2017-10-05 06:31 | カテゴリ:未分類

   昨年の春、浪江町昼曽根で、運転手が大事を取って居眠りしている間に、そこら辺をぶらぶらしていると、灌木にまつわりついている、小さないばらのつる性植物をみつけた。小さな花器の花びらが散って、実が付いて太りかけていたので、切りとってきた(図1)。ニガイチゴというのだそうである
 
  
花器に強く放射能が濃縮していることがわかる(図3,4、5、表1)。これまでの経験から総じて植物のいろいろな組織の中では、花器部分にセシウムは濃縮する傾向が顕著である。このことは先日の日本土壌肥料学会で、ニガイチゴの例も含めてポスターで発表しておいた。

  

     

ニガイチゴ1

  図1 ニガイチゴ




    
ニガイチゴ1kakudaizu jpeg
   
   図2.ニガイチゴの拡大図
 
 
 
ニガイチゴ3 
 図3. 図1のオートラジオグラフ(ポジテイブ像)

 





     
    

 ニガイチゴ4

  
図4. 図3のネガテイブ画像。
 
 
スライド2 


 

 図5。図3の部分拡大図(図2に対応)のオートラジオグラフ






表1.ニガイチゴの放射能
  

 ニガイチゴ5


 

(森敏)

付記1:植物の同定には(株)アスコットの若林芳樹社長のお世話になりました。
 
付記2:花器などの生殖器へのセシウムの集積に関しては、先日の日本土壌肥料学会でまとめて発表しました。その時のポスター発表(P-8-1-17)の講演要旨は以下の通りです。


放射性セシウムは花器に濃縮される

森敏・加賀谷雅道2・広瀬農3・小林奈津通子3・田野井啓太朗3・中西啓仁

NPOWINEP 写真家 東大農・アイソトープ施設 東大院・農学生命科学)

 

2011年3月11日の東電福島第一原発事故以降、ほぼ毎月汚染が強い避難困難区域に現地入りして、6年間にわたって様々な植物を採取して、放射能汚染のオートラジオグラフを撮像してきた。1986年のチェリノブイリ原発事故でもX線フィルム(当時はBASがなかった)撮像は実に希少である。BASが使える現在でも世界の植物学者はチェリノブイリでの植物の撮像に興味がないのか報告が少ない。したがってわれわれは今回の福島原発事故の場合は経年的に様々な植物のBAS撮像数をこなして、福島で起こっている固有の植物生態系汚染の傾向をつかむことを目指している。その結果、落葉樹では落葉によって葉が入れ替わることにより、新葉の放射能については2012年以降は激減した。しかし幹や枝の部分には当初の原発由来のホットパーテイクルがずっと残留したままであるので新葉の放射能の一部は、経根吸収分ばかりでなく幹や枝の樹皮部分からの転流分が含まれている可能性を否定できないでいる。一方、一年生の双子葉植物は2011年当初からも下位葉が風雨時の土ぼこりによる外部汚染を受け続けている。しかし内部被ばくは土壌放射能由来のものに限定されてきており、放射性セシウムの土壌への固着が進行しているので、植物体地上部全体としての放射線量は急激に減少している。これまでは地上部と地下部に分けるとか,新葉と旧葉にわけて、放射能分布を比較していたが、2015年秋からは、秋になって花が咲いて種子ができている植物を採取して、そのまま放射線像として撮像する作業を始めた。その結果意外なことに花器として、あるいは種子そのものとして、放射能が高い濃度で検出されることが改めて分かってきた。タケニグサ、ハナタデ、スイカズラ、ホウセンカ、イラクサ、ノジギク、ヒノキ、マツ、ナギナタコウジュ、ドクダミ、コセンダングサ、タンポポ、ツクシなどについて放射線像を報告する。

 

2017-09-09 10:30 | カテゴリ:未分類
  

浪江町の空間線量9.5マイクロシーベルトという高放射能汚染地域で、墜落して間もないと思われるシジュウガラの死体を発見した。その、内臓を取り出して、遺体全身と内臓を乾燥させて、それぞれのオートラジオグラフに撮像し、放射能も測定した。
   
   これでツバメ、ヒヨドリ、シジュウガラと、いずれも小鳥は放射能汚染しており、内臓も被ばくもしていることが分かった。
    

        2017/01/10 : ヒヨドリの内部被曝

        2016/03/06 : ツバメの放射能汚染像について

        2015/06/03 : 鳥の放射線被曝について

    シジュウガラの採取と丁寧な解剖は加賀谷雅道カメラマンと桑原隆明博士(茨木キリスト教大学・助教)によるものです。
     
   
スライド1

シジュウガラの全体像(背面) 
 
 
 スライド2
上図の放射線像。左:ネガテイブ像。右:ポジテイブ像
眼球の周り、背筋、などの汚染が強いことがわかる。



 
スライド4
シジュウガラの腹面 (内臓を取り出して圧迫乾燥して、平らにしたもの)
  
 


スライド5
シジュウガラの腹側からのオートラジオグラフ。
羽根の外部被ばくも激しいが、腹部の筋肉や眼球の周りが激しく汚染していることがわかる。

  
  
  
  
  

スライド6

シジュウガラの腹側からのオートラジオグラフ (ネガテイブ画像)
  
  
  



スライド7
シジュウガラの内臓



スライド8
シジュウガラの内臓のオートラジオグラフ (個々の部位の同定はできていない)。

  
       
放射能しじゅうがらjpeg

 シジュウガラの放射能 (ゲルマニウム半導体による検出)。全身よりも内臓の放射性セシウム値が高い。内臓は消化されつつある胃腸の内容物もすこし含まれると思われるが、その寄与率はわからない。
 

 




   

(森敏)
2017-08-29 13:47 | カテゴリ:未分類

      以下は浪江町の高放射能汚染地域の森林内のフジの木の下に生えていたフジの実生の放射能汚染である。ほとんどが、内部被ばくのみである(図2、図3)。やはり他の双子葉植物と同様に新芽が強く放射性セシウム汚染していることが見て取れる(表1)。




 
 


 
スライド3 
 図1.フジの幼木
 

 
 
スライド12.図1 の放射線像。新芽が濃い。右下の濃い汚染は、根を切り取った時の残根部で、汚染土が少しついているためである。 

 
 
 
 
スライド2 図3.図2のネガテイブ画像。

         
     
 
 表1。 フジの幼木の放射能 図1の植物を解体して測定したもの。
 
フジの幼木jpeg 
     

        
 
 

(森敏)

付記:

これまでにオートラジオグラフを撮像してきた経験から、フジの成木は放射能が低いという先入観があったのだが、このように実生からのものは放射能が高い場合があるようだ。種子から発芽・発根して、養分を吸い始めるときに、根が放射能を含んだ土壌の表層の落葉などが分解しつつある有機物層から吸収するときに、そこから溶出される可溶性の高濃度の放射性セシウムを吸収するためではないかと考えられる。


2017-08-20 14:43 | カテゴリ:未分類

  2016年の春に、飯舘村飯樋地区の民家の庭に立派なマツがあった。それが花粉を飛ばしている最中であった。そこで指ではたいて100 mgばかり花粉を採取した(表1)。その後何本かの新芽を採取した(図1)。それをオートラジオグラフに撮像した(図4、 図5)。そのあと組織を解体して部位ごとの放射能を測定した(表1)。新芽の先端の生長しつつあるところが予想外に感光し(図4)、花粉を飛ばしていた小さな雄果(図2、図3)もわずかに感光して撮像できた(表1)。採取した花粉は細胞があまりに小さい上に放射能が低すぎて(表1)、撮像できなかった。全体として外部被ばくはほとんど観測されていない(図4)。この新芽の先端の濃縮されたような積極的な内部被ばくは2011年3月福島第一原発爆発初期に流れてきた放射性プルームで濃厚に放射能被爆した樹皮や、その後にそこその樹皮から樹体内組織に移行してどこかに残量している放射性セシウムが転流してきたものか、放射能汚染土壌の可溶性セシウムが根から直接吸収移行してきたもと思われる。住民が住んでいなかったので確かめられなかったのだが、この松のある庭の土壌はすでに除染されていたようにみうけられた。


    
   

スライド1 

図1.民家のマツの新芽の部分(オートラジオグラフの邪魔になるので基部についていた雌果は除いてある)

 
 

 スライド2
図2.図1の新芽の拡大図 
 

 
スライド3 
図3.図1の新芽をふるって落ちてきた雄果 
 
 
 
スライド4 
図4.図1のオートラジオグラフ。わずかにみられる2つの黒点は外部被ばく。 
 
 

スライド5
  
図5.図2の部位に相当する図4の局部の拡大図.でこぼこしているのが雄果。 
 
  
 
 
スライド6 
図6.図4のネガテイブ画像
 
 
 
表1.マツの新芽の放射能
    
jぺgsaishinnマツの新芽の放射能  
 


(森敏)
 

 
 
 
 
2017-08-09 23:37 | カテゴリ:未分類
  根が付いたまま木の幼植物を引き抜くのは容易ではないのだが、知らない植物が生えていたのを丁寧に引き抜いてみた。当然土がついているので、その部分の放射能は高いと思われた。案の定オートラジオグラフを撮像してみると、根に付着した土や腐植などで根が強く感光した。
 

しかし、植物体を葉と茎と根にばらして各部位の放射能を測定すると、意外にもいずれも同じ程度の放射能を示した。そこで新ためてオートラジオグラフを詳しく見ると、この植物の地上部では葉や幹が外部被ばくしている。内部被ばくよりも外部被ばくの放射能寄与のほうがあまりにも大きすぎて、実際のセシウムの内部被ばく量が隠されてしまっていると考えられた。
 

この植物は苦労して丁寧に土が飛び散らないように根ごと掘り取ったつもりなのだが、地上部が土でコンタミしたのかもしれない。それでもよく見ると葉脈が根から吸収した内部被ばく放射能で強く感光していることがわかる。



  
  
 
 
スライド1 
 
 図1.青タゴの幼植物
    
   
   
 
スライド2 
 
 図2.図1のオートラジオグラフ。根の強く感光している部分は大部分が放射能汚染土壌と放射能汚染して落葉した枯れ葉などの腐植化しつつある残渣である。絡みついて根から離しがたいので、この青タゴはこれらから放射性セシウムを積極的に摂取していたと考えられる。
   
  

  

 
 
スライド3 
図3.図2のネガテイブ画像
 


  

   
 表1.青タゴの放射能
 
アオタゴ(コバノトネリコ)の放射能jpeg 
 
 
 
(森敏)
付記:牧野植物図鑑によると青タゴ(こばのとねりこ)(Fraxinus longicuspis Sieb.et Zucc)は
「この植物の枝を載り、水に浸せばその水青色となる、ゆえに青タゴの一名あり。タゴとはトネリコのことなり」とある。
FC2 Management