうという結論に達した。そういう、人間のような動作ができる動物は5本指を持ったニホンザルしかいないはずだ。野生のサルはいい気分で酔っ払ったに違いない。予想もしなかった出来事であった。こういう予想外のことが起こるので、フィールドワークは病み付きになる。

  

小生は体力と運動神経が鈍くなってきたので、昆虫網をふりまわしてトンボやチョウチョウを迅速に捉えることが難しくなって来た。今後は、この方式で昆虫を捕まえて、放射能測定をするつもりだ。

  

昨年、このトラップされた昆虫類をオートラジオグラフに撮ると、蝶や蛾などは薄く、甲殻類が比較的濃く撮像された。
    
(森敏)
付記:今回の表題の「ハニートラップ:honeytrap」とは、Oxford Dictionaries によると、
"a strategem in which an attractive person entices another person into revealing information"  ということです。
たとえて言えば、旧ソビエト連邦のKGBなどの女性スパイが色気仕掛けで、他国家の重要人物に接近して、ベッドで国家機密を盗み取る、という構図が、米ソ冷戦時代のわれわれ老年世代に刷り込まれた、パターンです。

 
追記1: 福島 生き物の記録 シリーズ4 命 (いのち)   という2016年群像社作品 ドキュメンタリー映画(HDV 80 分) を見ていると、アライグマが5本指の手足で器用な振る舞いができることが見て取れた。奥田圭 福島大学助教の研究である。

追記2:  その後、10月に浪江町で、9個のトラップを仕掛けたのだが、一夜にして2個のトラップが空っぽになっていた。そこで、この道の専門家である
茨城県 農業総合センター 園芸研究所 の桑原 隆明 博士に問い合わせてみたら、
 
「哺乳動物にトラップを荒らされる場合には、目立つ場所にダミーの
トラップを仕掛け、中に餌と一緒に唐辛子の粉末を入れておくという
方法があります。
彼らには学習能力がありますので、一度痛い目をみると同じような
トラップを襲いにくくなります。」
 
という助言をいただきました。早速次回から実行したいと思います。(2016年10月18日記)



秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2092-fdd57171