2016-09-07 12:25 | カテゴリ:未分類
 スライド1 
図1.蛇のように茎が太くのたうつアザミの茎
  




   

スライド2 
 図2.指で挟んでいるこの茎の先端にはつぼみが6つくっついている。
 
 

   

 
 スライド3

図3.根は意外と浅く簡単に土壌から引き抜けた。手前は小生の右足の靴。近くの他のアザミに比べて草丈は低く少し「倭化」しているように思われる。   

          

    
  関東の野山はアザミの最盛期である。散歩がてら観察していくと、実に奇妙なアザミを見つけた。まるで2,3匹のヘビが鎌首をもたげているようなのである(図1)。茎の根元が非常に太く、よく数えてみると茎の頭の先端が寸詰まりで、そこに蕾や花が、1つ、2つ、3つ、4つ、6つなどとついている。基本は3つの蕾のようである。明らかに帯化奇形である。
茎が伸びるにしたがって、分枝の位置が寸図まりになって行って、ついに蕾や花が集合した集合花になっている(図2)。

        

「アザミ」研究の権威である国立科学博物館の名誉研究員・理学博士・門田裕一氏の分類(https://www.kahaku.go.jp/research/db/botany/azami/search_word.html)を逐一検討したら、このアザミによく似たものにエチゼンオニアザミがあった。門田氏によれば、頭が2つばかり合体したアザミは珍しくはないということである。だから門田氏の分類の基準には、茎の先端の集合花の合体の数などは問題にしていないようである。

      

しかし福島原発事故以来、関東の帯化タンポポをこの5年間ずっと観察してきた小生の視点からいうと、このアザミの集合蕾(花)を持つ形質はいずれ進化的に固定して、新種になって行くのではないかと思われる。現在アザミの遺伝子については、どこまで読まれているのかわからないが、帯化に関する遺伝子(fas)はおそらく劣性ホモ遺伝子で、それが環境によって、変異を起こして、表現型が帯化として顕在化したものと思われるのである。

     

小生が見つけた変異種はすでに平均3つの集合花をつけるようになっているので、もし6つ以上の花をつけているアザミを見つけたら、小生が2014年に一番最初にこのようなアザミ株を見つけた場所である軽井沢の雲場池湖畔

2014/09/08 : 「6頭」の奇形アザミを見つけた

にちなんで「カルイザワアザミ」と名命し(門田氏によれば最初に見つけた場所で命名しているようなので)、俗称「クニコアザミ」と呼んでください。むろん牧野富太郎の「スエコザサ」にちなんだものです。自意識過剰老人の恥も外聞もないきざな話で恐縮です。

 

       

(森敏)

付記1: これまで観察してきた「帯化タンポポ」の場合は2頭のもの以外は、蕾が集合して合体して集合花になってしまっているものが大部分です。

タンポポの多様な奇形花房発見!! :植物に対する放射線の影響(II)
   

付記2:よく知られているようにいろいろな品種のケイトウ(鶏頭)の花は帯化遺伝子の変異が固定したものです。劣性ホモのfas遺伝子の対立遺伝子が二つとも欠失したか二つとも変異したものが園芸品種として選抜されたものです。

     

付記3: わが郷里高知の敬愛する牧野富太郎博士は積年の苦労を掛けた妻「寿衛子」にちなんで新しく発見した笹の品種を(スエコザサ)と命名しました。
     
付記4:門田氏が分類したアザミの中で唯一「コイブキアザミ」の蕾が、画像で判別する限り3頭の集合蕾になっているのですが、門田氏はそのような特徴に関して特段に言及をしていません。あきらかにfas遺伝子の変異種だと思われます。
  
付記5: fas遺伝子とは、この遺伝子が変異すると茎の 帯化(たいか:fasciation) を誘起する遺伝子のことです。
 
付記:
図4.図2の採取地点から10kmはなれた別の場所で採取した6頭アザミの写真です。うまく全貌の写真が取れないのですが、大輪の裏側に小さな2頭のつぼみが隠れています。
6頭のタンポポプレゼンテーション1

  


秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2091-7f488ba9